久々劇場

君の名は。が混雑過ぎて、やめ~~~。
Xmenはそこが上映していなかったのでやめ~~~。
結局
グランドイリュージョン2
の鑑賞になったという・・・

1みていてよかった★
スポンサーサイト

秒速5センチメートル



秒速5センチメートル(2007)

監督: 新海誠
アニメーション制
作: 新海誠
コミックス・ウェーブ・フィルム
演出: 新海誠
絵コンテ: 新海誠
原作: 新海誠
脚本: 新海誠
キャラクター原案: 新海誠
キャラクターデザ
イン: 西村貴世
作画監督: 西村貴世
美術: 丹治匠
馬島亮子
美術監督: 新海誠
色彩設計: 新海誠
音響監督: 新海誠
音楽: 天門
主題歌: 山崎まさよし
『One more time, One more night』
宣伝: コミックス・ウェーブ・フィルム

声の出演: 水橋研二 遠野貴樹
近藤好美 篠原明里(第1話「桜花抄」)
花村怜美 澄田花苗(第2話「コスモナウト」)
尾上綾華 篠原明里(第3話「秒速5センチメートル」)



【解説】

 小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」の3編を収録した連作短編アニメーション。監督は「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」の新海誠。ありふれた日常の中で繰り広げられる男女の心の機微を美しい映像でリリカルかつノスタルジックに綴る。

<allcinema>より引用


感想


新海アニメはその存在は知っていたけど
今まで見たことがなく、初挑戦。

新作公開にあわせた深夜放送ですね。

神木君のナビゲーターがよく
思わず新作みたくなります。→行くかどうかは不明(笑)


で・・・この映画
予備知識なし。

これ
ネット感想みると賛否両論で
感想読むことが逆に面白かったです。


アニメは
映像がリアルで美しいですね。
雪のシーン
桜が舞い散るシーン
鳥の飛び立つシーンなど
印象的な場面が多かったです。


これは年齢によって感想は違ってくるかも。
若い人よりある程度年齢重ねる
もしくは恋愛経験が多い人の方が
嵌りそう。辛い過去がある人とかさ。
ハッピーエンドな物語ではないしね。

この映画を観たときに感じた感情を
自分の過去恋愛でも感じたことあるな・・・・って
思ったのなら
きっと
思いっきり嵌ってしまうんだろうなって思いました。


韓国ドラマみたいに初恋の人と
添い遂げられるみたいな
安易な話ではないことも
良いのかも。


縁ってあると思うな。
時期やタイミングが大いに関係するし。

3話目の
山崎さんのPVともいわれている(笑)
お話も
私は良かったと思うよ。

結構嵌ったし
何度もみているから、今(笑)

8月も半ば


図書館で
萩尾望都の漫画「残酷な神が支配する」を
読んでいます。
時間つぶしで、ちょっと遠くの図書館で。

まだ途中。
重いわ。

おお~~ブリジット

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」

の劇場予告観ましたが

年とったかな~~って(笑)

1は
2001年公開だものね。

お家のビデオ→ここ大事、ビデオね
に、
1のブリジットがあるのでこの間見直したけど
やっぱり楽しいね。

あれから何年たったのか・・・

怖いよな、楽しみなような
公開・・・。
それまでどんな自分でいるのかも不安だけど。

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた(2015)
SING STREET

製作国 アイルランド/イギリス/アメリカ


監督: ジョン・カーニー
製作: アンソニー・ブレグマン
マルティナ・ニーランド
ジョン・カーニー
製作総指揮: ケヴィン・フレイクス
ラジ・シン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
原案: ジョン・カーニー
サイモン・カーモディ
脚本: ジョン・カーニー
撮影: ヤーロン・オーバック
プロダクションデ
ザイン: アラン・マクドナルド
衣装デザイン: ティツィアーナ・コルヴィシエリ
編集: アンドリュー・マーカス
ジュリアン・ウルリクス
音楽プロデューサ
ー: キアラン・リンチ
音楽監修: ベッキー・ベンサム
オリジナルソング
ス: ゲイリー・クラーク
ジョン・カーニー

出演: フェルディア・ウォルシュ=ピーロ コナー
ルーシー・ボーイントン ラフィーナ
マリア・ドイル・ケネディ ペニー
エイダン・ギレン ロバート
ジャック・レイナー ブレンダン
ケリー・ソーントン アン
ベン・キャロラン ダーレン
マーク・マッケンナ エイモン
ドン・ウィチャリー バクスター
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。80年代のアイルランドを舞台に、学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようとバンドを組み、音楽を通して仲間たちとの友情を深めていくさまと、ヒロインとの切ない恋の行方を、80年代ヒット・ナンバーの数々とともに描き出す。主人公にはオーディションで選ばれた新人、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ。共演にジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン。
 1985年、大不況にあえぐアイルランドの首都ダブリン。父親の失業で優秀な私立学校から荒れた公立学校への転校を余儀なくされた14歳のコナー。両親はケンカが絶えず、学校でもさっそくイジメの標的に。そんな彼にとって、音楽オタクの兄ブレンダンの解説を聞きながらミュージックビデオ番組を観るのが唯一の楽しみ。すっかりデュラン・デュランの虜になってしまったコナー。ある日、自称モデルの美女ラフィーナと出会い、たちまち一目惚れ。思わず口をついて出た誘い文句は“僕のバンドのビデオに出てくれ”だった。慌ててメンバーを集め、即席のバンドを結成して猛練習を開始するコナーだったが…。

allcinemより引用



感想

↑評判の良い過去作、まったく見ていないのが残念。

新作もとっても良かったからきっと過去作も良いんだろうな。

80年代のダブリンということで
ツボ(笑)

音楽
バンド活動もツボ(好きだから)

青春映画。
ちょっと辛い現実。

恋。
定番だけど
やっぱり良かった・・・
私ももう一度何かしたいと思っちゃう
青春よいな~

主人公の男の子
見た目そんなにかっこよくないけど
バンドしてくうちに
なんか素敵に思えちゃう
ファッション、髪形が変わってきてね(笑)

お兄さんの存在もいい味出していたな


ラストは・・・ちょっと強引って思うところもあるけど。
もうちょっと待っても良いかもってね。
いくらなんでも、無茶かな。

でもでも
音楽が最高に良かったから許すわ。

最後に家出るとき
母親にお別れいうんだけど
うるっときちゃったよ。
親がもっとしっかりすれば良かったのにね。



可愛い息子が欲しい☆

shinngusuto-ri-5fdeb24f-s.jpg

死霊館

死霊館(2013)
THE CONJURING
製作国 アメリカ
監督: ジェームズ・ワン
製作: トニー・デローザ=グランド
ピーター・サフラン
ロブ・コーワン
製作総指揮: ウォルター・ハマダ
デイヴ・ノイスタッター
脚本: チャド・ヘイズ
ケイリー・W・ヘイズ
撮影: ジョン・R・レオネッティ
プロダクションデ
ザイン: ジュリー・バーゴフ
衣装デザイン: クリスティン・M・バーク
編集: カーク・モッリ
音楽: ジョセフ・ビシャラ

出演: ヴェラ・ファーミガ ロレイン・ウォーレン
パトリック・ウィルソン エド・ウォーレン
ロン・リヴィングストン ロジャー・ペロン
リリ・テイラー キャロリン・ペロン
シャンリー・キャズウェル
ヘイリー・マクファーランド
ジョーイ・キング
マッケンジー・フォイ
カイラ・ディーヴァー
シャノン・クック
ジョン・ブラザートン
スターリング・ジェリンズ

 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が、実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー。出演はヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン。エドとロレーヌのウォーレン夫妻は、数々の心霊現象を解決してきたゴーストハンター。そんな夫妻のもとに、ある日ひとつの相談が持ち込まれる。それは、ロードアイランドの人里離れた一軒家に引っ越したペロン一家が不気味な怪現象に悩まされているというもの。さっそく現地へと向い、調査を開始する夫妻だったが…。

allcinemaより引用

感想

新作が公開されるということですがまず旧作を観ました。
新作は観に行きませんが(笑)
意外と現実逃避するにはホラーが良いかも
悪魔だから、日本で馴染みがない分、客観的に見ることできるんですよね
でも怖いけど。



画像は怖いのでなし

パトリック・ウィルソン ・・・こんなところで会うとは(笑)
もみあげあったし。
いい人だったから良いか。

夫婦でこういうお仕事大変だろうね
お家にグッズ置くのも大変よね。

最後は
母親の愛が勝利して結構うるってきました。

悪魔怖いよ~~

すれ違いのダイアリーズ

すれ違いのダイアリーズ(2014)


THE TEACHER'S DIARY

製作国 タイ
監督: ニティワット・タラトーン
撮影: ナルポン・チョークカナーピタック
音楽: ファランポーン・リディム

出演: スクリット・ウィセートケーオ ソーン
チャーマーン・ブンヤサック エーン


 日記を介して前任の女性教師と心を通わせ教師としても成長していく青年の切なくも心温まる物語を綴ったタイのハートフル・ドラマ。主演はタイの人気歌手、スクリット・ウィセートケーオ。共演に「地球で最後のふたり」「ミウの歌」のチャーマーン・ブンヤサック。監督はニティワット・タラトーン。
 レスリング一筋だったお気楽青年のソーン。恋人に尻を叩かれ、ようやく見つけた仕事は、電気も水道もなく、携帯電話もつながらない山奥の湖に浮かぶ小さな水上学校の教師だった。しかし教師の経験のない彼は失敗の連続。そんなある日、前任の女性教師エーンの日記を見つけたソーン。そこには、自分と同じように教育に悩み孤独をかみしめるエーンの正直な気持ちが綴られていた。いつしか会ったこともないエーンに心惹かれていくソーンだったが…。


allcinemaより引用


感想


設定が良かったです。
水面に浮かんでいる学校なんてはじめてで新鮮味がありました。
コメディータッチの前半も肩の力抜いて楽しめました

構成も
現代と過去が最初はクロスしていて
なかなか憎い感じ。
同じ場所で生活している2人だったけど時間軸が違うんですよね

またともに恋人がいるというのも今風で。
女性の方の彼氏は
良くできた人かなと思わせておいての
ファンキーモンキー加藤状態で(笑)
あれはまっさきにダメでしょう。

よりは戻すべきではないよね。

まだ見ぬ彼氏というのは夢もあるし
会えない分、想像力も働いてより恋愛ムードになるのかな
とりあえず
日記でお互いの人間性を知ったのだから
まるっきり見た目でラブとは違う分
うまくいくような感じがしますよね


感じのよい
さわやかな映画でした

気持ち的に

続きを読む

64 前篇 後編

64-ロクヨン-前篇。後編(2016)

監督: 瀬々敬久
企画: 越智貞夫
エグゼクティブプ
ロデューサー: 平野隆
プロデューサー: 木村理津
大原真人
渡邉敬介
浅野博貴
伊藤正昭
ラインプロデュー
サー: 武石宏登
共同プロデューサ
ー: 藤井和史
原作: 横山秀夫
『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊)
脚本: 瀬々敬久
久松真一
撮影: 斉藤幸一
美術: 磯見俊裕
編集: 早野亮
音楽: 村松崇継
主題歌: 小田和正
『風は止んだ』
VFXスーパーバ
イザー: 立石勝
サウンドエフェク
ト: 北田雅也
スクリプター: 江口由紀子
スタイリスト: 纐纈春樹
ヘアメイク: 那須野詞
照明: 豊見山明長
制作担当: 篠宮隆浩
装飾: 柳澤武
録音: 高田伸也
助監督: 海野敦

出演: 佐藤浩市 三上義信
綾野剛 諏訪
榮倉奈々 美雲
夏川結衣 三上美那子
緒形直人 目崎正人
窪田正孝 日吉浩一郎
坂口健太郎 手嶋
筒井道隆 柿沼
鶴田真由 村串みずき
赤井英和 望月
菅田俊 漆原
烏丸せつこ 日吉雅恵
小澤征悦 御倉
金井勇太 蔵前
芳根京子 三上あゆみ
菅原大吉 石井
柄本佑 落合
椎名桔平 辻内欣司
滝藤賢一 赤間
奥田瑛二 荒木田
仲村トオル 二渡真治
吉岡秀隆 幸田一樹
瑛太 秋川
永瀬正敏 雨宮芳男
三浦友和 松岡勝俊


 人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報官・三上が迫る“ロクヨン”捜査の知られざる真相と、現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末をスリリングに描き出していく。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。
 平成14年12月。時効まであと1年と迫った“ロクヨン”の捜査員激励と被害者家族・雨宮の慰問を目的とした警察庁長官の視察が翌日に迫る中、管内で新たな誘拐事件が発生する。しかも犯人は“ロクヨン”と同じように身代金2000万円をスーツケースに入れ、父親が一人で運転する車で運ぶよう要求する。事件の性質上、広報室の三上は記者クラブと報道協定を結ぶ必要に迫られるが、肝心の捜査情報はほとんど提供されず、記者たちは一斉に反発、各社が独自に動き出しかねない危険な状況に。そんな中、一向に情報が出てこないことに自らも業を煮やした三上は、ロクヨン捜査にも関わった刑事部時代の上司・松岡が指揮を執る捜査車両に単身乗り込んでいくのだったが…。

allcinemaより引用


感想

前篇から一か月後編も観に行き
とりあえずすっきり。

前篇観終わったあとから
配役を知っていたこともあって、唯一前篇に出て来なかった人が
きっと怪しいんだろうな・・・という推理は当たった…笑

またなんとなく、64の事件と同じ誘拐が起こったということで
これもまた、内容的に読めた部分は少しだけあったかな。

小説ドラマは未読、未見。

これはサスペンス部分より、警察内部の人間関係の方に重点が置かれた
作品なのかなと前篇を見た時感じました。
その部分でいえば
すっごく、前篇面白く感じていました。
広報仕事、新聞記者のやりとり
県警本部の考え等
普段見聞きしたことのない、世界が繰り広げられているので目新しさを感じたのですよね。
ああ・・・警察内部も
なんら会社関係と変わらない複雑な人間関係があるのね・・・・と。
また、主役佐藤さんも、普段はきりりとした出来る男のイメージが強いのに
上からも下からも、攻められて、苦労するキャラだったこともあって
アラ・・意外だわ
と、身近にかんじられ共感もてました。
瑛大も良かったな。
とここまでが前半・

後半は事件解決までいきつくので
すっきり感はあるものの、散漫な感じがしました。
原作を変えた結末ということですが
あの妹のあたりですかね。かと
感動を狙ったのが見えすぎて、ちょっと無理がある演出かと。
姉も誘拐され
そのあと妹も行方不明。
主人公が連れ出し、真犯人に迫る。
娘の前で真犯人を追い詰める。
そのまま、皆、立ち去る。なぜか新聞記者もいる(笑)
娘放置。。。。あれ~~~誰か駆け寄ってあげなよ、主人公も娘無視・・・・(笑)
と、ここはちょっと・・・


64模倣犯が姉を誘拐する(本当は家出だったが)あたりは
緊張感があって見入ることができたし
あら・・・○○君が、声を変えてこの狂言誘拐に関わっていたのというのには
意外性があって(知らない分)興味深く見れました。

演技面では緒方さん良かったね
目が・・一瞬変わるところ怖かったよ。
あと永瀬さんの泣き
よだれまで出して迫真だったな。
でもなぜか、そこのあたり、感動とまではいかなかったんだけど。

後篇は
かなり前の席だったので
佐藤さんのドアップがすごくて・・・・・(笑)
あと
窪田君が
最後の方で
引きこもりから復活してきたけど
あの風貌、いくらなんでも、大げさなきもしたり・・・・


でも、
すべて終わったのですっきり感はありました。


刑事の娘だけは不明だけど
一応
電話もなっていたことだし(笑)
どこかで生きているという推測はできますよね。

つまり
全部にかたをつけたという感じで
すっきり感の映画ではありました

ゼロ・グラビティ


ゼロ・グラビティ(2013  アメリカ)

GRAVITY

監督: アルフォンソ・キュアロン
製作: アルフォンソ・キュアロン
デヴィッド・ハイマン
製作総指揮: クリス・デファリア
ニッキー・ペニー
スティーヴン・ジョーンズ
脚本: アルフォンソ・キュアロン
ホナス・キュアロン
撮影: エマニュエル・ルベツキ
視覚効果監修: ティム・ウェバー
プロダクションデ
ザイン: アンディ・ニコルソン
衣装デザイン: ジェイニー・ティーマイム
編集: アルフォンソ・キュアロン
マーク・サンガー
音楽: スティーヴン・プライス

出演: サンドラ・ブロック ライアン・ストーン
ジョージ・クルーニー マット・コワルスキー
声の出演: エド・ハリス

 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「トゥモロー・ワールド」のアルフォンソ・キュアロン監督が無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンス。スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され、救助も期待できない絶望的状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像でスリリングに描く。出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー。
 地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら船外での修理作業に当たっていた。その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことが原因で大量の破片が軌道上に散乱し、猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は互いを繋ぐ1本のロープを頼りに、絶望的な状況の中、奇跡の帰還を信じて決死のサバイバルを繰り広げるが…。


allcinemaより引用


感想

TVでの鑑賞

失敗


コマーシャルがはいっても
画面の状況はあまりかわらない(笑)

これは劇場で
この宇宙空間を堪能することに意味があるよね。


当然
吹きかえ。


クルーニーは
小山力也さんでした

ジャックバウアーの。

素敵よね、声。
もちろんクルーニーも。
最後まで
陽気な
感じで。
普通ならパニくってしまうよ。


私は
サンドラのようにはできないよ
というか
宇宙空間だったら
一人でも二人でも
絶対無理
怖いよ。

無限にず~~~と空間があるんだよ
無理無理

狭すぎても
広すぎても無理

孤独なら
なおさら
無理。

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク