FC2ブログ

ウォールフラワー

ウォールフラワー(2012)
THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
メディア 映画
上映時間 103分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2013/11/22

監督: スティーヴン・チョボスキー
製作: リアンヌ・ハルフォン
ラッセル・スミス
ジョン・マルコヴィッチ
製作総指揮: ジェームズ・パワーズ
スティーヴン・チョボスキー
原作: スティーヴン・チョボスキー
『ウォールフラワー』(アーティストハウス刊/集英社文庫刊)
脚本: スティーヴン・チョボスキー
撮影: アンドリュー・ダン
プロダクションデ
ザイン: インバル・ワインバーグ
衣装デザイン: デヴィッド・C・ロビンソン
編集: メアリー・ジョー・マーキー
音楽: マイケル・ブルック
音楽監修: アレクサンドラ・パットサヴァス
出演: ローガン・ラーマン チャーリー
エマ・ワトソン サム
エズラ・ミラー パトリック
メイ・ホイットマン メアリー・エリザベス
ジョニー・シモンズ ブラッド
ケイト・ウォルシュ
ディラン・マクダーモット
ジョーン・キューザック
ポール・ラッド ミスター・アンダーソン

 スティーヴン・チョボスキーの同名ベストセラー・ヤングアダルト小説を原作者自らメガフォンを取り、主演に「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のローガン・ラーマンを迎えて映画化した感動の青春ドラマ。周囲に馴染めず無為な日々を送る内気な高校生の惨めだった青春が、一組の兄妹との出会いをきっかけに輝き始めるさまとそのほろ苦い顛末を瑞々しく綴る。共演は「ハリー・ポッター」シリーズ卒業後、最初の大きな役として注目されたエマ・ワトソンと「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラー。
 内気な少年チャーリーは、高校デビューにみごとに失敗し、友だちの出来ないまま、息をひそめるように灰色の学園生活を送るハメに。当然のようにパーティ会場でもたった一人で壁際に佇み“壁の花”状態だった。そんなある日、彼は勇気を振り絞り、フットボールの観客席で隣に座る陽気な上級生パトリックに声を掛けてみる。すると意外にもパトリックは気さくに接してくれ、奔放な恋愛を重ねる義理の妹サムも紹介する。こうして彼らの仲間に迎えられたチャーリーは、それまでとは見違えるように充実した高校生活を送るようになるのだったが…。


感想

この間、ローガン・ラーマンの映画、 みたばっかり・・・だった
また再会…笑

深夜枠放映での鑑賞。公開時みておきたかったなあ

学園もの好き

こんな歳だけど、まだまだ
この手の世界観にはついていけると思っている・・好きだから(笑)
でも、自分では、遠い昔の世界にはなってしまっているんだよね~


そういう
すぎてしまった
届かない世界だから、懐かしい思いもあってみちゃうんだろうね


主人公
精神的な病を抱えていたけど
これ、つらいよね
思ったより重い過去で、嫌だったけど

おばさん・・・
はっきりされていなかったけど、
間違えなければ、ある意味、◌◌虐待ってことよね?
あんなかわいらしい子に
なんてことを・・・・

エマ・ワトソン・・可愛い
エズラ・・色気半端ない

どうしようもない現実と向き合ってしまった主人公だったけど
支えになる友達がいてくれて
本当に良かった・・

今後の生き方は心配ではあるけれど
きっと大丈夫よね・・・って思えるラストでした
そう思わないとやっていけないもんね

トンネルのシーン
開放的になるシーンね
良かったね
あそこは名場面だよね

346706_003 furawa-


スポンサーサイト

まさかの曲で

昨日、白い巨塔、最終話、見終わりました。

原作が素晴らしいので
いろいろおもうところがあるものの
最後まで、見続けました。

時間が今ないので、一言だけ。
後日、加筆、するかもしれないけど。


最終話、
バーで、里見と財前が話をする場面。

入院中、脳梗塞?を引き起こし、ベットから運ばれる場面

ともに

コーリングユーが流れていましたが


ここは、違うかな
イメージとして、このバックミュージックは違うかな。

私の中では、バクダット・カフェなのよ(笑)
この曲は。だから、白い巨塔じゃあないんだよ(笑)

以上

白い巨塔

昨日からはじまった5夜連続、白い巨塔

やっぱり、見てしまう・・
自分(笑)

唐沢版もみているから比べちゃうのはしょうがないよね~
ついでに
田宮版もみている・・(笑)
やっぱり一番は
田宮二郎だよ・・・とは思う・・

あの時代で・・強烈だったな~~
もちろん、当時はよくわからなかった部分も多いし→子供だったので(笑)
あの、人間関係を面白い~~~と、子供心に感じていたら逆に
すごい子供だよ!!って思っちゃうけど。

昭和時代のドラマって
自分が昭和生まれだから・・・なのか
面白いって素直に感じてしまうな~~
時代の色が色濃く出ているからねえ。
もう、懐かしいってレベルになるんだろうね

そう思ってしまうところに歳を感じるこの頃


岡田君頑張っているよね・・
でも、なんていうか・・・。
寺尾さんとか、松重さん・・
野心ギラギラって感じではないんだよね・・・ちょっと。
今日も楽しみ

山下公園♪  お散歩してきました♪

IMG_4388.jpg

IMG_4386.jpg

IMG_4406.jpg

IMG_4382.jpg

関内→石川町まで・・の
歩き

元町、久々だったけど、変わったね~~(笑)

ゴースト ニューヨークの幻

帰宅したら
テレ東で
↑をやっていた

懐かしいな~~
パトリックは、なくなってしまったし
デミ・・は結構変わってしまった

でもこのころかわいいな

懐かしい

30年まえね~~

青くて痛くて脆い  著  住野よる

青くて痛くて脆い   著   住野よる


人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。
<アマゾンより引用>

感想

前半
彼女は、秋好は、死んでしまっているのかと錯覚。
違う意味で死んでしまったということだったのね。

人が変わるのはしょうがないんだよ

変わっていかないと生きていけないこともあるし。

胸の内を早い段階で
言っておけばよかったと思う。
主人公に共感できない部分も多々あり

自分が思っていたとおりの人物であるべきって
それは
あまりにも相手に対してプレッシャーではないかなあ

すれ違ってしまう人間関係っていうのも
しょうがないんだよ・・・

就活ね~~
就活

大変よね~~

シドニー・ホールの失踪

シドニー・ホールの失踪<未>(2017)
SIDNEY HALL
THE VANISHING OF SIDNEY HALL
上映時間 119分
製作国 アメリカ
監督: ショーン・クリステンセン
製作: ジョナサン・シュワルツ
製作総指揮: オードリー・ウィルフ
ジギー・ウィルフ
ローガン・ラーマン
ショーン・クリステンセン
脚本: ショーン・クリステンセン
ジェイソン・ドラン
撮影: ダニエル・カッツ
プロダクションデ
ザイン: リサ・マイヤーズ
衣装デザイン: ステイシー・バーマン
編集: サビーヌ・ホフマン
音楽: ダーレン・モルゼ

出演: ローガン・ラーマン
エル・ファニング
カイル・チャンドラー
ミシェル・モナハン
ブレイク・ジェナー
ティム・ブレイク・ネルソン
マーガレット・クアリー
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世
ジャニナ・ガヴァンカー
ネイサン・レイン

感想

3つの時系列が入りまじって最後に
ネタバレがありという構成。

面白かったです。
ラストまでみていないと、いろいろわからないので
どうしても最後まで引きずられます。

せつないです。

過去の
友人の自殺は
不運であったとしか言えないけど
奥さんの件に対しては
主人公、結構責任があるんじゃないのかな・・・と思うけどね
誠実に生きなかったゆえ、だと思うのよ。

もちろん
それら、すべて含めて
才能がある故に運命が狂ってしまったとも言えるんだけど。

でも
なにかのせいにして
生きていくのってむなしいだけだよね

悩み苦しみ
そして、幸せな人生を歩むことができなかった・・・。


でも人生なんて
そういうもの
多々ありで・・
それもまた
人生なんだと思う

詰め込みすぎて
一つ一つが物足りない部分もあるけれど
ローガン・ラーマン
エル・ファニングの
青春時代のキラキラした部分を見るだけでも
とっても、いい映画だったと思うな
ただし
やっぱり
せつなすぎて、痛みだけは残るのよね~~泣

phshidoni-ho-ru.jpg

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017)
上映時間 110分
製作国 日本
監督: 湯浅弘章
製作: 安井邦好
崔相基
二宮清隆
鷲見貴彦
プロデューサー: 田坂公章
伊達毅
原作: 押見修造
『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(太田出版刊)
脚本: 足立紳
撮影: 今村圭佑
衣装: 松本恵
音楽: まつきあゆむ
音楽プロデューサ
ー: 緑川徹
ヘアメイク: 橋本申二
照明: 平山達弥
装飾: 前屋敷恵介
録音: 池田雅樹
助監督: 松浦健志

出演: 南沙良 大島志乃
蒔田彩珠 岡崎加代
萩原利久 菊地強
小柳まいか
池田朱那
柿本朱里
田中美優
蒼波純
渡辺哲
山田キヌヲ 小川悦子
奥貫薫 大島由美


 人気漫画家・押見修造が自身の体験を基に描いた同名漫画を、「幼な子われらに生まれ」の南沙良と「三度目の殺人」の蒔田彩珠の主演で実写映画化した感動の青春ストーリー。吃音のために孤独な高校生活を送る少女の苦しみと、初めてできた友だちと織りなすぎこちなくも愛おしい不器用な青春模様を綴る。共演に萩原利久、山田キヌヲ、奥貫薫。監督はTVを中心に活躍し、本作が長編商業映画デビューとなる湯浅弘章。
 高校一年生の新学期、吃音に悩む大島志乃はクラスの自己紹介で自分の名前も上手く言えずに笑い者になってしまう。以来、ひとりぼっちの高校生活を送る志乃だったが、ひょんなことから同級生の加代と友だちになる。音楽が好きでギターは弾けるのに音痴な加代は、志乃の歌に心奪われバンドに誘う。そして文化祭を目標に猛練習を始める志乃と加代。そんなある日、志乃をからかったお調子者の男子・菊地がそんな2人の姿を見て、強引にバンドに参加するのだったが…。


感想

青春物&女子物は好き
原作は漫画だとか
知らなかったな~

主演の2人の女の子が、魅力的。
志乃ちゃんの、言葉が出ない様子
演技大変だった思うわ

「幼な子われらに生まれ」の南沙良と
「三度目の殺人」の蒔田彩珠の主演ということ。
両作品みているので
ああ~~あの時の子?って感じで、観ることはできました
どちらも、あのころから、存在感はあったものね。
覚えているくらいだから。


お調子者の菊地君

ああいう子、一人は
いるんだよね、どうしてだか、仲間外れに
なってしまうというのも、理解できちゃう。

バンドになってから
何度か歌を歌うシーンが出てくるんだけれど、
歌声が素直でのびやかで、本当、聞きほれてしまうのよね。
なんだか、涙も出てしまう
よかったね・・居場所がみつかって・・・ってね。

ラストは
これからそれぞれがどのように生きていくのか
いろいろ気になる感じではあったけれど、
一つ大きな殻を破ったことには違いないのだから
新たな未来が開けていけると思うわ~~

菊地も頑張って

映像も綺麗。
青春物として良作

a7cf5387fe46c53e.jpg

チョコレートドーナツ

チョコレートドーナツ(2012)
ANY DAY NOW
上映時間 97分
製作国 アメリカ
監督: トラヴィス・ファイン
製作: トラヴィス・ファイン
クリスティーン・ホスステッター・ファ
イン
チップ・ホーリハン
リアム・フィン
脚本: トラヴィス・ファイン
ジョージ・アーサー・ブルーム
撮影: レイチェル・モリソン
プロダクションデ
ザイン: エリザベス・ガーナー
衣装デザイン: サマンサ・クースター
編集: トム・クロス
音楽: ジョーイ・ニューマン
音楽監修: PJ・ブルーム

出演: アラン・カミング ルディ・ドナテロ
ギャレット・ディラハント ポール・フラガー
アイザック・レイヴァ マルコ・ディレオン
フランシス・フィッシャー マイヤーソン判事
グレッグ・ヘンリー ランバート
クリス・マルケイ 州検察官ウィルソン
ドン・フランクリン ロニー・ワシントン(黒人の弁護士)
ジェイミー・アン・オールマン マリアンナ・ディレオン(マルコの母)
ケリー・ウィリアムズ ミス・フレミング
アラン・レイチンス レズニック判事
ミンディ・スターリング ミス・ミルズ
ダグ・スピアマン ジョニー・ボーイ
ランディ・ロバーツ PJ
ミラクル・ローリー モニカ
マイケル・ヌーリー マイルズ・デュブロー
ジェフリー・ピアース プリット警察官

 1970年代のアメリカを舞台に、世間の無理解と葛藤する一組のゲイ・カップルが、親に見放されたダウン症の少年と一つの家庭を築き、家族としての愛情と絆を育んでいくさまと、やがて少年を守るため、理不尽な差別や偏見に対して決然と立ち上がる姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ。主演は「アニバーサリーの夜に」、TV「グッド・ワイフ」のアラン・カミング、共演にギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ。監督は俳優出身のトラヴィス・ファイン。監督作はこれが日本初紹介となる。
 1979年、アメリカ。ゲイのルディはシンガーを夢見ながらも、口パクで踊るショーダンサーとして働く日々。そんな彼にある日、ゲイであることを隠して生きる検事局の男性ポールが一目惚れ、2人はたちまち恋に落ちる。一方で、ルディはアパートの隣に暮らすダウン症の少年、マルコのことを気に掛ける。母親は薬物依存症で、マルコの世話もまともにしていなかった。そしてついに、母親は薬物所持で逮捕され、マルコは施設行きに。見かねたルディとポールはマルコを引き取り、面倒を見るのだったが…。

感想

家のDVDを整理していたらでてきたので鑑賞
未見でした・・
そういう作品、いっぱいあるんだよね~~(笑)

アラン・カミング の歌にぐっときてしまったわ。
ラストがああいう感じだとは思わなかったので
ちょっとショック。
号泣というより、驚いてしまって。

素直なマルコの姿に
中盤のほうが、
結構泣いていました。
裁判中
帰宅できるかなと荷物用意して、待っている姿が
いじらしくて、いじらしくて。

家庭のあり方ってなんだろう・・

考えさせられる
作品でした。

多くのテーマが盛り込まれている作品なので
この短さで、よくまとめたな…と思っています。
マルコを引き取る過程が、ちょっと、うん?とも思いますが
→子供とは縁がなかった二人の生活で、ダウン症の子を引き取るというのは
ハードルが高いと思うのに、わりと、ポンポンといってしまったかなあ・・・と思ったりもします。

素敵な子育ての姿をみることができて
素直に感動できました。
幼児虐待
今の世の中多いからこういう作品を見て
いろいろ学んでほしいと思うわ
pic_story02 do-nattudayo

グリーンブック

グリーンブック(2018)
GREEN BOOK
上映時間 130分
製作国 アメリカ
監督: ピーター・ファレリー
製作: ジム・バーク
チャールズ・B・ウェスラー
ブライアン・カリー
ピーター・ファレリー
ニック・ヴァレロンガ
製作総指揮: ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
オクタヴィア・スペンサー
クワミ・L・パーカー
ジョン・スロス
スティーヴン・ファーネス
脚本: ニック・ヴァレロンガ
ブライアン・カリー
ピーター・ファレリー
撮影: ショーン・ポーター
プロダクションデ
ザイン: ティム・ガルヴィン
衣装デザイン: ベッツィ・ハイマン
編集: パトリック・J・ドン・ヴィト
音楽: クリス・バワーズ
音楽監修: トム・ウルフ
マニシュ・ラヴァル

出演: ヴィゴ・モーテンセン トニー・“リップ”・バレロンガ
マハーシャラ・アリ ドクター・ドナルド・シャーリー
リンダ・カーデリーニ ドロレス・バレロンガ
ディミテル・D・マリノフ オレグ
マイク・ハットン ジョージ
イクバル・テバ
セバスティアン・マニスカルコ
P・J・バーン
トム・ヴァーチュー
ドン・スターク
ランダル・ゴンザレス
ヴォン・ルイス
ブライアン・ステパニック

 1960年代を舞台に、差別が残る南部での演奏ツアーに向かった天才黒人ジャズピアニストと、彼に運転手兼用心棒として雇われたガサツなイタリア系アメリカ人の凸凹コンビが、旅を通して深い友情で結ばれていく感動の実話を映画化。主演は「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセンと「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。監督は本作が単独監督デビューとなる「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のピーター・ファレリー。
 1962年、アメリカ。ニューヨークの一流ナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無教養だが家族思いのイタリア系男。店の改修で仕事がなくなり、バイトを探していた彼のもとに運転手の仕事が舞い込む。雇い主はカーネギーホールに住む天才黒人ピアニスト、ドクター・シャーリー。黒人差別が色濃く残る南部での演奏ツアーを計画していて、腕っぷしの強い運転手兼ボディガードを求めていた。こうして2人は、黒人が利用できる施設を記した旅行ガイドブック“グリーンブック”を手に、どんな厄介事が待ち受けているか分からない南部へ向けて旅立つのだったが…。


<allcinemaより引用>

感想

アカデミー賞作品賞受賞作。

遅くなってしまいましたがなんとか間に合い、鑑賞
評判通りの良作。
主演二人のそれぞれのキャラが魅力的でした。
人間味あふれていて嫌味がなかったです。
実話というのも、ひかれる要素の一つになっていますよね。
(多少脚色はあったとしても・・・)


ヴィゴ・モーテンセンって、60才なんですね・・・
みえない~~(笑)

今回のヴィゴ。
いままでみてきた彼とは別人。太っていました。
すごい体です。
胸・・・腕も丸太のようで・・(笑)迫力ありました。
そもそも
用心棒的な役回りのお仕事をしていたので、ガタイが良いというのは当然でしょうが
性格はそこまで、荒々しくないようだったので
親近感もてました。
家族思い&仲間思いなところもGOODです。
ただし、差別意識、冒頭からしっかりありましたね~~

対する
「ムーンライト」の彼
マハーシャラ・アリ演じていたのが
ドクター・ドナルド・シャーリー というピアニスト。
彼はとっても紳士的。
一流ピアニストならではの、教養と上品さを併せ持っていて
これまた素敵な人物像でした。
ただし、黒人ということで、様々な差別を受けてしまっているというところが
今回のこの映画のテーマにもなっているわけですね。


差別意識をもっていたヴィゴが、旅先の中で
シャーリーと心を通わせていき
次第に芽生える友情。
そのなかで差別意識は消えていった・・・という
定番といえば定番のストーリー展開でしたが(でも実話というのが、やっぱり好ポイント)
ほどよいユーモアーと、説教くさく、テーマを主張しないで
淡々とした演出が、よかったです。
さりげないシーンに現実の厳しさを感じとることが
十分できましたもの。
暗くなりすぎずはいいですよね。
もっと深刻に描くこともできたけれど
それだと、本当に重苦しさだけが残っちゃうものね
見終わった後
すがすがしい気持ちで劇場をあとにできました。
こうなればいいな~~~という理想的な締めくくりです。
クリスマス時に鑑賞すれば
もっと、高揚感あったことでしょう。

チキンも
ピザも
食べたくなりますよね
マナーを守って(笑)

銃は持っていないといったけど
やっぱり持っていた
ヴィゴ
石は返したといったけど
やっぱり持っていたヴィゴ
手紙は自分が送っていたけど
文章にドクターの知恵があったと知っていた妻
独り者だったけど
同性愛という秘密はあったドクター。

様々な仕掛けも
あり見どころは多かったです

greenbook guri-nnguri0nnguri-nn
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク