ブルックリン

ブルックリン(2015)
BROOKLYN
上映時間 112分
製作国 アイルランド/イギリス/カナダ
監督: ジョン・クローリー
製作: フィノラ・ドワイヤー
アマンダ・ポージー
製作総指揮: クリスティーン・ランガン
ベス・パッティンソン
トーステン・シューマッハー
ジギー・カマサ
フサイン・アマルシ
アラン・モロニー
原作: コルム・トビーン
脚本: ニック・ホーンビィ
撮影: イヴ・ベランジェ
プロダクションデ
ザイン: フランソワ・セギュアン
衣装デザイン: オディール・ディックス=ミロー
編集: ジェイク・ロバーツ
音楽: マイケル・ブルック

出演: シアーシャ・ローナン エイリシュ・レイシー
ドーナル・グリーソン ジム・ファレル
エモリー・コーエン トニー・フィオレロ
ジム・ブロードベント フラッド神父
ジュリー・ウォルターズ キーオ夫人
ブリッド・ブレナン
フィオナ・グラスコット
ジェシカ・パレ
アイリーン・オヒギンズ
ジェン・マーリー
エミリー・ベット・リッカーズ
ノラ=ジェーン・ヌーン
マイケル・ゼゲン
ポーリーノ・ヌネス
クリスティアン・デ・ラ・コルティーナ
エレン・デヴィッド
エヴァ・バーシッスル
ピーター・カンピオン



 コルム・トビーンの同名小説をニック・ホーンビィの脚色で映画化。
1950年代.
アイルランドの小さな町エニスコーシーで姉と母と3人で暮らす少女エイリシュ。町の食料品店で働く彼女は、意地悪な女店主にこき使われながらも、どうすることもできな閉塞感に苛まれていく。そんな妹を心配した姉ローズの力添えを得て、エイリシュは一大決心の末に単身アメリカへと渡る。過酷な船旅を経て、ようやく新天地となる大都会ニューヨークへと降り立ったエイリシュ。ブルックリンの高級デパートで売り子として働き、同郷の女性たちと寮生活を送る。しかしなかなか新生活に馴染めず、辛い日々が続く。そんな中、ダンスパーティで知り合ったイタリア系の好青年トニーと付き合うようになり、少しずつ自信を取り戻していくエイリシュだったが…。

<allcinema>

感想

観たかった一本。
50年代の お洋服や街の風景(ブルックリンもアイルランドも)が素敵~~~♪
主人公がどうなるどうなる・・・と最後までわからなかったので
ハラハラしながらの鑑賞でした。

トニー良かったじゃん(爆)

いや~~これでトニーが一人になったら
怒ったところ(笑)

故郷を離れて新しい土地で、再出発をはかる主人公。
自分の才能をのばすために新天地を目指す
という物語には、経験のない私でも、応援したくなりますね。
就職や進学で故郷を離れた人や子供が離れていった人などは
いろいろと共感もつ話かもしれませんね。

私は学校や就職で家もとを離れたこともないし
結婚後も転々としていないのでこういう経験ないのですが
もしそうだったらどうよ・・・と考えながら鑑賞していました。

ブルックリンで故郷を思い出しホームシックになるところは
観ていてうんうんと同情したくなってしまいました。
わかるわ~~
海の向こうだものね、
淋しいよね・・・って。

ブルックリンでの生活。
寮?の食事風景はなかなか楽しいものでしたね。
特に会話が面白かったです。
いろんなタイプの人たちが必ず食卓を囲んで会話していましたが
観ていて微笑ましい感じがしました。

主人公、エイリシュの
新天地での仕事は
デパート勤務。
自信のなさが見え隠れするエイリシュ。
最初はぎこちないのよね。
そんな彼女に変化がみえてきたのは
彼氏ができたから♪

うん、よかったね(笑)

この初、彼氏が、まあ、真面目そうな良い人で・・・・。
いや、実は結構計算高いのか(アイルランドパーティーに参加していたのは下心ありだったのよね…笑)
わからないけど
付き合う過程が古風な感じで好印象でした。

海でのデートもよいな~~

順調な日々を過ごすかに見えた
主人公に
不幸な出来事が・・。

姉の死

え~~~~~。
お姉さん、突然に。
このお姉さん、素敵な方でね
妹思いで、いい姉妹関係ね、と思っていたから、
観ていて私も、ショック。

そこでアイルランドに急きょ戻るエイリシュ。

しばらくぶりで帰ってきた故郷での自分の立ち位置。
前とは違った環境になっていたんですよね~~(自分も成長しているので)
エイリシュ、結構居心地がよい感じです。
なんたって故郷だしね。

今度は希望の仕事もすんなり決まり、
なんと、新しい出会いも♡・・・。

う~~ん、どうなるのよ、エイリシュ。
あなたには、トニーいるのに、どうしたのよ・・・(笑)

エイリシュ、迷いが出始めたのかな。
結婚の話を周りにしていないのは
理由があるのかな。
アメリカに帰ると皆にはいうものの、トニーの話は誰にもせず。
トニーの手紙も、何を書いていいかわからず、机にしまったり・・。

おお~~~
やっぱり迷いだね、迷い。
わからなくはないけど。でもトニーが(うるさい・・笑)


ここで冒頭の感想が・・・でます。
トニー先手を打っておいて良かったじゃん(爆)
やっぱりトニー
ただものではなかった(笑)
<<帰郷する前に、どうしても結婚したいというトニーに従い、2人は、籍をいれていたのでした>>

これ、
結構大きかったと思いますよ。既成事実。

アイルランドで出会った
ドーナル・グリーソン演じる ジム・ファレル、
思ったより紳士だし、背が高いし(と思ったのは私だけ…笑)
悪い人ではないな・・・と思うし、
さらに故郷には、母親もいるし、
姉の代わりと働かしてもらっている職場も良い感じだし
ためらう気持ちわかります。

結局、
最初の職場の、厭味ったらしいおばさんに、結婚のことを知られ、
は・・・と気づく主人公。
そうだ、ここは
閉鎖的な町だった・・・
このままではきっとまた同じ思いを感じるはず・・
とまあ、きっとそういう風に思ったんでしょうね。
言われた初めて決心がついたようにみえるけれど、
こんな風に、
なにか大きな出来事がないと決心できないこともあるし・・・。
かりに、この出来事がなく、ジム・ファレルが強引に口説いたら
また違った展開にもなっていたかもとも思うけれど。
まあ、選ばなければいけないことって人生にはいっぱいあるだろうし
選んだ以上、それが最適と信じて突き進むしかないものね。

決心したのは自分。
彼女の道がたとえ困難でも
突き進んでいってほしいと思わずにはいられなラストでした。
ラストの場面がポスターにもなっていますが
エイリシュ・の顔つきがよいですね。
意思がはっきりしている鋭い感じで。
これから彼と頑張るぞ~~みたいな。

シアーシャ・ローナンちゃんが
どんどん
素敵な女性になっていく姿を見ることできて満足。
女優としての成長も垣間みえてきて
とっても良かったです。
女性ってやっぱり強いな・・・

あ・・今回最初から
トニー応援派だったんだけれど
エイリシュのお別れの挨拶が、お手紙一枚になってしまったであろう
ジムの姿を見た瞬間、
ジム、あなたも可哀想だわ・・としみじみ。
前の彼女にもふられたのよね・・。
可哀想に。
やっぱり女性は強いというかいざというときは、バシッときりますね・・・・(笑)


burukkurinn eiga
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ブルックリン」感想

見たのは1月だったのですが、もたもたしているうちに、3月になってしまいました。汗

コメントの投稿

非公開コメント

色が印象的

みみこさん、こんばんは。

映画館で観てから月日が経ちますが、
そうそう、トニーと別れなくてほっとした・・・。
トニーは知らない俳優さんだし、
あまりぱっとしなくて、
「つなぎ」の彼氏かなとか思ってたんです。
誠実そうなんですが、彼女の成長とともに通り過ぎる存在なのかなあと。
でも私も最後まで「トニーがいるじゃない!」と心で叫んでました(笑)

この映画、色が印象的でしたね。
服、街、、、ノーマン・ロックウェルという画家の絵を思い出しました。

それにしても、ほんと、女は強い!

恋愛映画としても良かった

Mamさんへ


こんにちは
劇場でご覧になっていたのですね。
大画面で私も観たかったです。

<そうそう、トニーと別れなくてほっとした・・・。>

そうですよね~~
好青年なので心配していました。

<トニーは知らない俳優さんだし、
あまりぱっとしなくて、
「つなぎ」の彼氏かなとか思ってたんです。>

私も~~
後半の彼氏のほうが名前も顔も知っているし
背も高いし、もっていかれるのかな・・とは思っていました。

<でも私も最後まで「トニーがいるじゃない!」と心で叫んでました(笑)>

そうですよね
健気に手紙書くところなんて
頑張れ・・・って思いました。

<この映画、色が印象的でしたね。
服、街、、、ノーマン・ロックウェルという画家の絵を思い出しました。>

そうですよね。
色合い、素敵。
お洋服素敵でしたよね。

<それにしても、ほんと、女は強い! >

本当。
決心すると
迷わないものね。

一言^^

みみこさん、こちらにも。
>背が高いし(と思ったのは私だけ…笑)
思ったー!
彼女が結構背が高いし、体格もシッカリしているから、トニーが小さく見えちゃうのよね・・・
バランス的には、ジムの方がぴったりくるかなあ・・・とは思ったけど、私もみなさんと同じに、トニーがいるじゃないの!!って、何度も思ったわ。

映像や衣装や時代風景は、すごく気に入ったんだけど、ヒロインのずるさ(解るんだけどねー)がちょっと気になっちゃった映画でした。
感想書こうと思ってるんだけど、下書きに途中に入ったままになってます

こんにちは。

みみこさん、こんにちは。

お姉さんのこと、ショックでしたよね。
とっても素敵なヒトだったもの。妹が旅立ってからの様子が少し気になってなにかあるのかな・・とは思ったのですが。

トニーはインテリではないけど、地に足のついたしっかり者だよね。
家族もいい感じ~。
既成事実は大きい!!確かにね~(笑)
再び戻った故郷の思いがけない居心地の良さに言い出せない気持ち、これもわかる気がしたな。だってやっぱり生まれ育った場所だもの。
でもだからこそ、よく分かるところもあったんでしょうね。

>決心したのは自分。
彼女の道がたとえ困難でも
突き進んでいってほしいと

うんうん、私もそう思いましたよ~~♪
彼女はきっと(今は何もないだだっぴろい土地だったけど)ロングアイランドを自分たちの故郷にしていけるに違いないって。

ファッション、良かったよね。
アイルランドカラーのグリーン、好きです。
黄色いワンピース、赤い靴もかわいい。
寮でパスタを食べる練習をするところも面白かったな。

↑にエンフィールド事件が挙がってる~~!!
これ、前作がとても良かったので私も観ようと思ってます。

どちらか選ばないとね

latifaさんへ


こんばんは

そうよね
彼女もともと背が高いのよね
だからトニーが普通の人よりもとくに低いって
わけじゃあないんだろうけど。
パッと見ね、
低さは気づいちゃう(笑)

まあ、背が全てではないけどね。
故郷の彼の
スマートさも、捨てがたいかな・・・ともおもうときもあるのよね。

<ヒロインのずるさ(解るんだけどねー)がちょっと気になっちゃった映画でした。>


わかるわ~~
そういう感想、いくつかみたわ。
男性の感想はまた違ってくるんだろうね。

しょがないかな・・・とも、同性としては思ってしまうよね。

感想書かない作品も
私もいくつかあるわ
エネルギーが追いつかないのよね

頑張ってと応援

瞳さんへ


こんばんは

体調いかがですか。
インフル大変だったと思います。
無理しないでくださいね。

これ
良かったです。
主人公の寄り添いながら見ることができました

お姉さんは
ビックリ

体調悪かったなんて
気づきませんでした
異国の地できいたのでよりショックだったでしょうね。
すぐに帰国できないし

トニー
真面目でしたよね
家族も
あのチビちゃんかわいかったわ


<再び戻った故郷の思いがけない居心地の良さに言い出せない気持ち、これもわかる気がしたな。だってやっぱり生まれ育った場所だもの。>

そうよね~~
安心できるし
親もいるし
友達もいるものね


<彼女はきっと(今は何もないだだっぴろい土地だったけど)ロングアイランドを自分たちの故郷にしていけるに違いないって。>

そうね
頑張れ~~って応援しちゃう。
嫁に出す気持ち

<アイルランドカラーのグリーン、好きです。
黄色いワンピース、赤い靴もかわいい。
寮でパスタを食べる練習をするところも面白かったな。>

目の保養になりますよね
ああいう服装いいな~~とか。
色合い素敵だなとか
いろいろ思いました

死霊館
是非~~
面白かったです。

あ・・
一本また見ましたので
近々またいきます~~

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク