フランス組曲

フランス組曲(2014)
SUITE FRANCAISE
上映時間 107分
製作国 イギリス/フランス/ベルギー
公開情報 劇場公開(ロングライド)
初公開年月 2016/01/08
ジャンル ドラマ/戦争/ロマンス
映倫 PG12
その旋律は
あなたのもとへと連れ戻す
I監督: ソウル・ディブ
製作: ザヴィエル・マーチャンド
ロマン・ブレモン
マイケル・クーン
アンドレア・コーンウェル
製作総指揮: チャールズ・レイトン
クリスティーン・ランガン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
レン・ブラヴァトニック
原作: イレーヌ・ネミロフスキー
『フランス組曲』(白水社刊)
脚本: ソウル・ディブ
マット・シャルマン
撮影: エドゥアルド・グラウ
プロダクションデ
ザイン: マイケル・カーリン
衣装デザイン: マイケル・オコナー
編集: クリス・ディケンズ
音楽: ラエル・ジョーンズ

出演: ミシェル・ウィリアムズ リュシル・アンジェリエ
クリスティン・スコット・トーマス アンジェリエ夫人
マティアス・スーナールツ ブルーノ・フォン・ファルク中尉
サム・ライリー ブノワ・ラバリ
ルース・ウィルソン マドレーヌ・ラバリ
マーゴット・ロビー セリーヌ・ジョゼフ
ランベール・ウィルソン モンモール子爵
トム・シリング クルト・ボネ中尉
エリック・ゴドン
デボラ・フィンドレイ
サイモン・ダットン
ダイアナ・ケント
アレクサンドラ・マリア・ララ
クレア・ホルマン
バーニス・ステジャース
ハリエット・ウォルター
ポール・リッター
ハイノ・フェルヒ

 1942年にアウシュヴィッツで亡くなったフランスの人気作家イレーヌ・ネミロフスキーが、極限状況下で書きつづった遺作が60年以上を経た2004年に出版され世界的ベストセラーとなった。本作はその小説を映画化したヒューマン・ドラマ。ドイツ占領下のフランスの田舎町を舞台に、夫の帰還を待つ身でありながら、駐留ドイツ軍中尉と禁断の恋に落ちたフランス人女性の運命を描く。主演は「ブルーバレンタイン」「マリリン 7日間の恋」のミシェル・ウィリアムズ、共演にクリスティン・スコット・トーマス、マティアス・スーナールツ。監督は「ある公爵夫人の生涯」のソウル・ディブ。
 1940年6月。フランスはドイツの猛攻に屈服し、支配下に置かれる。フランス中部の田舎町ビュシーには、パリからの避難民が続々とやって来ていた。大きな屋敷に暮らすリュシルは、戦地に行った夫の帰りを待ちながら、厳格な義母と2人きりの息詰まる日々を送っていた。やがてドイツ軍の駐留が始まり、リュシルの屋敷にはドイツ軍中尉ブルーノが滞在することに。意外なことに彼はピアノを見つけると、未完だという自作の曲を毎日のように弾き始める。紳士的で音楽を愛するブルーノに、いつしか心惹かれていくリュシルだったが…。

<allcinema  引用>


感想

ミーハーな動機で選びました。
でもそういう思いを恥じてしまうほど、良い映画だったし、感動しましたね~~
スクリーンで見たかったです。
ちなみに、マティアス・スーナールツ と
トム・シリングを追い求めての鑑賞でした。
トム・シリングは嫌な役…笑でしたが、良しと(笑)
マティアス・スーナールツは、私の好きなピアノ男子で良し(笑)でした。

この映画
巷で言われているように
フランス舞台ですが、フランス語の映画ではないのですよね。

でもそこを補っても余りある素敵な作品でした
私はそう思います。好みです。

原作者がどういう状況下でこのストーリーを書き始めたかと思うと
感慨深いものがあります。

敵も味方も関係なく
一人の人間としての生き方、考え方が
ストレートに伝わってきて、恋愛映画ではあるものの
甘いだけでない、深いものも伝わってくるストーリーでした
なんて生きづらい時代だったんだろうな・・・って考えると
胸が痛いです。
ふらんすくみきょく9cd60fec37523a1bfda0c4cd046d45e2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお ご覧になりましたね。

みみこさんの気になるお二人の彼…マティアスとトムの二人ともが出ているなんて贅沢な作品ですよね。確かにトムは嫌な奴の役でしたが・・・・。

ピアノ男子、私も好みです~~
日本のドラマではロンバケのキムタク。洋画では「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディとか。ピアノの堪能な役って素敵ですよね。ヴァイオリン男子も好きですけど・・・・。

しっとりとした情感あふれるいい作品でした。音楽がまた切なくて美しくて。

義母は怖かったけど・・笑

ななさんへ


こんにちは
連休楽しんでいますか~~

これやっと観ることできました
好みの内容でうれしかったです。

お話は切ないんですけどね・・・

トムのほうは
あまりいい感じの人ではなかったので
ええ~~~って思ってしまいましたが(笑
殺されてしまうし・・。
でもマティアスはその分、素敵で・・
堪能させていただきました。

ピアノ男子
良かった~~

<ピアノ男子、私も好みです~~
日本のドラマではロンバケのキムタク。洋画では「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディとか。ピアノの堪能な役って素敵ですよね。ヴァイオリン男子も好きですけど・・・・。 >

あ~~そうですよね♪

え・・・弾けるの?そんな・・という
意外性がある人が良いですね。
音楽出来る男子って
繊細な感じもしますし・・・
あと手がきれいな感じがします。

<しっとりとした情感あふれるいい作品でした。音楽がまた切なくて美しくて。>

そうでしたね・・
かわす言葉も控えめで
とくに後半は
気持ちを抑える場面が多かったので
せつなさマックスでしたね

観ることできて本当に良かったわ

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク