絶望ノート   著   歌野  晶午

絶望ノート   著   歌野  晶午

いじめに遭っている中学2年の太刀川照音。
彼は、日々の学校生活を「絶望ノート」と名づけた
日記帳に書いていた。
彼はあるとき、校庭で石をみつけ、そこに神が宿っていると思いこむ。
オイネプギプト・・・・。彼はオイネブギプト様に、いじめの首謀者たちを殺してくれと
懇願する。
そして、ノートに綴ったとおり、実際に、いじめにかかわった子供たちがつぎつぎと  
死んでしまう。



感想  

 太刀川照音・・・。あだ名はタチション。
照音・・という名は、ジョン・レノン好きの父親がつけた名前。

主人公はこの、妙に凝った名前の男の子です。
彼はいじめられています。こんな名前はこどもにとっても
不幸ですよね。
本は、この少年の日記文章をそのまま列記したものがほとんどで
章によっては彼に関係する、親・刑事・同級生・などの視点からの文章となっています。

主人公の日記から
彼の学校の様子が赤裸々にわかります。
実際、こんな巧みな状態でいじめが行われていたら
誰でもわからないんじゃあないのかな・・。
いじりあいといじめ
からかいといじめって、線引きが難しいもの。

さらに、ジョン・レノンかぶれの父親。
困るよね、実際、こんな父親いたら。

最近読んだ重松清の「希望が丘~」でもえいちゃんを尊敬する父親が出てきて
いじめの場面で大活躍するというのがあったけれど。
この本では逆。
働かなく飲んだくれで、それでいて、理想ばかりいっている・・。
子供のいじめにかんしても
驚くような行動しかとれないんだよね。


さ~~て、このお話。
感想書くとネタばれになってしまうので難しいです。


たしかに、最後にあっと・・・なります。
想像しがたいような結末が待っているかと思います。
素直に驚くには、ネタばれは一切読まないことをお薦め。


こうであると、自分が物語の方向性を考えた
時点で
もう間違っているという感じですね。
ミスリードですよね。
そうであると思わせる。


ここまでか・・・笑

ラストは、
しょうがないよね、自業自得だと思います。
主人公には
あまりいい印象はないかな。
かといって、ムカムカするまではありませんけど。
だから「少女」のときのように、後味はそんなに悪くなかったのです。
ダークな終わり方ですけど、
まあ、しょうがないかな・・・・と。


一つ一つの
殺人については
そう簡単に思うように人が動かせるのかと
感じるところがありますが、よく練られた作品だと思ます。

前半9ページの
「行きたくない」オンパレード。
これ、怖いな・・・。
こんな日記見たら、熱でます。




ぜつぼう
スポンサーサイト
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク