君の膵臓をたべたい   著  住野よる

君の膵臓をたべたい   著  住野 よる


偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

 
( amazonnより引用  )


感想


2作目は既読。
順番違いますが、話題のデビュー作を読みました。
ちなみに映画化決定済み。
そして、映画はだいぶ感じが違うような出来になる予感が・・・

この物語は、読む年齢によっても感想が分かれるかも。

私は、ものすごく感動した・・・というところまではいきませんでした。
泣くまではないかな。

私が今まで読んでいた作家さんとは雰囲気が違うので
やはり、慣れるまでに時間がかかりました。
2作目でもそう感じました。
これは好みの問題です。
年齢的なものなのかな~~

主人公と少女の
会話部分に魅力があるのかと思いますが
私はどちらかというと苦手でした。
このやりとりは。
死生観や人との関わり方など
共感する台詞もありましたが
そうでない部分もありましたので。
実際、学生でこんな理屈っぽい会話する男女がいるのかなと思いました。
もったいぶった言い方するんだもの。


ただ、
単なる難病ものや
恋愛ものになっていないところは興味深かったです。
人間同士の結びつき
少年の成長を強く感じ
悲しい結末ですが
後味は悪くありませんでした。


後半
日記において
少女の心情が明らかになるわけですが
それをうけて
主人公がこらえられなくなって号泣となっていきます。

盛り上がり部分だと思いますが
泣くという行為を<うわああああああああ>という
漫画の吹き出しのような表記にするのが
気になってしかたがありませんでした。
こういうのは苦手。そこを目にして、これは感情移入が逆にできなくなるなと思いました。

主人公の名前を最後まで隠すことの意味、よくわかりませんでした。
知ったことで、
ああ・・あの有名作家さんたちの上下の名前ね、という
感想しか持てず、なぜそんなことをしたのかなといまだ疑問。
少女の死の原因は確かに意外性はあり、
人の生死のあっけなさを感じることはできましたが
意外とあっさりで、そのことに関して後々ふれないことも
どうなのかな…と感じました。

私だったら、そういう状況での別れを経験したら
混乱してしまうものなので。むしろそこの部分掘り下げてもらいたい感じでもありますもの。


年齢いっているもので
いろいろ思ってしまいましたが
題名のインパクトは半端ないので
多くの人は、気になってしまう本であることは
間違いないなと思いました。
kiminosuizogatabetai27166097_1.png


スポンサーサイト

また、同じ夢を見ていた   著  住野  よる

また、同じ夢を見ていた   著  住野  よる



友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女、一人静かに余生を送る老婆。

amazonnの紹介文より


感想

初作家さんに挑戦。
デビュー作は、ベストセラーとなった「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」ですね。
その次の作品がこれ。ちなみに、デビュー作は未読です。

主人公は
小柳奈ノ花ちゃん。
賢い小学生だけど、友達はいないの。
両親は共働き。
でも淋しくはない。
彼女には学校以外に友達がいるから。
外出時は何時も傍にいる猫。
リストカットを繰り返す女子高生。
アバズレと罵られる女性。
そして老婆ね。

奈ノ花ちゃんの口癖は
人生は~~~なようなもの。

これが結構、面白いたとえで、なるほどな~~~とうなずいてしまう

例えば

人生とは素晴らしい映画みたいなものよ⇒お菓子があれば一人でも十分楽しめるから
人生はプリンみたいなもの⇒甘いところだけで美味しいのに苦いところをありがたがる人もいる。
人生ってかき氷みたいなもの⇒たくさん好きな味があるのにすべてを食べることはできない

とまあ、文中、たくさん出てきます。

小学生としては、ちょっと理屈っぽいので、人によって可愛いと思うのか
鼻につくと思うのか、意見もでるかもしれないけど、
これは一種のファンタジー。

幸せとは何か・・・ということを
テーマにした作品です。それを主人公が追い求めるという構成。
学校の宿題になっていて
主人公は、周りのお友達に尋ねていくんですね。
そして最後に自分の中で答えがみつかる
自分にとっての幸せはいったい何なのか。


丁寧に読んでいくと様々な伏線がちりばめられていて
なかなか面白い作風になっているように感じました。
ただ
小学生が主人公で小学生の言葉で語るという文体なので
慣れないとなかなか、入り込みにくい感じもします。(好きな人は大丈夫よ)
ちょっと今まで違った路線の本ばかり読んできた自分だったので
私は最初の方、そうでした。読み進めていけば気にならないけどね。



でも面白かったですよ。
さすがに泣くまではいきませんが。

もう一人の自分が
どこかで生きていて
そしてもう一人の自分は人生後悔ばかりして
やり直したいと思っているかもしれません。
パラレルワールドって
映画でもよくみたな~~


だれかがほんの少しの助言してくれたら
その人生は変わっていったのかも。

自分も
いま
夢の中でいいから助言してもらいたいな。
間違いない選択をしていきたいと思うから。

なかなかどうして難しいですね。

薔薇の下では・秘密か・・
洒落た言葉を散りばめていますね。
憎い作りです。

onajiyume miteitamiteita

アノニマスコール   著  薬丸 岳

アノニマスコール   著  薬丸 岳

(「BOOK」データベースより)引用

3年前のある事件が原因で警察を辞めた真志は、妻の奈緒美と離婚、娘の梓と別居し、自暴自棄な生活を送っていた。ある日、真志の携帯に無言電話がかかってくる。胸騒ぎがして真志が奈緒美に連絡すると、梓は行方不明になっていた。やがて、娘の誘拐を告げる匿名電話があり、誘拐事件は真志がすべてを失った過去の事件へつながっていく。一方、真志を信じられない奈緒美は、娘を救うため独自に真相を探り始め―。予想を裏切る展開の連続と、胸を熱くする感涙の結末。社会派ミステリの旗手による超弩級エンタテインメント!!作家生活10周年記念作品。


感想


前に読んだ薬丸作品「誓約」とちょっと設定がかぶりませんかね。
一気読みはできるし、面白いかと言えば面白いけど
「誓約」と同じだからか、誰だかわからないやつの電話に振り回されるという流れに
新鮮味がなかったです。同じ感じなら「誓約」のほうが良かったかな

個人的には
こういう作品より
もっと
深みのある
グイグイ心に響くような作品を期待しています
最近では「友罪」かな

61rC4fqKS2L__SX230_.jpg


感想UPした数日後
手元にまた一冊借りてきました
今度のはグサッときそうなので
、頑張って読みたいです
でも忙しい・・・

代償  著  伊岡  瞬

代償  著  伊岡  瞬


圭輔は火事で両親をなくす。
遠縁の親子に世話になることになる圭輔。
同じ年の達也、継母の道子。
しかし、達也も道子もとんでもない人だった・・・


感想


新聞の書評でみつけて、初めての作家さんでしたけど読んでみました。


ミステリーです。
面白かったのですが
気分悪~~~~です・・・・・笑


それは、胸糞悪い、登場人物がいたからですね。



まず・・・
達也・・とんでもない悪です。
小学生から性格ねじれています。
継母の道子と、関係しています・・・・驚

自分では手を下さず悪いことばかりするんですよ。
逃げ道を用意しているんですよね。
俺は関係ないって・・・。
相手に精神的なダメージを与えて
その姿をみることを、喜びとしている奴です。
相手の幸せをみると、むかつくみたい。

中学生を卒業するまで
粗悪な達也との関係は続くのですが
知り合った友達
によって、助け出されます。


やがて圭輔は弁護士となり在る事件の容疑者である
達也と再び出会うことになります。

後半は
事件の真相解明。
二転三転します。


結局悪い奴は
それなりの報復を受けるってことですが
こいつの(失礼、達也ね)犯した数々の行為が
もう・・・・むかむかしていたので
早くどうにかしてほしかったです。


圭輔の母親にも手を出していたんでしょ?
そんな小学生ってどうよ・・
また中学に入学してからであった女の子
結局、暴行されて、転校してあげくに
早死にで、むくわれないわ。

圭輔のあの家庭環境で
やがて弁護士にまでなるって言うのは
ちょっと無理じゃないか・・・って思うけど(勉強はできたけど、
実際、大変だよね)
お話としては、立場が違っての再会は面白かったですね。

ちょっと説明的な部分が多くて
あれよあれよ…の間に、ことが起きてしまっているって
印象でした。
一気読みできる作品ですよね。

代書9784041107102

ママン愛人(ラマン)   著  佐藤亜有子

ママン愛人(ラマン)    著  佐藤亜有子




表題作の
「ママン愛人」他
「死の花嫁」
「蜘蛛」の三作



感想


今年急逝された、作家さん。
某新聞のコラムで
その人物像を知り、少し興味があり
遺作となった本作を読みました。


経歴は調べてみてください。

一躍有名になった
「ボディ・レンタル」も知らないし
ただ、最後の作品だけというのも
失礼かもしれませんが、
やっぱり興味が尽きなかった・・・・。
その人自身のことが。
内容についてはあまりよく知らなかったんだけど
三作全ての話
死がテーマであることが
とっても悲しかったです。
執筆中苦しかったんだろうな・・・・
こういう世界を作りあげて
それが実生活を思わせるような感じもして
痛々しくもありました。


希望も何もない
ただただ
死んでしまいたいと思える心境
愛する人の不在はそれだけ心に大きな苦しみと葛藤を抱えるものだけど
それでも
生きたいというエネルギーが
少しでも
漂ってほしかったな・・・

負の世界。
読んでいても
正直気持は
減いるだけなところはあります。
ただ
読み手としては
それでも生きるってことは
まんざらでもないんだよと
反論しながら
読みおえました。
マイナスばかりの人生ってないんだよ・・・・って。



ママン・・は
愛する息子の死
(近親相姦の雰囲気)
死の花嫁では
愛する夫の自殺
そして
蜘蛛は
夫に先立たれた
孤独な老婆・・・
と、
皆結局
死を求めていました。




ご冥福をお祈りします。

ままんらまん

みなさん  さようなら   著  久保寺  健彦

みなさん  さようなら   著  久保寺 健彦




ある理由があり、団地から出られなくなってしまった主人公。
彼はそこで仕事までみつけるが・・・



感想


濱田岳さんが主演の映画が気になっていたので
気になって手に取った本。映画はたぶん時間的に無理なので・・原作で内容知ろうかと・・・・。


狭い範囲内でしか行動しないっていう人はいるかもしれないけど
この物語のように
団地というかなりの限られた空間での生活という設定が、興味惹かれますよね。
そんな狭い範囲で生活できるのかって!!
でも出来ちゃうかも・・・と納得できるところが凄かったわ。
団地内にはいろいろ備わっているのね・・・
学校以外にも学べるところは沢山あるということで
主人公はちゃんと本を読んで知識を得たり
体を定期的に鍛えたりするところが偉いな・・・って思ちゃいました。
ただ家にこもってうじうじしている・・~~なんていう暗い性格じゃなく
その限られた範囲内でも
自分の能力を発揮できることを探し
一生懸命に努力する姿勢が清々しかったです。
途中から明かされる
なぜ、団地から一歩もでられないのか・・・どういうトラウマがあるのかという
事実が分かりだしたときは
正直衝撃的でした。
え~~~~、そんなに深刻だったのって。


ただ、その部分をダラダラ引きずって暗い感じで読み進んでいかなくてはならないという
風な展開にはなっていなかったので正直ほっとしました。


もちろん、団地内の面々にかかわることで
ハードな暴力やこっちが恥ずかしくなるような性描写などは
描かれていて、
ちょっとドキドキしちゃうところはありましたね~~
淡い青春ものにしあがっているんじゃないのかなと
思っていた部分がありましたから。
これ、うちの図書館では
YAコーナーにあったんですが
どっちかというと大人向きじゃあないのかなって思いましたよ。
子供⇒中学生に感想文に薦めようかと思ったけど
親から薦めるのは気が引けるっていうか・・・・笑


いや別に、どんな本を読んでもいいけど、なんとなくね。
じぶんで見つけて下さいよ・・という感じでいたいです






最後どうやってこの団地を出るのかと思ったら
母親の・・・でしたか。
かなりあっさり感はありましたが、
意外と、自分の心と体が許せる範囲が来たならば
すんなり行くのかもしれないのかな・・・。
あせるのもよくないし
自然にまかせればいいのかな、何事も・・・とそんな風に思いました。


このお話で
印象に残ったキャラは
お菓子作りの師匠
あとケーキ屋のお手伝いをしてくれるお友達⇒途中精神病んで入院しちゃうんですよね、可哀そう。
恋人が主人公から離れてしまうという気持ちは
分かる気がします。一生ここで生活というのは、つらいものね・・・。



私は団地生活をしたことがないのですが
私が小学校の頃、
同級生たちが大きな団地に沢山すんでいて
よく遊びにいきましたね。
だから懐かしいな・・・・って思って読んでいました。
時代と共に団地から人がいなくなり・・・という流れも
実際その通りだったわ。


確かにこれ
映画化したら
面白いでしょうね。
時代の移り変わりがよくわかるのでみていて面白いよね。


原作読んだだけでは
主人公が濱田君というのはたぶん、イメージしなかったと思います。
いわれてみればなるほどな~~~笑と思いましたが・・・。
DVDになったら映画みようかな


minasannsatouynara 51YIjRPoX4L__SX230_

ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た






感想


全部で5編の連作短編集。


第1話「ミクマリ」は第8回女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞。

性描写きついです。
電車の中で途中まで読んでいましたが
やはり、周りを気にしてしまう・・・。

正直この1編だけでは、いい印象はなかったです。
女性作家さんのものとしてはここまで直接的なのは読んだこともなかったし
そういう意味でのインパクトはありました。
ただ、それぞれの性格付けもわからないまま、出会いと密会と・・・の、印象しか感じられないところも
あります。
一旦は別れを決意した
卓巳があんずと、ある場所で再会。
彼女の別の面を見て、
また元の2人の世界に入っていく・・・
短い話の中では心の動きが察しにくいです。


設定が朗読者のような感じなのね。年上女子と学生の情事なので・・。


「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」

斉藤卓巳の不倫相手、あんずの私生活・・・

気持ちが悪かったです。夫が・・・。
そうか・・・あんずにはこんな過去が、
こんな夫が&お姑さんがと驚くこと続々。
こういう、息子とお母さん、いそうです。
あんずがどういう人生を歩んできたかというのは
よくわかりましたが、
こういう人・・・あまり好きではありません。
考え方が・・・です。

ミクマリから感じていたのですが
相手のことを考えない一方的な部分を感じられるので
嫌です。



「2035年のオーガズム」


卓巳に思いを寄せる
松永七菜の私生活・・・


「セイタカアワダチソウの空」
卓巳の高校の友達・福田の日常。

「・花粉・受粉」
卓巳の母の日常



この中では
「セイタカアワダチソウの空」が一番良かったです。
福田にしろ、
コンビニで働く、勉強教えてくれる彼も・・
皆、生きづらい中で一生懸命生きているのがひしひしと伝わってくるので・・・。



ということで、
全体を読み終わって
初めて
最初のお話が生きてくるのかな・・・て思いました。
あんずや・・
彼女に惹かれる卓巳についても。
一章だけでは何も感じなかったけれど
この小説全部読み終わったあとで振り返ってみると
いろいろ思うことが出てきたように思います。
嫌いと言ったあんずに関しても
少しは違った風に感じられたかも・・・と
今となっては思いますが・・・・。


映画化はどうこの物語を
まとめていくのか・・・
ちょっと興味ありますね。


窪田君頑張って~~~笑


ふがいないぼくは

共喰い    著  田中慎弥

共喰い  著  田中慎弥


あらすじは感想内で・・・。



感想


一躍時の人となった田中慎弥さん。
第146回芥川賞 受賞作品ですね。

作品は読まなくとも、人だけはわかる・・・という方多い気がしますが、
やはり一度は作品に触れてみたい!!
ということで手を出しました。


作品は表題作と他一篇「第三紀層の魚」 。

私は表題作でない、もう一つの作品の方が好きです(こちらは少年と曾祖父の話。釣りがポイントです)
あくまでも好みですが・・・。


共食いは・・・まあ・・・題材が題材なので
とくに女性には、よい印象は与えないのではないでしょうか。


共食い・・

登場人物は
主人公17歳の遠馬。
父と愛人・琴子さんと住んでいます。
実の母親仁子は
魚屋に勤めていて
近くにいます。遠馬と交流あり。
母親は戦争時に右手を失っています。
夫、つまり遠馬の父親は、性交渉時に女性を殴るという
癖があり、さらに女性関係も豊富なため
子どもは遠馬だけと決め
のちに妊娠した子供はおろしてしまいます。夫と同じ血は一人だけでよいということで。。。。
そののち、別れて暮らしているようです。
遠馬には恋人がいます。
会田千草。彼女とは当然性交渉ありです・・・。
さて・・・遠馬は
ある日、千草を殴ってしまい
自分に父親と同じ血が流れていることに嫌悪感を覚えるのですが・・・




あらすじ前半まで書きました。その後大きく展開します。
性描写は結構生々しいです。
女性に暴力をふるうという設定も
自分が、女性なので、いや~~~な感じは受けます。
そもそも、そういう行為=暴力の意味がわかりませんから・・・。
女性がそういうときに暴力ふるうっていうのは聞いたことないしね。
感覚としてわからないわ・・・。
嫌悪感だけで。


物語は意外な方向に進むのですが
そうか・・・やっぱりそういう報いを受けるのか、という
印象ですね。
サスペンス的な要素をもっています。

彼らが住んでいる土地、
そして、うなぎ・・・・・
そんなもろもろの描写と相まって
描かれる人間関係。
6月のムシムシしたなま温かい空気の中にいるような
居心地の悪い感じの小説でした。


遠馬の将来
心配ではありますけどね・・・・。




tomugui515x4AspB5L__SL160_.jpg

くちびるに歌を   著  中田永一

くちびるに歌を   著  中田永一


舞台は長崎県五島列島のとある中学。
合唱部の顧問松山先生が産休に入ることになる。
かわりに五島出身で、上京し、音大に入学したが
今はニートのような生活をしているという柏木先生が臨時指導の先生となる。
松山先生と柏木先生は同級生で昔一人の男を巡っていろいろあったらしい。
合唱部はそれまで、女子合唱部員しかいなかったが、
柏木先生の影響か、男子生徒が多数入部。
男女部員の対立の中、夏の全国学校音楽コンクールの県大会を目指すことになるが・・・
課題曲は「手紙~拝啓 十五の君へ~」・・・・だ♪




感想


ある有名作家さんの別名義、中田永一さんの最新作。
といっても、中田さんの作品は今回これが初めてだし、
もう一つの名前の方の作家さんの作品も、一冊しか読んでいないという感じなので
ほぼ初心者というありさまです。


この作品。
青春小説ですね。
中学生たちが主人公。
クラブも合唱部ということで
なんとも爽やか~~~です。
中学生が主人公で、クラブ活動の世界というと・・・
これまでもいろんな作家さんの
いろんなクラブ・・・、園芸とか陸上とかダンスとか、体操とか・・・
まあ・・・いろいろ読んできたので
だいたいが想像できる内容かな・・・と思っていました。
で・・・やっぱり、想像できる内容でした。

基本的に
根が悪い人間が登場してくるわけでもなく
舞台である五島列島という(行ったことはないが・・・)場所のように
皆が純粋で爽やかなだ・・・・というのが目立ったような気がしました。


ラストも、実に気持ちがよいというか・・・。
登場人物の一人、桑原サトルの
自閉症である、兄のために
皆が歌声を響かせるという感動的な場面が用意されており、
これを読めば
素直に良い話だな・・・と思わせる
ものがありました。

桑原サトルと長谷川コトミ(神木先輩と付き合っている・・)との関係。
孤独がちなサトルにコトミが親しく話しかけていたので
え・・・進展あるのかなと思わせておいて
でもコトミには付き合っている彼氏がいたという事実が明るみになるんですよね。
興味深かったです。サトルの家庭の事情も察してくれるコトミ、
反対にコトミのために、先輩宅でひと暴れしたサトルの行動なども
実に感情に素直な感じがして
面白かったです。

また、
向井ケイスケと仲村ナズナの関係。
向井君の好きな人が男嫌いのナズナかと思いきや
実は別の人ということで
ナズナ側にしてみればキュンとなるような痛い展開。
こちらも、案に恋愛沙汰にならないで
男女の友情を成立させているところなどは
個人的に好きでした。
ナズナの悪口を言われて
向井ケイスケが友人を殴るなんて言うエピソードは
すっごく男気を感じさせて
良かったです。


皆本当に良い子ばかりだな・・・・・笑


ところどころで
自分に向けて手紙を書く場面があります。
先生が
課題曲に合わせて
部員たちに宿題を課していたのですよね。
15歳の君へ・・・と。


手紙~拝啓 十五の君へ・・・の歌詞を題材にして
素敵な物語が繰り広げられていました。

ただ、先生のエピソード、
自由曲においての語りの部分は
もっと知りたいところ。
三角関係ってもっとドロドロしているんじゃないのかな・・・と思っていましたが
意外とあっさりでした…笑


5168+0yVBqL__SL240_.jpg

2011年の本のまとめ

2011年の本のまとめです。


昨年も新しい作家さんに挑戦しました。
沼田さんと
朝井さんですね。


ベスト(順不同)


翼                 著  白石  一文
チョコレートコスモス        著  恩田 睦
アンダスタンド・メイビー上・下   著  島本 理生
星やどりの声            著  朝井リョウ
刑事のまなざし           著  薬丸  岳


登場人物に共感していない。。。と
なっている感想もあるのですが
やっぱり振り返ってみると
印象に残っていまうのはなぜでしょうかね。
ここは
個人の好みということで・・・・。




今年も
たくさん読みたいです・・・♪


プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク