風花病棟  著  帚木蓬生

風花病棟    著  帚木蓬生




感想   医療現場を舞台に10人のドクターと患者さんの
ドラマが描かれます。
前回感想UPした「インターセックス」と同時進行で読みました。



どれもいいお話です。
患者側というより、医師側の視点ですかね。

「かがやく」がとくに良かったです。



かざはな
スポンサーサイト

インターセックス   著 帚木 蓬生 

インターセックス   著  帚木 蓬生


贅沢な施設に高度な医療技術をもつ医師たちが集まるサンビーチ病院。
院長は岸川卓也。
ある医療裁判の法廷で、泌尿婦人科医の秋野翔子は岸川に出会う。
証言台での岸川の知識の豊かさに興味を覚えた翔子は
声をかけ、知り合いとなる。
その縁でサンビーチ病院で働くことになった翔子。
そこでは、性同一性障害やインターセックスの患者たちなどに
様々な最先端医療が行われていた。





感想   とても興味深い本でした。
現代医療の問題について、色々思うことありました。
今現代、どこまで、生殖の医療が進んでいるのかはわかりませんが、
近い将来ありゆるかも・・・と思わせるものがありました。
いままで、普通にお産して子どもを産んでという経過をたどってきたのですが、
世の中にはそうでない事例は沢山あるわけですよね。
いろんなケースがあり、子どもを産むという行為についても
いろんな考えがあります。
体外受精や、臓器移植、中絶の有無・・・、ダウン症について。
そして、ここでは、最大の問題として、インターセックスが取り上げられます。

インターセックスとは、(本文 309ページによると)

文字どおり男性と女性の中間に位置するさまざまな性を意味します。
人間の性は原始の時代から、男と女の二つに分類されてきました。宗教の世界でもこの二分法は
変わらず、旧約聖書ではアダムとイヴから人間の歴史が始まっています。
しかし、男と女に二分する方法は、全くの観念的なもので、自然界の現実を反映していないのです。



私は、こういう方がいるということを普段意識したことがなかったので
正直、ガツンときました。
物語の中では、患者さんの告白場面も用意されていて
かなりリアルな内容も描かれています。

知るということが大切・・・。初めてそう感じたかな。
実際、世の中、それで悩んでいる人もいるわけですよね。
性同一障害とはまた別のもの。
初めてのことばかりで、衝撃的でした。


女医の秋野先生の主張としては、早くから、手術、手術の生活にするのではなく
あるがままの姿で育てさせて、ある程度年齢がいって、性別を選択したいと本人が
主張したらそうしてあげるべき。またそのままでも良いというならそれもありだと。
二分するのではなく、男、女のまえに、人という意識を持てば良いと。
なるほど・・・。
こういった意識を皆が持てば、患者本人も生活しやすくはなりますよね。
ただ実際には、なかなか理解を得られない世の中ではないかなとは
感じました。でも、時間がかかってもいいから
↑のような意識をもつ世の中になって欲しい。
それにはまず、知ることが大事だと思います。
また同時に
そういった子を持つ親の姿も描かれていましたが、
それはそれは、読んでいて、いたたまれなくなってしまう感じでしたね。
もちろん、当の本人が一番大変だろうとは
思うのですが、そういった事実をつきつけられる親というのもつらいものは
ありますよね。
とくに、産むのは女性なので、いろいろ言われるでしょうね。
自分だったらどうだったろう・・・・。
この秋野先生は、心のケアーを大切にしているようで
先生の言うことに従っていれば恐くないというような
信頼感、安心感はありました。


女医、秋野翔子の↑の考えと違ったものをもっているのが院長の岸川です。
彼は、インターセックスの患者には早くからどちらかの性別を決めてあげるべきだと。
2人はお互い異なった主義ではありますけれど、
反発することなく、それぞれの考え方を尊重しているという風でした。
この岸川の作り上げた病院サンビーチというのがまた凄いです。

病院の職員をもてなす行事も、
クルージングやお花見など、豪華、豪華。
食事も豪華、入院するまでの過程も豪華。
素晴らしいです。

途中、学会でドイツフランクフルトへ出かけ。
その描写もリアルで、読み応えありです。

このふたりにまつわる医療ドラマの他に
翔子の親友の死についての謎が加わり、
後半ややサスペンス風になります。


最後にその謎が一気に解き明かされますが、
そこは、いそいでまとめたかな。。。。とちょっと感じたかな。
とくに追い詰められた岸川の結末は
あっけないようにも思いました。
(ネタバレ・・・・とくに、武藤直子の子どもの親については
え~~そうだったのと、かなり驚き)

これは、サスペンスでみるというより、現代医療の問題を
知るための本と考えたほうが満足感はあるかなと思います。


アマゾンの感想をちらりと見てきたのですが
この本は『エンブリオ』の続編ということですね・・・
この岸川さんにかかわることはそれを読んでみるとわかるみたい・・・
早速読んでみたいと思います。


innta-ahhagi.jpg

閉鎖病棟   著  箒木蓬生

閉鎖病棟   著  箒木蓬生


舞台はある精神科病棟。
そこには様々な重い過去を背負った人々が入院していた。
そんな彼らは彼らたちの世界で、明るく前向きに生きていた。
そんなある日、殺人事件が起きる・・



感想   お勧めされて読みました。
まず、まったく、予備知識なしでの読書でしたので純粋にどういう風に物語が進んでいくのだろう・・・という興味がありました。
後半にメインとなる人は絞られるものの、
全体を通してみると、群像劇になっているストーリーです。
誰かを引き立てるような人物の描き方はしておらず
どの方も、丁寧にその人柄が理解できるように描かれておりました。

誰さん、誰さんと、それぞれ、本名ではなく呼び名がついているのですが
それがまた、結構な人数なんですよ。
当然、その方々、それぞれには入院に至るまでの過去があります。

まず、冒頭で何人かの過去を紹介し、
物語の流れの中で、行きつ戻りつで再度、過去が紹介されます。
正直、整理していくのは大変でした。
読みながら、え~~この人は、前に紹介されていたよね?
どういう人だっけ・・・と、振り返りながら読んでおりました。(単に理解が足りないだけかも)


患者さんは、皆、今日や昨日入院という人ではないのですよ。
三十数年、入院したままの患者さんだって当然いるのです。
だから当然、過去を振り返るというと戦争中の話まで戻ったりします。
時代を感じさせるんですよね。

中盤までは、精神病棟に入院している人たちの日常が淡々と描かれます。
最後までこのまま病棟における人間間模様だけが描かれるのかな・・・と
思っていたら、衝撃的な事件が起こるのです。


ただ、それも、これ見逃しにクローズアップしたような描き方ではなかったかな。
事件が起こり、その成り行きも、静かに静かに描かれておりました。
それゆえ、しみじみとした思いを感じてしまったかな・・・


事件は抜きにしても、作者がお医者様ということで
病院生活自体はとってもリアルに描かれていたのではないかと思います。
患者さんたちの世界は、私たちの社会と同じような、喜怒哀楽があり、
生活風景も変わらなかったりするのね・・・と感じました。
もちろん、一般の人とは違う行動を起こしたりする人々も
何人かいるので、ある程度の制約もあったりするけれど、
懸命に生きているという様子は伺えました。
患者であるまえに、人間であることを認めて欲しい・・
充分な判断力を持っている人も当然要るのに
まだまだ家族であっても、その理解を得るのは難しい・・・のだなと感じました。
チュウさんはその典型的な状態で
家族は冷たかったですね。そんな中、敬吾さんと昭八さんの2人は家族の理解が得られて
本当に良かったと思います。




映画で「カッコ-の巣の上で」というのがありますがちょっとそれを連想して
しまうような内容です。


後半に起きる事件について・・
加害者は車椅子イスの年寄りの秀丸さん。
被害者は札付きの悪、重宗。

秀丸さんにはチュウさんという味方がいました。
ラストの秀丸さんとチュウさんの手紙のやりとりはジ~~ンときてしまいます。
患者さんという目線よりも
1人の人間と人間が心を交わしている、まさにその状態だった
からです。


秀丸さんは物事を冷静に判断していたように思います。
一時の感情の爆発で起こした行為ではなかったはず。
島崎さんは冒頭でも出てくる少女でしたが
まさか、こんな事件に巻き込まれるとは想像もしておりませんでした。
さらに、彼女の妊娠の相手を知ったときは、最低!!・・・と思いました。
そういう事情を知っていたからこそ、秀丸さんは行為に及んだ・・・


被害者の重宗。彼は薬の常習者で、病院仲間からも看護婦さんたちからも嫌われている
本当に手のつけようがない悪人です。
病院に入っているゆえ、悪いことをしても、患者ではしょうがないと、警察も動いてくれない
みたいです。
秀丸さんが、こうするしかないと判断したのもうなずけます。
でも秀丸さんには、大きな過去の罪があるのです。てんかんの病気をもっていたとは
いえ、母親とその内縁の夫、子ども2人を殺している身なんです(死刑宣告され、執行されたが
失敗し、その後、精神病院の院長のつてでこの病院へ)
その過去は、やっぱり、ひっかからないといえば嘘になりますね・・・。
その過去と島崎さんの件とはまったく別物です。
あの時代に比べ秀丸さんの体調もだいぶよくなっているし・・。
過去の事件を引き合いに出して判断して欲しくないとは思いますが
世間一般の目は厳しいだろな・・と感じました。
チュウさんや島崎さんは、きっと過去にこだわっていなかったんでしょうね。
今ある秀丸さんの姿に、親近感をもったはずです。


物語は島崎さん、チュウさんともに、前向きな方向で終ります。
やり直しは、またできるんだということ・・。


どういう視点で読むかで感想も大きく変わってきてしまう
物語だと思いますが、
見えていなかったものを見せてもらった・・・そんな
印象をもった作品となりました。
まだまだ自分の知らない世界があるんだな・・・ということ。

差別や偏見・・・・など、
難しい問題も絡んでいるお話だと思います。
なかなか厳しいですよね・・・世間の目は。
でも最後に待ち受ける人と人との温かい交流で
難しい事柄は、一瞬消えてしまうような感じではあります。

患者さんの目線で、ストレートに描いているということで
読む価値がある本だとと思います。
そして落ち着いた頃に、是非いろいろ考えて欲しいです。



お勧めありがとうございます~~~★
頑張ったかいがありました★。
またよろしくね~~~


閉鎖

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク