絶望ノート   著   歌野  晶午

絶望ノート   著   歌野  晶午

いじめに遭っている中学2年の太刀川照音。
彼は、日々の学校生活を「絶望ノート」と名づけた
日記帳に書いていた。
彼はあるとき、校庭で石をみつけ、そこに神が宿っていると思いこむ。
オイネプギプト・・・・。彼はオイネブギプト様に、いじめの首謀者たちを殺してくれと
懇願する。
そして、ノートに綴ったとおり、実際に、いじめにかかわった子供たちがつぎつぎと  
死んでしまう。



感想  

 太刀川照音・・・。あだ名はタチション。
照音・・という名は、ジョン・レノン好きの父親がつけた名前。

主人公はこの、妙に凝った名前の男の子です。
彼はいじめられています。こんな名前はこどもにとっても
不幸ですよね。
本は、この少年の日記文章をそのまま列記したものがほとんどで
章によっては彼に関係する、親・刑事・同級生・などの視点からの文章となっています。

主人公の日記から
彼の学校の様子が赤裸々にわかります。
実際、こんな巧みな状態でいじめが行われていたら
誰でもわからないんじゃあないのかな・・。
いじりあいといじめ
からかいといじめって、線引きが難しいもの。

さらに、ジョン・レノンかぶれの父親。
困るよね、実際、こんな父親いたら。

最近読んだ重松清の「希望が丘~」でもえいちゃんを尊敬する父親が出てきて
いじめの場面で大活躍するというのがあったけれど。
この本では逆。
働かなく飲んだくれで、それでいて、理想ばかりいっている・・。
子供のいじめにかんしても
驚くような行動しかとれないんだよね。


さ~~て、このお話。
感想書くとネタばれになってしまうので難しいです。


たしかに、最後にあっと・・・なります。
想像しがたいような結末が待っているかと思います。
素直に驚くには、ネタばれは一切読まないことをお薦め。


こうであると、自分が物語の方向性を考えた
時点で
もう間違っているという感じですね。
ミスリードですよね。
そうであると思わせる。


ここまでか・・・笑

ラストは、
しょうがないよね、自業自得だと思います。
主人公には
あまりいい印象はないかな。
かといって、ムカムカするまではありませんけど。
だから「少女」のときのように、後味はそんなに悪くなかったのです。
ダークな終わり方ですけど、
まあ、しょうがないかな・・・・と。


一つ一つの
殺人については
そう簡単に思うように人が動かせるのかと
感じるところがありますが、よく練られた作品だと思ます。

前半9ページの
「行きたくない」オンパレード。
これ、怖いな・・・。
こんな日記見たら、熱でます。




ぜつぼう
スポンサーサイト

鬼の跫音      著  道尾秀介

鬼の跫音      著  道尾秀介

著者初の短編集。



感想   道尾作品は長編しか読んでいなく
かつミステリー分野ばかりだったのですが今回はホラーテイスト。
今まであまりホラー的なお話は読んだことがなかったので不安な部分も
あったのですが、いやいや・・・やっぱり道尾さん。
読んで正解・・・面白かったです。
後から背筋の寒くなる恐さ、
何気ない表現に潜む、深い意味・・・
あっというどんでん返し・・・
短いながらも、凝縮した内容で、恐いけれど先が読みたいという
ジレンマに襲われました。


すべての章に共通して
登場するのがSという人物。もちろん、同一人物ではありませんが
どの作品でも重要なポジションを占めております。
また、鴉・・・という不吉なイメージを連想させる
ところどころにでてきて、不気味さをかもしだしておりました。



「鈴虫」

鈴虫はみていた・・・・
悪いことはできないものです・・・。


「ケモノ」・・・囚人が残したイスに残されていたメッセージ。
その謎を求めて、主人公はさまようのだが。

ラストに驚愕。
そうだったの・・・・・。
怖いよ・・怖すぎ。
椅子に残されたメッセージのなぞ解きはそれほど衝撃はなかったものの
最後にやられた感・・ありです。


「よいぎつね」・・・過去におかした罪におびえる主人公。
今年久々にその現場にやってくるが・・・

しょうがないです…主人公。
自業自得でしょう。




「箱詰めの文字」・・・・ある日、自分の部屋から貯金箱を盗んだという青年が
あらわれる。自分には見覚えがないその貯金箱。
なかからは奇妙なメッセージが出てきて。

これもどんでん返し・・・ありで
面白かったです。



「冬の鬼」・・・日記形式。女性の過去、現代がつぎつぎに明らかになっていき・・・


主人公の女性の顔を思い浮かべながらの読書でした。



「悪意の顔」・・・Sが嫌いな主人公。
自分をいじめるSをなんとかしたい。
偶然であった、謎の女性に、Sのことを話すと
私が消し去ってあげるというのだが・・・

不思議なキャンバスですね。・
いった真実は何?
そんな思いを感じながら
これまた、驚きのラスト。
そうか・・・S.。
君は怖いやつだな・・・・



aioto.jpg

くまちゃん    著   角田光代

くまちゃん    著   角田光代


くまちゃん
アイドル
勝負恋愛
こうもり
浮き草
光の子
乙女相談室



7つの短編からなる恋愛小説。



感想   20代前半から30代半ばの男女たちのふられ小説です。
全部の章につながりがあります。
一章のくまちゃんの主人公が古平苑子・・23歳・
つきあう男性が
くまちゃんこと、持田秀之。
2章はその持田秀之27歳が主人公。付き合うのは岡崎ゆりえ・・28歳。
3章は、岡崎ゆりえ29歳が主人公。付き合うのが保土谷槇仁。
4章は保土谷槇仁、32歳が主人公。付き合うのは片田希麻子。
5章は片田希麻子、36歳が主人公。付き合うのは林久信。
6章は林久信が主人公で、相手は野坂文太。
7章は山里こずえ、36歳が主人公。でてくるのは2章に出てきたゆりえとおぼしき女性。


というぐあいの、バトンリレーのような短編小説です。
パターンは同じですが(最後に別れがくる。ちなみに最後の章だけは違う感じ)
なかなか面白いお話ばかりで
楽しんで読むことができました。

どの物語の主人公たちも
けっして、優等生タイプでなく、人生もがいているようなふわふわしたような
生き方しかできない不器用な感じの人たちばかり。
正直、そういう行為はしないだろう・・・
それやちゃったら、幻滅だよと
恋愛過程を見ながら、しょうがないね・・・・という思いも作品によっては感じておりました。

でも、人って面白いのね。
違う視点からみてみると、こんな一面があったのか・・・って気づくことが多いから。


そしてやっぱり、結末がふられるという形式であるからかもしれないけれど
付き合っている同士の、その恋愛温度が同じレベルではないのよね・
どっちか一方は熱い思いなんだけれど、
もう一人はトーンダウンした状態。
それでもなんとなく関係が成立しちゃうんだよね。
もちろん、相手の熱い思いに感化されて自分も盛り上がり
うまくいくパターンもあろうかと思うけれどね。
この小説では、みな、お別れになっちゃう・・・
タイミングというのもあるのかな・・・



くまちゃん

風の中のマリア     著   百田尚樹

風の中のマリア   著  百田尚樹

オオスズメバチ、マリア。
戦いを使命とする彼女の日々は・・・



感想   初作者さんです。
予備知識なしで、手にとったので、ちょっとびっくり。
なぜなら、主人公はハチ・・・だったから・・・。
動物を擬人化した作品は児童書などにもたくさんありますけれど、
大抵ファンタジック・・。
そういえば、昔、ハチのアニメもありましたっけ。
マーヤにしろ、ハッチにしろ、子供に夢や希望を与えてくれるような
素敵なアニメでした。涙も誘われたかな~~。

しかし、こちらは夢見がちなお話ではありませんでした。
生態に忠実。学識的な説明もあり、なるほど・・・・と思うこともしばしば。

子供を産むこともせず、
女王蜂が生んだ幼虫を育て上げるため、
日々、他の昆虫を殺し、肉団子にし、運ぶという日々。
戦いが彼女=マリアのすべて。
生きることのできる期間が羽化して30日。
戦いのために、多くの仲間が死んでいく現実。

自分の使命に、ときに疑問を感じるものの、やはり、それしか自分は生きるすべがないと
悟るさまは、なんともせつなくなるけれど・・・。
それが、生き物の性なのだからしかたがないのかな・・

死闘の末、餌にされる昆虫たち・・・。
哀願しても容赦なく命を絶つ・・・。
それが、この世界で生きる道だから・・・


帝国の女王までも、能力がなくなったから、襲うなんて・・・
う~~ん、非情なんだね、ハチの世界は。


今までにない小説で
非常に興味深く読みことができました。


ただし、小説を読んだからといって、ハチにより親近感がわき
優しくなった・・とは言えないのが現実。
やっぱり、ハチがいたら怖い・・もの。
今年、家の軒下に
ハチが巣を作ったし。
そりゃあ、壊すのに、難儀したのよね。



maria.gif

私の中のあなた

私の中のあなた(2009)

MY SISTER'S KEEPER


監督: ニック・カサヴェテス
製作: マーク・ジョンソン
チャック・パチェコ
スコット・L・ゴールドマン
製作総指揮: ダイアナ・ポコーニイ
スティーヴン・ファースト
メンデル・トロッパー
トビー・エメリッヒ
メリデス・フィン
マーク・カウフマン
原作: ジョディ・ピコー
『わたしのなかのあなた』(早川書房刊)
脚本: ジェレミー・レヴェン
ニック・カサヴェテス
撮影: キャレブ・デシャネル
プロダクションデ
ザイン: ジョン・ハットマン
衣装デザイン: シェイ・カンリフ
編集: アラン・ハイム
ジム・フリン
音楽: アーロン・ジグマン
出演: キャメロン・ディアス  (サラ・フィッツジェラルド )
アビゲイル・ブレスリン   (アナ・フィッツジェラルド )
アレック・ボールドウィン    (キャンベル・アレグザンダー)
ジェイソン・パトリック    (ブライアン・フィッツジェラルド)
ソフィア・ヴァジリーヴァ   (ケイト・フィッツジェラルド)
ジョーン・キューザック  ( デ・サルヴォ判事)
トーマス・デッカー   (テイラー・アンブローズ)
ヘザー・ウォールクィスト   (ケリーおばさん)
エヴァン・エリングソン   (ジェシー・フィッツジェラルド)
デヴィッド・ソーントン ドクター・チャンス
ブレンダン・ベイリー
エミリー・デシャネル
マット・バリー
アニー・ウッド
マーク・M・ジョンソン


 
 サラとブライアン夫妻には3人の子供がいた。
長男ジェシー、長女ケイト、次女アナ。
実はアナは、白血病であると判明したケイトを救うべく
ドナーになる目的で作られた子供だった。
アナは幼いころから
ケイトのために何度も手術を受けてきた。
ところがある日11歳になったアナが突然、姉ケイトへの腎臓の提供を拒んで
両親を訴えるという行為を引き起こす。
お金を貯め弁護士を雇ったのだ。
ケイトを助けるために人生をささげてきたサラは衝撃を受ける。



感想   ジョディ・ピコーの世界的ベストセラー小説『わたしのなかのあなた』の映画化。
原作は未読です。
映画を観た後に知ったのですが、原作と映画とではラストが違うそうです。
これ以外のラストっていったいどんなものなんだろう。
とっても興味深く感じました。
映画のラストは悲しいけれど、それだけで終わらない
ある種の希望を感じるので、気分がどんよりとはしないんですよね。


難病ものは進んでみようとは思わないのですが
今回は、臓器提供をするために遺伝子操作で子供を作り、その子が
親を訴えるという今までにない展開に、興味を持ちしました。

まずですね、
私が思っているのとは違うような展開でした。
もっとこう、裁判中心で、訴えたという子供、アナの心理的な部分を
描いていくのかなと思ったのです。
しかし、実は、家族の絆の物語。ケイト自身の闘病の様子も描かれます。
親を訴えたというアナが、家族の中で孤立することもなく
訴えるという行為自体で、家族が崩壊していってしまうという
危機感は感じませんでした。
そもそも、それには、理由があるわけで。

ラストで明かされるように、アナの真意は別のところにあり、
少なくとも、長男ジェシーは、そのことを知っ
ているわけなんですよね。
考えてみれば、病に冒されているケイトもそんな行為をする
妹に何か意見をすることもなかったし・・・。
けんかもなかった・・・。
冷静に考えてみれば、ああそうか、そういうわけか・と答えが想像できなくは
ないですよね。
このアナの行為に対して
やっきになって、取り乱すのは母親サラのみ。父親はもっと冷静な態度で
アナの行為をとらえていたように思います。


物語は時間を行きつ戻りつつしながら
展開していきます。
アナの語りで、始まり
父親ブライアン、母親サラ、長男ジェシーがどのような気持で
白血病の姉ケイトと接していたかが語られていくのです。

ケイトが生まれ、白血病を告知される夫妻。(医者は子供がいる前で
さらりと真実を告知してしまうんですね。驚きです)
ケイトを助けるためには、もう一人の子供を作り、ドナーになってもらう方法もあると聞くと
即座に決断する母親サラ。
そのうち、長男ジェシーは失語症になってしまうなど・・・
(これはやはりケイトにかかりっきりな生活だったので寂しさからなのか・・)


ケイト中心で家庭は動いていたわけですが
けっして、日々悲観しながら生活してきたわけではない家族。

もちろん、それぞれがそれぞれに
思うこと色々あったようには思います。

病に冒されていない子どもたちは親の愛情がどこにあるのか不安を感じていただろうし、
夫はこの一生懸命の妻に複雑な思いを感じていたのかもしれない・・
もちろん、病のケイト自身は、それ以上に悩んでいたと思われるけど。

早い段階から自分の状況を理解していたケイト。
前向きな気持ちを持ちながら一方で、気持ちの整理もしていったのかもしれない・・
そう思うとつらい・・

お互いがお互いを思いやる心。
家族の
温かい愛情に包まれて生きることはどんなに素敵なことか。
自分を守ってくれる存在がいるということ。
一生懸命生きることの意味
どういう最期を自分は迎えればいいのか・・

どの部分に自分が一番心を打たれるのかは
どの家族に感情移入するのかでも
また違ってくると思います。

私はいろんな場面でツツツ~~と涙していたのですが
マックスはやっぱり、最後の母親サラと娘ケイトが病室で
アルバムを見ながら話すところでしたね。
自分も娘を持つ身なのでこういう言葉&行動を娘からされたらと思うと
そりゃ・・・もう・・・・・・。


よくあるような難病物とはまた違った奥の深い作品でも
あったかなと思いました。
素敵な作品であったと思いますよ。


が・・・あえて、言わせてもらうと。
ケイトの恋人の存在。あれは、
結末がきっとそうなるであろうと予想でき、それがあまりにも当たってしまい
う~~んの部分がありました。
素敵な場面であると重々わかっています。
確かに素敵な恋もさせてあげたい・・・
一瞬でも幸せにさせてあげたいとそういう思いから素直に観れる部分も
あったのですが、どうしても、きっと最後はそういう結末ではと
よぎるところもあり・・・、(そう思えてしまう自分も嫌だったけど)
それはありがちでは・・・・と思うところもありました。

「ガンになったから君に会えた」・・・これは
彼女ケイトにとっては、どんな言葉よりも心に響いたと思いますが
でも、やっぱり、複雑だな・・・・観ている身としては。
恋人のテイラー役のトーマス・デッカは
ドラマの、「ターミネーター」の子なんですね。なかなか素敵です。


また、どうしても気になるのは
子どもを助けるために存在するもう一人の子供という発想。
母親サラの思いは充分理解できます。
子を助けるために自分のキャリアを投げうって
なりふりかまわず突き進む行為には、ある種の、感動もします。
が、それしか見えなくなる部分には同時に疑問も感じるのです。

自分がそういう状況に置かれているわけではないので
軽々しくはいえないけど。

こういう状況を受けて
生死を離れたところで考えてみたんです。

子どもが複数入る場合
比べてはいけないし、
愛情に差をつけてはいけないし
ましてや、生き方を押し付けるのはいけない・・・よねって。


だから、アナの誕生をそういうふうにさせてしまったことに(姉のために産んだということ)
私はすでに親として、
納得できないところがあるんですよね。
母親サラのあの考え方に
どこかモヤモヤさを感じるのです。

子どもへの愛情は平等でなくてはいけない。
わかっていたって、健康児がいたとしても、現実問題、いろいろと難しかったりするんですよね。
ましてや、一方が病の子なおさら難しい。

アナは本当のところどう思っていたんだろうって、思っていました。
もっともっと自分の存在に疑問を感じたのではないのかな・・
その部分はそういうところは映画では
あまり描かれていなかったみたいだけど(意外と、葛藤が少なかった様子)
すごく気になるところでした。
実際自分がアナのような存在であったならば、もっとひねた部分があっただろうから。


音楽は明るめで
キャメロンも今までにない役で頑張っていました。
家族はみないい人で、俳優さんたちも好演。
何より
ケイト役のソフィア・ヴァジリーヴァは素晴らしかったです。
自分たちの家族のありようとか
子育てについても考えたくなるそんな映画でした。


anata.jpg

こんばんは♪
久しぶりの更新です。
ネットしているのに更新できず・・でした。

さて、台風はすさまじかったですね。
みなさんのところはいかがでしたか。
被害等なかったですか。

今日は台風の後、天気も戻ったので
久しぶりに
映画鑑賞。

「私の中のあなた」です。


ディアスもママ役。
月日もたつな~~

感想は後ほど。

読書もボチボチですが
そのうち感想書きます。今は角田作品です。

では、また~~~

タップ・ドッグス

タップ・ドッグス(2000)
BOOTMEN


監督: デイン・ペリー
製作: ヒラリー・リンステッド
製作総指揮: デイン・ペリー
原案: スティーヴ・ワーランド
ヒラリー・リンステッド
デイン・ペリー
脚本: スティーヴ・ワーランド
撮影: スティーヴ・メイソン
音楽: チェザリー・スカビスゼウスキー
出演: アダム・ガルシア
ソフィー・リー
サム・ワーシントン
ウィリアム・ザッパ
リチャード・カーター
スージー・ポーター
アンソニー・ヘイズ
クリストファー・ホーシー

鉄鋼所で働きながら父と兄と暮らすショーン。
彼には、タップ・ダンスでスターになりたいという夢があった。
オーデションに合格し、街でショーに出ることになったショーンだが
出演者ともめてしまいあえなく挫折。
生まれ故郷に戻り、鉄鋼所で仲間たちに呼びかけて
タップ・グループ“ブーツメン”を結成するが・・




感想   先日の深夜放送で鑑賞。
ダンス映画だと聞いていたのでちょっと期待・

でもいまいちだったかな・・・


タップダンスは見ごたえあったと思うけど。
鉄鋼所での斬新なタップって今まで見たことない分
やっぱり目を見張るものはありましたよ。

ただ、夢をかなえるために努力する・・・という
ダンス映画にありがちな、その部分は良しとして、
主人公のプライベートに関する話がイマイチ。

兄と、恋人をめぐるいさかい。三角関係だよ。
恋人が兄とも関係。さらに妊娠・・・って・・・・おお~~~

これがどうにも嫌だったな・・・
酔った勢いとはいえ、弟が都会に出ている間に
そうなってしまう、恋人の愚かさに……ダウン。


お兄さんが
サム・ワーシントンだったというのが、収穫。
ターミネーターに出演していた彼?だよね。

若い~~


でも、意外な退場をしてしまい、これもトホホだったな。


ということで簡単な感想になってしまいました・
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク