おお~~ブリジット

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」

の劇場予告観ましたが

年とったかな~~って(笑)

1は
2001年公開だものね。

お家のビデオ→ここ大事、ビデオね
に、
1のブリジットがあるのでこの間見直したけど
やっぱり楽しいね。

あれから何年たったのか・・・

怖いよな、楽しみなような
公開・・・。
それまでどんな自分でいるのかも不安だけど。
スポンサーサイト

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた(2015)
SING STREET

製作国 アイルランド/イギリス/アメリカ


監督: ジョン・カーニー
製作: アンソニー・ブレグマン
マルティナ・ニーランド
ジョン・カーニー
製作総指揮: ケヴィン・フレイクス
ラジ・シン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
原案: ジョン・カーニー
サイモン・カーモディ
脚本: ジョン・カーニー
撮影: ヤーロン・オーバック
プロダクションデ
ザイン: アラン・マクドナルド
衣装デザイン: ティツィアーナ・コルヴィシエリ
編集: アンドリュー・マーカス
ジュリアン・ウルリクス
音楽プロデューサ
ー: キアラン・リンチ
音楽監修: ベッキー・ベンサム
オリジナルソング
ス: ゲイリー・クラーク
ジョン・カーニー

出演: フェルディア・ウォルシュ=ピーロ コナー
ルーシー・ボーイントン ラフィーナ
マリア・ドイル・ケネディ ペニー
エイダン・ギレン ロバート
ジャック・レイナー ブレンダン
ケリー・ソーントン アン
ベン・キャロラン ダーレン
マーク・マッケンナ エイモン
ドン・ウィチャリー バクスター
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。80年代のアイルランドを舞台に、学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようとバンドを組み、音楽を通して仲間たちとの友情を深めていくさまと、ヒロインとの切ない恋の行方を、80年代ヒット・ナンバーの数々とともに描き出す。主人公にはオーディションで選ばれた新人、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ。共演にジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン。
 1985年、大不況にあえぐアイルランドの首都ダブリン。父親の失業で優秀な私立学校から荒れた公立学校への転校を余儀なくされた14歳のコナー。両親はケンカが絶えず、学校でもさっそくイジメの標的に。そんな彼にとって、音楽オタクの兄ブレンダンの解説を聞きながらミュージックビデオ番組を観るのが唯一の楽しみ。すっかりデュラン・デュランの虜になってしまったコナー。ある日、自称モデルの美女ラフィーナと出会い、たちまち一目惚れ。思わず口をついて出た誘い文句は“僕のバンドのビデオに出てくれ”だった。慌ててメンバーを集め、即席のバンドを結成して猛練習を開始するコナーだったが…。

allcinemより引用



感想

↑評判の良い過去作、まったく見ていないのが残念。

新作もとっても良かったからきっと過去作も良いんだろうな。

80年代のダブリンということで
ツボ(笑)

音楽
バンド活動もツボ(好きだから)

青春映画。
ちょっと辛い現実。

恋。
定番だけど
やっぱり良かった・・・
私ももう一度何かしたいと思っちゃう
青春よいな~

主人公の男の子
見た目そんなにかっこよくないけど
バンドしてくうちに
なんか素敵に思えちゃう
ファッション、髪形が変わってきてね(笑)

お兄さんの存在もいい味出していたな


ラストは・・・ちょっと強引って思うところもあるけど。
もうちょっと待っても良いかもってね。
いくらなんでも、無茶かな。

でもでも
音楽が最高に良かったから許すわ。

最後に家出るとき
母親にお別れいうんだけど
うるっときちゃったよ。
親がもっとしっかりすれば良かったのにね。



可愛い息子が欲しい☆

shinngusuto-ri-5fdeb24f-s.jpg

死霊館

死霊館(2013)
THE CONJURING
製作国 アメリカ
監督: ジェームズ・ワン
製作: トニー・デローザ=グランド
ピーター・サフラン
ロブ・コーワン
製作総指揮: ウォルター・ハマダ
デイヴ・ノイスタッター
脚本: チャド・ヘイズ
ケイリー・W・ヘイズ
撮影: ジョン・R・レオネッティ
プロダクションデ
ザイン: ジュリー・バーゴフ
衣装デザイン: クリスティン・M・バーク
編集: カーク・モッリ
音楽: ジョセフ・ビシャラ

出演: ヴェラ・ファーミガ ロレイン・ウォーレン
パトリック・ウィルソン エド・ウォーレン
ロン・リヴィングストン ロジャー・ペロン
リリ・テイラー キャロリン・ペロン
シャンリー・キャズウェル
ヘイリー・マクファーランド
ジョーイ・キング
マッケンジー・フォイ
カイラ・ディーヴァー
シャノン・クック
ジョン・ブラザートン
スターリング・ジェリンズ

 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が、実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー。出演はヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン。エドとロレーヌのウォーレン夫妻は、数々の心霊現象を解決してきたゴーストハンター。そんな夫妻のもとに、ある日ひとつの相談が持ち込まれる。それは、ロードアイランドの人里離れた一軒家に引っ越したペロン一家が不気味な怪現象に悩まされているというもの。さっそく現地へと向い、調査を開始する夫妻だったが…。

allcinemaより引用

感想

新作が公開されるということですがまず旧作を観ました。
新作は観に行きませんが(笑)
意外と現実逃避するにはホラーが良いかも
悪魔だから、日本で馴染みがない分、客観的に見ることできるんですよね
でも怖いけど。



画像は怖いのでなし

パトリック・ウィルソン ・・・こんなところで会うとは(笑)
もみあげあったし。
いい人だったから良いか。

夫婦でこういうお仕事大変だろうね
お家にグッズ置くのも大変よね。

最後は
母親の愛が勝利して結構うるってきました。

悪魔怖いよ~~

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク