フリーダム・ライターズ

フリーダム・ライターズ (2007  アメリカ)



監督: リチャード・ラグラヴェネーズ
製作: ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
製作総指揮: ヒラリー・スワンク
トレイシー・ダーニング
ナン・モラレス
原作: フリーダム・ライターズ
エリン・グルーウェル
脚本: リチャード・ラグラヴェネーズ
撮影: ジム・デノールト
プロダクションデ
ザイン: ローレンス・ベネット
衣装デザイン: シンディ・エヴァンス
音楽: マーク・アイシャム
ウィル・アイ・アム
音楽監修: メアリー・ラモス
出演: ヒラリー・スワンク   ( エリン・グルーウェル )
パトリック・デンプシー  ( スコット)
スコット・グレン    (スティーブ)
イメルダ・スタウントン    (マーガレット・キャンベル教科主任)
マリオ  ( アンドレ)
エイプリル・リー・エルナンデス  ( エバ )
ジェイソン・フィン  ( マーカス )
ハンター・パリッシュ

同名の全米ベストセラーの映画化。
監督は「マディソン郡の橋」「フィッシャー・キング」などの脚本を手掛けたリチャード・ラグラヴェネーズ。
 1994年、ロサンジェルス郊外のウィルソン公立高校。
そこに赴任してきた若い国語教師エリン・グルーウェル。
周辺では、2年前のロス暴動以来、人種間の対立が増していた。
生徒たちはラティーノ、アフリカン・アメリカン、アジア系など、人種ごとに
グループをつくり他を寄せ付けない感じであった。
そんな生徒たちを相手に、どのような授業を進めたらいいのか。
ある日彼女は、生徒全員に日記帳を配り、何でもいいから毎日書くようにと提案する
のだが・・


感想    実話の映画化です。
こういった教師と生徒のドラマというと虚構の場合
大体優等生的な展開になるパターンが多いですよね。
悪の道から生徒を救い出す、金八先生のような教師。
教師に不信感をもっていた生徒たちもその熱意にほだされて
しだいに心を開き始める・・・・


たしかに、そんなような内容ではあるのですが
これが実話・・・というのだから、物語の重さはまた変わってくるのだろうと
思います。
変に説教臭いセリフもありませんでしたし、
あざとい演出もなかったように思います。
真摯な態度で事実を忠実に表現したような(確かどうかはわからないけど)
そんな印象を受けました。
内容に好感を持ちましたし、素直に
いい話だね・・・・・と頷くことができました。

また同時に、アメリカにおける人種差別の現状、
貧富の差、に、胸がつまる思いでした。

勉強したくても、そのきっかけを上層部が奪ってしまっているのですから
悲しい現実ですよね。
どうせあいつらは・・・・という偏見の態度が
生徒たちの意欲や、熱意を萎ませてしまっているのではないでしょうか。


でも、言葉で言うのは簡単。
実際にエリンのような一生懸命さ、教育にかける情熱を
形にし、持続させるのは、とっても大変なことだろうと
思います。
現に、エリンは家庭を犠牲にしてしまっていますからね・・・


ご主人側の主張もわからなくはありません。
俺より・・・生徒か・・・ってことですよね。
男性の多くはそう思ってしまうのかもしれませんね。
エリンのような女性の
パートナーならば、人間性を重視できる、もう少し大人の人じゃないと
無理だったのかな・・・。
ちょっと残念ですね。



エリンは
彼らの状況を変えようと努力したわけではないと思います。
家庭まで入り込んで、トラブルを解消しようと、懸命になっていたわけでも
ありません。
だから、彼らのかかえている悩みや状況もけっして
すぐによくなるというわけではないと思います。
でも学ぶことの大切さを教え、
教室内の生徒は皆仲間なんだ・・・という素敵なことを
教えてくれました。それも重要なことだと思います。

日記を利用して生徒たちの気持ちを吐き出させようと努めたり、
彼らよりもっと悲惨な体験をした人たちの
話を語ることによって、生きることの素晴らしさを実感させる・・など。
自分のできることすべてを・・・
生徒たたちに試みたのです。


学ぶということはとっても尊いということ。
希望をもって生きることの大切さ。

普遍的な事柄を教育を通して知ることができた
彼ら。

本当に素晴らしい教師に出会うことができたんでしょうね。


ヒラリー・スワンク・・・・今までにないキャラだったように思います。
今回とっても女性らしい一面をもち、熱意ある教師を演じておりました。
それが自然な形だったので
見ていて清清しかったです。鼻持ちならないっていう感じでもなかったですしね。


可愛い感じもするヒラリーでした。

あと・・イメルダ・スタウントン は、・・・
こういった教師はいかにもいそうですね・・・・笑

いい映画でしたよ。


フリーダム
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久です。

みみこさん、久々に来てみました。ちょっと模様替え?しましたね?新緑の春って感じで素敵ですよ♪ところで、このタイトルを見て・・・しばらく自分が見た映画だと言う事に気がつきませんでした(笑)でも、見ました。見ました。ヒラリースワンク主演のこの映画。私も素直に良い映画だな?と思いました。私、結構教師と生徒もの好きなんです。
え・・・っと「コーラス」とか・・・もう一つ、パッチアダムスに出てた人が教師役の・・・
タイトル思い出せませんが・・・


広報委員ですか・・?私も去年やりました。家の場合は、リーダーがしっかりした方で、
私は、その人の肩に乗っかってましたので、楽でした^^;
ところで、上のお嬢様はいかがでしょうか・・・?
家の息子は、元気に通ってましたが、先日、ちょこっと心痛める事が有りまして・・・
これから、きっと色々と有りそうです。良い事も心配な事もね^^
latifa さんには、色々とお世話になってます。その度に・・^^;


お友達の結婚式ですか・・・?
実は、ここのところ、嫌な事続きで・・私、友達方面でもトラブルが有って・・・
本当の友達って・・・・と考えさせられる今日この頃でございました・・・
春休みの旅が余りに楽しかったので、そのつけ?でしょうか・・・?(笑)


って事で、久々に立ち寄らせて頂きました^0^

みみこさん こんばんは
コメント,ありがとうございました。

こういう実話の教育ものって,直球の感動ですけど
やっぱり素直に心に響きますね。
実話じゃなきゃ,「きれいごとかも・・・」と思うときもありますが
やはり「実話」の重みは違います。

それに,おっしゃるように,アメリカの人種差別問題の現状を知ることができたのも
大きな収穫だったと思います。
人間の可能性を信じたくなる,とてもいい映画でした。
ヒラリーも,よく似合う役でした。彼女,相手が何であれ,「戦う女性」が似合いますね。
これからも,お付き合い,よろしくお願いします。

ららさんへ


お久しぶりです。
模様替え・・しましたよ。結構頻繁に替えているんですよ。
新鮮な気持ちになるのでころころ変えちゃうの。
↑ららさんもご覧になっていたのですね。
良い映画ですよね・・・・内容が・・いいんですよね。
実話っていうのがまず驚き。
こういう先生いたらいいでしょうね。
私も教師と生徒ものは好きですよ。
こうあって欲しい・・と希望があるからかな・結構学校関係に
関しては厳しい目で観ちゃうのよね。
コーラスは未見だけど、いいってききますよね。
あと、↑は今を生きる・・・だったかな。ロビン・ウィリアムスが素敵なのよね。
広報・・・ららさんも経験済みなんですね。
そうですか・・・上がしっかりしたかただったのね。
私は肩に乗られると困るな~~
学校のこと・・
良いことも悪いことも色々ありますよね・・
latifa さんは的確にアドバイスしてくれますものね・・
頼りがいがありますよね・・・
うちは・元気に通っておりますよ。
色々あるならこれから・・・でしょうが
その都度対処していこうと思います。

本当の友達・・・って難しいですよね。
思いやりが一番って思っているんですが
大人の付き合いはまた簡単にはいきませんからね。
ららさんも色々あると思いますが
頑張ってくださいね。
書き込みありがとうございました。

気分転換の際にでも
こちらを利用してくれたらうれしいです。

ななさんへ


こんにちは。
実話っていうだけでちょっと見方が変わってきてしまいますよね。
正直見る前は・・・また同じ感じなのかな・・・って(よくあるパターンってこと)
期待していなかったりしたのですが・・

ヒラリー→戦う女性・・
ああ・・・そうですね。
ジョディもそうですが、やっぱり強い女性は
見ていて、気持ちがいいものですよね。
こちらこそ
お付き合いよろしくお願いします。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク