28週後

28週後...(2007  イギリス・スペイン)

28 WEEKS LATER

監督: フアン・カルロス・フレスナディージョ
製作: アンドリュー・マクドナルド
アロン・ライヒ
エンリケ・ロペス・ラビニュ
製作総指揮: ダニー・ボイル
アレックス・ガーランド
脚本: フアン・カルロス・フレスナディージョ
ローワン・ジョフィ
ヘスス・オルモ
E・L・ラビニュ
撮影: エンリケ・シャディアック
プロダクションデ
ザイン: マーク・ティルデスリー
衣装デザイン: ジェーン・ペトリ
編集: クリス・ギル
音楽: ジョン・マーフィ
出演: ロバート・カーライル  ( ドン)
ローズ・バーン    (スカーレット)
ジェレミー・レナー   (ドイル)
ハロルド・ペリノー   (フリン)
キャサリン・マコーマック   (アリス)
マッキントッシュ・マグルトン (アンディ)
イモージェン・プーツ   (タミー)
イドリス・エルバ   (ストーン大佐)

ウイルス感染発生から28週後。
米軍主導のNATO軍監視の下、
ロンドンの町では復興が始まった。
スペイン旅行中で難を逃れた
タミーとアンディの姉弟。ようやく、帰国の途に着く
久々に父親と再会する姉弟。
しかし、母アリスはその場にいない。
彼らの両親は、ウィルスが猛威を振るっていた最中、
田舎の古い家で息を潜めていたのだが
ついに感染者に襲われ、父親のドンだけが逃げ延び、助かったという経緯があった。
母はどうなったんだろう。
姉弟は、母の写真を取り戻すために、安全な地域を抜けて、
危険な家へと向かう。
すると、そこで姉弟は生きているアリスと再会する。
軍医スカーレットの診断から、アリスは、ウイルスに感染しながらも発病していないキャリアの
持ち主と判定された。だが・・・




感想   「28日後...」の続編です。
でも前作を観ていない人でも充分、OK.
前作主演のキリアンは出てきません。
続編だからということで鑑賞というよりも、カーライルが出演ということで
ちょっと興味があり鑑賞しました。
じゃなきゃ・・・わざわざ・・ゾンビに手を出すなんて恐ろしいことしませんよ・・・笑

ゾンビと言えば、以前観た「ドーン・オブ・ザ・デッド」
あれも恐かったな~~~~。
「28日後」はゾンビ映画といってもあまりゾンビ出てこなかったのです。
だから、この続編もわりとソフトな感じだろうとたかをくくっていたところが
ありましたが・・・これが、違う・・違う・

恐かった・・・恐かった・・恐かった・・・なにげに気持悪かった・・・笑
カーライルが・・カーライルが・・・あんなことに・・・笑
笑いごとじゃあないですね・泣き・・・泣き・・・マークです。


冒頭からハイペース。
突然、始まる鬼ごっこ。
噛まれれば、すぐさま感染→ゾンビ化。そして、異様に早くなる足・・・
とまあ、逃げろや、逃げろで、息つく間もありません。

最愛の妻に、ついさっき間で「愛しているよ」と甘い囁きもしていたのに。
ああカーライル、カーライル。
窮地に陥った時に、妻を助けることもできず
逃げ出したカーライル。
情けない・・・でも、恐いんだもの、しょうがない・・・。
その後の立場としては、微妙ですよね・・・。

そんなカーライルだから、子ども達と対面しても
本当のことは言えず。妻を見捨てたということで、負い目がある。
見ている私も、いたたまれなかったな・・・。

そんなとき、感染して、ゾンビ化したと思われる、奥さんが、
人間のまま、生還。
なんで~~~と思ったら、どうやら、免疫があるとかで
感染しない体なんだそう。
研究材料としてはもってこいということで、しばらく研究所に
留めておいたら、情けない夫のカーライルが、懲りずに登場して。
「ごめんよ。お前を見捨てて」と、なぜか、甘いキス。
いけないよ・・・奥さんはまずいよ・・・と、私だって思ったのに
愚かなカーライルが・・・やっちゃってね・・。
案の定、カーライルはゾンビ化。

どうよ・・・この安易さ。でもその後の凶暴さ、残忍さはおぞましい。
目潰し・・目潰し・・奥さん、血だらけで・・・(詳細・・詳細・・)
わ~~~~~、グロかったです。

その後は、もう・・・大変な展開。感染を
防ぐキャリアもちだろうと推測される彼らの子どもたちを、
何人かの人たちが必死に守ります。
しかし、ゾンビ,プラス
政府の機関も、ゾンビを滅亡させるためには、正常な人も皆殺しという考えで
襲ってくるのです。
つまり、味方も敵状態。

映画を見ながら
どこかに救いがあるだろう・・・
救いがあるだろう・・・・と
希望を持ちながらの鑑賞でしたが
次第に気持はどんより・・しはじめ。

結構、情け無用な映画でありました。
ホラーではこういうのは多いのよね・・・・・。

私は、・・姉弟たちを守っていた米陸軍の狙撃手のドイルを応援していたのですよ。
頑張れ~~最後まで守ってくれ・・って。
だから、彼が丸焼きになったとき、
すごく悲しい気分でした。
ターミネータ-でサラを守る、カイル役のマイケル・ビーンを思い起させる存在だったゆえ
残念。。。。頼もしく感じていたのにね。




カーライルは忘れた頃にやってくる・・・という感じで
途中いなくなったと思ったら
後半出番がありました。
唐突に・・・・笑

ご都合主義的な部分も多く見られますが
恐いことには変わりありませんので、
こういう映画が好きな人には、
お勧めなんじゃないかな。

私は、まあ・・・ちょっとね・・・・笑・・


↓頑張れ~~カーライルって感じです


28週後
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

28週後・・・

前作の「28日後・・・」は,その一味違ったテイストが結構好きな作品だった。主演のキリアン・マーフィーも好きだし。で,その続編の「28週後・・・」は,キリアンが出てないというだけの理由で,せっかく劇場公開されたのに観に行かなかったのだが,先日DVDで鑑賞し

コメントの投稿

非公開コメント

ぷぷぷ・・・

みみこさん,「カーライル」連呼されてますね~
いやー,この作品,彼のようなちょっと気弱な善人キャラがあんなことに・・・
っていう点がなんとも哀しかったです。
やることなすこと,とことん裏目に出るカーライル・・・
主役のはずなのに,どこまでも浮かばれないカーライル・・・
そんでもって何気に不死身のカーライル・・・最後まで健闘するカーライル。

カーライル好きなので,こんな役がらでも応援しちゃいましたが
(応援してはいけないんだろうけど)
・・・・・よく似合ってる役でもあったなぁ。カーライル。
あ,わたしもコメントもカーライルづくしになっちゃった・・・。失礼!

ななさんへ

おはようございます。
そうなんですよ・・
彼って、善人というイメージありますよね。
どうしようもないダメオヤジってときもあるけれど
やっぱり憎めないわ・・・という部分を感じさせるの。
たま~~に、悪役とか、ビックリするような役をやるときも
あるけど。あ。。まさに、これが↑がそうなのよね・・笑
血だらけであんな姿になるなんて。
想像もしていなかったわ。

あのガスの中や、焼け爛れた街の中から
どうやって脱出したのか。
すごい生命力。
やっぱり凄いな・・カーライル。
応援しちゃいますよね。頑張って走っていたから・・・。

つぎの映画にも期待したいです・よね・・♪
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク