容疑者Xの献身 

容疑者Xの献身   (2008   日本)

監督: 西谷弘
製作: 亀山千広
プロデューサー: 牧野正
和田倉和利
プロデュース: 鈴木吉弘
臼井裕詞
エグゼクティブプ
ロデューサー: 清水賢治
畠中達郎
細野義朗
企画: 大多亮
原作: 東野圭吾
『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊)
脚本: 福田靖
撮影: 山本英夫
美術: 部谷京子
編集: 山本正明
音楽: 福山雅治
菅野祐悟
主題歌: KOH+
『最愛』

出演: 福山雅治  ( 湯川学)
柴咲コウ   (内海薫)
北村一輝   (草薙俊平)
松雪泰子  ( 花岡靖子 )
堤真一   (石神哲哉)
ダンカン   (工藤邦明)
長塚圭史   (富樫慎二)
金澤美穂   (花岡美里)
益岡徹    (葛城修二郎)
林泰文    (柿本純一)
渡辺いっけい (栗林宏美)
品川祐  ( 弓削志郎)
真矢みき  (城ノ内桜子)
リリー・フランキー
(友情出演)
八木亜希子
石坂浩二
(特別出演)
林剛史

福井博章
高山都
伊藤隆大



 東野圭吾の『ガリレオ』シリーズ初の長編。
直木賞受賞作の『容疑者Xの献身』の映画化。
顔は潰され、指も焼かれて指紋が消されていた
遺体が発見される。
貝塚北署の刑事・内海は先輩の草薙と共に、捜査を開始。
被害者は富樫慎二。彼らは、別れた妻・花岡靖子へ聞き込みに向かう。
しかし、彼女には完璧なアリバイがあった。
彼らは“ガリレオ”こと湯川学に捜査の助けを求める。
そんな折、靖子のアパートの隣に住む男・石神哲哉が、
湯川の学生時代親友だったことがわかるのだが・・・。





感想   テレビドラマを全く観ず、原作も未読での、鑑賞。
余計な知識がない分、素直に楽しました。

理系の方が考えるだろう、なるほど・・そうか・・・というトリックでしたね。
数学者と物理学者という登場人物ですから、難しいトリックの数々かと
思いきや、そうでなかったのが良かったのかもしれません。
また、犯人である石神に、心を寄せることができる展開で、
ラスト、数分は目頭が熱くなりました。
堤さん・・・うますぎ・・・。
特に最後の慟哭シーン。
思わずこちらも・・涙。

犯した罪は冷静に考えれば、自分よがりだと思われるのに、
そう感じさせないほど、犯人石神に
感情が入り込んでしまうんですよね。
これは原作のキャラ設定にあるんでしょうけれども
堤さんがそれをリアルに演じてくれたというのもあるでしょう。
天才数学者と呼ばれながらも、家庭の都合で院には残れず
数学教師という道にしか進めず。
その教師生活でも、自分を理解してくれる人はいず、
自分に居場所がない状態。
天才うえの孤独というか・・悲しみが、観ている私たちにひしひし伝わってきました。

花岡靖子への思い。
彼女が何をどうしたってわけじゃない・・。
石神に特別になにかしてあげたということじゃない・・・。
彼女はただ、ありのまま過ごしていただけのこと・・・。
これは、彼の石神の、
彼にしかわからない感情。

彼にとって、彼女がどういう存在だったのか・・・。
その意味を理解した瞬間、
こみ上げてくるものがありましたね。
彼女の存在は彼にとっては生きるエネルギーであったということ。


今までそういう人と巡りあえなかった・・・
やっと巡りあえたのに、こういう運命になってしまうと悲劇。
生きることに不器用で
幸せを逃がしてばかりいる彼に・・
どっぷり感情が入りました。


松雪泰子の儚げな姿もいいのですけれど
娘も良かったですね。
ああいう家庭環境でも、とても素直そうな子ども。
偏屈な隣にすむ、数学教師にも
無邪気にあいさつしてくれるんですよ。
奥さんに恋・・という以上に、娘の存在も大きかったのではと
思ってしまいましたよ。



映画では堤さんがどうしても目立ってしまったかな・・
物語の主人公も石神だったし、これはしょうがないことかもしれませんね。
福山さんはいつもどおりの福山さんでした。
それで充分です・・・笑
柴崎コウはこの映画の場合、役としても重要では
なかったですよね。
いてもいなくても・・・状態で。
女性である意味もないですし。
テレビの延長ということでは、かかせなかったのかもしれませんね。

ところで、花岡さんと
交際をする男は
ダンカンでしたね。
てっきり・・悪いやつかと思いました。
いやらしい親父かと・・・笑
でも、いい人っていう設定でしたよね。
原作はどうなの?

また石神のキャラというか風貌は原作ではどうなの?
原作ファンはこの人選、どう感じたのかな。
色々気になりました。原作読めばいいんですよね。


石神は、湯川に「君は若々しくていいな・」と容姿を
気にするような発言をしていました。
それを湯川はピン!!ときていましたが・・・。
このとき
私は堤さん、演技していても充分素敵よ・・と思ってしまったのでした・・・ハハハ・・

がいっれお
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

容疑者Xの献身

TVドラマの「探偵ガリレオ」シリーズは未見だ。しかし,原作である東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」は,話題作だったので一読している。(詳しいところは忘れてしまっていたが,愛する女性のために完全犯罪を実行した天才数学者の物語・・・ということは記憶していた。) ...

変人ガリレオの友情~『容疑者Xの献身』

 東京・大森の川辺で他殺体が発見された。被害者の元妻が容疑者として捜査線 上に浮かぶが、彼女には完璧なアリバイがあった。帝都大学理...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

映画は観てないのですが、原作は読んでます。

個人的な意見ですが、、、というのを前置きしておいて、
石神はいかにもオタクそうでモテないぼてっとした人を想像してました。
「いい人」だけが取り柄のような。
だから、たぶん堤さんじゃ湯川と対等すぎ(苦笑)
でもあの方は上手いからどんな設定でもOKかもしれませんね。

で、すみません、私が描く湯川はちょっと違うかな~
好みにもよりますけど…(冷汗)
柴崎さんのキャラクターは原作では男性だったので、ドラマのときも(って、私も見てませんが)なんで女性になったの?でした。
一般大衆受けするようにとの設定なんでしょうね。

原作はあくまでも原作で、映画やドラマはそれを越えてどんどん進化していってもいいとは思いますし、東野さんもそういうふうに言われてました。
でもやはり読者にとって思い入れのある作品だと、どうしても映画への反発が出てしまいます。
まっサラな状態で観るのが一番いいですね。

Mamさんへ


おはようございます~
原作が気になったので、今、Mamさんの感想拝見してきました。
受賞作だけあって、読書好きの方はすでにチェックされているかたが
多いのかな。
そうなると・・・登場人物のイメージも、固まっている人いるでしょうね。

<石神はいかにもオタクそうでモテないぼてっとした人を想像してました
だから、たぶん堤さんじゃ湯川と対等すぎ(苦笑)>

私もね・・・原作未読でも、理系&数学者・・&
天才肌・・・さえない生活、というと、イケメンという想像はできないな・・と思っていたのですよ。(天才じゃなくて・・理系肌の人)は大抵、イケメンではなくて
個性的な人ですし。

<で・・、私が描く湯川はちょっと違うかな~
好みにもよりますけど…(冷汗)>

あ・・福山さんでしょ。これもイケメンすぎかな・・・と思っているのですが。
いや・・原作が、容貌もよく、天才となっているのならば
しょうがないのですが、現実的にそうだとしたら
凄いですよね・・・。個人的に福山さんは好きなので、意見なし・・というところです・・・笑
ただ、福山さんて、過去作品のドラマは色々観ているのですが
同じ・・・印象なんですよね。福山さんのまま・・のような・・・笑
声が素敵な福山さんだから講義場面とか、素敵でしたけど。

<柴崎さんのキャラクターは原作では男性だったので、ドラマのときも(って、私も見てませんが)なんで女性になったの?でした。>

あ・・・柴崎さんのキャラ自体は存在するんですね。
確かに、月9でしたから、女性の方にしたほうが、華やかさが
加わりますものね。で・・恋愛とかにも、テレビの方は発展したのでしょうかね・・


<原作はあくまでも原作で、映画やドラマはそれを越えてどんどん進化していってもいいとは思いますし、東野さんもそういうふうに言われてました>
なるほど・・・そうですよね。
でも気になりますよね・・・。


昔、観た「模倣犯」があまりにも原作と違っていてガッカリした記憶が
あるので、評判の作品を映画化するのは
難しいと思っているのですが、今回は成功した方だと思いますよ。
評判良さそうですし。
たぶん、内容は、原作に忠実だったんじゃないのかな・・
(なんて・・詳しく知らないけど・・)

これを機会に東野作品・・頑張てみますね
(人気なのよね)

原作との比較

みみこさん、こちらにもお邪魔します。TBさせていただきました。
今丁度原作を読んでいるところです、半分くらい読みました。
石神を堤さん、、って、キャスティングありきじゃないかと思いますよ。
だって全くイメージ違うもん!!ビックリ。
コウちゃんの役は、ドラマ化のとき作られたキャラクターのようですね。
原作では草薙刑事(北村一輝さんの役)しか出てこないんですよ。
東野圭吾の小説って、ホントに読み易いですよ~。だから、今もドラマやってますし、大衆向けなんでしょうね。
ドラマの延長でなく、映画としてもよい作品だったと思います。
(月一ゴローでも一位でした:余談)

ところで、明日『宮廷画家~』を観に行こうと思ってます♪
感想アップしたらまたお邪魔させて下さいね。ではでは~。

こんばんは

私は東野さんの小説って,ストーリーはとってもおもしろいし
サクサク読めるのですが,文体があっさりしすぎてて,
実はそんなに好きじゃないんですよ。
でも,彼は,稀代のストーリーテリングだと思います。
だからあんなにベストセラー作家になるんですよね。
文体は好みじゃないけど内容は深いです。
この作品の見どころは,「石神」がすべてですよね~
映画もまた堤さんがとっても光っていましたね。
俳優としての福山さんは,やはりどの役でも「福山さん」のままですね。
・・・・まあ,それで十分満足ですけど。
彼の本来持ってる魅力が発揮できる役を,やってくださってるから。
・・・・間違っても汚れ役なんかは無理かと。
柴崎コウさんは,登場しっぱなしの割には,
別にどうってことないキャラでしたね。
松雪さんの方が印象的な役柄でした。

こんにちは

こんにちは、いつも拝見しております。これからも遊びにきます!

真紅さんへ


こちらにも。ありがとうございます。
<石神を堤さん、、って、キャスティングありきじゃないかと思いますよ。>
そうですよね・・
私も原作今読んでいるのですが、石神って「ダルマの石神」って呼ばれているんですね。
ビックリ・・・。それになんだか髪がかなり薄そうだし・・・。
そのまま・・・のとおりのキャスティングだったから・・良し・・というわけじゃあないですもの。
<コウちゃんの役は、ドラマ化のとき作られたキャラクターのようですね>
そういえば、原作には女性はいないような・
やはり月9だもの、可愛い女性がいないと・・・笑
<東野圭吾の小説って、ホントに読み易いですよ~。だから、今もドラマやってますし、大衆向けなんでしょうね。>
そうみたいですね。私今まであまり手を出していなくて。
貸し出しが多くて、予約大変だから・・・。
流星も~~真紅さんはお読みになっているんですよね。
うちは子どもの方が両方とも読んでいて・・・・さきこされています。
子どもでも読みやすい文体なんでしょうね・・・。
<月一ゴローでも一位でした>
あ・・そうなんですか。ゴローちゃんの映画評面白いですよね。
時々参考にしていていますわ。

<明日『宮廷画家~』を観に行こうと思ってます>
感想お待ちしております♪

ななさんへ

おはようございます~~
<私は東野さんの小説って,ストーリーはとってもおもしろいし
サクサク読めるのですが,文体があっさりしすぎて>
感じます・・・感じます・
今読んでいるので余計。
一文も短めで、リズムカルな感じですよね。
確かにサクサクです。
でも,そう・・・お話が面白い・・・♪
<見どころは,「石神」がすべてですよね~ >
そうですよね。
堤さん・・・・すばらしかったです。
福山さんは・・・・いつも端正なお顔で
目の保養になります・・・。何年も前から見てますが体型も変わらず
素晴らしい~~です。
<・・・・間違っても汚れ役なんかは無理かと>
想像できませんね。
<柴崎コウさんは,登場しっぱなしの割には,
別にどうってことないキャラでしたね>
男性陣に食われちゃったものね。
<松雪さんの方が印象的な役柄でした>
本当。隣にあんな儚げな美しい女性がいたら独身男性は
絶対気になりますもの。

ドラマの映画化でしたけれど、映画自体としてもても出来がよく
いい作品でしたよね。

hanaeさんへ


はじめまして。
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

これは

堤さんの一人勝ちな作品でしたね(笑)。
石神の孤独も何気なく描写されていて… 誰も聞いていない授業風景とか、みんな談笑しているのに職員室で一人でお弁当を食べているところとか。
そんな彼がすべてをかけて献身に走る姿に涙、でした。
ダンカン演じるあの人は、わたしもてっきりただのスケベ親父と思っていたんですよ(笑)。
実際はあの親子のことを考える良い人設定だったらしいですね。
とりあえずドラマを見ていない人が置いてけぼりな作品でなくてよかった~。

リュカさんへ

こんばんは。
本当そうですよね。
彼が実質、主役という感じでしたね。
そうそう・・・授業風景とかお弁当風景とか・・
物悲しさを感じますよね。ず~~と幸せという感覚を
味わっていなかったんだな・・・と思うと
胸が締め付けられますわ。
できれば、誰かと幸せにという形になってほしかったのに
ああいう方法でしか、愛を表すことができないなんて・・
う~ん、せつない。
ダンカンは・・・↑そうですよね。
絶対騙そうな雰囲気。
良い人なら良い人と・・・言ってくれれば・・
あ・・そういう雰囲気をこちらが感じなかっただけですね・・笑
ドラマ未見でもついていけて本当良かったですよね。

またTBダメだった(^^ゞ

みみこさ~~ん、見ましたぞよ。レンタル開始日に、おくりびとと、これと借りてきました~!
なかなか面白かったわ~。堤さん、素晴らしかった。
小説では石神にも、あの弁当やの女性にも感情移入出来なかったのに
映画版では、2人共に共感しちゃった!
そして、そうなんだよね~あの中学生の娘を演じた子も良かった☆

私は福山君の湯川さんは、確かに合ってるとは思わないけど、でも面白いし
大好きだな~。福山君の当たり役って感じがする♪

ところで、ごめん、ごめん。ベストキッドです!!
それと、ありふれた~ もしかして、まだ録画してあって月曜以降見よう・・って
みみこさん、おもってたら困るから、次回話そうっと!

latifaさんへ


こんにちは。おお~~早速ご覧になりましたね。
おくりびともレンタル開始なのね。
こちらの感想も見ましたよ。私はおくりびとはちょっと理由があって
見たくない心境・・私もlatifaさん同じく
お家で経験していることもあるからかな・・・。

で・・・↑の容疑者ね。
映画のほうが面白かったですよね・
これってやっぱり堤さん、効果なのかな・・・
<あの中学生の娘を演じた子も良かった☆>
ですよね。
彼女が手を振るシーン、石神さ~~ん、っていうところ
良かったものね。
<福山君の当たり役って感じがする♪>
ハイ★
私もそう思うわ。
いろいろドラマ出ているけど
これが一番って感じになったよね。

ベストキッド・・・え~~そうなの?
当時この映画見ていたから意外な配役。

そして、
ありふれた奇跡。
見ましたよ。最終回なので速攻で。
そのあと旅行に行ってしまって留守していたので
感想も書けなくて。

うまくまとめたね・・・・って感じ。
まさか、あのおじいさんと暮らすのがあの
武骨なお兄さんだとは思わなかった・・。
ホテルのシーンは押さえていたけど・・笑
加瀬君の優しさがにじみ出ていて、素敵なシーンだったよね。
陣内さんもまさかああいうラスト・・とは。

私、あの加瀬君の家のおじいさんの気持ちって
よくわかるのよね。
戦争孤児だったから、人を信じないでがむしゃらに生きてきた
職人気質って感じがとっても良かった・・・。
子どもにこだわる気持ちもよくわかるもの。

反対にかなさんのお家はわりと一見まとまっているようで
どこかつながっていない感じがして。
あの夫婦のさらりとしている感じが、いかにも
やりてサラリーマンのお家にありがちだな・・・って思ったわ。
おばあちゃまの八千草さんは品があって素敵だったけれど
実際あんなにうまく嫁姑いかないよね・・・なんて
思ったりして。


このお話、見終わってみれば結婚までの色々を
描いていた感じだったよね。
結婚って当人同士とは思っていても
やっぱり、家族を巻き込んじゃうんだな・・・・って。
家庭環境の違いとか・・そういうものはどこでもあるよね。
なんかね・・・色々考えるところあって、面白かったです。
加瀬君いいね・・・。あの左官屋さんの台所とか、暮らし風景が
たまらなく懐かしかったわ。
ちなみに、うちは、サラリーマン家庭ではなかったので(←左官屋ではないよ)
加瀬君のお家に親近感をもっておりました・・・★
あ・・・latifaさんのところで読んだ
草食動物・・・説・・・爆笑です・・・。

ではでは。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク