赤い指    著  東野圭吾

赤い指    著  東野圭吾


金曜日の夜。就業後も会社にいる前原昭夫のもとに
突然妻から電話が入る。
「早く帰ってきて・・・」
実母との揉め事か・・・と重い気持ちで帰宅した彼。
そこにあったのは少女の死体だった。
殺したのは・・自分の息子だった。
妻に頼み込まれ、死体を外に捨てるのだが、警察の目はごまかせられない。
追い詰められた彼らは、思いがけない行動をとる。



感想   直木賞受賞作の「容疑者Xの献身」の次の作品として発表されたこの本。
たまたま東野作品で、図書館に入っていたのがこれだったから
(最新作はいつも予約でいっぱいなの)流れで読みました。


主人公の前原の企ては、わりと早い時期でわかりました。
あ~~~、あの人を犯人に仕立て上げるんだな・・・って。
本来の犯人を隠すという方向は
前作の「容疑者~~」と流れ的には同じです。

最後の最後に、どんでん返しというか
衝撃的な事実が判明します。
これも前作と同じ。

刑事加賀と松宮のコンビが、犯人を追い詰めていくのですが
強引な手段で・・・というわけではありません。
隠蔽をした前原自身に告白をさせよう・・・・という
心優しい試みをします。


扱っている題材は
引きこもり・・・・・認知症・介護・・・嫁姑の関係・・・と
なんだか頭が痛い内容。
キャラは典型的なパターンです。
どこに家庭にもあるとおもわせます。
読んでいて暗くなります。
ただ、重めの題材を扱っているわりには、そんなにぶ厚くないので
軽い印象を持ってしまうかな。
私は社会派の作品はじっくり、どっしりした感じが好きなので
物足りない感じにも思いました。
もっと書き込んで欲しいわ~~~と思ったのです。
ただこんな重い話、延々と読みたいという人もいないかな・・


加賀刑事の推理は見事だと思います。
些細な出来事で、事件の本質に気付いたいう点。

ただ赤い指にまつわる
意外な事実というべきものが・・・

私には無理があるように感じます。
これは感動を促すようなものなのでしょうが、
不自然さの方を感じてしまって、素直に読むことが出来ませんでした。

そんな遠まわしな・・ことして・・・・!!と思ってしまいましたし
何より、考えられるの?本人が・・と思います。

感動を意識したつくりという感じがしなくもないかな。


サイドストーリーとして刑事の加賀さんと父親の関係がありました。
これも納得行かないな・・・
色んな親子関係があると思うけれど、
死ぬ時ぐらいさ・・・お互い会おうよ。
そこまで自分を追い詰めるのは何故?
罪の意識?
思いやりってそれが?

ここもう~~んというところでした。
加賀刑事は他の作品にも出て来るそうなので馴染みのある人にとっては
面白く読めるのかな。



次は、お友だちのお勧めでもある
「手紙」読んでみようと思います。

akaiyubi.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん~、こちにも☆
忙しい最中に、立て続けにコメントしちゃって、ごめんね!全然焦ることないから
ゆ~~~っくり、お返事まっています(^O^)

赤い指の事だけど、そんな遠まわしな・・ことして・・・・!!と思ってしまいましたし
何より、考えられるの?本人が・・と思います。
 私もそれ、思ったわ~。私なら考えつくかなぁ・・・。考えつかないなぁ。
っていうか、可哀想過ぎるよぉ・・・ひどすぎる・・って思っちゃった・・・

それと、加賀刑事の方だけど、こちらは、会おうよー!って(^o^) 言うのは解る
私も思ったからね(^^;)
でも、一人で死んでいったお母さんの事を考えたら、公平に・・ってかたくなに
頑固に守ろうとした加賀さんとお父さんってのが、石頭だけど律義な昔風の人って風に
ちょっと良い方へ解釈してあげちゃったわ^^
こちらもTBはやっぱりダメだったわ~~。残念。
続く☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こちらにもありがとう。


犯罪者をかばうには
ひどい行為だよね。

天秤にかけたってことかな・・・
う~~ん、これは許せんって感じです。
親以上にあの子どもが
憎たらしかったわ。

<加賀さんとお父さんってのが、石頭だけど律義な昔風の人って風に
ちょっと良い方へ解釈してあげちゃったわ>


そっか・・。罪の意識感じていたからね。
自分にも厳しく接したのね。


私なら、寂しくて出来そうもないな。

でもあの将棋のエピソードはよかったよね。


秘密コメント了解です。ありがとう・・
あとでそちらに書きます。

TBはごめんなさい。
アドレス貼ってくださってもよいです。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク