手紙    著  東野圭吾

手紙    著  東野圭吾

武島直貴の兄・剛志は、
弟を大学に入れてやりたいという思いから強盗殺人を犯してしまう。
判決は、懲役15年。
それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送ってくる兄。
直貴は、犯罪を犯した兄のため、、進学、恋人、就職と、
思うようにならない・・。
やがて直貴はある決意をする・・・。



感想   旧作ですが東野さんの本・・今回は↑を読みました。
映画化にもなりとっても有名ですが、全然内容知らなくて・・。
今頃?という感じですが手を出しました。
今回はミステリーではなく、ヒューマンストーリーですね。

今年は薬丸さんの作品をいくつか読んだり、
吉田さんの「悪人」を読んだりと
事件においての加害者&被害者について、色々考えることが多かったように思います。
では、この「手紙」はというと・・。
これは、犯罪者の家族という立場に焦点を絞った作品で
新たな視点で物事を考えることができた一作でありました。

強盗殺人が書かれているので気持がいいものではありませんが
次はどうなるのだろう・・・・どうなるのだろうと・・気になってしかたがない
展開になっています。やっぱり、一気読みしたくなってしまいます。
読者の興味をひきつけるような出来事・・様々な困難が、
主人公には待ち受けているのですよね。
バンドの件にしても、恋人の件にしても
ちょっと作られているな・・・・・・という感はするものの・・(才能があり、もてる感じのする主人公が
現実的にどうかな・・・と)やはり、読みたいという気にさせる持っていきかたはさすがだな・・・と思うのです。文体もわかりやすいしね。

読者としての私は、彼の行く末を心配し、早く、とやかく言われない
落ち着いた生活をして欲しいという願いを終始もっておりました。
ただ、読みながら、もう1人の私もいるんですよね。
犯罪者の身内が自分の傍にいたら
はたして、優しい気持ちで
接することができるかという自問自答する自分です。

綺麗ごとじゃないよ・・・。本当だったらどうよという気持。

彼には静かに穏やかに暮らして欲しいと願いながら
その穏やかな生活を邪魔する本人はまさに自分ではないかという思い。

殺人者を身内に持つ人が身近にいて・・
その事実を知って
普通に接することができるのだろうか・・・
差別することなしに・・・。

正直いって、自信ないです。
そんな善人ではないから。

以前、映画で性犯罪者が近くに住んでいるという設定で
子を持つ親たちがみんな一斉に逃げてしまうという(リトル・チルドレンかな)
ものがありましたけど。あれと同じで
やっぱり、変なことにかかわったらどうしようという不安は
ぬぐいきれないと思います。


例えば、このお話の中で。
主人公が付き合う、裕福な娘の親が彼の身内の罪を知って、
娘と別れてくれと言い出すシーンがありましたが。
当然の成り行きかと思ってしまう自分がいるんですよね。
やっぱり、親としては、最初からそうだとわかっているところには
いかせたくないと。


彼が犯罪を犯したんじゃない・・・、身内じゃないか・・
そう思っていても、どこかでつながっているという不安があるかぎり
人は安心しないのではないかと思うのです。

人一人が犯した罪というのは
それほどまでに、大きな代償を伴ってしまうということですよね。
家族まで巻き込んで。
でもある意味、致し方ないところもあるのかもしれません。
なぜなら、被害者の立場になってみれば、
理性的に対処できないということを、感じることができるから。
あなたは関係ないから・・・別にいいのよ・・・って、割り切って接することなどできないでしょう。
やっぱり、関係者となると、複雑な心境が湧いてくるのが人間でしょう。
じゃあ、まったく関係のない第三者も、
同じように犯罪者とかかわりのある人を差別していっていいのか・・というとまた別問題に
なりますけれど。


そもそも、差別という言葉を使わないまでも、人って、日常生活で
似たり寄ったりしていることってあるような気がするのです。
どういうこと?っていうと答えに困るけれど。
ちょっと宗教的な考えになってしまうけれど、
心が広く誰にでも平等で、疚しさも、不純さも無く、純粋な気持で人と接することって
神様じゃないかとさせ思っているから。
人を嫌ったり、避けたいと思ったりする気持・・そういう気持ちをもったことのない人って
いないんじゃあないのかな・・。



ちょっと話が横道にそれたのでこの本に戻るけど・・。

この小説のなかでね、私は、この兄という人に
同情というか・・そういうものはあまり感じなかったのですよ。
貧乏ゆえの犯罪とか、成りゆき上だったとか、
弟思いゆえの行為とか・・・言いようはありますけど。
結局、自分勝手な判断で犯してしまった罪ですよね。
例えばこれが、正当防衛だったとか・・・自分にまったく非がないのに
トラブルに巻き込まれて犯罪というなら別ですけれど
明確な意志があって行った行動でしょ。
人はね・・殺しちゃ・・ダメなんですよ。ましてや、なんの罪も無い人でしょ?
金のためというのがどうしても許せない・・
そもそも、盗んだ金で学校行かせて、それで良しと考えちゃう
甘さがどうしても許せないところだったのです。

優秀な弟、大学にいかせてやりたい・・・
自分がそういう立場じゃないからいえるんじゃないかと言われれば
もともこもないとは思いますけれど
貧しくても、生活苦でも犯罪者にならない人は沢山いるわけだから
同情はないのですよ。
栗を弟に持っていくために引き返したところで、住人にみつかって殺したって・・・
被害者の立場にたてば、栗があったゆえに、殺されたっていうことでしょ?
もうやるせないですよ・・・そんなことで殺されちゃたら。

そして手紙ですね。
これはね・・・・書かなくてはいられないという気持はわかります。
でも、私はね、最初の頃から、兄はもうちょっ身内に配慮してもいいのではないかと
思っておりました。迷惑じゃないかな。。。とか。
返事が来ないことで何か感じることはなかったのだろうか。
一方的に思いを伝える・・・その気持もわかるけれど、
ことの重大さを考えたら、もっと深読みができたのではないのだろうか。
弟に迷惑かけているんじゃないかってこと。

逆にいえば、そういうところがない分、純粋であるといえるのかも
しれませんけど。自分の気持を伝えることが精一杯であるということ。
周りが見えないということ。そうでなければ、この犯罪は犯さなかったわけですしね。


弟の決断はつらいものだったと思います。
でも・・・彼がその決断によって家族を守っていけるというならば
致し方ないのだろうと思っております。
そういう社会なのだから。
その社会自体を変えていけるのならいいのだけれど、
現実としてそれは厳しいでしょう。


そしてもう一つ。
兄弟でも姉妹でも
家庭を持つとやっぱり、また違ってくると思うのです。
この兄弟はすごくつながり度が濃い関係だと思いましたけれど、
現実の男兄弟って
こんなに濃い付き合いはあまりしないのではないでしょうか。


憧れの関係であろうかと思います。
だからこそ、そんな素敵な兄弟の関係が
途切れてしまうということに
なんともやるせないものを感じるんでしょうね。
ラストの刑務所慰問に関しても、2人の心境が手にとるようにわかる分、
やるせなくなりますよね。


涙を流すというよりも
私は、罪を犯してしまうということは
こういうことなんだよ・・・という厳しさをひどく感じましたね・・。





手紙


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

丁度月9のドラマも

みみこさん~凄く丁寧なレビュー、しみじみと読ませて頂きました!
まずは、お兄さんがどんなに困った状況であっても絶対殺人はいけないこと、って部分。
普段結構同じ感想を持つ、あるブロガーさんが、冒頭のその部分が、やっぱりどういう理由があったにせよ許せない、って思ってしまったから、その後どういう風に話が行っても、ゆるせない目で読んでしまった・・って言っていたの。みみこさんも、きっとその部分そういう感じだったのかな~。 私はもはや、小説と映画とが、ごっちゃになっちゃっていて(^^;) 映画では、殺そうとは全く思ってなかった、もみあう内に、運悪くおばあさんが死んじゃった!って風に映像でなされていたので、すっかり私はその印象が頭に残ってしまっているの。

でもね、そうは言いつつも、つい昨日読み終わったばかりの「赤い指」を読んだ時の私の感想ってのが、他の方々よりも、若干あのお父さんに対して、ダメ過ぎ!とはもちろん思ったんだけど、息子が殺した子供を捨てに行くって部分までは、全く解らないでもない・・・って思いつつ、読んでしまったのね・・・ぼそぼそ・・・。その後のおばあちゃんの部分はユルセン!だったけど・・・。

で、昨日実はみみこさんちで、赤い指のレビューを拝見させて頂いちゃってたのね。で、他のブロガーさんところや、amazonなどの感想も読んだら、殆どの人が、まずは、あの父の行動に怒っていたから、、、もしかして私ってば甘いのかな・・・?と思った次第なの。もしかして、結構自己中な思考回路なのかも・・・って(普段全く意識してないんだけどね・・・)

で、東野さんは読者がどういう風に受け止めて読むかな?って事は頭で考えて作ってると思うのよね、だから、手紙にしても、赤い指にしても、犯罪を犯してしまう側に対して同情の余地有り・・・って思える度合いみたいのを考えて書いてるんだと思うんだけど、もしも、東野さん的に同情の余地有りって思ってもらえる程度で・・・って意識して書いてたとしても、世間の人的には、同情の余地無し!って思うって事もあるよね。 その度合いが、私は世間一般の人よりも、甘いのかなあ・・・って思ったの(ゴメン、ごちゃごちゃ長くて、解りにくくて!)

なんか何を言いたいんだかワカランくなってきちゃった(^^;)
今ね、ゆずの片方の人が出てる月9のドラマも、主人公の兄が犯罪者で、だから主人公である妹が、ろくな職につけないわ、苦労しまくりだわ・・・って内容なんだ。3話くらいまで見たんだけど、私的に引っかかるところがあって、結局挫折しちゃったの。
その引っかかるところってのが、主人公の真面目で良い子の妹が(もちろん犯罪者ではない)、ある時、勝手に人のアルバムを見て写真を持ち帰ろうとしたって部分と、偶然ではあるものの、ドアが開いてたから勝手に好きになった人の家に入ってしまう、、って部分が、これはユルゼン!嫌だわ!って事だったのね。
手紙の殺人・赤い指の遺体放置へのダメ度は甘いくせに、こういう事には厳しすぎるのかな?って思ったんだけど・・・

PS 風のガーデン、一応見てたんだけど、前々回くらいから、さぼり出しちゃって・・・・。あ~ん、上のみみこさんの記事を読んだら、見てればよかったな~って後悔。
このドラマさ~、中井貴一が酷すぎない?それがムカついて。若い頃やってた事がひどすぎー!と思ってしまってね。今更になって、戻って来ても虫が良すぎじゃない?などとTVに向かって怒ってしまって・・・たははは。
ものすごい長いコメント、許して~~~

latifa さんへ


おはようございます~~
お返事遅くなってごめんなさい・・。

<冒頭のその部分が、やっぱりどういう理由があったにせよ許せない、って思ってしまった>

うん!!、それはあったかな。
今、似たような事件、世の中で沢山起こっているでしょ?
だから、個人的な理由で、誰かを犠牲にして自分が幸せになろうと
いう発想からの犯罪に対してはどうしてもムムム~~となってしまうのよね。

もちろん、このお話の中では、犯罪者を身内にもつものの
つらさみたいなものを、中心にしているわけだから
その犯罪の内容については、あまり引きずって読まない方がいいのかな・・・
その後の展開を大切にした方がいいのかな・・・・と思っては見るものの
やっぱり気になるのよね。


これが、相手に非が大いにある・・という流れだったら、加害者に対しても
違った目で見ることができたのだろうけれどね。(でも、しでかしたことは
同じではあるのだけれどね)

< 映画では、殺そうとは全く思ってなかった、もみあう内に、運悪くおばあさんが死んじゃった!って風に映像でなされていたので、すっかり私はその印象が頭に残ってしまっているの>


うん!!たぶん、↑のように映画で描かれていたら、私も違った目で見ていたと思いますよ。
読書だけだと、やっぱり、自分の想像の中で映像化するので
多少、自分の解釈が入り込んでしまうからね・・・・。


<でもね、そうは言いつつも、つい昨日読み終わったばかりの「赤い指」を読んだ時の私の感想ってのが、他の方々よりも、若干あのお父さんに対して、ダメ過ぎ!とはもちろん思ったんだけど、息子が殺した子供を捨てに行くって部分までは、全く解らないでもない・・・って思いつつ、読んでしまったのね・・・>

赤い指はね・・・
これはまったく、犯罪者に同情の余地なし・・・でしたよね。
息子自体、とんでもない性格だったし。
でも仮に、これがもし・・・自分の子だったら・・・。
自分はどうしただろうと・・・思わずにはいられないですよね。
あのお父さんも、はなから、息子をかばおうと思っていたわけではなく
当初、色々迷っていたわけだし・・・。

だからlatifaさんが、
結構自己中な思考回路なのかも・と思うのは、全然おかしいことじゃないと思うし、
私だって・・・と思うところありますもの。

そもそも、読者は、自分達が被害者という想定もイヤだけれど
加害者になるという想定もイヤなはずなんですよね。
だから、そういうこと考えたくない・・という流れがどうしてもでてきてしまって
加害者側の気持というか状況に
自分を置き換えてみようとはしないんじゃないかな・・・。

だからお父さんの行動はなんてひどいの!!という感じを持ってしまう・・
と思うのよね。私もそうだし・・・。

<で、東野さんは読者がどういう風に受け止めて読むかな?って事は頭で考えて作ってると思うのよね、だから、手紙にしても、赤い指にしても、犯罪を犯してしまう側に対して同情の余地有り・・・って思える度合いみたいのを考えて書いてるんだと思うんだけど>


そう思います。
どちらも、一歩間違えれば自分達もその立場になりゆるかも・・という
可能性を秘めていますものね。


<世間の人的には、同情の余地無し!って思うって事もあるよね。 その度合いが、私は世間一般の人よりも、甘いのかなあ・・・って思ったの>



う~~ん、甘い・・・っていうよりも、広い目で見ることができるってことじゃないかな・・。
読み手は、だれも、絶対加害者側にならないという意志を持っている人が
多いと思うから。とくにこういう社会派の作品を好む人って、
善悪はっきりとしたいと思っている人が多いと思うんだよね。

<今ね、ゆずの片方の人が出てる月9のドラマも、主人公の兄が犯罪者で、だから主人公である妹が、ろくな職につけないわ、苦労しまくりだわ・・・って内容なんだ。3話くらいまで見たんだけど、私的に引っかかるところがあって、結局挫折しちゃったの。>


一話見ました!!でもゆずの演技がだめで・・笑・・・挫折です。


<主人公の真面目で良い子の妹が(もちろん犯罪者ではない)、ある時、勝手に人のアルバムを見て写真を持ち帰ろうとしたって部分と、偶然ではあるものの、ドアが開いてたから勝手に好きになった人の家に入ってしまう、、って部分が、これはユルゼン!嫌だわ!って事だったのね。>

ここ、前半は見ました。写真とってしまうところね。
なんだかコレクションしていたよね・・・いっぱい写真。
他人の幸せを集めるっていう心境がちょっとわからなかったかな。
見も知らぬ人でしょ?あまり物語りよく知らないけれど、堀北ちゃんだっけ?
すごく性格よささそうで。不幸な境遇なのに、すれていなくて・・
なんだかそれさえも、うそ臭く感じちゃったカナ。あと宮崎さんが人のものを盗んでいた
ところをみたけれど・・。あれも、いい人だったと思ったら
手癖が悪くて・・・という流れで。見ていていい気持はしなかったかな。


<手紙の殺人・赤い指の遺体放置へのダメ度は甘いくせに、こういう事には厳しすぎるのかな?って思ったんだけど・・・>


これは映像と読書という違いもあるのかもよ。
映像だと細かいところまで目に焼きつくから余計印象度も高くなり
厳しすぎるのかも。



<このドラマさ~、中井貴一が酷すぎない?それがムカついて。若い頃やってた事がひどすぎー!と思ってしまってね。今更になって、戻って来ても虫が良すぎじゃない?などとTVに向かって怒ってしまって・・・>


そうそう・・・そうなんだよね。
でもなんだか、現代の中井さんみていると、そんな過去があったとは到底
思えないから不思議。
ただ奥さん死なせたという事実は、自分が子なら絶対イヤだね・・

このドラマは、緒形さんが出演しているから見ているって言うこともあるかも(好き)

そういえば、中井さんって~~田中美佐子と演じていたシャンQテーマのドラマでも
浮気男演じていたよね?知っています?あれもひどい男あったけれど
そうには思えなかったという・・・自分。

あと、この余命わずかで女好きというのは
中居君の白い影も、ちと思い浮かべるかな・・・


こちらも長くてごめんね。
暇な時に読んでね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク