ジョゼと虎と魚たち・・・・・2

今回は俳優監督さんの話・・


池脇千鶴ちゃんは、初め観たのが
フジの”リップスティック”

内容は↓(フジのHPより)
 好きな画家の道をあきらめた有明 (三上博史)が鑑別所職員として赴任した先は少年鑑別所。そこで出会う心に傷を負った少女 早川藍(広末涼子)。そこに希望と理想に燃えた葛西孝生(いしだ壱成)が配属されてくる。男たちの対立する思想、そして少女との許されざる禁断の恋。

有明  (32)・・・・三上 博史
早川 藍(18)・・・・広末 涼子
葛西 孝生(22)・・・・いしだ壱成
三池 安奈(17)・・・・中村 愛美
松田 理恵子・・・・伊藤 歩
井川 真白・・・・池脇 千鶴
鈴岡 小鳩 ・・・・真柄 佳奈子
牧村 紘毅(18)・・・・窪塚 洋介
沢村 雪乃・・・・田中 美奈子
桑田 千尋・・・・麻生 祐未



主題歌はレベッカの”フレンズ”懐かしい~~~~♪
今でも歌えます・・キッパリ。

このドラマは、主人公は一応、三上博史と広末なんだけれど、
その他のメンバーの見せ所も多いのです。色んな話が交差
していくんですよ。ちなみに窪塚クンもこのドラマで
初めてチェックした人かも。
↑千鶴ちゃんは、真白役で、非常に優等生。
しかし、ものすごく悲惨な過去をもっており、お話としても
救われない結末を迎えてしまうのです。この出演で、お気に入りになった人も多いのでしょうが、私はちょっとあのしゃべりかたといい子ぶりっ子な雰囲気が、好みではなかったですね。
そのまま・・・ず~とその印象でした。

ずいぶん前ですが、同じ犬童監督の「金髪の草原」も
彼女が主演していましたね。これも観ましたけれど、映画はとってもよかったけれど、だからといって、
彼女がとくにいいとは感じなかったです。
金髪・・では、相手役の伊勢谷君の方が印象深かったな。

でも今回のジョゼは良かったな。見直したなという感想です。
やはりキャラのイメージが強かったのだと思います。
あの体当たりの演技も良かったのかも。
だって、脱ぐとは思っていなかったもの。


話はそれますが、昔は野島作品ってよく観ていましたわ。
この世の果てが好きだったんですけれど、当時観ていた人って
いるのかしら。主題歌が尾崎だったのも印象に残った原因かもね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪
池脇千鶴は私も声がまず嫌い~と思ってたんですけど、
ジョゼのドスのきいた関西弁にやられました。
こんな役もやれたんだ、と妙に見直した感じです。
そして同じく脱ぐとは思ってなかったので
結構びっくりしちゃいました。
この映画自体も好きですが、最初に見た「メゾン・ド・ヒミコ」と
同じ監督と脚本家コンビだからか似た印象を持ってしまいましたー。

リカさんへ

おはようございます。
そうそう・・ドス聞いていましたね・・笑
あんな声も出せるんだ・・・。
関西弁というのも魅力的でしたよね。
そして・・・脱ぎましたね・・笑
メゾンのコウさんは、ちらりだったけれど
千鶴ちゃんはバッッチシだったものね。
メゾン~は私も大好き。
あの映画ではオダギリ君にくらくら~
したのでした・・笑
TBありがとうね・・・。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク