ザ・リング  &  リング完全版

ザ・リング
・・先日放映されていた、日本の劇場版リングの
リメイクです。

(2002  アメリカ)

出  ナオミ・ワッツ
有名なので、あらすじ省略。


感想  日本版とほぼ同じストーリー展開です。
正直、同じすぎるので、新たな恐怖というものは
感じませんでした。
ハリウッドで映画化ということで、あらゆる場面で、
スケールが大きくなっているな・・と感じる部分はあるものの
所詮、同じは話ですからね、感想といってもあまりありません。
そもそも、怨念の増殖というのは、日本の風土にあった
ものだと思うので、あちらには、似合わないのではないのかと
思ってしまうのですよ。やはり、外国では、悪魔・・オカルト
のイメージがありますからね。わら人形たたいて。。
呪ってやる~~~というのも、日本だから怖いのであって
あちらでされても、怖さが半減するのと同じことですよね。

それでも、、貞子のイメージやエピソードをアメリカ的に
変えてるところには、努力のあとが伺えますね。
幼児虐待とか・・異端児を特別視するあたりなど、
上手にまとめてあったのではないでしょうか。
ただ、あれではなんだかサマラがとても可哀想に思えてくるんですよね。さらには、子どもということで、あまり憎めない感じもしてきます。恨みが続く・・といわれても、恐怖としては
伝わってこなかったですね。

あと馬のエピソードですね。
サマラの養父母が牧場主だということですが、
馬はいらなかったかと・・。馬がかわいそうでしたね。

ナオミ・ワッツの相手の彼・・日本版リングでは高山役の
真田さんと同じポジションですよね・。
別れた恋人で
ナオミ・ワッツの子どものパパでもある方なんですよね。
あまり頼りになるタイプには見えませんでしたね。
一生懸命頑張ってはいたのですが、単なる遊び人の
兄ちゃん的な雰囲気が漂っていたのが、いけなかったのでしょうか。もっと年上で、オーラーがある人の方が、
最後のオチがでてきたとき、え~~~彼が~~~なんで~~~~という反応を覚えると思うのですが・・。


あと、子ども。
あまりかわいくないよね。
雰囲気も暗いばかりでさ・・。サマラ以上に怖いよね・・笑


リング・完全版

これは劇場版リングより前に作られた
2時間枠で放映されていたテレビ版のもの。
テレビで放映されなかった部分もあわせて完全版として
ビデオ化されたものです。
主演は・・浅川に高橋克典 高山に原田芳雄。

これは怖くないです。
でも面白かったです
原作に忠実ということで、きちんとお話ができています。
浅川も男性ですしね(原作どうりのようです)
ビデオの生まれた経緯を推理していく過程が
興味深いのですよ。
貞子がどうして怨念を増殖させるまでになったのか。周囲の人を
憎んでいるのはなぜかがよくわかるようになっています。
貞子には、超能力という力があっただけでなく
もっと驚くべき秘密があったのです・
驚いた・・・・・・・・笑

それが、周囲の人には受け入れられず、
それゆえ孤立していき・・
最後には悲しい結末を迎えてしまう。
呪いたくなるのも・・・納得できます。

呪いのビデオも、念写でつくられたということで、
不思議な映像になっていますよ。
ただし、井戸の場面は強調されていませんでしたけどね。

劇場の中田版のリングとは
全然違いますが、観ても損はないかな・・・と思えます。
ただし、テレビ用なので、映画のような迫力はのぞめません。



こうやってみると、
やっぱり・・・怖さの部分では、
劇場版リングが一番でしょう。 その後のリング2、らせんも
観ているのですが、1作目に比べると、魅力はありません。
やはり1作目が強烈だったのですよね。
ストーリー運びは、強引な部分があったところもありますが、
なにせ・・・漂う雰囲気が怖かったです。
あの最後の貞子は、
強烈でしょう・・。
効果音も耳に残りますしね。
1人で夜は観られませんね。

主題歌も・・・怖かったですよね。
きっとくる~~~~でしたっけ。

リング2はあまりいい評判はきかないのですが
たぶん、テレビ放映になったころに見ると
思います。まだ先だ・・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザ・リング

意外に面白かったです。オリジナルのリングの話の展開を忠実に再現していたので、「そうそう、そういえば、松嶋奈々子もそんなことしていたよ、確か!」などという見方ができて盛り上がりました。アメリカの映画にありがちな、血まみれ・肉まみれでなかったのも良かっ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク