とんび  著  重松  清

とんび   著    重松 清



昭和37年、ヤスさん28歳。
愛妻美佐子さんとの間に、長男アキラが生まれた。
幸せを満喫するヤスさん。
しかし、そんな日々も長くは続かなかった。
職場で起きた事故によって美佐子さんは帰らぬ人となってしまう。


感想   父と子の関係を描いた長編作品。
今まで、重松さんの長編は、暗く、どんよりした作品しか読んだことがなかったので
この作品のような、気持ちよさが先にたつお話は新鮮でした。
しかし、涙腺を刺激するストーリー展開は相変わらずです。

題名のとんび。
ことわざにもある、とんびが鷹を生んだ・・・という言葉からきています。
とんびが父親であるヤスさん。鷹にあたるのが、息子のアキラです。

肉体労働で汗流して仕事する、気風のいい父親ヤスさん。
妻を亡くし、男で一つでアキラを育ててきたのです。

母親がいないことで不憫な思いをさせてはいけない・・・・
アキラのことだけを考え、アキラの幸せだけを考える
熱い男、ヤスさんの生き方に、こちらは胸をうたれてしまいます。
素直ではなく、強がってばかりのヤスさん。
不器用だけど、一生懸命な人柄が、印象的です。

しかし、ヤスさんだけの力でアキラが育っていったわけではありません。
そこには、周りの人の温かい手助けがたくさんあったのです。


離婚歴のある飲み屋の女将さん、
海雲和尚と、その息子夫婦。
仕事仲間や上司。
みな、いい人なんだよね・・・。

海雲和尚が、ヤスさんに行った言葉。
「ええか、ヤス・・海になれ」」
悲しみの雪が降っても
呑み込んでいく海になって
アキラを育てていけ・・・・ということなんですよね。
このやりとりには涙涙。
いいこというよ・・・和尚。


また、就職したアキラが会社の面接で書いた、父親に関する作文。
これも、
泣きのツボに直球で迫ってきます。
ずるいよ・・・重松さん、こんな設定用意されたら
親の立場でいる人は泣かずにいられません。

景になる時代もちょっぴり懐かしいです。
昭和から平成にかけての・・時代。
こういう、泥臭い父親像って、昔はよくあったように思いますけれど、
なぜか今は、父親の存在って薄くなっていますよね。


アキラの結婚相手は
驚きもしましたが、何があってもおかしくないのが人生ですもの、
こういう成り行きもありますよね。
ヤスさんが、戸惑いながらも理解できたことに
ホッとしました。

これから、アキラは、もっと親孝行して、ヤスさんに幸せな老後
過ごさせてあげて欲しいな。


それにしても、アキラよくできた息子ですよね。
うらやましいぐらいです・・笑

続いて、「希望が丘の人びと」・・読みはじめます・・★


tonnbi.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とんび 重松清

装画はヤマモトマサアキ。装幀は高柳雅人。各新聞連載を改稿加筆。 昭和37年、愛妻・美佐子さんとの間に長男アキラが生まれたヤスさんの物...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク