宇宙戦争

宇宙戦争
  (2005  アメリカ)
監督  スティーブン・スピルバーク
出   トム・クルーズ(レイ)
    ダコタ・ファニング(レイチェル)
    ティム・ロビンス
    ミランダ・オットー

アメリカ東部のある町に異変は突然起こった。稲妻がなり
地響きが聞こえる。突如、地底から巨大な物体が動き始め
人々を襲い始める。レイは、娘と息子を連れ、
安全と思われる地を探して車を走らせる・・。

 内容に触れていますので未見の人はごめんなさい。


感想  H.Gウェルズ(タイムマシンの著者)のSF小説を再映画化。オリジナルは53年に作られているそうです。

宇宙戦争という邦題に惹かれて、派手な戦いを想像すると
肩透かしをくらいます。これは普通の男が
愛する家族を必死に守ろうとした・・そういう映画ですね。

何の前触れもない、突然襲ってくる強大な物体。
怖いです・・・泣。
逃げ惑う群集たちは「マジかよ・・・」とつぶやきますが
観ている私も・・・嘘だろう・・・・って思ってしまいました。

逃げられるか・・・トム。
早くしないと・・・・追いつかれてしまうぞ・・・。

応援しながら鑑賞。
しかし、観るからに強そうな物体(姿は確認してね)

人間達は、ビョンビョン跡形もなく消されてしまうんですよ。
これじゃあ・・・太刀打ちできないよ・・・。

トムは闘うこともせず、ただただ、家族を守るために
逃げ回ります。

頑張れ~~トム。
逃げた方が正解かもしれないぞ・・・。

娘ダコタちゃんは、恐れおののき・・・キャ~~キャ~~~
とパニクリます。ちょっと大人顔になったね。甲高い声が
耳に付きますね・・・。ホラー女優にもなれるかも。

息子は闘いたいと・・・勇気ある発言。
若いのに偉い・・・。


主役がトムということで、彼の頑張りが見所になっていますけど、危機一髪的な場面が多いのに、わりとすんなり
助かるところは。。やっぱり、主役だからね・・と
思ってしまいます。

途中で出会う・・ティム・ロビンス。あなたこんなところに
いたなんて・・・。私は出演しているって知らなかったよ。
しかし・・・あれじゃあ・・・彼があまりにも不憫では
ありませんか。いくらトムが主役だからって。
助けたのはティムなのに・・・。

宇宙人は出てくるのかなと楽しみにしていましたが
ちゃんと姿を現してくれました。
まあ・・・こんなものですかね・・・笑
しかし、この宇宙人の目的は
イマイチわかりませんね。最初はバンバン人を殺していたので
(消し去っていた・・)、人類滅亡させようとしているのかなと思っていましたが、後半違ったカタチになっていきます。
ホラーぽかったですね。
あんな趣味?の宇宙人は嫌だよ。


地球攻撃は何万年も前から
計画していたことなんですかね。
しかし・・・トホホな宇宙人ではなかろうか。


ラストはものすごいご都合主義で
ちょっとビックリ。
突っ込みもたくさんでてきそうですよね。
まさか・・・、息子もと思ったら・・・案の定だったし。

パニック場面は見所だったかな。
タイタニックを思わせる場面もあって、
人間のおぞましさをまざまざと感じました。
たぶん、アノ状況だったら、誰もが
余裕なしだと思いますけど。


 あまり期待せずに見に行ったらいいかと思います。
私は、あまり面白いと思わなかったのですが・・笑
なにも、そんなに大々的に宣伝しなくても
と思いました。

日本人でも宇宙人をやっつけられる・・っていう
セリフがありましたけれど、これって
下にみられているのかなって思いました。
で・・大阪か・・
東京より、強いイメージがあるのかな・・・
謎です。
ph3_ph3_uchu-sensou_01.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙戦争

映画を観に行くと、ずいぶん前からこの予告をやっていたので、心のどこかで かなり楽しみにしていたのだ。楽しみにしていたのだ!楽しみにしていたのだ!!…はぁはぁ……ちょっと気が昂ぶってしまいました、失礼。その位、思い入れのある映画だったのよ、私には。実は、オ

宇宙戦争

1937年 アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・クルーズ    ダコタ・ファニング    ティム・ロビンス    ミランダ・オットー世間では歴史的駄作とか観る価値がねぇだとかなんやかやとケチョンケチョンに貶されてるけどさボク

「宇宙戦争」

製作年度:2005年 製作国・地域:アメリカ 上映時間:114分 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作総指揮:ポーラ・ワグナー 原作:H・G・ウェルズ 脚本:デヴィッド・コープ 音楽:ジョン・ウィリアムズ出演:トム・クルーズ 、ダコタ・ファニング 、ティム・ロビンス

コメントの投稿

非公開コメント

トホホ

こんばんわ~
みみこさんも今日行かれたんですね(*^。^*)
いや~私ももうちょっと期待してたので
まさに「肩透かし」でしたね(笑)
派手な宣伝といつもの秘密主義で、
見る前にワクワクさせるんですよね~!
ある意味すごいです(^-^;

宇宙人、弱かったですね・・・
一生懸命ツタをはわせてたのは何だったのでしょうか?
肥料をあげて。
トライポットなんて
急に弱々しくビルに倒れ掛かっちゃったり(笑)
これは一体どういう終わり方にするんだろう、と
思って見てましたが、ラストもまたさっぱりして。。

これにめげず、次のエピソード3にかけます(笑)


いや~~参ったね・・笑

おはようございます~
宣伝が凄かったですよね。
期待する方も多かったでしょうね。

宇宙人・・最初の登場が派手で、後半も
ものすごく強暴(吸血鬼だよ・・ビックリ・・笑)
だったから・・どうなることかと
思っていたのですが・・・あんな結果に・・・笑。

トライポットっていうんですね・・・あの妖しい物体。
奥さんとか・・、全く苦労した形跡が見当たらなかった
のですが、逃げ惑ってはいなかったのですかね・・・疑問。

<これにめげず、次のエピソード3にかけます>
そうそう・・・私もそう思ったわ。失望感を別の映画で
取り戻さないと・・・笑

コメント&TBありがとうございました。

ほんとにアレコレと突っ込みたくなる映画でしたね。
私的には。『インデペンデンス・ディ』に次ぐ 御都合主義ムービーでした。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク