倦怠

倦怠   (1998   フランス)

L' ENNUI


監督: セドリック・カーン
製作: パウロ・ブランコ
原作: アルベルト・モラヴィア
脚本: セドリック・カーン
ロランス・フェレイラ・バルボザ
撮影: パスカル・マルティ
出演: シャルル・ベルリング
ソフィー・ギルマン
アリエル・ドンバール
ロバート・クレイマー

哲学教授のマルタンは、妻と別居中の身。
本の執筆もうまくいかず、日々、倦怠気味であった。
そんなとき、老画家とある店で出会う。そして老画家の支払いを立て替えたことで
かわりに、大切にしている絵をもらうこととなる。
その絵に興味をもったマルタンは、数日後、絵に描かれていた住所を尋ねる。
しかし、老画家はすでに死亡。そしてその場で、絵のモデルをしていたという少女
セシリアと出会うことになる。老画家と関係があったこの少女に興味を
もったマルタンだが、やがて自分も老画家のような運命をたどることになる。



感想    原作はゴダールの『軽蔑』やベルトルッチの『暗殺の森』の原作となったアルベルト・モラヴィアの小説。舞台をイタリアからフランスに変更しての映画化。


一言でいえば、少女に溺れる中年男性の哀れさと滑稽さを、大胆な性描写を交えて
描いている作品・・・って感じでしょうか。

主役のマルタンは、ドライクリーニング に出演していた
シャルル・ベルリング。
女の子の方は、これがデビュー作のソフィー・ギルマン。


性描写が売りでDVDパッケージも披露されているようだけど、文芸作品です。
意外と奥が深いかも。一般的に過激といわれるけど普通かな。
成り行き上、当然であろうかと思うし。これほど、もったいぶらずに
サクサク描かれると、かえっていやらしさもなし。

主人公は哲学者ということで、かなりのインテリ。何かと、理屈づくめでかんがえようとする
彼。しかし、若い娘の方には、物事を深く考えるということなどなし。
ただただ、感情の赴くままの行動。
楽しいから、好きだからゆえの行動。
そんな若さゆえの大胆さに翻弄されていく主人公のマルタン。
最初は自分がリードしていけると思っていたのに、次第に年下の彼女の言われるままに
指導権を握られてしまっている彼。
哀れだわ・・・。

それにしても、サバサバして、恥じらいもなく、男を手玉に取ってしまう
セシリアは、すさまじい。
一見して計算高い悪女にはみえなく、むしろ、何も考えていないよね・・・あなた・・・という
感じの娘。何も考えなくとも、さらりと嘘も言えてしまうところが怖い。
興味あるのは行為のみ。
終われば、すぐさま服を着て帰ってしまうセシリア。
相手のマルタン自身への、興味があるのかないのか、不明。
だからこそ、マルタンはあせってしまう。本心がつかめない分、いらいらしてしまう・・。
なぜこんな女の子に惹かれていくのか、女性側から観ると謎ばかり
なんだけれど、こういう子も男側から見ればあり・・ということなのかな。
一緒にいて向上していく関係でもないし。
ただただ、するばかり・・・・なんだけれど。

それにしても、これほど、サバサバして行為をしてしまうのは
不思議だわ。
マルタンの嫉妬心や独占欲はある意味、怖いくらいだったけれど
それが、好きゆえの行為の延長だと考えれば、度を過ぎでも納得できることかも
しれないよね。
逆に、悪びれた様子もなく、マルタンとも関係したり
同世代の恋人とも関係したり、平気でうそをついたりするセシリアの
精神構造に驚き。
家庭環境に原因かあるのか・・・


マルタンがセシリアとの関係に悩んで別居妻に、執拗に相談を持ちかけるのは
どうかなと思ったかな。妻だってそんなこと聞きたくないでしょ。
セシリア役のソフィー・ギルマンは始め観たとき、え!!と思ったくらい。
美少女というわけでないのよね・・・・
ぽっちゃり系の体系。もっといえば、おデブちゃん・・だよね。
髪を結ぶと余計顔のふくらみが強調されます。
女からみても、どうしてこの子に惹かれるのかな・・・・と思ってしまうのだけれど、
やっぱり、あの思いきりの良さが、たまらないのかな・・・。


やたら、少女を、質問攻めにするマルタン。
ここら辺はちょっと文学的な作品臭いよね。
現実ではこんなに質問攻めされたら
その段階で少女の方が投げ出してしまうでしょう。
けれど、映画ではそれもまた楽しんでいるように彼女は
きちんと即答しています。
それも聴きながら楽しむこともできるかな。
なんとも不思議な関係だと思うけど。


結果、マルタンは目が覚めて良かったということになるんです。
人間痛い目に合わないと気付かない現実ってあるかもしれませんよね。


冒頭から、明るい音楽が流れていますが
物語は結構ドロドロ、バタバタでした。主人公は街を走り回り
電話を壊し、暴れまくり、そりゃ・・疲れます・・・笑
パリの街は相変わらず素敵でしたけど、人間関係は大変でそうでした。


     
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パッケージ・・(苦笑)

みみこさん、こんばんはw
夏休み終って、本当なら一段落なんでしょうけれど、インフルエンザも心配ですね。
我が家も、帰宅した者は、速攻で洗面所で手洗いとうがいをするように・・、でないと、夕飯は食べさせないよ・・なんてね、脅かしながら、やってもらっています。(苦笑)

みみこさーん、この映画観られたのね、どういうキッカケで??なんて質問しちゃったりして(笑)
私は、シャルル・ベリングが目当てだったんだけど、まだVHSの頃にレンタルで借りて、このパッケージにはビックリ!!
ほら、映画会社って、すぐ大胆なシーンを売りにしたがるけれど、この作品もみみこさんのコメントのように、内容がしっかりあったよね~。

>>一言でいえば、少女に溺れる中年男性の哀れさと滑稽さを、大胆な性描写を交えて
描いている作品・・・って感じでしょうか。
うんうん、全くそうです、賛同します~~(^^ゞ
こんなに幼い少女に? そして美女というほどでもないのに? マルタンは、すっかり彼女のペースにはまってしまって、自分を見失っていましたよね。
彼女も、みみこさんの観察どおり、何を考えているのか、何も考えていないのか、本能のままに・・というところが、マルタンを含めて男性を虜にするのかしらね??
小悪魔って感じかなぁ~~。
バッグをプレゼントされて、うれしそうにしているシーンとか、ボーイフレンドと戯れているシーンとか(あったっけ?)、なんか、子供なのか大人なのか分からなかったわ。

とにかく面白かったです! この作品がお気に入りって、私らしいでしょう?(爆)
でも、今まで誰とも、この映画のお話をしたことがなかったので、最高にうれしいです!

カポさんへ

こんにちは。
あっという間の夏休みでしたがいかがでしたか。
そうそう、インフルエンザ流行ってきているみたいで心配です。
近くの学校では閉鎖もでてきているみたいで
う~~ン、困ったわ。
手洗い・うがい・・・・そうですよね、うちも、徹底してやらせるようにします。


↑わ~~この作品に反応してくださってありがとうございます・・・。
あんまりおおっぴらに観たよ~~~って言うのも恥ずかしくって・・笑

シャルル・ベリンング目当て・・うんうん、私もそれはあったわ。
それと、
やっぱり、どれほどのものよ・・・という
ちょっとした好奇心もちょびっと・・・・。
だって、DVDの宣伝コピーも、すごいんだもの。エロ丸出しで・・・笑
でも、思ったより文学的な香りも漂って
単なるエロ作品じゃあないのよね・・・。

<まだVHSの頃にレンタルで借りて、このパッケージにはビックリ!! >
DVDと同じかな。
画像が載せられないよね・・。まんまで・・・。


<こんなに幼い少女に? そして美女というほどでもないのに? マルタンは、すっかり彼女のペースにはまってしまって、自分を見失っていましたよね。>

マルタンは滑稽でもありましたよね。
一生懸命すぎて可哀想なところもあったり・・・

<何を考えているのか、何も考えていないのか、本能のままに・・というところが、マルタンを含めて男性を虜にするのかしらね??
小悪魔って感じかなぁ~~。 >

そうですよね。小悪魔・・・ちょっとポッチャリ系の・・・笑
同じ女だけれどやっぱり、ああいう子って恐いわ~~

<バッグをプレゼントされて、うれしそうにしているシーンとか、ボーイフレンドと戯れているシーンとか(あったっけ?)、なんか、子供なのか大人なのか分からなかったわ。>


ありました!!ちゃっかり、プレゼントもらって・・。
いい気なものでしたよね。
2人とも好きだんて・・・簡単に言える神経がわからないわ~~

<とにかく面白かったです! この作品がお気に入りって、私らしいでしょう?(爆)>

はい・・・!面白かったですよね。
お気に入りなんですね・・・わかります!!

今度この手の話があれば、真っ先にカポさんに報告はしなければ・・。

フランス映画は奥が深いですよね・・・・♪




自分含めて細身女も太刀打ち出来ないな何とも言い難い魅力を感じました。あー、自分も豊満になりたい。

なかなか興味深い映画でしたよね
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク