スマイルコレクター

スマイルコレクター   (2007  フランス)


LA CHAMBRE DES MORTS
MELODY'S SMILE
CHAMBER OF DEATH[加]
ROOM OF DEATH[米]


監督: アルフレッド・ロット
製作: シャルル・ガッソ
製作総指揮: ジャック・アンスタン
原作: フランク・ティリエ
『死者の部屋』(新潮文庫刊)
脚本: アルフレッド・ロット
撮影: ジェローム・アルメーラ
美術: ジャン=ピエール・フイエ
衣装デザイン: オリヴィエ・ベリオ
編集: マリリーヌ・モンティウ
音楽: ナサニエル・メカリー
出演: メラニー・ロラン
エリック・カラヴァカ
ジル・ルルーシュ
ジョナサン・ザッカイ
セリーヌ・サレット
ナタリー・リシャール
ステファーヌ・ジョベール
アントワーヌ・オッペンハイム
アレクサンドル・カリエール
ファニー・コタンソン


失業中のヴィゴとシルヴァンは、
ある夜、見知らぬ男をはねてしまう。
その男はバックに、200万ユーロの大金をもっていた。
金に目がくらんだ彼らは、死体を始末し、そのまま金をねこばば。
しかし、新たな事実が判明。その男は、誘拐された娘のために、身代金を運んでいた
途中だったのだ。
誘拐された娘、・・それは、このひき逃げ事件の翌朝、死体となって発見される。
その少女は、80年代に流行した、アナベル人形と同じドレスが着せられ、
口元はほのかに微笑んでいるように細工されていた。
犯人のプロファイリングに長けているリューシー巡査長(メラニー・ロラン)が
この事件の捜査にかり出されるが・・・・。




感想  タラちゃん監督・ブラッド・ピット主演の話題作(11月公開かな)
「イングロリアス・バスターズ」にも出演しているメラニー・ロラン主演の未公開作品。
長ったらしい形容詞つけたのは、
DVDのパッケージにも同じようなことが書いてあったから。
パッケージはちょっと、異様な感じがして好きじゃあないんだけれど、
主演のメラニー・ロランは美人で素敵。

↓これがパッケージね。
実はこれ映画でも重要な一場面でもある映像。
映画観てから、このパッケージみると、気持ちが悪くなるんだよね・・。


sumairiu2.jpg

メラニーロラン、ファンならチェックしてみて・・・といいたい作品。
もちろん、内容も未公開ながらも、そんなに悪くはないと思います。

フランス版「羊たちの沈黙」という感じなので
その方面(ややグロ系)が苦手な人はペケかな。


原作はフランスで数々の賞を受賞したベストセラー「死者の部屋」。


冒頭に、登場するとあるシーンは
これから始まる物語に一見、なんの関係もないのではと思われるのですが
実はこれが、大いにメイン物語の伏線になっているんです。

メインの物語は少女誘拐事件。
犯人は、殺された少女にアナベル人形と同じドレスを着せ
さらに、微笑みを作らせるという奇異な行動をとっていた・・・。

まずは、この妙な行為にどんな意味があるのかがポイント。


さらに、誘拐事件に絡んで、もう一つ、その身代金を奪った二人の男の物語が
繰り広げられるんです。この二人の末路にも注目。
実は、かなり悲惨な目にあってしまうんですよね。
まあ、自業自得だと言われればしょうがないのですが
二人のうち、一人は、やめようと・・・一度は拒否しているわけです。
なのに、もう一人が強引に・・どうせわからないんだから、もらちゃえ・・・!!と
言いくるめたんですよ。
やめとけば・・・良かったのに・・・・・・泣。


この二つの事件のつながりを見つけ出し、
犯人をジワジワ・・追い詰めるのが女刑事のリューシー。
実は、彼女、未婚ですが、双子のママであります。
捜査の時は、ママに子どものお守りを頼んでいくんですね。(この子どもが
まだベビーちゃんたちで非常に可愛いの)
実生活は、かなり個性的ですよね・・・笑
子どもの父親は不明・・・・・。そもそも産んだこともしらないみたいだったな・・・。
しかし、ちゃんと、同僚刑事に、恋人と思われるような、気持ちが通った
人がいる様子。
私生活は子持ちと言えども、順調なのです・・。

そんな状態ですが、お仕事の能力はきちんと発揮。
他の誰よりも洞察力は抜群で、犯人像を明かしていきます。


で・・・それだけですか・・・と思うでしょ?


それが違うんですよね。

このお話の一番の見所は・・・彼女の過去。
それがどう絡んでいくのか。
冒頭の場面と、
さらに途中で挟み込まれる、彼女の幼少期の記憶。
さらに、それは、ラストの場面で、意外な・・・結果をもたらすのです。

そうだったのか・・・・・と・・・。


まあ、ネタバレはこのくらいで、あとはみて楽しんでください。

ただし、最初にも書きましたけど、気持ち悪いシーンもありますので注意。
それは、剥製・・・なんですよ。動物を剥製するシーンがあるのです。
これはなかなか厳しいものがあります(←つまり、グロイということ)

さらに、誘拐され殺されるのが、少女と言うことで見ていて、いい気分がしないこと。
あと、え~~~どうしてあの人たちも・・・と思う人が亡くなってしまうこと。
サスペンスだからしょうがないんどすけれどね。


幼少期のトラウマが人生を変える・・・
そういうお話でしたけど、よくよく考えると、せつないお話でもあるんですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見ました~。

みみこさん、おはようございます。
見ましたよ~!!
そうそうフランス版「羊たちの沈黙」って書いてありましたっけ。
少女のあの微笑みを浮かべた顔に・・思わずスクリーンの前で固まってしまいました・・・。こどもがああいう目にあうのは辛いですよね。
あのグロいシーンも・・。

この誘拐事件と合わせて、あの男ふたりのひき逃げ事件・・、こちらの方からも目が離せなかったなあ。
ある意味、友人・・であったはずの男たちの末路、こちらも怖かったですよね。

そして昨日出かけた本屋で原作と遭遇、思わずこちらも読んでしまいました。
原作では、女刑事のリューシーの過去が映画とは違ってて・・。映画でははっきりとはわからなかった部分でもあったのでそのあたりを期待していたんですけど。
でも犯人の心理に迫ろうとするあまり・・危ない世界に入っていきそうな・・そういう彼女の危なさ?みたいなものはとても感じました。
あとひき逃げの男ヴィゴ、彼の心理状態も詳しく書かれていましたよ。

瞳さんへ


こんにちは。
遅くなってごめなさい。
まあ、これを・・・
早速見てくださったのですね。
ちょっとグロイですよね、
でもなかなか良くできていましたよね。

<あの男ふたりのひき逃げ事件・・、こちらの方からも目が離せなかったなあ。
ある意味、友人・・であったはずの男たちの末路、こちらも怖かったですよね。>


そうそう。
変に欲出すから、とんでもないことに巻き込まれてね。
かわいそうでしたよね。
とくに妻子持ちの人はあまり乗り気じゃあなかったしね。

<原作では、女刑事のリューシーの過去が映画とは違ってて・・。映画でははっきりとはわからなかった部分でもあったのでそのあたりを期待していたんですけど。
でも犯人の心理に迫ろうとするあまり・・危ない世界に入っていきそうな・・そういう彼女の危なさ?みたいなものはとても感じました。>


わ~~原作も早速チェック。
さすが~~。え~~過去は映画と違っていたのね。
映画だと結構重要な場面ですよね。詳しくは描かれていなかったけど。
でも、彼女の人間性により触れられた感じがしますよね。
やっぱり、原作とあわせると
いい効果がありますよね。


<あとひき逃げの男ヴィゴ、彼の心理状態も詳しく書かれていましたよ>

そうなの?
そういえば、どちらかの男が、知り合いに警察関係がいるような
設定でしたよね。でも、あまり触れられなくって。
そこも書いてあるのかな、映画独自だったのかな。


あとで感想拝見しにいきます。


あ・・
「私の中のあなた」は今、予約かけています。
やっぱり映画化で原作も予約がいくつかはいっているみたい。
人気なのよね。

やっと見ました

と言っても、もうだいぶ経つんだけど;;
やっと感想UPにこぎつけました、って言うべきかしら~;;
なので、感想もあっさりですが(^^;
なぜか、私には、スマイルコレクター事件よりも、
あの横領2人組みのが印象強かったです。
ビンボーに共感したから?(爆)
でもロランちゃん、いい感じでしたね!
ますますファンになりました。

tsurubaraさんへ

こんばんは。
レス遅くなりごめんなさい。
未公開でしたけれどなかなかおもしろかったですよね。
未公開ってあたりはずれがあるので
みるのもドキドキですが・・・

スマイルコレクター事件より横領事件に興味ありだったのですね。
状況的に可哀そうでしたよね。

スマイル事件は強烈で・・・泣

ロランちゃん・・・可愛いですよね。
こういう犯罪映画でもOK。


あとでゆっくり感想拝見しに伺いますね

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク