タップ・ドッグス

タップ・ドッグス(2000)
BOOTMEN


監督: デイン・ペリー
製作: ヒラリー・リンステッド
製作総指揮: デイン・ペリー
原案: スティーヴ・ワーランド
ヒラリー・リンステッド
デイン・ペリー
脚本: スティーヴ・ワーランド
撮影: スティーヴ・メイソン
音楽: チェザリー・スカビスゼウスキー
出演: アダム・ガルシア
ソフィー・リー
サム・ワーシントン
ウィリアム・ザッパ
リチャード・カーター
スージー・ポーター
アンソニー・ヘイズ
クリストファー・ホーシー

鉄鋼所で働きながら父と兄と暮らすショーン。
彼には、タップ・ダンスでスターになりたいという夢があった。
オーデションに合格し、街でショーに出ることになったショーンだが
出演者ともめてしまいあえなく挫折。
生まれ故郷に戻り、鉄鋼所で仲間たちに呼びかけて
タップ・グループ“ブーツメン”を結成するが・・




感想   先日の深夜放送で鑑賞。
ダンス映画だと聞いていたのでちょっと期待・

でもいまいちだったかな・・・


タップダンスは見ごたえあったと思うけど。
鉄鋼所での斬新なタップって今まで見たことない分
やっぱり目を見張るものはありましたよ。

ただ、夢をかなえるために努力する・・・という
ダンス映画にありがちな、その部分は良しとして、
主人公のプライベートに関する話がイマイチ。

兄と、恋人をめぐるいさかい。三角関係だよ。
恋人が兄とも関係。さらに妊娠・・・って・・・・おお~~~

これがどうにも嫌だったな・・・
酔った勢いとはいえ、弟が都会に出ている間に
そうなってしまう、恋人の愚かさに……ダウン。


お兄さんが
サム・ワーシントンだったというのが、収穫。
ターミネーターに出演していた彼?だよね。

若い~~


でも、意外な退場をしてしまい、これもトホホだったな。


ということで簡単な感想になってしまいました・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク