イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ (2009  アメリカ)

INGLOURIOUS BASTERDS


監督: クエンティン・タランティーノ
製作: ローレンス・ベンダー
製作総指揮: エリカ・スタインバーグ
ロイド・フィリップス
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本: クエンティン・タランティーノ
撮影: ロバート・リチャードソン
プロダクションデ
ザイン: デヴィッド・ワスコ
衣装デザイン: アンナ・B・シェパード
編集: サリー・メンケ
視覚効果デザイン: ジョン・ダイクストラ
特殊効果メイク: グレゴリー・ニコテロ
舞台装飾: サンディ・レイノルズ・ワスコ
ナレーション: サミュエル・L・ジャクソン
(クレジットなし)
出演: ブラッド・ピット アルド・レイン中尉
マイク・マイヤーズ エド・フェネシュ
(ゲスト出演)
ダイアン・クルーガー ブリジット・フォン・ハマーシュマルク
クリストフ・ヴァルツ ハンス・ランダ大佐
メラニー・ロラン ショシャナ・ドレフュス
ミヒャエル・ファスベンダー アーチー・ヒコックス
イーライ・ロス ドニー・ドノウィッツ
ダニエル・ブリュール フレデリック・ツォラー
ティル・シュヴァイガー ヒューゴ・スティーグリッツ
B・J・ノヴァク スミッソン・ウティヴィッチ
サム・レヴァイン ヒルシュベルク上等兵
ポール・ラスト アンディ・ケイガン
ギデオン・ブルクハルト ヴィルヘルム・ヴィッキ
オマー・ドゥーム オマー・ウルマー
マイケル・バコール マイケル・ジマーマン上等兵
アウグスト・ディール ヘルストロム
(ゲスト出演)
ジュリー・ドレフュス フランチェスカ・モンディーノ
(ゲスト出演)
シルヴェスター・グロート ヨーゼフ・ゲッベルス
(ゲスト出演)
ジャッキー・イド マルセル
(ゲスト出演)
ドゥニ・メノーシェ
(ゲスト出演)
ロッド・テイラー
(ゲスト出演)
マルティン・ヴトケ アドルフ・ヒトラー
(ゲスト出演)
ボー・スヴェンソン
エンツォ・G・カステラッリ

1944年、ナチスの占領下であるフランス。
ユダヤ人ハンターと噂されるハンス・ランダ大佐に家族を殺された
ユダヤ人女性ショシャナは復讐の機会を狙っていた。
彼女は今、パリで映画館の主催者として生活しているのだ。
一方、情け容赦ないナチ狩りを実行している
ユダヤ系アメリカ人部隊“イングロリアス・バスターズ”(名誉なき野郎ども)。
リーダーはアルド・レイン中尉。
彼らは次々とナチスを残虐していった。
ある日、ショシャナに惹かれるドイツ兵、 フレデリックと知り合いになったことから
彼女の映画館で「国民の誇り」という映画のプレミア上映をすることに
なる。そこには、ヒトラーはじめナチス高官が一同に集結するようだ。
このときとばかり、ショシャナは復讐計画を練る。
そしてバスターズの面々も同じく企みを練るが・・・・。



感想   まあ、それにしても、出演者が多い・・・笑
タラちゃん映画は、劇場鑑賞は初めて。
あの有名な「キルビル」も未見。
遠い昔、パルプ・フィクションを観たっきり・・・。
別段、避けていたわけではないのだけれど、単純に、惹かれるものも
なかったから・・・・。
ただ、今回は、前宣伝も大きかったし、
最近観た「スマイル・コレクター」の主演女優、メラニー・ロランが復讐に燃える女性を
演じるときいているし、もう一人の綺麗どころでは ダイアン・クルーガー も出演。
さらには、ブラッド・ピットもくだけた感じのキャラなようなので・・・・
なんだか面白そうな予感。
そういう経緯で鑑賞です。


映画は第一章から第五章まで。
面白くなかったらお金を返す・・・なんていうキャンペーンもやっていたようですが、
その目安が、第三章(60分ぐらい)の辺りまでだとか。
さすがに、これから~~~~というときに退出はできませんね。
もちろん、面白くなかったという判断はしていないので、そのまま鑑賞。
復讐劇がこれから・・っていうときなのに、途中では出られません~~~笑
ちなみに、上映時間は152分ですかね。
退屈することもなく楽しませました。

今まで、ナチス関連の映画って
重い~~感じの作品しか観たことがなくって。
そういう意味では単純に肩の力を抜いて楽しめる作品かなと思います。
史実に基いてというわけではありません。
ですから、え~~~、ここでこういう風に始末しちゃうの?と
驚きの結末になります。
勧善懲悪ですね。
そして、人もバタバタ死にます。

あの人も、この人も?こんな死を迎えてしまうの?という、
驚きが沢山ありました。

他の映画のオマージュが盛り込まれているという話も
聞きますが、私はあまり感じとることができませんでした。
よく知らないんですよね・・・そのオマージュになる作品自体が。
きっと、この監督の映画大好き~~という方は
マニアックな見方をして、非常に楽しんだのではないのかな。
生憎、私にはそういう楽しみ方はできませんでしたけれど、
一般的な映画好き鑑賞者としては、面白く観る事ができましたよ。


といいながら、残酷場面はさすがにこたえた・・・・・。
こういう作風というのも意識せず、いや~~~。
この間観た、ホラー映画の「スペル」より、目を覆うシーンが多かったのです。

個人的に脳みそ関係はダメ・・・・笑
だから頭の皮を剥くバスターズの行為にひえ===となってしまったのでした。
もちろん、よく見ないとわからないし、UPで出てきているわけじゃあないけど・・・。
また、バットでバシバシなぐり殺すというシーンも出てきて。
ダメでした・・。それをブラビが命令するなんて・・・あ~~~~。



好きなシーンは冒頭。
ハンス・ランダ大佐が、かくまっている村人と
会話するシーンですね。
何気ない会話に見えても実は奥が深い。
その緊張感溢れる内容。
いくつかの言語を組み合わせて会話する(フランス語&英語)のにも
意味があったのですよね。
この冷酷な手腕。う~~ん、憎いヤツですが仕事はさすがにできるランダ大佐にちょっと
不思議な感情が湧いてきます。


続いて好きなシーンは酒場シーン。
そこではスパイである、ダイアン・クルーガー扮する ブリジット・フォン・ハマーシュマルクと
ドイツ兵に成りすましたバスターズが作戦を練っています。
しかし、本物のドイツ兵も現れて、またまた、緊張感溢れる会話へと流れ込むのです。
ここでは銃撃戦があるのですが、すごい迫力。
一瞬誰がどうなったのかわからなかったのですが、生き残ったのは
う~~ん、そうなんですね・・。面白かったです。
お酒を注文するときの3杯だったかな・・・あれで、正体がわかってしまったというオチも
なるほど~~~~と、頷きです。


そして、メラニー・ロランと ダニエル・ブリュールの絡みかな。
最後の決着の付け方が・・・・悲しかったです。
メラリー・ロラン・・一瞬躊躇って戻ったのに・・・・・それなのに。



盛り上がりもバッチリ用意されていますので
映画観たな~~という満足感は味わえると思います。
ただし、やっぱり好みが分かれるかと・・・。
遊び心を理解できるなら良いですが
真面目に見ちゃうと苦しいかも・・・。
まあ、どんな映画も好み次第といってしまえば元もこうもないのですけどね・・・・笑

いんぐろりあ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん~こんにちは♪
私も、あんまりタランティーノ監督に思い入れとか無いんだ・・・。
パルプフィクションは。。。実は後々になってレンタルしたんだけれど、体調が良くなかったせいか、途中で見るの挫折しちゃったの・・・ 最後まで観てたら、色々つながって、わー!!って喜びがあったんだろうな・・・って思うんだけど・・・。
そうそう、キルビルシリーズくらいだよ、見たことあるのって。

で、今回はちょうどタイミング良く映画館のある処に行く用事があったので見て来たって感じなんだ。 ハリウッド映画だと、どこの国の人も英語喋ってて、???って事があるけど、この映画は色々な言語が飛びかっていたのが印象的だったわ~。英語よりフランス語の方が多かったんじゃないかな?って思ったわ~。そういう、なんでも英語にしちゃえ、ってのが無い処はこの映画の好きな処かな。

ところで、以前、確かみみこさんだったと思うんだけど、トリコロール三部作は見たことある?ってお話を聞いたと思うんだ。
この前、やっと3つまとめて見たんだけど、今、ここのブログや、おしどりの小部屋でも色々検索したんだけど、ヒットしなくて・・・。記事は書いていないのかな・・・。
みみこさんなら、きっと見てる気がして(特に「青の愛」~)楽しみにしてたんだけど・・・

latifaさんへ

こんにちは♪
やっとUPできました・・
コメントありがとう・・。

latifaさんもタランティーノ監督には思い入れがないのね・・
わ~~い。同じね。
<パルプフィクションは。。。実は後々になってレンタルしたんだけれど、体調が良くなかったせいか、途中で見るの挫折しちゃったの・・・>

そうなのね・・。
確かに長い作品だよね、これも。
私はやっぱりトラボルタが浮上した作品だと思っているから
印象深いな・・・。一押しで面白いというわけではなかったけど・・普通に
楽しんだ感じ。
あの、つながりは面白いよね。今ではよくあるけど・・

キルビルは・・確か2部だっけ・・・あるんだよね。
そういうのってなかなか見なくって。
話題作だったら、いつか見てみたいな・・とは思うけど。

<この映画は色々な言語が飛びかっていたのが印象的だったわ~。英語よりフランス語の方が多かったんじゃないかな?って思ったわ~。そういう、なんでも英語にしちゃえ、ってのが無い処はこの映画の好きな処かな>

確かにそうね・・
最近でもドイツ舞台なのに、ドイツ語じゃあない映画あったしね・・
言語も自然な感じの方がいいよね・・

<ところで、以前、確かみみこさんだったと思うんだけど、トリコロール三部作は見たことある?ってお話を聞いたと思うんだ。>

すみません・・・
たぶん、「ヘヴン」観たときに
クシシュトフ・キェシロフスキ関連でお話したような・・・。
でも、実はトリコロールは未見なの。
クシシュトフ・キェシロフスキでは、デカローグシリーズを長編化した
「愛に関する短いフィルム」と「殺人に関する~」と「ベロニカ」のみ。
でも3作とも、とても気に入っているから
お話しちゃったんだと思うよ。
作風はよくわからないけれど好き・・。

色々探していただいたみたいで
ごめんなさい。
特に、青の愛についてなのね。
機会があれば見てみたいな。

やっとお邪魔できました~♪

みみこさん、こんばんは♪
お邪魔できるときにお邪魔しておかなくては!!と思って、
確か以前(もう1年以上前なんですね)この映画の感想を書いてらしたはず・・と
こそこそやってまいりました。
ほんと、ご無沙汰しております。。

なんだかあっという間に師走ですね!!
11月は役員仕事お忙しかったことと思います。お疲れ様でした。
年末にかけてまた主婦業も忙しくなりますよね。
妙なお天気も続いているし、どうぞお身体ご自愛くださいませ♪

さてさてこの作品・・・
やっぱりそうですよね。あの残虐すぎる部分がどうも生理的に受けつけないというか
怖いというか、ちょっとしつこいのよアナタ!というか(苦笑い)

タランティーノの映画の楽しみ方と自分のそれとは違うっていうみみこさんの感想を拝見して
すごーくすっきりしてしまいました。
ですよね~。ちょっと違うわゴメンナサイ的な・・(笑)

でもよく練られた展開と、ヴァルツさんの奇妙な魅力で楽しめた作品でもありましたね。
あの人、おっかしいですねえ。よくぞキャスティングした!と思っちゃいました。
お目当てだったファスベンダーさんもかっこよかったんで満足だったんですけど
マイク・マイヤーズとのツーショットはオースティン・パワーズものにしか見えなくなって脱力でしたわ。恐るべし、マイク・マイヤーズ!!

というわけで、(どんなわけで)お邪魔することができて幸せでした♪
また時々変なことを口走りにきてしまいそうですが、宜しくお願いいたします。

武田さんへ


おはようございます~~
わ~~武田さん、お元気でしたか。
12月に入ってからは、どこにも書き込みできる余裕がなくって。
読み逃げだけしていたわ。
コメント残さず、
失礼していて・・・ごめんなさいね。
特捜最前線記事・・実はひそかに読んでいました☆・


本当、あっという間に
師走・・・ですよ。
暑い暑い・・・といい、寒くなったわ・・・・といい・・
もう・一年終りね・・・っていうことになってしまいましたよね。


役員の仕事11月は・・・そうですね・・・ちょっと忙しかったです…笑
でも、この時期だけだから・・・。
武田さんの方こそ、
役員お仕事大変だったのでは・・・。
お疲れ様です。
お互い、まあ・・・マイペースで、苦に思わず
やっていきましょうね~~


あ・・・この映画ですね。
私、とんでもない感想です…笑
皆さん、評価高いですものね。
ちょっと、こういう感じなるとは思わなかったから。

でも、ナチを題材にした映画としては
面白かったですよね。
タラちゃんらしいわ・・・

言葉のやりとりも、興味深かったですしね。
ほどよい緊張感も良かったわ。


<でもよく練られた展開と、ヴァルツさんの奇妙な魅力で楽しめた作品でもありましたね。
あの人、おっかしいですねえ。よくぞキャスティングした!と思っちゃいました。>

ですよね・・・・★
私、初めてだったんですけれど、とっても魅力的に思えましたわ。
渋いしね味があるよね。

<お目当てだったファスベンダーさんもかっこよかったんで満足だったんですけど
マイク・マイヤーズとのツーショットはオースティン・パワーズものにしか見えなくなって脱力でしたわ。恐るべし、マイク・マイヤーズ!! >

あ・・・懐かしい・・オースティン・パワーズ。

出演者が豪華だったんですよね、この映画。
劇場で一回きりだったので、細かいところで見落としているのが
いっぱいある感じ。
ビデオで観たら
もっと別の発見がありそうだわ。



あとでゆっくりお邪魔させていただきますね。
こちらこそ、いつも関係ない
コメントを残したりしていますが
温かくお付き合いしてくださり、
うれしく思っています~~~~♪
またよろしくね。

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク