ほかならぬ人へ    著  白石一文

ほかならぬ人へ     著  白石一文



中編2作からなる作品集。

ほかならぬ人へ

 主人公は宇津木明生。27歳。
財閥の家の三男に生まれだが、優秀な兄たちの中で、常に劣等感を抱いていた。
就職はスポーツ用品メーカー。
営業の仕事だった。彼の上司は、東海さん。33歳。容姿はけっして良いほうではないが
仕事はできるやり手の女性。
彼には、キャバクラで知り合った美人の妻がいる。旧姓柴本なずな。池袋のキャバクラ出会った
女性だ。また彼には、親が決めた、許嫁(いいなずけ)幼なじみの渚という女性もいた。
「ほかならぬ人」とは誰なのか・・・


かけがいのない人へ

主人公は、みはる。彼女には聖司という婚約者がいた。
しかし、結婚も近いという頃に、以前付き合っていた
黒木という男性と関係を復活させた。
かけがいのない人とは・・・誰なのか。



感想   白石さんの新作。
前作の『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け(上・下)』は
今年、山本周五郎賞を受賞しました♪


今回の小説の、どちらのお話の主人公も、恵まれた環境で育ってきた・・いわゆるエリートの部類。
しかし、家族の中では孤立している身です。
愛情を受けてきたとは言えない・・
なぜなら周囲は彼らを、自分たちの価値観の中でしか、見ていないから。

そんな彼、彼女らが、自分を愛してくれる人は、
本当に自分が愛する人は・・と
考えたときたどり着く先は・・・というようなお話です


普通の恋愛小説とはまた違った・・・感じ。
甘いだけではないです。
カチンとするところもあります。
でも・・・
運命の人は・・・色々あってこそ
見つけられるのかな…と思います。

後者はとくに
いろんな意味で激しい・・・笑
初期のテイストですね。


恋愛小説はそもそも、好き嫌いがより分かれる思いますが
うん・・
これもきっと、そうでしょう・。



hokanaranu.jpg
すききあしょう
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「証拠」の残り香~『ほかならぬ人へ』

 名家の三男に生まれた宇津木明生は、優秀な兄たちへの劣等感から「生まれ そこなった」と感じていた。大学を出、就職した明生は、キャバ...

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん、直接この本の事じゃなくてゴメンね^^
これ、直木賞を受賞しましたね。未読なんだけど、これから、ガンガン白石さんの本が売れていきそうな予感。
この表紙のイラストレーターさん、他の本の表紙でも見かけたことあるるけど、なかなかインパクトがあるよね。

で、太陽に灼かれて、やっと見たよー!!
すごく良かった★
ただ、私もみみこさんのおしどり~のレビューと同じで、ロシア革命の事とかよく知らなかったので、歴史的背景とか政情のことを解らずに見たので、ちゃんと理解してない部分が多数あるはずなのが残念だったけど、基本的にとっても良かったよ。

あの突然帰って来る彼が、カッコ良くて。なんか、レイフさんと少し似た匂いを感じたけど、みみこさん、タイプじゃない?(^^ゞ 違ってたらゴメンね。
ああいう元貴族階級だったんだけど挫折して哀愁漂ってる格好良く渋いおじさまって、素敵だわん~★
あの人と、元恋人(今は大佐の妻)との3角関係が後半ドロドロになっていくのかな?と期待したら、全く違った方向に行って、びっくり!予想外な展開だったことや、彼があそこに来た理由なども想像してなかったので、すごくやられた!感があって、面白かった・・・って満足しました♪

で、家のブログでも書いたんだけど、なんと続編が出来てたんだね?知ってたらごめんね。あの少女の現在は・・・・。

latifaさんへ


こんにちは~
コメントするところを悩ましてしまってごめんね。
↑そうよね・・・
直木賞とったわね。道尾さんは残念。
これから注目されていきそうよね・・・でも癖があるから
好き嫌い分かれそう・・



で。。
<太陽に灼かれて、やっと見たよー!!>


おめでとう~~~~♪
良かったでしょ

<歴史的背景とか政情のことを解らずに見たので、ちゃんと理解してない部分が多数あるはずなのが残念だったけど、基本的にとっても良かったよ。 >

うんうん。同感。
私はかなり前に見たから
そういう題材の他の映画もあまり観たことなくって。
より、わからないところが多かったけれど。
それでもガツン・・とあの映像は印象に残っているわ。

<突然帰って来る彼が、カッコ良くて。なんか、レイフさんと少し似た匂いを感じたけど、みみこさん、タイプじゃない?(^^ゞ 違ってたらゴメンね。>


ぴんぽ~~ん・・・。好みですね・・・

<ああいう元貴族階級だったんだけど挫折して哀愁漂ってる格好良く渋いおじさまって、素敵だわん~★>


苦悩抱えている人って
魅力的でもあるのよね。。
若くてピチピチも好きだけれど、
年齢重ねてこそ・・・光るものがある・・・・って感じよね。

<予想外な展開だったことや、彼があそこに来た理由なども想像してなかったので、すごくやられた!感があって、面白かった・・・って満足しました♪>


そうなのよね。意外な 展開・・・それも面白い要素であったよね。

<なんと続編が出来てたんだね?知ってたらごめんね。あの少女の現在は・・・・>


ええ~~~~知らなかったわ。
情報ありがとう・・・
驚き・・・。

あとでそちらに伺います~~



latifa

みみこさん、こんにちは! 感想アップしたのでやってきました。
『ほかならぬ人へ』、とってもよかったです♪ 『かけがえのない人へ』は、主人公が好きじゃなかったから評価は低めですが。。
白石さんって、賛否割れるほうなんですか? 私は全くノーマークの作家さんだったので、よく知らなくて。。
友人が勧めてくれるまで、直木賞獲っても手とらなかったくらいですし。
でもみみこさんはたくさん読まれてるんですね、、本作以外にオススメはどれでしょう?
また教えて下さい~。

真紅さんへ


こんにちは。
『ほかならぬ人へ』・・・・良かったのですね!!
良かった・・・・笑
確かに
 『かけがえのない人へ』の、主人公は
少々勝手だものね・・・。

<白石さんって、賛否割れるほうなんですか? 私は全くノーマークの作家さんだったので、よく知らなくて。。
友人が勧めてくれるまで、直木賞獲っても手とらなかったくらいですし。
でもみみこさんはたくさん読まれてるんですね、、本作以外にオススメはどれでしょう?>

↑のお話はそれほどでもないんだけれど
主人公の男性が高学歴
仕事もバリバリ。恋人も美人で料理上手という設定多し。
かつ、男の都合のよい女性像、身勝手な男の行動と、
どうも女性にはカチンとする要素の多い作品が多々あるんですよ。
加えて、理屈っぽく、哲学的な要素が多い・・・・
初期の「一瞬の光」はお勧めですけれど
そういう要素すべてありです・・・・笑
でも、人は何のために生きるのか・・・ということを
いつも考えて作品発表している感じで
作品の中にときどきハッとするような言葉が並べられていて、
いつも、納得したり、反発したりする感覚を味わえるので
好んで読んでいます~~~

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク