ジョンとメリー

ジョンとメリー   (1969  アメリカ)

JOHN AND MARY



監督: ピーター・イエーツ
製作: ベン・カディッシュ
原作: メルヴィン・ジョーンズ
脚本: ジョン・モーティマー
撮影: ゲイン・レシャー
特殊効果: L・B・アボット
音楽: クインシー・ジョーンズ
出演: ダスティン・ホフマン
ミア・ファロー
マイケル・トーラン
サリー・グリフィン
タイン・デイリー
マリアン・メーサー
スタンリー・ベック
オリンピア・デュカキス
ジュリー・ガーフィールド

昨晩、パーティで出会った男と女。
そのまま、一晩関係を結ぶ二人。
目覚めた朝。男の部屋で何気ない会話を交わす二人。




感想   


古い作品が観たくなってしまうこの頃。
今日は、今年になってからDVD化されたという、
こちら、「ジョンとメリー」を鑑賞しました。

主演はダスティン・ホフマン と ミア・ファロー。
当たり前ですが、若い・・・若い。

行きずりの男と女が、一晩を過ごしてしまい、その後・・・というお話ですが、
なかなか面白かったです。
すでに40年ほどたっている訳ですけれど、
男女間の心理葛藤って、あまり変わっていないんだな・・・ということを実感させられます。

今では、なんとなく波長が合うから、すぐ・・関係という男女間の流れも
珍しくはなくなったとは思いますけれど、
この当時ではどうだったのかな・・・・。
あちらではそうでも、この当時の日本では、おお~~!!、なんと!!という
実に新しい関係に感じたのではないでしょうか。


ミア・ファロー扮する女。
彼女は自分が目を覚ますと、どこにいるか・・・一瞬と惑う・・。
あ・・・昨日の男の家だと感じ、早速、お家の探検。
男はシャワー中。

うんうん・・そういう経験はないものの、やっぱり、初めての場所となると
女はやたらと、状況調査したがると思います・・・笑
どういう男か、まずは、調べです・・・調べ・・・笑


ダスティン・ホフマン 扮する男の部屋。
部屋数は多いし、物もきちんと片付けられている・・・
台所も綺麗だし、几帳面な方のよう・・・。
ニューヨークの一部屋。余分なものがなく
お洒落な感じです。


とりあえず、二人で朝食。

男は、こだわりの卵・・の話をします。
それも結構面白い・・・。
一晩寝た、そのあとの会話が、卵というのも。
まずは何から話していいか、わからないからの・・・様子みかしら。

それにしても、同時に心の声がモノローグというかたちが画面に流れていくので
見ているこちらは、ククク~~とほくそ笑んでしまう。何気ない会話の中で
男も女も相手をまずは、見定めようと懸命に努力しているのよね。
だってやっぱり、相手が何者かは多少なりとも知りたいから。


2人はともに、完全に昨日の夜のことを否定しているわけではないの。
良かったな・・・うまくいくかも・・・という予感も持っている・・
でもどうなんだろう・・・同時に、このまま終ってしまうかもしれないという
恐れも感じているわけ。
今までの恋愛をちょっと振りかえってみる二人。
うまくいくことばかりではない・・・
傷ついたことも沢山あったわけ。

けっして、お互い、恋愛経験無し・・・っていう訳ではないけど、
新しい関係にことを発展させるだけのエネルギーが、
ものすごく有り余っているという年ではないから
やっぱり、ためらいがちになってしまうわけ。

ぎこちなく、とりとめもない会話ばかりして
相手の出方を伺っている・・

そのなんともいえない、雰囲気が結構好きでした。


舞台はこの男の部屋がほとんど。

お話も二人の会話がほとんど。

でも、その会話と同時に、二人の今まで経験してきた恋愛&
一晩の関係になるまでの流れ・・・なども
フラッシュバックの映像で折り込まれているので
こちらに、二人の背景はわかるようになっています。



お互いの全てはまだまだ、これから。
でも、そこにいる彼、あなたが、
離れられない思いを感じる人に今の時点でなっているのならば、
ことをはじめてもいいかもしれませんよね・・・
失敗を恐れていては、素敵な恋はできないのだから。



恋愛って波長かな・・と思うこの頃。
もっと若い頃に見ていれば、もっとリもっとりアルな思いを
いっぱい、いっぱい感じ、共感度もより深まった気もします。


名前きくよりも会話をしたい、
とにかく、もっと会いたい・・・傍にいたい・・・という
純粋な感情が、恋っていうのかな・・・なんて思ったりしました。

関係持ってしまってからの恋って
うまく行かない場合も多々あるかもしれないけどね・・・。

ただ、それが最終目標になっていないから、いいんじゃあないの・・という考え方もありますよね。

そこまでいくのに、駆け引きしあいながら楽しむのもまた素敵な
恋でもあるけれど
順番逆もまた、素敵な恋になりえるかもしれません。



この頃のミア・ファロー、可愛いです。
レースの大きな襟が印象的だったお洋服も素敵だったわ。
対する、 ダスティン・ホフマンは
「卒業」当たりの年齢でしょうね。
どことなく、頼りない感じが漂うけど・・・笑
料理は上手そう。
ラスト近くで、料理していた、スフレが実においしそうでした。


時代を感じる映像ですが
描かれる恋愛には時代を感じさせないのよね。


そういえば、最近の映画ですが「カンバセーションズ」という映画でも
男側、女側の心内をそれぞれが披露していたな~~と思い出しましたが、あちらは2分割だったから
非常に見にくかったな・・・笑

John.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい~~。

みみこさん、こんばんは。

懐かしいです~~、DVD化されたんですね!!
いつ頃、どんな風に見たのかさえ・・もう忘れてしまっているのですが(確かTVの深夜放送だった・・ような)、
当時はみみこさんも書かれているように、こういう男女の関係って新しい~!!って思ったように記憶してますよ。

そして、卵のお話・・やっぱりありましたか~(笑)
どうしてだか、これは覚えてたの♪

>名前きくよりも会話をしたい、
とにかく、もっと会いたい・・・傍にいたい・・・という
純粋な感情が、恋っていうのかな・・・なんて思ったりしました

なるほど~~!!
私は見た当時・・なんだか不思議な感じ~♪って思うくらいで・・。まだまだ恋にも愛にも縁遠かったのかなぁ(笑)
今見たら、どんな風に感じ取れるかしら。これはぜひ再見してみたいです。

ミア・ファロー、可愛いですよね。
こういう懐かしい作品のDVD化ってありがたい~♪

瞳さんへ


こんにちは♪
こちらにもコメントありがとうございます~~


そうなんですよ、DVD化されていました。
私は、知らない作品だったんですけれど、
パッケージの内容がちょっと素敵で・・・
鑑賞してみました。
でもこの作品、ご存じの方はご存じなんですよね・・。

そうそう・・卵の話ありました。
記憶されているなんて、すごいです。
私も、朝っぱらから、あんなに卵の話をする人って
いったい・・・と思うことろがあったので
このエピソードは忘れないような気もします・・・笑


うんうん・・私も今頃になってみたので
ああいう出会いを冷静にみることができましたけれど・・
リアルタイムだったらどうだったでしょうね。

え~~~と思ったのか・・
ああいう関係からの恋愛に憧れたのか・・
どうなんでしょう・・・。


<ミア・ファロー、可愛いですよね。
こういう懐かしい作品のDVD化ってありがたい>


本当そうですよね。
可愛いな・・・。どこか不思議系・・。
昔の作品にもいっぱいいいのがあるので
どんどんDVD化してほしいですよね。

会話

みみこさん、こんにちは~。
タラちゃんの映画も会話がとても面白かったですが、
この映画も会話に引き込まれていくようですね。
ダスティン・ホフマン、きっと若々しいんでしょうね(笑)
でピーター・イエーツ監督の映画何か観てるかなって思ったら、
「ブリット」「銀河伝説クルール」を観てました。
「銀河伝説~」は面白かったのと姫がしもぶくれタイプの顔で親近感を持ったのを覚えてます(笑)
こういう大人の恋愛映画が観たいです^^
というのも最近、お友達に誘われて「トワイライト~」を観たんですよ~前作も観てないのに。
禁断の恋というのには大いに惹かれたのですが、ヒロインの身勝手さに共感できませんでした。
やはりティーン向けだということで、おばさんには妖しさや恐さが物足りない気がしました(笑)
そういえばデル・トロの「ウルフマン」がとっても楽しみです~恐そう~♪♪

こんには。
遅くなってごめんなさい。
タラちゃんの映画は凝っていましたよね。
会話が深かったですよね。
もう一回、じっくりと見てみたい気分です。

で・・↑こちら。
そうなんです。こちらも2人の会話で見せる映画・
<ダスティン・ホフマン、きっと若々しいんでしょうね>

彼、若い~~ですよ。眩しいくらい。
でも、ある程度の年を取ってからの方がなじみ深いので
不思議な気分がします。(私はレインマンの頃かな・・)
ハンサム・・って感じじゃあないけれど
人はよさそうよね・・って感じ。

<ピーター・イエーツ監督の映画何か観てるかなって思ったら、
「ブリット」「銀河伝説クルール」を観てました。
「銀河伝説~」は面白かったのと姫がしもぶくれタイプの顔で親近感を持ったのを覚えてます(笑)>

え~~、すごい、すごい。
私もこの監督でなにかあるかな・・・と思って調べたら
何もなくって・・・・・。
ブリット・・はマックイーンですよね。ポルカさんこの手の作品、お好きですものね。
銀河~~は、SFものなのかな・・・。
しもぶくれ姫。。なんて、何やら面白そうです・・笑


↑はポルカさん、おっしゃるように
大人の恋愛です。
いいですよね・・・こういうの。

<「トワイライト~」を観たんですよ~前作も観てないのに。
禁断の恋というのには大いに惹かれたのですが、ヒロインの身勝手さに共感できませんでした。 >

あ~~私も前作観ていないけれど、観たいな・・・と思っていたところ。

<やはりティーン向けだということで、おばさんには妖しさや恐さが物足りない気がしました(笑)>

あ~~やっぱり。ちょっとおとめチックすぎるのかな。
あの白塗りの男性に、心ひかれないんだけれど・・・笑
観てみたいな・・・とは思います。
妖しさ・・うふふ・・大事よね・・・


<そういえばデル・トロの「ウルフマン」がとっても楽しみです~恐そう>

え~~知らなかったです。
ウルフ・・って、え~~どんな映画なの。
興味津々。
楽しみですよね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク