美しいひと

美しいひと ( 2008年  フランス)

LA BELLE PERSONNE


監督: クリストフ・オノレ
原案: ラファイエット夫人
脚本: クリストフ・オノレ
ジル・トーラン
撮影: ロラン・ブルネ
音楽: アレックス・ボーパン
出演: ルイ・ガレル
レア・セドゥー
グレゴワール・ルプランス=ランゲ
エステバン・カルヴァジャル=アレグリア
アガト・ボニゼール
アナイス・ドゥムースティエ
シャンタル・ヌーヴィル
キアラ・マストロヤンニ






母が死に、通っていた高校を転校することになった16歳のジュニー。
新しい学校で
物静かなオットーに愛を告白され付き合うようになる。
しかし、ジュニーは、イタリア語教師ヌムールにも
激しく求愛されるようになる。
迷うジュニーは







感想    《2008年サン・セバスチャン国際映画祭出品作品/セザール賞3部門ノミネート》


2009年のフランス映画際上映作品。結局未公開でDVD発売になってしまった作品です。



フランス映画らしい作品で、良かったです。
ず~と、大学生かと思っていた主人公達ですが
高校生だったみたいです。


タバコも吸うし、服装も自由、授業形態も大学っぽいのに
まだ高校生たちなのね・・・・


あちらは何でも自由ですね。


愛の告白も速攻。
学校内でもキス。



イタリア教師は、生徒とも先生とも関係しているし、
それを全部切り捨てて、可愛い教え子にまた恋をするなんて・・・。



なんとゆるいモラル・・・~~



恋愛に対する感覚がお国柄で全然違いますよね。


驚くことばかりだったけれど、こういう刺激もたまには必要かな・・・と思いました。




ハリウッドだと、男女の三角関係となっても
キラキラ光る太陽の下、健康的になるんだろうな。



ルイ・ガレルのイタリア教師は妙な色気がありました。

ドリマーズから5年?ってことね。お久しぶりですがすっかり
ミステリアスな雰囲気に磨きがかかって・・・笑

美しいひと・・・って彼の方じゃないですか



ちょっとミュージカル的な部分もありました。
学園内を歌いながら歩いたりとか。
フランス映画で、よくあるように
え・・・こんなときにこんな唐突な行動を・・・いうのも
今回もちゃんとありまして、
予期しない流れはやっぱり魅力的です。


冒頭から、誰と誰がどうなっているの・・・と
人間関係がわかりにくいところもありますが
見慣れてくると、大丈夫かも。


同性愛も自然にありました。


短い丈なのに結構ギュと詰まった内容でしたね。


中盤出てくる、ラブレター。
携帯が流行る中、こういう古典的な愛の表現は新鮮です。



恋愛心理小説「クレーヴの奥方」をモチーフに
したそうですが、もとを知らないのが残念。
映画もあるそうですよね。




ラストは・・・なるほど・・・という展開。
揺れる少女は結構、大人の感覚で、物事を判断しましたね。



感情表現は目の動きとか表情から見極める部分もあって
結構じっくりみてしまいました。
UPに耐えられる人は良いね・・・



belle4.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「美しいひと」

美しいひと [DVD](2009/09/25)レア・セイドゥ、ルイ・ガレル 他商品詳細を見る 母の死後、いとこマチアスの通う高校へと転校してきたジュニー。 どこか謎めいて神秘的な彼女は、すぐに

コメントの投稿

非公開コメント

気だるさが魅力

こんにちは~、今日は暖かいけど、風が強いです~~

>>なんとゆるいモラル・・・~~
みみこさんのこの一言に納得しちゃうわ~、この映画(笑)
彼女も、ガレルも、授業中に視線がハートマークだったりね。
ガレルの年上の恋人の先生とか・・、その他も含めて
後ろめたさとか、全然ないものね(笑)
恋愛にはオープンな国だから、どうってことないのかな?

途中で、とてもショッキングな悲劇があったでしょう?
彼の感覚だけが、映画の雰囲気とは別物のような気がしたし・・
とても理解出来る感覚だったの。

それにしてもジュニーの気だるそうな雰囲気は、まさにフランス女優さんという感じ。
男性はこういう女性に弱いのかな・・なんて思いました。
古いけど、アラン・ドロンの「高校教師」をちょっと思い出したりして・・。

「クレーヴの奥方」は、調べたら1999年にキアラ・マストロヤンニの映画があるのね。
私は、1960年代のジャン・コクトー&マレーの方を探して続けているんだけど・・。
いつになったら観られるかな・涙

「アリス・・」、2Dで観てきましたよ~、楽しかったわ♪
赤の女王も凄かったけど、白の女王のクチビルの色も凄かったでしょう?(笑)
で、私もアリスの女優さんはグイネスに似ていると思いました!
あとタッチの双子ちゃんや(笑)、猫、ネズミ、うさぎ・・・、みんな可愛かった~
ジョニーのメイクも凄かったけど、やっぱり素敵だわ!
最後のステップもね、かっこよかったです。
GWが終わって、劇場が空いたら、3Dも行ってこようかなぁ~と思っています!

みぬぅさんへ

おはようございます~~

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。
お天気も良さそうで活動しやすいですよね。


うちは今日は自宅待機です。


で・・・この作品。
1月鑑賞されていたのに
探せなくってごめんなさい。
新作はしっかりチェックされていますものね。あるはずなのに・・ごめんなさい・・
でもでも、ちゃんと確認しましたよ★
アランドロンの高校教師・・・思い出されたのね。
私、高校教師はみていないの。
昔にフランス映画にはよく、こういった題材あったのかな・・・・

<彼女も、ガレルも、授業中に視線がハートマークだったりね。
ガレルの年上の恋人の先生とか・・、その他も含めて
後ろめたさとか、全然ないものね(笑)
恋愛にはオープンな国だから、どうってことないのかな?>


うんうん・・・視線ハ-トマークでしたよね・・・笑
すごいよね・・・ああやって、目で物いっちゃうのって。
日本じゃ恥ずかしくって、目を伏せるとか、
一人お部屋で物思いにふけるとか。
とにかく、控えめじゃない?
でもおフランスでは、わかりやすいほど、はっきり態度がでるのね。
周りで誰でも気付くじゃん・・・って感じ。


<途中で、とてもショッキングな悲劇があったでしょう?
彼の感覚だけが、映画の雰囲気とは別物のような気がしたし・・
とても理解出来る感覚だったの。>

そうそう・・・ビックリしたわ。
あっという間に出来事でね。
あのあとの処理が生々しくって、(お掃除していた)
なんだか、つらくなちゃったわ。

<それにしてもジュニーの気だるそうな雰囲気は、まさにフランス女優さんという感じ。
男性はこういう女性に弱いのかな・・なんて思いました。
古いけど、アラン・ドロンの「高校教師」をちょっと思い出したりして・・。>


あの気だるそうな感じね。
そうよね・・・眠そうな雰囲気・・・笑
ああいう感じって、フランスならではだよね。


<「クレーヴの奥方」は、調べたら1999年にキアラ・マストロヤンニの映画があるのね。
私は、1960年代のジャン・コクトー&マレーの方を探して続けているんだけど・・。
いつになったら観られるかな・涙 >


2本あるのね。
1960年代の、そんなふるい作品もあるのね・・。
こういう古典的恋愛小説って、映画化されやすいのかしら。
危険な関係とかも・・・何度も映画化されていますものね。



<「アリス・・」、2Dで観てきましたよ~、楽しかったわ♪
赤の女王も凄かったけど、白の女王のクチビルの色も凄かったでしょう?(笑)>


そうなのよね・・・白の女王のくちびる・・・恐かったです。
顔が白いからね・・・余計際立って。

<あとタッチの双子ちゃんや(笑)、猫、ネズミ、うさぎ・・・、みんな可愛かった~
ジョニーのメイクも凄かったけど、やっぱり素敵だわ!
最後のステップもね、かっこよかったです。>


うんうん・・・。可愛かったですよね。ああいうユニークなキャラたちって
みているだけで楽しいですよね。
見終わったあと、盛り上がること間違いないし。

<GWが終わって、劇場が空いたら、3Dも行ってこようかなぁ~と思っています!>


そうなのね~~。いいな2度鑑賞。
見比べてみるのも楽しいかも。

感想UPされたら、
またお邪魔しますね~~



楽しい休日を過ごしてくださいね~~

ではまた~~

おお、ご覧になっていたのね!!

みみこさん、こんばんは。

わ、この作品のレビューを検索していたらみみこさんちに着きましたよ(笑)
以前にご覧になっていたのね~、嬉しい。

高校生の彼ら、彼女ら、とっても大人っぽかったですよね。
男の子たちはまだ少し子供っぽい感じもあったけれど、女の子たち、特にそう感じましたよ。
校内でのキス、日本じゃありえないよねぇ。でもすごく絵になってる。

>美しいひと・・・って彼の方じゃないですか
うんうん、ひときわ目立つよね、彼。他の作品もどんどん見たくなったわ。

モチーフになった「クレーブの奥方」は昔読んだんだけれど、ここに登場する小道具が出てくるの。
手紙とか、写真(肖像画)とか。そういうところ、きっちり押さえていたのはビックリでした。

瞳さんへ

こんにちは。
なぜか観ていたんですね、この作品。
たぶん、ルイ・ガレル目当てだったかな・・・・笑

あちらの高校生って大人っぽいですよね。
オシャレで憧れちゃいます。

クレーブの奥方は原作読んでいらっしゃるのね。
いろいろ比較もできるからいいですよね


この作品でもきちんと小道具おさえているとは・・・
しっかり映画化しているってことですよね
これも未公開はもったいないですよね~~
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク