十字架     著  重松  清

十字架     著  重松  清



中学二年、いじめを苦に「フジシュン」こと藤井俊介は自宅の庭で自殺をしてしまう。
残された遺書には同級生の名前が4人、書かれていた。

2人は、いじめをしていた生徒・
もう一人は、親友として、いままでありがとう・・・と感謝されてしまう
真田裕→ユウ。
最後の1人は好きだった女の子、中川小百合。


彼らのその後の人生は・・




感想  


つらく重たいお話でした。重松さんのお話にはよくいじめがでてきます。
以前読んだ
「青い鳥」や「かあちゃん」も、そうでした。
青い鳥では。。いじめられた子が転校してしまい、残った子供たちはどうするか・・・、
教師は作文を書かせ反省されたりするが、それはまったく意味を持たないこと、
いじめを黙ってみていたこどもたちは、その事実を忘れてはいけないということ・・・
赴任してきた先生がそう教える・・そんなお話がありました。

また、「かあちゃん」では、いじめた子供のところへ、関係者が謝りに行く・・・という
お話がありました。

それぞれ考えさせられるお話になっていましたが


今回の「十字架」はさらにさらに、重く・・
題名通り、残されたものたちは十字架を背負わされてしまうのです。
なぜなら、
いじめた子供は自殺をしてしまうのですから・・・。


いじめに加担したのは3人でしたが、加害者として、具体的に遺書に名前が載っていたのは2人でした。
それだけではなく、
遺書には親友として「仲良くしてくれてありがとう」と名前が載っていたこの物語の語り手の僕=ユウ。
好きな人として名前が載っていた中川百合子・・


この2人は、見殺しにしたという責任から、つらい人生を数年送っていきます。
むしろ、加害者の方が反省もせず、開き直って生きているのではないのかな
と思われます。



考えさせられることいっぱいありました。
いろんな立場の人の気持ちが理解できますが
やはりこの年ですと、自殺した子の母親の気持ち。
または、傍観者として見殺しにされたと責められる、ユウ君の親の立場などに
心を寄せることができました。


いじめの加害者、被害者、そして傍観者たち・・・
中学生における社会構造は、
どうしてもまだ理解できないでいます。
私たちに時代にも、いじめと思われるものはあったと思いますが
転校したり、自殺したり・・そんなひどい状況はなかったですからね。

最近はどんどん深刻化。
だからこそ、本当に意味で中学生たちの心の奥底まで、把握できないでいるのかもしれません。
なぜそんなことをするのか・・・さえも理解できず。
あまりにも陰湿度が高いような気がするんですよね。
むしゃくしゃする気持ちがわからないわけではないのですが
それを他人にいじわるをして発散させるような構図が、
わかりません。



この物語では加害者よりむしろ、傍観者たちのほうに焦点が置かれています。
読者の大半がこの、傍観者である・・・ということでも
あるんですよね。
だからこそ、提示された課題は重くなるのです。
何もしなかった・・見殺しにした・・・・それも、罪ではないかと。


難しい・・・難しいです。

じゃあ、どうしたら良かったのか。
正義感もって立ち向かっていけば良かったのか・・・みんなが。


現実問題として、この小さな中学生という社会構造の中で
進んでできる子がどれだけいるのだろうか。
逃げに走る子はいないのだろうか。
教師はどう対処すればいいのだろうか・・・。

あ~~~、やっぱり難しいです。自分が中学生だとしたら
どうしていただろう。
この子たちの親だとしても
どう助言すればいいのか。
いじめはいけません、みたら、やめさせなさい・・・・といって、実際その場で
できる子ってどれほどいるのだろうかって。
大人ならできることでも、中学生、同じ立場で勇気をもてるのかって。
うん・・・しなくてはいけないことだけれど、難しいことですよね。


いじめは悪いことだからやめましょう・・・という言ってわかることなら
こんなに、根深く残っていないものね・・・


読みながら、死人に口なし・・・といいますが
どういうつもりで
いじめられていた、フジシュンは
この2人の名前を書き残したんだろうと思いました。
親友というっても心当たりがない(昔はよく遊んでいたが中学生になってからはそんなでもなかった)・・
主人公のユウ。
一方的に思われていた感じです。
また、もう一人の中川さんは、好きな人・・というだけの存在。
中川さんは、フジシュンの思いを断ったんですよね、好きじゃないからと・・・
そのあと、死んでしまったフジシュン・・。
それって、彼女にとってはショックでしょう?
いじめと関係ないとしても、生前接触もった最後の一人が自分。
もしそのとき、
やさしい言葉をかけていれば、フジシュンは死ななかったかもしれない・・・
そんな気持ちを中川さんに抱かせてしまうんですよ・・・・死んだあともず~~~と。


中川さんのことだってそうだけれど、
フジシュンの親御さんだって、そりゃ・・・ものすごいショックで
どんどん老けこんでいって。
フジシュンの弟だって、つらい人生・・・。親に気を使って・
周りを憎んで。
自殺という・・・行為は周りの人を不幸にしてしまうこと・・・
だから、フジシュン、いけないかったんだよ・・君も・・・と
いってあげたい気にもなります。
もちろん、いじめが悪いのはわかっているけれど・・・・でも、
死んだらだめなんだよ・・・って。
逃げてもいいから…・学校なんていかなくてもいいから・・・
とにかく死んだらだめなんだよ・・・っていってあげたかったかな。




卒業アルバムに
フジシュンは載っていなかったということ。
いやなことにはふたをしてしまう学校。


なかったことにしてしまう・・・


覚えていなければいけない・・・
そうだよね・・・過ちは覚えていなければいけない。


でも過去ばかりに引きずられてもいけないという思いもあるから。


彼らが20数年たって
やっと気持ちを整理できたことにホッとするような気がしました。


また、フジシュンの父親の気持ち・・・・

子に先立たれた親の気持ちが
よくわかります。母親とも違う、感情を押し殺して
でも、心の奥ではず~~と根深いものを持ち続けている・・。

学校の図書にある
「世界の旅」をフジシュンはよく読んでいました。
現実逃避で・・・
心だけは旅立っていたんですね、異国の地へ。
悲しかったな。

本に挟まっていたメモ。


彼の旅の終着点は
スウェーデンの「森の墓地」。



その丘には
十字架がある・・・・



父親はどんな思いでその地にいるのだろうか・・・
フジシュンはもうたどり着いたのか・・




読む価値のある一冊だと思いました。





215939-1.gif


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クロっシング

重松さん。またまた出ましたか・・?今までの重松さん,「いじめ」関係の本は
大体読んだけれど,これは,みみこさんの感想を読んでいると,すごく
重たい本ですね・・?
でも,機会があれば読んでみますね?


さて,今日,韓国の映画「クロッシング」を見てきました。
みみこさん,知ってますか?
北朝鮮の脱北者の父と息子のお話なんだけれど,以前何気にテレビで
「本当に,心にしみる,凄い映画」なので,ぜひ見てほしい。と言っていて。
個人的に,北朝鮮には凄く関心があるため,行ってきました。
政治色の強い映画?だし,限られた映画館でしか上映してないので,
きっとガラガラ?と思い気や,見ようと思っていた回は,立ち見まで完売で
次の時間まで待って見ました。


感想は・・一言凄いです。今回は本当に(笑)最後はあまりにも可哀そうで
涙が止まりませんでした。この映画を作成するにあたり,相手が北朝鮮と
いう国ですから,それは大変だったそうですが,「北朝鮮の現状を知ってほしい!」と
いう思いから,命がけで?作った映画だけあって,見応えは100パーセント
ありました。今回は,ネット批評でも,星5つの人が結構いました。
もしも,見る機会があるなら,ぜひぜひお勧めします!


これが言いたくて,今日はやってきました^^

久々に外出したので,今日はぐっすり寝られそう(笑)

ららさんへ


おはようございます~~
毎度毎度レス遅くなりごめんなさい。


重松さん、たくさん本を出されるので
読み切れないですよね。
似たようなテーマが多いのですが
やっぱりチェックしてしまうかな。
機会があれば是非


ららさんがご覧になられた
映画「クロッシング」
知らなかったです・・・。

<政治色の強い映画?だし,限られた映画館でしか上映してないので,
きっとガラガラ?と思い気や,見ようと思っていた回は,立ち見まで完売で
次の時間まで待って見ました。>


え~~、そんなに混んでいたのですか。
うちの近くでは公開していないから
ノーチェックでした。


すごい映画みたいですね。
北朝鮮の現状・・・
想像できる範囲を超えるような内容なのかな。
私たちの知らないことって
いろいろありますものね。
こういう社会派の映画を見て
勉強したいわ。

<久々に外出したので,今日はぐっすり寝られそう(笑>


遠出の映画館だったのかしら。

まだ上映しているのかしら
ちょっと調べてみますね。
遠いとなかなか出られないので
そのときはDVD出た時でも
チェックしたいです。


いつも情報ありがとう

みみこさ~ん、こんにちは☆
これ、最近読んだばっかりなんだけど、、、いやぁ・・・重かったね・・・
やっぱり、フジシュンのご両親目線で、つい読んでしまうところがあったわ・・・
お父さんは結構ガツンと行動に出る人だったので、読んでいてイライラすることは無かったけれど(最後の雑誌に掲載許したのは、ちょっと・・だけど・・)、お母さんはやっぱり体調崩しまくりだったよね・・・可哀想だった・・・
でも、弟君が一番可哀想だったかもしれない。

で、みみこさんと同じ感想だよ・・・
フジシュン、ダメだよ、死んだらダメだし、こんな遺書書いちゃダメだよー
死ぬくらいなら学校に行かなくても良いんだよ・・って言ってあげたかったな。

で、角田さんの新刊出てたのね?
知らなかった~。まだ全然チェックしてなかったよ。

球体の蛇の感想も拝見させてもらったよ。
そ~なんだよね。ああいう身近な人の、そういう生々しい処を一度見ちゃったら・・・もうなんていうか、ガタガタと崩れて行くっていうか、、、なかなか元の通りにはなれないよね・・。
道尾秀介さんといえは、この前「光媒の花」ってのを読んだばっかりなんだ。ちょっと球体の蛇に似てた処があったわ・・・。 でも、面白いので、つい道尾作品は次々読んじゃう。

http://blog.goo.ne.jp/latifa/e/4dfbdb5ae09824aa54fb7db5e4ff03cb

latifa さんへ


こんにちは♪
読んだのね。
重い話だよね。
だって自殺からはじまるんだものね。

うん、やっぱり、両親の気持ちで
読んでしまうところはあるよね。
何で・・・言ってくれなかったのか、フジジュンって!!

母親だったらショックはあるよね。
息子だし。きっと親には優しかったんじゃあないのかな・・
<でも、弟君が一番可哀想だったかもしれない。>

そうよね・・・親の気持ちを考えながら
これから先の人生生きていかなくてはならないんだものね。
自分がへこんでいたらいけないって
結構気を使って生活していたんだろうね。


<フジシュン、ダメだよ、死んだらダメだし、こんな遺書書いちゃダメだよー
死ぬくらいなら学校に行かなくても良いんだよ・・って言ってあげたかったな。>


そうそう・・そうだよね!!
実は今年になっていじめ本は色々読んでいるのだけれど
最近読んだのが、話題の「ヘヴン」だったのよ。
この本でのいじめはすごかったよね。
でも、死ぬって方向性にはならない話だよね?
作者によって、いじめという題材でも
焦点の当て方がいろいろだよね。
絶望ノートはミステリー調だしね。


で。。この重松さんは
いじめにかかわった、特にみている人たちに
対して、なにかメッセージを・・・という方向で作品つくったんだろうね。
自殺と言う衝撃な出来事を最初にもってきて、その大きさを考えさせ
たかったんだろうけれど、
これって
読み手としてはかなり、インパクトある出来事だよね。
ドカンときたよ。
だって実際、いじめられて、自殺しちゃうという流れ、あるんだものね・


<で、角田さんの新刊出てたのね?
知らなかった~。まだ全然チェックしてなかったよ。>

なにげに図書館に並んでいたよ。
他の本の紹介が多いんだけれどね。


<球体の蛇の感想も拝見させてもらったよ。
そ~なんだよね。ああいう身近な人の、そういう生々しい処を一度見ちゃったら・・・もうなんていうか、ガタガタと崩れて行くっていうか、、、なかなか元の通りにはなれないよね・・。>


そうだよね。
普段、仕事場で気のいい人っていう印象しかもっていなかったんじゃないの?
それなのにあんな姿を・・・
やっぱり、大人で、男だって感じたのかな
複雑。

<道尾秀介さんといえは、この前「光媒の花」ってのを読んだばっかりなんだ。ちょっと球体の蛇に似てた処があったわ・・・。 でも、面白いので、つい道尾作品は次々読んじゃう。>


あ・・・私もそれ読みたいわ。
リクエストかけているんだけれど、
予約いっぱいで。
とりあえず、エッセイの方は読んだのよ。
面白かったよ。

あとでいきます~~




プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク