第9地区

第9地区    (2009 アメリカ・ニュージーランド)

DISTRICT 9


監督: ニール・ブロンカンプ
製作: ピーター・ジャクソン
キャロリン・カニンガム
製作総指揮: ビル・ブロック
ケン・カミンズ
脚本: ニール・ブロンカンプ
テリー・タッチェル
撮影: トレント・オパロック
プロダクションデ
ザイン: フィリップ・アイヴィ
衣装デザイン: ディアナ・シリアーズ
編集: ジュリアン・クラーク
音楽: クリントン・ショーター
音楽監修: ミシェル・ベルシェル
出演: シャールト・コプリー ヴィカス
デヴィッド・ジェームズ クーバス大佐
ジェイソン・コープ グレイ・ブラッドナム/クリストファー・ジョンソン
ヴァネッサ・ハイウッド タニア
ナタリー・ボルト
シルヴァン・ストライク
ジョン・サムナー
ウィリアム・アレン・ヤング
グレッグ・メルヴィル=スミス
ニック・ブレイク
ケネス・ンコースィ


舞台は南アフリカ、ヨハネスブルグ。
巨大な宇宙船が故障して漂着。
エイリアンはそのまま、この地に、難民として住み着くことになった。
それから20数年後。
共同居住区は“第9地区”と呼ばれ
治安は乱れていた。
そこで超国家機関MNUは、エイリアンたちを
新たな難民キャンプ10地区へ、移住させることに。
プロジェクトの最高責任者に抜擢されたのは
エイリアン対策課のヴィカスだった。
しかし、エイリアンたちと交渉中
彼は謎の液体を浴びてしまう・・・・




感想  


 劇場公開も残りわずか・・・。すべりこみの鑑賞でした。

他の方の感想もみず、そういえば、話題作でもあったわね・・・という程度の気持ちで
いってみたら、凄かった・・・・・グロさが・・・・・・泣。


エイリアンたちが、すっごく気持ち悪くて・・・・ウヘ~~~でした。
エビ・エビ・・・と表現するように
まさに、見かけはエビ姿。

腰のところがこう~~キュ~~と締まっていて、やや猫背。
なんといってもあの、口元がイヤなのよね。
もにょもにょ・・していて・・。
人間でも口元だらしない人ダメだし。


エイリアンものって、そんなに苦手な分野ではないのよね。
今まであったエイリアンもの映画もOKだったし、
テレビでも・・宇宙人遭遇系の企画ものは結構面白く鑑賞しているクチだし・・。
ただ、エイリアンでも、この映画のような昆虫系の容貌って苦手・・。
「エイリアン」っていうそのまんまの映画もあって
それだって、特に凄く気持ち悪いという印象は持たなかったのに
今回はなぜ?と考えていたら。
大勢いるからだ・・・・笑
うじゃうじゃと・・・笑
さらに、人間同様、歩き回っているしね~~~~笑


エイリアンの容貌に差別しているわけではないけれど、
正直、目の前にこの手の異性人いたら、尻込みしてしまうわ・・・・・・・・・やっぱり。



ドキュメント風の語り口はたしかに面白かったです。
主人公のおじさんの関係者達が
いい人だったのね・・・あんなことを・・
なんて最初から口々にいっていたので、好奇心すごく湧いてきました。
どうなちゃったの・よ・・・この人?
何をしたのかしら・・・・
って先が知りたくなるのよね。

実際、こういうことって、ありえるかもしれないって思ってしまったわ。
UFO記事好きな私なので
エイリアンたちがこの地球に突然現れるという設定に
妙に、納得してしまったのでした・・・・笑(テレビ見すぎ・・・・)


で・・・この映画のように
大量のエイリアンたちが現れて、害を与えないけれど(攻撃的ではないけれど)
その処置どうする?って考えたら
やっぱり、とりあえず、一箇所にとどめておくという方法をとるんじゃあないのかなって
思うんですよね。
だって、すぐさま、地球人と仲良く共存っていうわけにも
いかないじゃあないですか。
生活習慣違うのにね・・・。

20数年。
一箇所にまとめられて暮らす宇宙人達も大変だっただろうけれど、
近郊住民もストレスだろうね・・・こういう状況は。


という風に突拍子も無い設定だと思いながらも
いや、あるかもよ・・と変に身近に引き寄せて考えたり
妙な気分で鑑賞しておりました。



しかし・・・・しかしです。
そんなのんきさは前半までだったわ・・・泣
ヴィカス さんの仕事ぶり、エイリアンたちとのやりとり
どこかおかしさが漂っていましたよね?
エイリアンたちにも立ち退き書類見せるのね~~、
言葉ってどうやって覚えたのかしら?などなど、
ツッコミ入れながらのんきにみていたのに。

ヴィカス さんが宇宙人に進化してしまう
そこからは
~~オオ~~~~と叫びだしたい状態で体が振るえましたわ・・・・。


そうか、PG12の映画なんだものね。


こういう変身ものの映画って他にあったような気がして
目新しくはなかったのですが、
予期していない展開で驚きでした。



腕からエイリアンの手が出てきたり・・、
皮膚が変化してきたり、
黒い液体をゲロゲロだしたり・・


生生しくて
生理的に嫌悪感出てきて、うひょう~~~と泣きそうでした。




といいながら
なんとか頑張って最後まで鑑賞。。。。笑



グロイ部分は一部・・一部なんですけれどね。



後半は
派手な銃撃戦あり、

人間&エイリアンの
厚い友情場面もあり


はてはヴァカスの妻への愛情も充分感じ

エイリアンの親子の情も、さりげなくみせ


なかなかどうして、
おもしろ要素、
盛りだくさんにはなっていましたが、



なにせ、気持ち悪かったという印象はぬぐえないです・・・・笑



宇宙人だからといって、研究材料にしたり、
今まで娘婿といって大事にしていたのに、
エイリアン変化するからだというと
臓器移植のぞんだり、


エイリアン以上に人間のいやらしさ、残酷さも目だっていましたね。


実は皮肉のきいたお話だったのかもしれないし、
連想できる様々な出来事もあるのだろうけれど、
そんなむずかしいことは抜きにしても
楽しめる一本だったのだと思います。

けど、好みじゃあなかったわ・・・私。
だって、
なんども言いますけれど
気持ち悪いんだもの・・・・爆


ebiebi.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『第9地区』お薦め映画

独創的なストーリーと、リアリティのある映像。ワクワクする展開でアクションシーンも見ごたえあり。風刺は利いているが笑いに嫌みがないスマートな社会派SFドラマ。

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん、気持ち悪かったのねー(^^ゞ
確かに私もちょっと・・・。
割とエビちゃんが最後には可愛く見えて来た・・って言っておられる方もいるみたいだけど
私は、そこまでは思えなかった・・・
みみこさんと同じで、口元のもにょもにょが気持ち悪いよねー。
とはいえ、なかなか面白かった。
私もUFOとかの話題が子供から大好きで、もしも宇宙人が来たら・・・ってのは
何度も連想したけど、ああいう風に、地球に居座ってしまって・・・って設定は
考えたことがなかったので、斬新に感じたの。
この後、もう一つ別の記事にも寄るね~^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

latifaさんへ


こんにちは。
遅くなってごめんなさい。
体調はもう大丈夫なのかしら。
今週は過ごしやすい日が多そうだけれど、
ネットもプライベートも無理ないようにね。

で・・・この映画。
さすがに、可愛くは思えなかったよ…・笑
どこかで、あの子供エイリアンもいじらしいじゃん・・・・って感想も
みたけれど
私は全然だったもの…・笑
latifaさんのお返しコメントであのエイリアンはGをイメージしていると
あったけれど・・
あ・・・それだ!!それ!!とドンピシャ。
私、Gもダメなのよね~~


今までにない設定というのは納得だわ・・
確かに今までは
エイリアン対人間で闘う構図が多かったものね~~


新しい切り口ってことかな。
続編もあるの?
なんかね・・・複雑な感情・・・笑

秘密コメントさんへ



こんにちは。
同じような感想でうれしいです。
想像していた内容と全然違ったので驚きでした。
軽めのスプラッタ・・みたいで・・・・笑
主人公のおじさんにもエイリアンさんにも
あまり感情移入はなかったわ・・・・。
こういう設定あるのね・・・・とは感心しましたけど・・・。

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク