球体の蛇         著  道尾秀介

球体の蛇         著  道尾秀介




1992年秋。17歳の主人公、友彦は
両親の離婚により、隣の白アリ駆除を営む橋塚家に居候することになる。
橋塚家は乙太郎さんと娘のナオ。
奥さんともう一人の娘サヨ(ナオの姉)は7年前、
キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。
友彦は、陰のあるサヨに、小さい頃から憧れていたのだが
彼女が死んだのは自分のせいだと思っていた。

ある日
乙太郎さんの手伝いとして白蟻駆除に行った屋敷。
そこで友彦は死んだサヨによく似た女性に出会う。
彼女に惹かれた彼は、夜ごとその屋敷の床下に潜り込むのだが・・







感想  



直木賞候補にもなった作品。


不思議な雰囲気を持っておりましたね。
ミステリー?、見方によれば恋愛小説にもみえるし、一人の青年の青春物語のような・・
ジャンルわけのできないような作品です。

私は、道尾さん→どんでん返しミステリーになるのかしらと
その点ばかりが気になって読んでいたのですが、ちょっと方向性の違う物語展開。
ええ~~!!そうなの!!というような大きな驚きはなく
事件の真相という部分では多少モヤモヤ感が残るようなお話になっていたように
思います。


それでも、「星の王子様」の物語内容を引き合いに出したり、
スノードームという小道具が重要な意味をもっていたりと、
いろいろな仕掛けといいますか、工夫を凝らしていて、
他の小説とは違った作者独自の物語が作られていたわね・・・・と
感心しました。

このもやもや感も今回
逆に魅力の一つとなっていたように思います。


誰かがどこかで嘘をついていたのかしら。
どこまでが真実でどこまでが憶測かしら。
考えるほどに
とある出来事の真相はいくつものパターンが想像されます。



「呑み込んだ嘘は、一生吐き出すことは出来ない」



その嘘が、人生を変えてしまうほどの結果を引き起こしたかもしれない・・
相手を思っての嘘でも・・・。


なんだか、考えると、怖くなるような気がしますね。
ほんの一言で、人の運命さえも変えてしまえるのですから。



白アリ駆除のために、床下にもぐる・・・
そこで好きな女性とその主との情事を知り、なぜか、足しげく通ってしまう・・・というものが
物語の導入部分。
江戸川乱歩の世界のように、あやしさが漂う設定でした。
昔ながらの家屋という状況もね。


男性主人公が好きになる女性ですが、
乙太郎さんのところの娘、サヨも、そのサヨに似ているという智子も
男性から見たら
神秘的で男をひきつけるような魔性の魅力のある女性像なのでしょうが
女性側からみると、どうも好きになれない女性ですね。
どうしてそういう行動をとるのかしら・・・・・って。


乙太郎さんまでもが・・・・・・という
展開には驚いてしまいましたよ。
乙太郎さんは、酒飲みですが、面倒見がよく、娘思いの良い人・・・というイメージでいましたので
女性とどうにかなるような、男の性の部分がにじみ出るような、そういう瞬間など
でてくるはずない(するはずがない)と思っていましたから。
でも、彼も男なんですね・・・・・。
主人公が知った、大人の事情というものを
読み手の私も同時に感じとってしまいました。
ああいう瞬間をみてしまうと、
もはや、家族同様に暮らすのは難しいですよね。
いけないものをみてしまったのですからね。
また、娘は、娘でいやだろうな・・・・そういう父親像を知ってしまうこと。
まして、好きな男性(主人公)の相手と、父親がまでもが・・・なんて。


最終的に
乙太郎さんの娘、ナオと主人公は
理想的な形になったようですが、
それが幸せなのかどうか・・・・複雑。



200907000031.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク