ニュームーン/トワイライト・サーガ  

ニュームーン/トワイライト・サーガ  (2009  アメリカ)


THE TWILIGHT SAGA: NEW MOON
NEW MOON


監督: クリス・ワイツ
製作: マーク・モーガン
グレッグ・ムーラディアン
ウィク・ゴッドフリー
原作: ステファニー・メイヤー
脚本: メリッサ・ローゼンバーグ
撮影: ハビエル・アギーレサロベ
プロダクションデ
ザイン: デヴィッド・ブリスビン
美術: キャサリン・イルチャ
衣装デザイン: ティッシュ・モナハン
編集: ピーター・ランバート
音楽: アレクサンドル・デスプラ
舞台装置: レスリー・ビール
出演: クリステン・スチュワート ベラ・スワン
ロバート・パティンソン エドワード・カレン
テイラー・ロートナー ジェイコブ・ブラック
ダコタ・ファニング ジェーン
アシュリー・グリーン アリス・カレン
ニッキー・リード ロザリー・ヘイル
ジャクソン・ラスボーン ジャスパー・ヘイル
ケラン・ラッツ エメット・カレン
ピーター・ファシネリ カーライル・カレン
エリザベス・リーサー エズミ・カレン
エディ・ガテギ ローラン
ラシェル・ルフェーブル ヴィクトリア
マイケル・シーン アロ
ジェイミー・キャンベル・バウアー カイウス
クリストファー・ハイアーダール マーカス
キャメロン・ブライト アレック
チャスク・スペンサー サム・ウーレイ
アレックス・メラズ ポール
ブロンソン・ペルティエ ジャレッド
キオワ・ゴードン エンブリー・コール
ギル・バーミンガム ビリー・ブラック
アナ・ケンドリック ジェシカ・スタンリー


“トワイライト・シリーズ”の第2弾。
18歳の誕生日を迎えてしまったベラは憂鬱だった。
永遠に17歳のままでいる恋人のヴァンパイア、エドワードより年上になってしまうからだ。
そんなある日、エドワードの家族から誕生祝いの招待をうける。
しかし、その席でベラは指を切ってしまい、
それをみた、エドワードの家族は彼女に襲いかかる。
エドワードたちカレン一家はベラのことを考え、町を去ることに。
エドワード自身からも別れを告げられベラは落ち込むのだが。





感想   

青春ラブロマンス・・・笑、のトライライトシリーズの第2弾。
今回はエドワードが不在(最初と最後にちょっこと出てくる感じ)で代わりといってはなんですが
新たな人物クローズUPで、物語は大きく展開していきます。


130分の長編。
ちょっと長いな・・という気もしました。
ただ、物語展開としては
こういう方向性になるのね(意外だわ・・・)とわかり始めるので
興味は惹かれます。


今回は、笑いの部分が少なかったのは
早々に、エドワードが退散してしまったからでしょうか。
寂しいです・・・とは思いませんよ・・・。
映画は前半から
主人公のベラちゃんが恋人エドワードが去ったことで
かなりやつれまくりますし、
行動も、はちゃっめちゃになっていくので
ジメジメした暗~~い雰囲気が漂います。


もともと明るい方ではないベラちゃんは
ますます暗くなるので
なんだか、観ている方も、大きなため息をついてしまいそう・・・・。

でも・・・そこに
新たに助っ人が・・・・!!


新たなに主人公に絡んでくる人物として、幼馴染のジェイコブが現れるんです(1作でも出てきたけどね)
このジェイコブ・・・・思いははたからみても見え見え。
ベラちゃん大好きオーラがでています。

男らしくてなかなか素敵です。
なぜか、途中から髪を切り短髪に。
そして、なぜかしら、上半身裸に・・・・笑
ここはファンら嬉しい限りということなのかしら・・。

なぜに裸が多いかというと、
それもそのはず、ジェイコブの正体は、○○○男だったんですよね!!
(いや、洋服着ていたって変身の妨げにはならないでしょう・・・)


ベラちゃんの言う
年をとることの恐れ・・・
そうよね・・・エドワードは永遠に17歳のままなんだものね。
考えれば考えるほど
状況は最悪。

2人の幸せの道はやっぱり、同じように、
ヴァンパイアになって、永遠の命を得ることなのか・・・
難しいよね。

それで愛は永遠のなのかな・・・って思ったり。
だって一生、そのまんまの若さなんだよ・・・・。
気持ちの部分で永遠ってありえるのかな・・。


ジェイコブの急な変身は見どころ。
おお~~~と思ってしまうから。
意外と大きな○○○○になるのね。
迫力ありました。



ヴァンパイアのアリスと
妙に仲良しだったのが意外でした。
前作でそんなに仲良かったっけ?気に入ったのかなベラのこと。



イタリアへの、
死を求めてのエドワードの旅。
一番盛り上がるところなんだろうけれど、
私的には、あまり興味深くなかったかな。


とにかく、長いという印象があるのは
メリハリがないからかも。

パッ、パッいうはげしい場面展開で
いろいろ考える間もなく、勢いのみで進めていった方が
より面白く感じられたんじゃあないのかなと思いました。



個人的に・・・ジェイコブは
彼女を支えて偉いね。
振り回されるジェイコブが不憫でした。



べラの周りには
もっといろいろな男がいるだろうに・・・
なぜに気になる男性たちは皆、
普通じゃあないの・・・・笑


ヴァンパイアの次は
○○○○男だなんて、
ビックリです。

ニュームーンサーガンe





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク