fc2ブログ

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女 (2008  スウェーデン)


LAT DEN RATTE KOMMA IN
LET THE RIGHT ONE IN




監督: トーマス・アルフレッドソン
原作: ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
『モールス』(ハヤカワ文庫刊)
脚本: ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
撮影: ホイテ・ヴァン・ホイテマ
美術: エヴァ・ノーレン
編集: トーマス・アルフレッドソン
ディノ・ヨンサーテル
音楽: ヨハン・セーデルクヴィスト
出演: カーレ・ヘーデブラント オスカー
リーナ・レアンデション エリ
ペール・ラグナー

舞台は ストックホルム郊外の小さな町。
母親と2人暮しの12歳のオスカー。学校ではいじめられ、悩みを打ち明けられる友達もいず、
孤独な身。そんなオスカーの家の隣に一人の少女が越してきた。
名前はエリ。だいたい12歳というこの女の子は、夜にならないと現れない。
しだいに、エリに惹かれるオスカー。
その頃、町では、血が抜きとられて殺害されるという恐ろしい事件が起こっていた。





感想  


世界各国で数々の賞をとっている今作。やっと日本公開です。
東京では銀座のみということで、久々に遠征してきました・・・根性・・・笑
それだけの価値のある作品でしたよ。


良いですね・・・北欧ならではの、静謐な雰囲気が好きな人にはたまらないでしょう。私も好き★
ストックホルムの雪深い景色ばかりが映し出されますので、
この時期の鑑賞、暑い夏に観る、ミスマッチさも
印象的です。涼しげ・・・いや、この寒々しさが体にいい感じ~~笑


ホラーというジャンルですが(ある程度のグロイ描写もあり)
恋愛要素の方が大きいので、ホラーファン以外の方にも是非是非見てほしい作品です。
12歳の初恋・・・
大人への階段・・・
甘酸っぱいような息苦しい思い・・・
わりと淡々と描かれ、交わす言葉もあまり多くないのですが、
醸し出す雰囲気で、十分察することができます・・。


原作はヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト の「モールス」。
邦題とはまったく違うのですが、この、モールスは、オスカーとエリの
コミュニケーション手段の一つとして使われるモールス信号のことかな・・・と思います。
じゃあ、映画の原題は?というと
こちらは、LET THE RIGHT ONE IN。
正しいもの→THE RIGHT ONE を招きなさい・・・という感じなのかな。
そもそも、ヴァンパイアは相手の家に入るとき、「入れてくれ」と頼むようです。それで
相手が「いいよ・・・入っていいよ」と言わないと入れないとか・・・。
そんな言い伝えからこの題名が付いたようです。


映画でも、父親と思しき、男が入院する病院にエリが現れ
「入っていい?」と頼んでいますし、
少年オスカーの家に入る時も「いい?」と言っていますからね。
ここらへんの、ヴァンパイア独自のならわし?は知っていた方がより楽しめるのかなと思います。

また、オスカーが家に招き入れるということは・・・エリを受け入れるという意味にも
なりますので(吸血鬼だしね)そういうところの意味合いも原題にはあるのかな。


原作者はこの映画の脚本も担当していますので、原作の雰囲気を損なうことなく、良い意味で
映画の独自性を際立てさせ、いい出来になっているのかと思いますね。
エリとオスカー中心の物語にしている・・・
原作は未読ですが、原作との違いは(端折った部分)
いろいろあるようです。
今回、パンフ購入し、その端折った部分についても、きちんと理解しましたので、
自分としてはなるほど・・・・と大いに納得しております。
(ここでは書かないよ・・・・)


きっと、原作を読んでいる人といない人では、みかたが変わってくるような作品だと思います。

ということで、映画のみの感想・・(やっとかい・・・笑)


映画は、はっきり描かれない部分が多くあります。
それゆえ、想像力が働きますね。
意味ありげなシーンもあるのですが、一切親切な説明なし。


たとえば・・エリと父親とおぼしき男との関係(原作ではかなり不適切な関係のよう・・)
男はどうもヴァンパイアではない様子。人間だね。
人を殺し、その血を採集しようと試みるがことごとく失敗する・・。
エリに人を襲うようなことをしてほしくないんでしょうね。じゃあ、自分がと思うのだが
なんだか不器用で、情けない感じ。最初の殺人で、失敗したときにエリにどやされていた感じ
(声のみ聞こえる・・・)だから、見た目は大人・子供だけれど、完全にエリに支配されている(リードされている・・)関係のように感じました。まあ、エリは長く生きているから当然、だけどね・・笑

オスカーの家庭は
親が離婚しているのかな・・
でも父親とはたまに会うことができる関係のよう。
母親は身近にいるけれど、オスカーの気持ちはわからないみたい。
いじめられて帰ってきても、全然気づかないしね(親なら気付かないとね)
父親は、イケメンさんでした・・・笑
はっきりしなかったけれど、意味ありげな男友達がお家に来ると、オスカーをないがしろにしている感じ
だったので、どうやら、男の恋人がいるんじゃないかと推測(観た人、そう感じなかった?)

想像に頼る部分も多くそれもまた楽しいです。



孤独な少年だからこそ、エリは自分を理解してくれると感じたのだと思うし
(ヴァンパイアならではの孤独感に通じることと同じ思いか)
少年はエリによって励まされ、初めて自分の殻を破ることができたのだと思います。
人も殺す・・そんな非情な場面をみても、彼女を突き放すことができなかったのは
もはや、オスカーにとって、世界はエリのみでしか、なかったからなのかな。

「相手を殺してでも生き残りたいという思い・・・」エリはその強い思いがあったからこそ
200年もの間、生き続けてきたんでしょうね。
オスカーは彼女のそのパワーも、魅力の一つになっていたのだと思うわ。
自分にはないような強さが・・。彼がこれから先も生きるのに、必要だったのは
強さだったのだから。


ただ、2人の間には、変えられないものがあるの。
それは時間。永遠を与えられているのはエリだけだから。
オスカーはかつてエリと行動を共にしていた男と同様、やがて年をとってしまうのだから・・
それともオスカーはヴァンパイアの道をたどるのかしら。
どちらにしろ、
いずれ彼らは選択を迫られるかもしれないよね。
そんな未来を予想しながらのあのラストは、
幸せなのか、もの悲しいのか、わからない、複雑な心境に、観る者を
陥らせるの。
なんだか、言葉に表せないようなせつなさを感じるわ。


子役の2人。
オスカー少年は、金髪で、真っ白で透き通るような肌の持ち主。お肌もつるつる~~(当たり前)
少年なんだけれど、弱弱しくって、女性的な雰囲気の子供で
お人形さんのようで素敵でした。

対する、エリ。黒髪で、お目目が大きく、エキゾチックな大人びた顔立ちなのよね。
ただし、邦題ですでにわかるように、このエリはヴァンパイアだから、血がなくなったときは顔色も非常に悪く、
やつれ顔になるの。急に怖い感じの顔立ちにもなるわけ。元気な時は(血で満たされる)可愛くも感じるけどね。
その使い分けがなかなか良かったわ。血の涙も迫力あったし。



最後に二つ言わせてね。

一つは
グロイと思われる部分(ラスト一か所かな)。
考えてみれば、かなりハードなシーンですけれど、
同時に感動も覚えるシーンにもなっています。
演出的に本当綺麗に処理されていますので、←綺麗っていう表現では変かもしれないが
生々しさがあまり感じられません。苦手な人(←私でも、全然平気)でも
落ち着いて受け止めることができます。


もう一つは例のぼかし部分(鑑賞時に念押しされます。)
あれは、深い意味があるそうです。原作には記載されている模様。
いわゆるよくあるぼかしとは意味合いが違うのよね。
こういうところを曖昧にすると
鑑賞時の面白さも半減すると思うのですが・・・・。
彼女が女の子じゃなくでも、好き?と聞く場面も違って感じられますからね。





リメイクもすでに予告が出回っていますよね。
出演者が気になりますが
オリジナルと同じ雰囲気は出せないでしょうね~~。
比べる意味で鑑賞するかどうかは微妙です。



bokueli_.jpg
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくのエリ  200歳の少女

スウェーデン発のヴァンパイア物語。孤独な少年がヴァンパイアを愛し,共に生きていく決心をするお話。DVDで鑑賞。残酷なシーンもある恐ろしい物語ではあるけれど,それでも鑑賞後に強烈に残ったのは,心を締め付けられるような切なさだった。学校では同級生から執拗なイ

コメントの投稿

非公開コメント

一番のり?!

みみこさん、こんにちは!
向こうでのBBSお返事遅くなってごめんね~。
ちょっと入院してたんだけど(元気です)
退院したと思ったら、PCにガタが・・;;
人間もPCも修理が必要な夏の様です・・;;
で、この作品!
みみこさん方面ではもう公開されたんですね!
面白かったみたいで、銀座まで頑張って行った甲斐がありましたね♪
色々と、自分で考えたり、観る人各々の想像力をかきたてる内容みたいですね。
映像の雰囲気も良さそうなので、期待しています。
大雨が去ったと思ったら、猛暑ですが・・
みみこさんも暑さに気をつけて、夏を楽しんで下さいね~。

tsurubara さんへ


こんにちは。
あちらのブログで近況報告拝見しました。
ええ・・そうだったのですか・・・
そんな大変な時期に全然知らないとはいえ、
のんきに書き込みなんてしてごめんなさい。
もうお体の方は大丈夫ですか。
この暑さですもの・・・
普通の人でもぐったりですから・・・・。
まだまだ本調子とはいきませんよね。
くれぐれもお大事にゆっくり休んでくださいね。
PCも調子がイマイチなのですね。
うちもそうです。
すごっく書き込みに時間がかかりますし、すぐ固まちゃうの。


↑の作品はたぶん、もう少ししたら
そちらで公開になる思います。
もし、体調良く予定があうようでしたら
是非ともチェックしてくださいね。
待っています。

tsurubara さんも素敵な夏休みお過ごしくださいね。
PCは無理せずに・・・
体が一番ですから~~~

暑中お見舞い

みみこさん、こんにちは~。
毎日暑いですね~隣が公園なのでセミの声がすさまじいです><
いいな~~~!「ぼくのエリ~」やっぱりよさそうですね!
予告でもけっこうグロそうでしたが、感動するシーンもあるのですね。
観たい~~けど、上映の予定はなし・・・トホホ(泣)DVDまで待ちます。
先日「インセプション」観てきました。
狙いはレオの相棒でもあったのですが、夢を作るという発想が面白く、不思議な映像にも引き込まれました。
ただ全部理解できずに後でパンフで確認(^_^;)
お子さんと「トイストーリー」とか「ヒック~」など観にいかれますか?
なんか評判よさそうで、観たいのですがさすがに一人では寂しいので・・・
夏は社会派な作品よりアクション映画!という感じでDVDは選んでます・・・夏バテで眠気に襲われるからなんですけどね(笑)
また何か気になる作品があったら報告に来ますね^^
まだまだ暑そうなので、ご自愛くださいね。

Re: 暑中お見舞い

こんにちは。
本当暑いですよね。
今日は雨も降り、ちょっと暑さが和らぎましたけれど
またぶり返すんですよね。まだまだ・・・暑いわ。
そうそう・・・観にいけたんです。エリちゃん・・・
DVDでも是非・・・。そのまえにリメイクが公開されるかな。
ポルカさんはインセプションですね。
観たい・・・
やっぱり難解なのね。
私ももし観るなら、予備知識いれてからにしようかな。
スッキリしない映画だと悶々としそうだしね。
レオの相棒というと・・・ああ・・・あのヒースに似た方ね
私、サマちゃんもまだよく観ていないので彼のことあまり知らないの。
勉強しなきゃ・・。
トイストーリーは感動作って言われているものね
観たいわ。
なかなかこどもとの予定も合わなくって。
夏休み、一人でアニメというのもつらいものね。私もできないわ。
そうよね・・・夏はアクションとかスッキリする映画を選びたいよね。
難解は疲れるもの・・

私もこれだ・・・という作品があったら紹介しにいくね。
ポルカさんもお体に気をつけてくださいね

互いにマイペースでいきましょうね~~
あとで遊びにいきます

みみこさん、こんにちは。
色々想像させるラストでしたね。
オスカーはヴァンパイアの仲間入りするのかどうか。
ホーカンと同じ末路を辿るのかどうか。
原作を知ると解釈も異なってきますが、映画だけを観た直後では、様々な思いが巡りました。

それからオスカーの父ちゃん。
ええ、もちろんゲイだと思いましたとも。
これも原作だと全然違うらしいのですが、なんであんなにゲイゲイしい描写にしたのでしょう。

ハリウッドではこの雰囲気はだせないだろうというのはまるっと同意です。
エリも女の子の設定になるような。
なので期待しないで公開を待とうと思います。

リュカさんへ


こんにちは。
ラストよかったですね。いろいろ引きずってしまうような作品でした。
同じように年をとっていけないのは、ヴァンパイア映画じゃなくてもやっぱり
せつないわ・・・。

オスカーの父ちゃんね。
お酒に問題ありだとは全然思わなかったわ。
むしろ、ゲイだと思った方がすんなり納得できたもの。
深い意味もなくの演出だったのね。
すごいね・・・・・笑


ハリウッド版は最初から女の子設定なのね。
他にも、ヴァンパイア関連の恋愛映画はあるからね。
同じようになってしまったら面白くないし。
どんな感じになるのかの興味はあるよね。

また、まとめて(^^ゞ

みみこさん、こんにちは。
これ、みみこさんちでアップされていたのを覚えてました☆
昨日レンタル開始だったんだよ。
面白かったけど、なんかオスカー君が、将来あのオッサンみたいになるのか?と思うと、可哀想で、見てられねぇ~!!

で、お父さんは絶対ゲイでしょうね。バイなのかな・・・。
ハリウッド版、少し予告編を見て来たところ、女の子は私的にはあちらの方が好きかも。
こちらの女の子、なんか気持ち悪い感じの表情の時が多くて(いや、それは狙ってのことだから、当たってたわけなんだが・・)

それと、ソーシャル・・・も見て来たよ!
ジェシー・アイゼンバーグ君の他の出演作、見たくなっちゃうよねー。
確かに感動とかはないけど、引き込まれるパワーがある映画だったよね。面白かったわ~。

バクマンか~、話題になってるよね。読んでみたいけど、漫画本を何冊もお金出して買うのもケチな私にはなかなか勇気が要るんだよね。レンタル漫画ショップも近くに無いし~。

latifaさんへ

こんにちは。
レンタル開始されたのね。
オスカー君の将来を考えたのね。
そうよね・・・ちょっと思い悩んでしまうよね。
あのおじさんと同じ運命・・・うんうん。
どうもあのおじさんは、かなり不純な動機でエリの
血の運び人になったみたいよね(原作未読だけど、他の情報から)
エリとオスカーの結びつきはもうちょっと違うものかもしれないな・・・とは
思うけれど、
どこまで、オスカーが純粋なままでいられるかはわからないものね。
なにせ、オスカーは年をとり、子供でいられなくなるからね~~~泣。
そういうことすべてひっくるめての
ラストのせつなさなんだろうね。

それとお父さん・・・怪しかったでしょ?・・笑
どうしてもそう勘繰ってしまうよね・・・あの目が…笑

<ハリウッド版、少し予告編を見て来たところ、女の子は私的にはあちらの方が好きかも。
こちらの女の子、なんか気持ち悪い感じの表情の時が多くて(いや、それは狙ってのことだから、当たってたわけなんだが・・)>


うんうん・・確かにエリちゃんは、可愛いってお顔じゃあないよね。
不気味だしね・・・。
↑の通り、そういう狙いなんだろうね。

ハリウッド版の2人の方が、身近に感じるかもしれないよね。
私は男の子の方が「ロード」の子って知ってから、俄然興味がわいてきたのよ。
今まではスルーでもいいかと思っていたが。可愛いんだよね・・。

<それと、ソーシャル・・・も見て来たよ!
ジェシー・アイゼンバーグ君の他の出演作、見たくなっちゃうよねー。
確かに感動とかはないけど、引き込まれるパワーがある映画だったよね。面白かったわ~。>


これも観たのね。
引き込まれるよね・・・。適度に長さも良いし・・・・ね。
主役の彼の魅力もあるよな・・・・って思うわ(けしてイケメンさんじゃあないけれど
おたく度抜群だったものね)


<バクマンか~、話題になってるよね。読んでみたいけど、漫画本を何冊もお金出して買うのもケチな私にはなかなか勇気が要るんだよね。レンタル漫画ショップも近くに無いし~。>


私も基本的に漫画は買っては見ないのよ。
子供がたまに借りてきたのをはちらみ・・・。
この↑作品は、テレビだけよ。漫画は読んでいないみたい。
なにせ、コブクロ主題歌だしね。
あとは銀魂・・・。
よくわからない世界だよ・・・笑

エリちゃんの血が・・・

みみこさん、こんにちは。
去年見逃した作品で、これが一番心残りでした。やっと見ることが出来たんだけど、いろんな意味でビックリ。

なぜかホラーな部分があるっていうことが頭からすっかり抜けていたので(苦笑)生々しいシーンにビックリ!!
ほら、「ポーの一族」的な想像をしてしまってて。

エリの血の涙や、口のまわりの真っ赤な血のシーンも結構生々しかったですよね。
でも、北欧の雪の風景や、二人のピュアな気持ちが・・それと相反する部分でもとても印象的でしたよね。

みなさんが思ったっておっしゃってる、パパのシーン、もちろん私もそう勘ぐりましたヨ。
あのかわす目線・・・どうしたってそう見えちゃいますよね。

原作も読んでみたいと思っています。

ハリウッド版の予告見たら、コディ君黒髪短髪似合ってて・・楽しみですね。

瞳さんへ


こんにちは。
遅くなってごめんね。
わ~~い、瞳さんもお仲間ね。
瞳さん、ヴァンパイアもの沢山みていっらっしゃるものね。
こういうの、絶対お好きだと思ったわ。

そうそう・・・これホラーなのよね。
結構、さりげなく出てくるよね。
逆さにして血をとったりね.
凄いよね。

ポーの一族。
そうよね。
思いだすわ。

<エリの血の涙や、口のまわりの真っ赤な血のシーンも結構生々しかったですよね。
でも、北欧の雪の風景や、二人のピュアな気持ちが・・それと相反する部分でもとても印象的でしたよね。>


そうそう・・そうなのよね。
北欧っていうのがポイントよね。全面真っ白で寒々しい景色の中で
あの赤の・・血の色が、実に目立つのよね。
あわせて、2人の寄り添い合う気持ちがまた・・・綺麗でね・・

それにしても
あのいじめっこ・・嫌だったわ。

そしてパパ・・
やっぱり瞳さんも?
そう思わせてしまう演技ってどうよ・・・。
実際原作は違うんだって。
面白いよね。



原作も読むのね。
皆さん挑戦しているよね。
私も探してみようかな。


<ハリウッド版の予告見たら、コディ君黒髪短髪似合ってて・・楽しみですね。>


そうなのね
黒髪短髪か。
彼も可愛いんだよね。
楽しみだわ・

こんばんは

ヴァンパイアものには詳しいつもりだったけど
「入っていい」と言われなきゃ彼らが家の中に入れないって
この作品で初めて知りました。
無理に入ると全身から出血するって・・・すごいね。

役者も雰囲気もストーリーも
ラストの切なさ全開の一応のハッピーエンドも大好きです。

そうですね,エリの「生き抜く」強さやしたたかさに
オスカーは惹かれたのかもしれないね。
エリの方はそんなオスカーの孤独に共感したのかな?

プールのシーンは残酷だのに美しくて
爽快感もあって素晴らしいと思いました。

ななさんへ


こんばんは。
ななさんは沢山ヴァンパイアもの御覧になっていますものね。
いろいろある中でも
これはまさしく上位ですよね。
悲しさも、せつなさも、かもしだしていてね・・・いいよね。
オスカーの選択もわかるような気がします。
それほど、現実世界の中では孤独だったのよね。

プールのシーンは名場面ですよね。
あ・・・何か妖しい気配がと思ったらあんな展開に。

でも美しかった・・・・・。


彼らのその後を応援したいのですが
どうなんでしょうね。
困難はいろいろありそうですよね。

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク