悪人

悪人   (2010  日本)


監督: 李相日
製作: 島谷能成
服部洋
町田智子
北川直樹
宮路敬久
堀義貴
畠中達郎
喜多埜裕明
大宮敏靖
宇留間和基
プロデューサー: 仁平知世
川村元気
エグゼクティブプ
ロデューサー: 市川南
塚田泰浩
ラインプロデュー
サー: 鈴木嘉弘
原作: 吉田修一
脚本: 吉田修一
李相日
撮影: 笠松則通
美術: 杉本亮
美術監督: 種田陽平
編集: 今井剛
音楽: 久石譲
音楽プロデューサ
ー: 岩瀬政雄
杉田寿宏
主題歌: 福原美穂
『Your Story』
スクリプター: 松澤一美
ヘアメイク: 豊川京子
衣裳デザイン: 小川久美子
照明: 岩下和裕
装飾: 田口貴久
録音: 白取貢
助監督: 久万真路
出演: 妻夫木聡 清水祐一
深津絵里 馬込光代
岡田将生 増尾圭吾
満島ひかり 石橋佳乃
塩見三省 佐野刑事
池内万作 久保刑事
光石研 矢島憲夫
余貴美子 清水依子
井川比佐志 清水勝治
松尾スズキ 堤下
山田キヌヲ 馬込珠代
韓英恵 谷元沙里
中村絢香 安達眞子
宮崎美子 石橋里子
永山絢斗 鶴田公紀
樹木希林 清水房江
柄本明 石橋佳男




 芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーの映画化。
長崎の漁村。
年老いた祖父母の面倒をみながら土木作業員として暮らす青年、清水祐一。
ある日彼は、出会い系サイトで知り合った福岡の保険外交員・石橋佳乃を殺害しまう。
しかし、捜査に浮かんできたのは福岡の裕福なイケメン大学生・増尾圭吾。
祖母にその事実を聞かされながらも、自分のもとに捜査の手が及ぶ不安を隠しきれない祐一。
そんなとき、新たなメールが彼のもとに届く。
佐賀の女性・馬込光代。
祐一は彼女からのメールに返事を出す。佐賀駅で会おうと・・・。
紳士服量販店に勤め、アパートで妹と2人暮らしの彼女。
彼女もまた祐一と同じ孤独を抱えていた。
2人は出会ってすぐに関係を結ぶのだが・・









感想  


今年話題になった作品の上位にくると思われる「悪人」。
このままスルーしてDVDか・・・と思っていたのですが、時間があき、
鑑賞する機会に恵まれました。


大きな画面で観て良かったです★


深津さんが賞をとったことで注目されていたようですが、この映画、深津さん以外の
出演者も皆、良い感じでした。
ボンボンでチャラ子大学生の岡田君に
なんだか空気の読めない見栄っ張りの満島ひかり ちゃん。
ものすごくハマっていました。

こういう男女、身近にいませんか?いますよね・・。
必ずや、どこかにいるもんです。
2人ともうまいな~~~。


原作はすでに読んでいたので、ストーリーの流れ自体は把握済み。
自分の頭だけで理解していた世界が
俳優さんたちの演技によって映像という世界に映し出されると、やっぱり
胸に迫ってくるものあります。

視覚的に刺激されると読書の時とはまた違った感情が呼び起こされるんですよね~~。


事件にかかわるいろんな立場の人々。
被害者の家族と加害者の家族・・・そのどちらの立場にも感情を寄せてしまった気がします。

私はああいう保険外交員みたいな女性は
個人的には好きなタイプではありませんが(←同性なら嫌われるタイプよね~~)
親の立場になると別。
周りからどんなに嫌な子だと言われようとも、子は子。
親としては最愛のわが子がこういう形でなくなってしまったら、やっぱり、
悲しみのどん底に陥ると思います。


対する、祐一のおばあちゃんもね・・・、こちらの立場になってみても
またまた切ない。苦労して育ててきただろうに・・・。
バスの運転手さんも言っていたけれど、ばあさんが悪いわけでもない・・という
セリフ・・・うなずきながら聞いていました。



細かい部分(動作とか言動とか・・・)から、事件にかかわった人たちの苦しみ、悲しみがひしひしと感じられて
説得力ありました。
自分だったらどうよ・・・とはあまり深く考えたくない感じでもあったかな。(怖くて)




じゃあ、祐一と光代のことは。
う~~ん、難しいよね。
深津絵里さん演じる 馬込光代。
殺人犯と聞いてもなお、逃亡しようという心境。


年老いた祖父母の面倒をみながら、孤独に毎日を過ごす祐一。


2人とも、生活範囲が狭くて、来る日も来る日も同じような退屈な毎日を送っているわけでしょ?
誰かに愛されたい…出会いたいって・・・必死な思いで夢見ていたんだろうね。
でも2人とも口下手みたいで、顏見ないメールなような手段でないと
本心もなかなか打ち明けられない・・・。
なんだか、とっても寂しい生活の2人だよね。

彼ら、彼女らのはかりきれない孤独感というものは、私には理解しようと思っても
理解しきれないのかもしれない・・・・わ。
身近にたくさん人がいて、本当の孤独感味わったことないような自分には・・・。


この映画を見てね、
恵まれた環境とは言えない2人の男女が、こういう運命をたどってしまうことしかできなかったというのが
悲しく思ったわ。
環境が人を変えてしまうっていうことはやっぱり、あるような気がする・・・。
愛に包まれて、たくさんの世界を知って
その中で多くの価値観を知れば、もっと人は輝いていけるのに。
現実的に、そうできない環境に置かれている人って、いるんだよね。
もちろん、だからといって、
それがすべて不幸だとは思わないし、必ずしも不幸になってしまうとは言えないけれど。
人とかかわらなければ、それだけ、視野もせまくなるよね。
祐一が怒りにまかせて
人を殺してしまったのも、どこかで食い止められる理性が彼にあれば良かったのに。




世の中には
なくそうと思ってもからず、罪=悪があるよね。
それを法で裁くのが一般的。
だから、世間の目が、悪と善の分け目をしっかり求めてしまうのは致し方がないと思うわ。
ただ、人は、ちょっとしたタイミングで、悪にも善にもなりゆるっていうもことありゆるのだと思うの。
そういう怖さも皆もっているよね。
また、
悪という定義をしていても、それがまかり通っている事例はたくさんあるよね。
この映画でもいくつか出てきたけれど。
そう考えると、一概にこっちが悪くてこっちが良くって・・と決められないものもたくさんある・・・


難しいよね。
そこに人の感情も入り乱れて。



でも・・・・読書の感想にも書いたのだけれど、
人は殺してはいけないということだけは私は常に思っているわ。
たとえ嫌な奴でも、憎くても・・・。
死んだらその人は終わり。でも、自分は生きていけるんだから。
勝手に他人がその人の命を終わりにする権利はないはずだと思うから。




祐一は、光代と会うまでは、彼女を殺したことに罪悪感を感じていなかった・・・
でも光代とあったことで自分の罪の重さに苦しみ始めたよね。


それってやっぱり、自分を大切にしてくれる人、自分が大切に思ってくれる人が
いるか・・いないかで・・・変わってきたってことだよね?

愛してほしかったのかな・・・。

母親と別れているから、甘えたい欲しっていた感じだよね?
自分は悪くないって、無条件に抱きしめてくれる人が欲しかったってことだよね?
光代には母を求めていた感じ。
妻夫木君、母性本能感じされるからね・・。
悪役ということでかなりイメチェンしていたけれど、どこか、守ってあげたいと
思わせるものが漂っていたのは(←私だけ?)やっぱり彼自身の持ち味が
完全には消えていないんじゃあないのかな・・と感じたけれど。



人間誰でも
だれか一人でも味方がいるだけで、強くもなれるし、生きることに自信がもてたり
するんじゃないかな・・・と思いました。


映画は、良かったと思うわ。
原作読んでから映画に入っても満足できると思うわ~~

もちろん、その逆でも、OK。

ただ、

最後、
光代の気持ちを推し量っての祐一の行動ということになるわけだけれど、
原作を読んでいる身にとっては
こういう心境なのね・・・というのがすでに理解済み。
そこだけは、おお~~~と素直に受け入れたかったので
知っていたということはちょっと残念。

「あの人は悪人だったんですよね」という光代の一言も
初めて聞いた方がずっしり…響いた気がします。



akuninn_convert_20101027164506.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪人(2010年日本)

吉田修一さん原作の「悪人」。 長崎に住む祐一は、出会い系サイトで知り合った佳乃に会うため、車で博多までやってきた。 しかし彼女は祐一...

淋しい人間が多過ぎる~『悪人』

 長崎の寂れた漁村に祖父母と暮らす祐一(妻夫木聡)は、解体作業員として働く 孤独な青年。彼は出会●系サイトで知り合った保険外交員の...

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさ~ん、こんにちは♪ コメント&TBありがとうございました。
私は映画→原作だったんですが、みみこさんは逆だったんですよね。
私、もし先に原作を読んでいたら、祐一のキャスティングにはブーイングだったかもしれません。
妻夫木くん、確かにすごく頑張っていたんですが、「頑張った」と感じさせる時点でどうなのかな、と。
深津さんは、もう文句なしでしたけれども。。
私は、彼らの孤独もちょっとだけわかるかな、という気がします。
光代の妹が「出会○系サイトで会った人なんかと」的な発言しますけれども、二人の「必死」さは理解できるな、って。
ホント、誰かと出逢いたいんですよね、、出逢ったら出逢ったで、また苦しむんですけど。

真紅さんへ


こんにちは♪
両方観ることができて良かったわ。
そうか・・・祐一のキャスティングはブーイングだったのね。
頑張っている彼っていう目でどうしても観てしまうよね。
基本的に妻夫木君は、良い人って感じに思えてしまう自分が
嫌だったわ。そういう思いを振り払うことはできなかった・・・
光代の妹の「出会○系サイトで会った人なんか」というセリフね。
きついよね・・・
光代にしてみればそんなこと関係ないのにね。
いつも一人自転車で帰る光代の全身から孤独感が漂っていてね・・・
観ているだけでせつなくなっちゃった・・・。


祐一もあの保険外交員の子と出会わなくて
先に光代とあっていたらね・・・
運命変わったと思うのにね。
せつないよね~~

みみこさん、おはようございます。

いつも丁寧な感想を読ませてもらうと、再度考えさせられてしまいます。

人って、それまでどれほど善い人で生きてきたとしても、
法でいうところの「悪」はそれまでの「善」を帳消しにしてしまいます。
物語の中でなら、祐一という人間がこれまでどんな人だったかを知っているから
「本当の悪人とは」と考えてしまう。
でも巷の事件ではそういうのはほとんどないですよね。
その人がどれだけギリギリまで追い詰められていたかとか。
そういうことを一つ一つ考えていたら「本当の悪人とはどんな奴だ!?」ってイチイチ思わなくちゃだめになりそう。
でもでも、人を殺めるというのはもっとも大きな罪です。
祐一のように、おばあちゃんに愛され、職場でもいい人に世話してもらってる。
なのに孤独だったのは、母親に捨てられたトラウマがあったからかな。
人間の一番の弱点は孤独なのかな・・・

とにかく、力のこもった(?)映画だったと思いました。
岡田くんは普段天然さんぽくて好青年なんだけど、これは真に嫌な奴でしたね。
脇役たちもそれぞれの人間性を出していてよかったです。

・・・と、コメントにならないような文章をつらつら書いてしまいました。ごめんなさい。
感想を読んでいたらいろんなことが浮かんできてしまって。

こんばんは☆

みみこさん、こんばんは~♪
すっかりご無沙汰している間に11月突入・・・(なぜ?なぜ~??>苦笑)
速いですよねぇ。
あ、台風は大丈夫でしたでしょうか。こちらは(あれ?)という感じでしたが、何事もなくてよかったです。
これからまた寒くなるんですものね。忙しいと思いますが、どうぞ風邪などお召しになりませんよう大事にしてくださいね☆

さてさて、この映画ご覧になられたんですね!!
思わず真剣に読み耽ってしまいましたよ~~

>人とかかわらなければ、それだけ、視野もせまくなるよね。

ほんとうに!!それが一番コワイですよね。

>だれか一人でも味方がいるだけで、強くもなれるし、生きることに自信がもてたり
するんじゃないかな

これまたほんとうに!!たった一人でも自分以外の味方、自分を受け入れてくれる誰かがいれば人生はずいぶんと変わりますよね。

>勝手に他人がその人の命を終わりにする権利はないはずだと思うから。

まったく同感です。とってもシンプルで当たり前で大事なことですよね。
原作未読のままで先に映画をみたほうがよいかな?って思いましたが・・・
なんとも難しい主題の作品のようですね。
ニュース番組でこれからの邦画界についてキリっとした目で語る妻夫木くんがなかなか良かったので、この映画も見てみたいな・・と思ったんです。
たぶんDVD観賞になってしまいそうですが、無事に観賞できたあかつきにはまたお話してくださいね。

2010年残り2カ月、できるだけ楽しい気持ちで乗り切っていきたいですね~~♪

Mamさんへ


こんにちは。
こういう事件はリアル世界でも実際に起きてしまうので
いろいろ考えてしまいますよね。


いつも事件絡みの本を読むと
自分の中でこうだよね・・・・と感想をもつのですが
それが正しいかどうかはわからないな・・・って思います。
立場によっては考え方も変わってくることもありますしね。


<でもでも、人を殺めるというのはもっとも大きな罪です。>


そうですよね・・・。
ここだけははっきり言えることなんだけど。
どんな理由があろうともこのことに関しては、罪は罪ですものね。

<祐一のように、おばあちゃんに愛され、職場でもいい人に世話してもらってる。
なのに孤独だったのは、母親に捨てられたトラウマがあったからかな。
人間の一番の弱点は孤独なのかな・・・ >

そうですよね。おばあちゃん・・一生懸命子育てしていたように思ったのに。
やっぱり、寂しかったのかな。
話せる人が欲しかったんでしょうね。


<とにかく、力のこもった(?)映画だったと思いました。>


そうですよね・・。出演者の方皆、良かったって思います。


<岡田くんは普段天然さんぽくて好青年なんだけど、これは真に嫌な奴でしたね。>


私・・・好青年・・・の岡田君知らないんですよ。
チェックしないとこの映画のイメージそのままになってしまいそう。

Mamさんのコメントを読みながら
私もまた深い思いに・・・


今・・・社会では裁判員制度もあって人を裁く機会に
いつ自分が置かれるかわかりませんよね。
裁判にかかわれば、こんな風に事件に絡んで
加害者の背景も知ることになるのかな・・・。
そうなるとますます、裁くのも難しくなるような気がします。

あ・・・なんだか・・・どんよりした気分になりますね。
こういった題材で本や映画がどんどん作られる時代なのね・・。
嫌な事件がなくなるようになって欲しいわ。


身勝手な人が多いのかな・・・

武田さんへ


こんにちは。

早いですよね。
ついこの間、暑い・暑いを連発していたと思ったら。


台風は大丈夫でしたよ。
夜、ちょっと風が強かったくらいで・・・・。
この時期に台風なんて、気候はどうなっているんでしょね。


悪人・・・今年はかなり話題になりましたよね。
たぶん、早い段階でDVDになると思いますので
是非~~


結構、俳優さんたくさん出てくるんですよ。
少ないセリフの人も何人か・・
でも皆さん存在感あって良いですよ。


原作未読でも全然大丈夫だと思います。

<ニュース番組でこれからの邦画界についてキリっとした目で語る妻夫木くんがなかなか良かったので、この映画も見てみたいな・・と思ったんです。>


私も観ました。
真面目に答えていましたよね。
出演にあたって役作りも苦労したみたい。

そんなこと聞くとますます、悪い人に見えなくなってしまうのが
可哀そうだけどね。


<2010年残り2カ月、できるだけ楽しい気持ちで乗り切っていきたいですね~~♪>


同感です☆
あと2カ月は、武田さんもお忙しいとは思いますが、
ファイト・ファイトで・・・♪
私もルンルン♪で乗り切りたいです・・・(11月は役員仕事が多いです…泣)
また遊びに行きます~~~

私もツマブキ君は、必死で役作りをしたのは伝わって来たけど、やっぱりみみこさんの思ったように、母性本能をくすぐられる感じってのは、残っていたと思う!

でも、なんでだか、本よりも映画の方が、感動しちゃったのよ・・・
その理由はというと、みみこさんが上で書かれていた

>俳優さんたちの演技によって映像という世界に映し出されると、やっぱり
胸に迫ってくるものあります。
視覚的に刺激されると読書の時とはまた違った感情が呼び起こされるんですよね~~。

まさに、これ!↑だわよ。かなりボロ泣きしてしまったよ~~

PS ガソリン不足、停電、まいったね~~みみこさんところは、車の送迎でガソリン必要だしね・・・。 スーパーの混みようもウンザリするよね。家もトイレットペーパーがやばいよ・・買いだめしなかったから、近々、色々なものがソコをつきそう・・・
でも現地の方々の人を見ると、弱音を吐いちゃイカンよね・・・。

latifaさんへ


こんにちは♪
もうDVD出ているのね。
そうなのよね・・・ツバブキ君も今までのイメージを崩したいって気持ちで
この作品に挑戦したっていうのは重々わかっているんだけれど、
まだまだ先入観っていうのが完全に抜けなくってね。
それに賞をとるたびに、素直に感情表現していて(泣いていたよね)
ああ・・・純粋ないい人なのね・・・というのがまたまたイメージとして
植えつけられてしまったのよね。
そこまでいうのも可哀そうだと思うけれど。
でもこの作品でさらにいい俳優さんに成長したよね。
これからの活躍は期待できるよね。

<でも、なんでだか、本よりも映画の方が、感動しちゃったのよ・・・>

やっぱり?
そうなのよね。
より身近に感じるのよね・・・人間が演じると。


<PS ガソリン不足、停電、まいったね~~みみこさんところは、車の送迎でガソリン必要だしね・・・。 スーパーの混みようもウンザリするよね。家もトイレットペーパーがやばいよ・・買いだめしなかったから、近々、色々なものがソコをつきそう・・・
でも現地の方々の人を見ると、弱音を吐いちゃイカンよね・・・。>


そうだよね・・・お互いに頑張ってやっていこうね。
それにしてもガソリンが・・・
どうしてないんだろう・・・。
うちのあたりは今日は休業だよ。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク