フィリップ、きみを愛してる!

フィリップ、きみを愛してる! (2009  フランス)

I LOVE YOU PHILLIP MORRIS


監督: グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
製作: アンドリュー・ラザー
ファー・シャリアット
製作総指揮: リュック・ベッソン
原作: スティーヴ・マクヴィカー
脚本: グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
撮影: ハビエル・ペレス・グロベット
美術: ヒューゴ・ルジック=ウィオウスキ
衣装: デヴィッド・C・ロビンソン
編集: トーマス・J・ノードバーグ
音楽: ニック・ウラタ
出演: ジム・キャリー スティーヴン・ラッセル
ユアン・マクレガー フィリップ・モリス
レスリー・マン デビー・ラッセル
ロドリゴ・サントロ ジミー・ケンプル



 実際に懲役167年の刑で現在も刑務所暮らしというスティーヴン・ラッセルの実話を基にした映画。

IQ169の元警官スティーヴン・ラッセル。
妻子と幸せな生活を送っていたのだが、交通事故に遭ったのをきっかけに、ある決心を。
実は彼はゲイであり、告白して自由に生きることを決める。
しかし、ゲイの生活にはお金がかかる。
詐欺生活をし始め、挙句の果て、刑務所に。
そこで人生を変える出会いをするスティーヴン。
フィリップ・モリス・・・
彼に恋したスティーヴンは彼との生活を夢見て・・・。





感想


いや~~~、2人の演技に魅せられました。
久しぶりのユアン♪うれしかったわ~~
しかし、今回はゲイ役。
え~~~~~~嘘~~~って感じだけれど、
ゲイ役って結構いろんな人がやっているから不思議なことでもないよね。
レイフもコリンもやっていたしね・・・。そうそう、「ミルク」でも美形俳優さんが
いっぱい演じていたっけ。
こういう役、演技者としては演じがいもあるのかな。


ということで今回のユアンのゲイ役。
それはそれは可愛かったな~~~笑
道端に捨てられている子犬みたい・・・
私でも一目ぼれしちゃうな・・・

ゲイでも守ってあげたくなる側と、守る側とまあ・・二パターンあると思うけれど
ユアンは守ってあげたくなる側。タイプとしては女性側よね。
仕草はもちろんのこと
優しげな、なよっとした目つきなんかも女のそれより・・素敵だったわ。

ジムも、もちろん、その傾向なんだけれど、
こちらの方は、いつものコメディタッチの作品に出ている
ジム・キャリーまんま。
もちろん、いつもよりは
オーバーアクションは控えめ。内容にはシリアスになる部分もあったから、
終始高いテンションにはならないのは当然だよね。

あ・・・一見、ジムはゲイにはみえないんだけれど
においは持っているんだと思うよ・・・笑
たぶん、その道の人には
感じられるにおい・・・・漂っていたと思うわ・・・・
だってゲイ同士って、同じ趣向があるってことを
そばにいるだけでわかるでしょ?
ジムにもそれがあったのよ・・・たぶん・・・。
専門じゃあないのでジムのゲイ度についてはよくわからないけど・・・・。
そんなことより、
ゲイ同士だから
どうだ・・・っていうのは問題じゃない!!
素直に純粋な恋愛映画として観ることができちゃうのだから不思議☆
ラブしている相手が男性だった・・・っていうことだけだものね。

ところで・・

これ、実話・・・なんですって!!

凄いわ。
脱獄を繰り返したのも、愛するフィリップを思えばこそ・・・・でしょ?
それもまた、凄いわ・・・・
ある意味、素晴らしい。
こんなこと(脱獄)褒められたりすることではけっしてないのだけれど、
愛ゆえに行動出来ちゃうパワーって、なかなかまねできないでしょ?
頭もよく、行動力も抜群だったのね。
こんなに思われたらフィリップ、幸せじゃない・・・と思ってしまったわ。


レンタルしたときに、
実在した詐欺師ということまでは聞いていたので
ちょっとディカプリオの「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」が
頭をよぎっていたの。
でも、それとは全然、違う路線で話が進んでいったわ。
なにしろ、ゲイだからね。

最初はジム扮するスティーヴン・ラッセルは、とっても家族思いの
素敵なパパ状態で登場してくるのよね。
あら~~、こんな人がどうして詐欺に。
なにかのきかっけでゲイに目覚めるのかしら・・・・って先を想像しながら
観ていたら
急にゲイ現場に遭遇して焦ったわ・・・・笑
エッチに励んでいるのがてっきり奥さんかと思ったらカメラがず~~~と引いていって
男を映すんだもの。笑った・・・!!

そっか・・・根っからのゲイだったんだ。
奥さんにも秘密にしていたなんて・・・・・・・・。

そんな秘密事項も交通事故にあったのが原因で全部暴露。
う~~ん、わかるわ
生死の境を体験すると、嘘でごまかした人生が虚しく感じるものね。
好きなように人生生きようと思う気も理解できるわ。

それにしても奥さん、理解ある人だよね。ゲイってわかって、つまりだまされていたって
わかっても、以後、 スティーヴンと、ほどよい関係を貫いていったみたいじゃないの。
夫婦としては成立しなかったけれど、よき友人としては良好な関係を築いたみたいね。
クリスチャンっていうこともあったのかな・・・・・差別もしないでね。



で・・・警官やめてから詐欺もし、結果刑務所。

お~~~、そこでかわゆいユアンと出会うのよね。

ユアンとジム、ゲイ同士ということで
キスもあるし、それ以上ももちろんあるわけだけれど
映像としては、生生しい描写はなかったのよね。(あ・・ユアン以外とやっているシーンはちらりとあったかなぁ
でもご愛敬で許せる程度なのよね)
それとなく、感じとれるぐらいに、映し出すって感じでね。
むしろ、
2人でダンスするシーンとか
大声で「愛してる」って叫ぶシーンとか
非常に初々しい恋愛部分が強調されていて、観ていてほんわか・・する始末。
ゲイ同士というよりも、どこにでもいる普通のカップルという
とらえ方しかできなくなってくるのよね。

だからこそ・・・
会えなくなって、つらくなるスティーヴンの気持ちがちょっぴりせつなく感じるの。
悪いこといっぱいして(といっても詐欺だけど)
嘘にまみれた人生っていえばそうなんだけれど
どこか憎めないで応援してしまうのは
根底に愛があったからなのよね。

フィリップの方も
スティーヴンに対して
完全に吹っ切れない部分が、うん・・・・わかるわ~~~。
もう・・・ひどいわ・・この人・・と思っても
ドア越しに
「君のことが好きだ、
それだけを言いたい」(そんな感じだったかな)なんて
直球で語られたら
やっぱり・・・ふらふら~~~てきちゃうよね。
そっとドアを開けるユアンの姿が
またかわゆい・・・☆




後半は意外な展開。
てっきり・・あのまま・・・シリアス路線に進むかと思ったら
ひっくり返されるんだもの。
まいった・・まいった・・・・



最後まで、明るいラストでしたよね。
空を見上げ、雲が映りこむシーンがところどころにでてくるんだけれど、
それがなぜか楽しく見えちゃってね。
恋って素敵・・・元気になっちゃうって
つくづく思ったわ。


よくよく考えれば
ハッピーエンドというわけでもないのに。
でもなぜか、気持ちがすっきりするのはなぜだろうね。
頑張っているからかなスティーヴンが。
どんな状況でもね。
あきらめない強さ。


凄いな~~~としか言えないよね、これは。


思った以上に
素敵な作品だったわ。


fiirippu_convert_20101105100356.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!

*AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!

フィリップ、きみを愛してる!

ええ~,これって実話[E:sign02] とまず仰天。たったひとこと「愛してる」と恋人に伝えたい,ただそれだけのために,性懲りもなく詐欺と脱獄を繰り返すIQ169の天才詐欺師スティーヴン。嘘みたいな彼のエピソードがみんな実話とは!実在のスティーブン・ラッセルは,実...

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん、こんにちはー
見たのね~^^
みみこさんは、確かユアンもジムも両方お好きなんだよね?
2人とも、さすが!の演技だったよね。
特にユアンの子犬のような目力というか、なんというか・・・
可愛かったよね。
もしかして本人も結構楽しんでこの仕事出来ちゃってたりするのかな。

おはようございます

みみこさんもご覧になったんですね~♪
私も昨日見ましたよ。
そうそう、ジムとユアンのカップル、なんとも純愛っぷりにこちらも魅せられてしまいました。

ユアンの自然な演技もすごーーいい。ビックリ。
実は最初の恋人がロドリゴだったので、このままでいいじゃん!(笑)なんて思いながら見ていたのですが、ユアンがあまりにチャーミングだったので唸ってしまいましたよ~。

あのまま幸せになってほしかったんだけれど、やっぱり凡人とは違っていたのかしら。
守るっていう意味も、誠実っていう意味も、はき違えているなあと思いながらも、その純愛パワーにやられちゃって、なんだか憎めないんですよねぇ。

音楽も印象的でしたね。
ちょっとお気楽っぽいあのラララ~~っていう♪

観たい~~

みみこさん、こんにちは~。
面白そうですね~言われてみればジムってゲイのにおい、感じる気がする(笑)
ユアンも堪能されたようで、よかったですね^^
思いだしのはヒースの「ブロークバック・マウンテン」だけど、やっぱりふつうに切なかったです。
これは~是非観たいです!
劇場では「瞳の奥の秘密」「ミックマック」を観ました。
「瞳の奥の秘密」は濃密なストーリーで最後まで引きつけられました。
主演が濃いカップルでしたが(笑)プラトニックなところがまたよかったです^^
「ミックマック」はジュネワールド炸裂で楽しかったですよ~♪
登場人物もみんな変わり者(笑)で愛すべきひとたちでした^^
「ぼくのエリ~」来週やっと公開です!待ちくたびれた~~(笑)
日本未公開の「ケース39」がちょっとお薦めです^^
寒くなってきましたが、風邪などに気をつけてくださいね。

latifa さんへ


こんにちは♪
そう・・観たのよ☆
可愛かった、ユアン。
ジムの方はそんなに好きじゃあないのよ。
ケイトと出ていた作品のジムは好きだったんだけれど(シリアスだったし・・・)
コメディ色が強い作品に出ている彼はあんまり・・・。
オーバーアクション気味の演技が苦手でね。

でも、↑の作品のジムはコメディ入っていたけれど、
内容的にはラブ度も強かったし、ほろりもしたりと・・あって
結構好印象だったわ。

<もしかして本人も結構楽しんでこの仕事出来ちゃってたりするのかな。>

そうだよね・・・そうじゃないとなかなかねこういう役出来ないよね…笑
あとで行きます~~

瞳さんへ


こんにちは♪
わ~~い、瞳さんも観たのね。
それも昨日とは(あ・・おとといになるのか)ほやほやね。。
良かったよね、これ。

純愛ですよね。
観ているうちに男同士っていうのを忘れちゃう感じだったもの。

<実は最初の恋人がロドリゴだったので、このままでいいじゃん!(笑)なんて思いながら見ていたのですが、ユアンがあまりにチャーミングだったので唸ってしまいましたよ~。>

ハハ~~、そうよね。瞳さん、ロドリゴもお好きだったものね。
彼も素敵だったよね。
なぜそんなに、ジムばかりって思うけれど、優しいからかな・・・・やっぱり。
お相手にはかなり愛情振舞っていたものね・


<あのまま幸せになってほしかったんだけれど、やっぱり凡人とは違っていたのかしら。>


そうよね、2人いつまでも一緒にって思っていたけれど
ちょっとほろ苦いラストになってしまったよね。でもなぜか明るい彼なので
あまり気にならないところが不思議…笑

<守るっていう意味も、誠実っていう意味も、はき違えているなあと思いながらも、その純愛パワーにやられちゃって、なんだか憎めないんですよねぇ。>


うんうん。。憎めないよね。やっていること無茶苦茶なんだけどね・


<音楽も印象的でしたね。
ちょっとお気楽っぽいあのラララ~~っていう♪>


そうなのよ!!
お気楽っぽい…笑。まさにその通り!!
実生活でいらいらしたことがあっても、こんな音楽聞いたら
気がおさまちゃうって感じだったよね。
映画の雰囲気を上手にあらわしていたって感じ。

後味良く観ることができたものね。

あとで伺います~~

ポルカさんへ


こんにちは♪
ジム、ゲイのにおい、感じる気がします?
しますよね…笑
言われてみれば、それもありかな・・・って気がするものね。

ユアンはかわゆいですよ。
なかなかあの年で可愛い演技できる人いないかもよ・・・。
是非、機会があればみてね。

「ブロークバック・マウンテン」よりは、深刻さは薄いので
気を楽にして観ることができますよ。
笑って観ることができる場面もいっぱいあるよ。



で・・・ポルカさんは
「瞳の奥の秘密」「ミックマック」を観たのね。
いいな~~、ミニシアター作品ですよね。
私も近くに劇場あればいっぱい観たいのだけれど。

<「瞳の奥の秘密」は濃密なストーリーで最後まで引きつけられました。
主演が濃いカップルでしたが(笑)プラトニックなところがまたよかったです^^>


うふふ・・。濃いカップルって聞いて思わず笑っちゃった。
映画のポスター観たときに私も思ったのよ。
濃い・・・!!って・・・笑
でも、インパクトあって目には焼きつけられるよね。
それでもプラトニックとは・・・。興味惹かれるわ。


そしてミックマックね。
アメリの監督さんでしたっけ?
不思議な映画の感じ。

登場人物変わり者なのね。
でもそういうキャラって、可愛い時もあるよね。。退屈しないし・・笑

いよいよ・・・エリちゃん、来週ね。
感想待っています。

私はね、昨日、もう一つのヴァンパイア映画行っちゃいましたよ、トワイライト3・・笑
少女マンガ的でそれもまた、楽しかったですよ。

<日本未公開の「ケース39」がちょっとお薦めです^^>
了解!!
これも気になっていたの。レニーちゃんのやつでしょ?
未公開って不安があるけれど、お勧めがあると安心して手が出せるよね。

ポルカさんも
お体、お気をつけてね。
あとで遊びにいきます~~

みみこさん こんばんは!

ユアンの可愛さにやられちゃったよねぇ。
確かにゲイ役って最近みんなチャレンジしてるよね。
うん,きっと演じがいのある役だと思う。

で,みなさんそれぞれ上手いんだけど
今まで観た中でユアンが一番キュートだったわ。
彼の年齢を考えると
ホント凄い!って思っちゃった。
ジムとのラブシーンなんて
美しかったですよね。ダンスもキスも。
案外楽しみながら演じていたんじゃないかな,二人とも。

ななさんへ



こんにちは♪
ユアン可愛かったですよね。
それだけでもう半分以上満足してしまった感じ。


ゲイってやっぱりやりがいがあるのかな。
素敵な男性が演じるとそれだけで
ポイント高くなったり。


<彼の年齢を考えると
ホント凄い!って思っちゃった。
ジムとのラブシーンなんて
美しかったですよね。ダンスもキスも。>


そうよね・・
けっして若くないのに…笑
考えてみれば
スターウォーズも出演していた彼だよ。
牧師とかも演じていたり。
とにかく幅が広いよね。
これは自分のイメージ壊すかも・・ってことも
考えずすべて挑戦する姿が素敵。
どんな役でも卒なく演じてしまうよね。

<案外楽しみながら演じていたんじゃないかな,二人とも。>


そうよね・・
そう思うわ☆



なな
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク