殺人犯

殺人犯   (2009  香港)

MURDERER


監督: ロイ・チョウ
製作総指揮: ビル・コン
チュイ・ポーチュウ
脚本: トー・チーロン
撮影: リー・ピンビン
音楽: 梅林茂
出演: アーロン・クォック レン・クォン
チャン・チュンニン チェン・ヘイオイ
チョン・シウファイ クァイ
チェン・カンタイ タイ
チン・カーロッ アンディ
ジョシー・ホー レン・マン
(特別出演)
タム・チュンヤッ チャイチャイ


香港警察特捜班主席警部のレン・クォン。
連続殺人犯を追っていた彼は
ある日通報を受けて向かったアパートで同僚の刑事と一緒に何者かに襲われてしまう。
目覚めると・・
同僚刑事はビルの下で意識不明の重体。
自分は数日間の記憶を失っていた。
同僚刑事を襲ったのは
レン自身ではないか・・・。
彼は、捜査チームから外され、独自に調査を開始する。
しかし、自分に不利な証拠が次々と出て・・。




感想



容疑者は自分自身というキャッチコピーどおり、
物語の焦点は
本当に主人公が犯人か・・・・それとも別にいるのか・・・というだけに
絞られるわけ。


次々と主人公に不利になる証拠がでてくるからね・・・。
観ている私たちは、違うの?そうなの?と自問自答しながら
入り込んでしまうのです。

誠実そうな主人公だし
幸せそうな家庭環境だし、絶対犯人なわけないよな・・・・と
思いながらも、やはり気になるのはDVDパッケージの写真。


かなりの凶悪犯顔でしょう・・・・これは・・・・笑。



やっぱりやっている可能性が高いな・・・。


となると、考えられるのは、二重人格説ではないかな・・・と
まあ・・そんなことまで考えたのですが。




驚いたわ・・・真相・・


ある意味、そんな馬鹿な・・・的な内容ですが
そういうこともあるのかな・・と思えばそうなのかな。
かなり強引ではあります。
犯人自ら正体あかして、ご丁寧に説明してくれます。


某作品とネタはまったく同じです。
どちらを先に観ているかで感想もまた違ってくるかもしれないですね。



しかし、このお話、
真相がわかる→犯人が判明してからも、まだまだ物語は続くのです。
そして、
かなり、後味悪い
結末へ突入していきます・・・あ~~~~気分悪い・・・




目を覆いたくなる描写も数々あるので
観る人を選ぶかな。
だいたい、連続殺人の手口が、ドリルで穴をあけて血を抜き取る・・・という
猟奇的なものだったしね・・・泣。

とくに、冒頭は注意☆
かなりグロイです。
しっかり心構えをして臨みましょう。



香港映画は
最近ご無沙汰ですが、主役のアーロン・クォックは
イケメンさん俳優で有名な方でしょうかね。
整った顔立ちだし。
そんな彼がかなりの熱演です。顔が次第に崩れますよ。別人のよう。
見どころですな。


「セブン」を思い出させるようなシーンもあったかな。



まあ・・・興味ある方はどうぞ。
後味悪くなっても知りませんが…笑

あ・・・・それにしても
あの声・・・なんとかなりませんか。
何の声かって?某氏の声ですよ。突然、あの声を出されたら・・
ビックリ&笑いました。
観てのお楽しみ☆




satsujinhan.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク