ケース39 

ケース39<未>   (2009  アメリカ・カナダ)


CASE 39


監督: クリスティアン・アルヴァルト
製作: スティーヴ・ゴリン
ケヴィン・ミッシャー
脚本: レイ・ライト
撮影: ハーゲン・ボグダンスキー
プロダクションデ
ザイン: ジョン・ウィレット
衣装デザイン: モニク・プリュドム
編集: マーク・ゴールドブラット
音楽: ミヒル・ブリッチ
出演: レニー・ゼルウィガー
ジョデル・フェルランド
ブラッドリー・クーパー
イアン・マクシェーン
ケリー・オマリー
カラム・キース・レニー
エイドリアン・レスター
ジョージア・クレイグ
シンシア・スティーヴンソン
ティファニー・ナイト



児童相談員のエミリーは、ある一家の娘リリーの様子が
最近おかしいということで調査し始める。
何事もないというリリーの両親だったが
ある日、リリーから電話が。
両親に殺されそうなリリーを発見したエミリー。
育て親が見つかるまで、しばらく引き取ることにする。
やがて、エミリーの周囲で不審死が続出するのだが






感想



お友達に紹介されて観ました。
実は、この作品とあわせて・・一緒に観たのが「殺人犯」「パーフェクト・ゲッタウェイ」
なのです。
すべて観た方はわかると思いますがかなり濃厚な日々を過ごすことができます…笑
どれも衝撃度は高いからね~~笑

お暇な方は是非、サスペンス週間として3作挑戦してみてくださいね。


で・・・このケース39.
未公開とはもったいないです。
日本ではなじみの少ない
悪魔が題材になります。
結構、怖い要素盛りだくさんですよ。


なにしろこの悪魔が
見た目可愛らしい、女の子というのがポイント。
子供が邪悪というと
「エスター」にも似た感じですが、このお話にはオカルトが入り込んでいますから
女性版「オーメン」とも言えるかな。
摩訶不思議な怪奇現象が次々と起こります。



親は子供を育てるというのが当たり前になっているけれど、
立場が逆転して
子供が親を従えちゃうって、恐ろしいよね。
私がこうしたいと思ったらその通りにして・・・と
子どもの意のままに動いちゃう親って、すでに親でなく、
奴隷のよう。
親の権限も何もなくなってしまうよね。



愛してほしいというリリーちゃんだったけれど、
ただ言いなりになるのが、愛するってことじゃなないのにね・・・



それにしても、
次々と関係者を闇に葬ってしまうその手口は怖い。


あの電話・・・
不思議よね。
悪魔の声なのかしら。

ところで、
レニーちゃんの同僚として
ブラッドリー・クーパー も出演していたでしょ?
レイフにちょっと似た感じの彼。
話し方もちょっとね・・・・笑

あの彼の死にざまが気持ち悪かったね。
こんな役やって悲惨ね・・・と思ったわ。
虫系は嫌いなので観ているうちに背中がぞくぞくしてしまったわ。



リリーちゃん役の
ジョデル・フェルランドはさすがに上手ね。
あの甘い声は本当に可愛らしい・・


彼女と、ブラッドリー・クーパーとの対話ではそのセリフ内容に
ビックリしたものだわ。大人っぽいって・・・。


そう考えると、
「トワイライト3」におけるジョデル・フェルランドの役割は寂しい限りよね。
もっと見せ場を用意してあげてもいいのに。


あ・・・ レニー・ゼルウィガー
も、良かったよ。
ホラー映画って珍しいよね。
でも彼女にはいつも笑っていて欲しいな・・・。

ke-su39002_20100801230007.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョージア イベント

明日の話題は、コレでいこう……******人気ジャンルのNo.1を ナナメ読み♪できる情報******食欲があって困ります(*^_^*)***本日のおすすめ***屋台熱血オヤジの博多とんこつラーメン!ネット通販限定特別価格販売【送料無料】特製博多棒と... お腹が空いたら食べたいの

コメントの投稿

非公開コメント

かなり濃厚そう~~

みみこさん、こんばんは。

私も結構先週は濃厚なのを見たなあって思ったけれど、
なんの、なんの、みみこさんのもかなり濃厚じゃないですか~(笑)

他の二つの作品もとっても気になります~!!

「ケース39」怖かったですよねぇ。
最初は絶対あの親がおかしいと思っていたのに・・・だんだんと・・あれ?もしや・・ええ~~って。

そうそう「オーメン」を思い出しますよね。

>ただ言いなりになるのが、愛するってことじゃなないのにね・
そうだよねぇ・・・。
ダグを相手に軽薄とかの・・言葉の意味を的確に説明して見せた彼女だけれど、愛も言葉の意味は説明できても、本当のところは全く分かってないってことだよね。


「トワイライト3」にも出てるんですね、知らなかった。

ブラッドリー・クーパー、そういえばちょっと面影がレイフに似てるかも!!
この作品でも彼が出てるとほっとしてたのになぁ・・・もったいなかったですねぇ(涙)

瞳さんへ


こんにちは。
私も瞳さんのセレクト・・・・気になっているんですよ。
怖そうな作品ばかりじゃない?
でもそそられるよね……笑

絶対、
チェックしようと今考えています。でもこれから忙しい12月に突入するのよね。


ケース39・・
うんうん・・怖かったですよね。
じわじわ・・・ときたものね~~

あの親・・怪しかったですよね。
顔がすでにホラー化していたから
てっきり、悪・・と思っていたのに。
実は良き人たちでしたよね。

<ダグを相手に軽薄とかの・・言葉の意味を的確に説明して見せた彼女だけれど、愛も言葉の意味は説明できても、本当のところは全く分かってないってことだよね。>


そうよね・・・
愛して欲しいわ~~って呟く割には
相手の周りの人を次々に不幸にしてね。
自分勝手な子でしたものね。まあ・・悪魔だからね。

そうそう彼女
トワイライトに
出ているんですよ…
でも普通の役・・・・泣。


ブラッドリー・クーパー・・・・て
今年はいろいろな作品に出てましたよね。
ホラーもOKなんて・・・・頑張っているのね。


<この作品でも彼が出てるとほっとしてたのになぁ・・・もったいなかったですねぇ(涙)>



うん・・・そうよね。
あのイケメン顔が無駄に終わったよね・・・・笑


エリちゃん

みみこさん、こんにちは~。
まさに女性版オーメンって感じですね~ということは続編が・・・(笑)
ホラー顔(笑)の両親はほんとにかわいそうでしたよね。
ジョデル・フェルランドの変貌ぶりはみごとでしたね。
「殺人犯」面白そうですね~観たいです^^

「ぼくのエリ~」やっと観れました♪
よかった~!待ってたかいがありました。
雪、冷た~い空気がミステリアスさを増していましたね、クラッシックな雰囲気の映像も好みでした。
殺人のシーンとかエリの部屋とか細かいところがリアルなのも恐さを感じました。
背景には色々複雑なものがある中で、オスカーとエリの純愛がメインになっているところもよかったと思います。

あっ、「セカンド・ヴァージン」の二人、追い込まれてきましたね~深キョンの反撃はみごとでしたね。最後はどうなるか楽しみです♪
今後の映画はガンホの「義兄弟」と「黒く濁る村」に注目しています^^

ポルカさんへ


おはようございます~~
ケース39、紹介していただいて良かったわ。
見どころも多く、語りがいのある映画で、
面白かったよね。

続編あるかな.
ありそうよね・・・
火事でも死ななかったんだから水死ってことはないかも・・・って
思うもの・

両親は我慢して本当に可哀そう。
もっと早く対処できなかったのかな。

殺人犯は香港映画らしい一本なので是非・・

そして
「エリ」ちゃん、無事鑑賞、おめでとう・・

この時期、雪景色は心底寒く感じますよね。

<クラッシックな雰囲気の映像も好みでした。>


そうそう・・・。懐かしい・・映像なのよね。
殺人シーンは、
結構見せ場でしたよね。

あのおじさんが血を集める様は、ちょっとコメディでもありましたが・・
(意外と鈍い動作だったものね・・・)

オスカーは
すっごく線が細い子供だったよね。
エリちゃんとの対比も良かったわ。

<あっ、「セカンド・ヴァージン」の二人、追い込まれてきましたね~深キョンの反撃はみごとでしたね。最後はどうなるか楽しみです♪ >


昨日の分、録画してこれから観るわ。
深キョン、本当怖いよね。
可愛い奥さんもおこると、底力で反撃するのね・・

ポルカさんは
ガンホの「義兄弟」と「黒く濁る村」なのね・・・

面白そうだよね。



私は最後はハリーかな.

今年も1か月きってしまったから、
あんまり劇場はいけないわ。


お互い
年末に向けて、
体調整えていきましょうね・・

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク