二十歳の原点

ノルウェイ繋がりで・・・



ふと、思いだしたのは
高野悦子さんの「二十歳の原点」。

学園闘争があった真っ只中、青春を送っていた方の日記です。
時代背景が同じなんですよね。



これも若い頃、読んで今も記憶に残っている本。


立命館大学生の高野悦子さんは
1969年、20歳で自殺。
彼女は大学ノート10数冊に横書きの日記を残していた。
その後、
「二十歳の原点.」「二十歳の原点序章」「二十歳の原点ノート」として出版。
「二十歳の原点」は20歳になってから6月24日に自殺するまでのほぼ半年間の手記をまとめたものになっています。


お家にはこの本と「原点序章」がありますが、
久しぶりに
読み返してみたいなと思ったこの頃。




二十歳は遠い昔に過ぎ去ってしまったわけですがね・・・・笑



今読みなおすとまた違ったものが見えてくるかもしれませんね。




調べてみると、昨年新装版が出たそうですね。


だいぶ雰囲気が違っていますね。



冬休みは読書に費やそうかしら・・
でも年末は忙しいよね・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク