ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク (2010   アメリカ)


THE SOCIAL NETWORK



監督: デヴィッド・フィンチャー
製作: スコット・ルーディン
デイナ・ブルネッティ
マイケル・デ・ルカ
セアン・チャフィン
製作総指揮: ケヴィン・スペイシー
原作: ベン・メズリック
脚本: アーロン・ソーキン
撮影: ジェフ・クローネンウェス
プロダクションデ
ザイン: ドナルド・グレアム・バート
衣装デザイン: ジャクリーン・ウェスト
編集: アンガス・ウォール
カーク・バクスター
音楽: トレント・レズナー
アッティカス・ロス
出演: ジェシー・アイゼンバーグ マーク・ザッカーバーグ
アンドリュー・ガーフィールド エドゥアルド・サベリン
ジャスティン・ティンバーレイク ショーン・パーカー
アーミー・ハマー キェメロン&タイラー・ウィンクルボス
マックス・ミンゲラ ディビヤ・ナレンドラ
ブレンダ・ソング クリスティ・リン
ルーニー・マーラ エリカ

誕生からわずか数年で世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へと急成長した“facebook”
創設者マーク・ザッカーバーグの物語。
ハーバード大学の学生
マーク・ザッカーバーグは、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、
女子学生たちの顔写真を使った人気投票サイトを作ってしまう。
一晩でのその行為に注目した双子の学生。
彼らのサイトの協力をもちかけるが
マークは、自分の親友、エドゥアルドを誘って、別サイトを立ち上げてしまう。
ヒットし始めるマークのサイト。
やがて、アイデアを盗んだ・・・といって訴訟までふみきる双子だが
同じころ、親友エドゥアルドからも訴えられるという事態に発展してしまう・・。
彼らに何が起こったのか。






感想



冒頭の会話のスピードもすさまじかったが、マークのキー押しの
速さも凄まじかったね。
彼女エリカに振られた腹いせで一晩で作り上げた女子学生たちの顔写真を使った人気投票サイト。
どの子が美人かだって?
女性から見たら、なんていやらしい行動なのって思ってしまうわ。プリプリ。
あげくに
振られたからって人を中傷するようなことを書くところも嫌だよね・・・マークっていう人。
実話だと聞いているけれど、
どこまでのエピソードが本当かはわからないところ。
作品最後にも実話を基にしているけれど・・云々・・ていう但し書きがあったわけだし。
でもね・・・こうやって公開されるってことは
本人も納得しているわけだから、どういう風に思われても平気っていう強い姿勢もあるんだろうね。
少なくとも
冒頭の流れをみただけで、
あまりお友達になりたくないタイプ・・・って思ってしまうわけだからね。


私の方も実際はどうだかを気にせず
この映画だけを観た主人公の印象で語ってみるね。


天才だというのはすぐさま、サイトをつくってしまうところで十分感じるけれど、
エリカが冒頭で捨て台詞を述べたように・・・性格は悪い・・・・というのも
十分感じてしまう・・・


天才がすべて性格が悪いわけではないだろうけれど・・・。

でもこの主人公。鼻持ちならないところがある・・・
自分のレベルでしか物事を観ることができない感じ。
どうみても、相手を見下してんじゃないの?って思うところがあったな・・・
恋人との会話も
あの双子に対する物のいい方にもね。
故意にそうしているんじゃないのだろうけれど、自然とそうなってしまう彼。
割合、ありがちなのかも知れないよね・・・天才というような飛びぬけて頭がいい人たちはね~~~。




この映画・・・冒頭でこの主人公のハーバート時代の性格をガツンと打ち出し・・・
やがて
現在、訴訟で訴えられ双方弁護士を立てて話し合いになっているという状況にスライド。
どうしてそういう方向に流れていったかというのが回想の形で時折挿入されていくという
行きつ戻りつ型になっています。
多少慣れるまではわかりづらいのだけれど、
話にのってしまえば、大丈夫。


そもそも
facebook自体も良く知らなかったしSNS(聞いたことがある程度)も興味なかったから
ネット関連の部分では小難しく感じるところもあったわ。
まあ、・・・こうやってブログやっているわけだから多少ネット関係での人とのつながりには
興味はあるほうだけれど、顔みせて詳しい情報も載せるというのは息苦しそう・・・。
ネット含めてそれらすべてのものに
興味がない人にとっては、彼らの行為はどう映るんだろうね。



しかし・・虚しいね。
観終わったあと感じるのは
虚しさだけ。
ビジネスが成功してお金持ちには当然なったわけだけれど、
同時に今まで築いてきた人間関係も壊れてしまったわけでしょ?
彼が求めていたものってなんだったんだろうね。


映画を観る限りは
ただただ・・・好きな子に愛されたい、注目されたいという一途な気持ちの
裏返しにも感じるけど。
彼にとっては、サイトが一つの自己主張のようなものなのかな。
クルマとか服装とか皆それぞれこだわりがあるとしたら
彼にとってはサイトが・・それってことで。


ジェシー・アイゼンバーグが、ものすごくハマり役。
昨年みた、恋愛映画もおたく男子だったけれど、
こういう癖のある役がお似合い・・・
早く「ゾンビランド」みなくっちゃ。


キェメロン&タイラー・ウィンクルボスの双子の兄弟は
アーミー・ハマー って方がおひとりで演じていたって聞いていたけれど、
そりゃ・・・大変よね。
2人同時に映っているシーンも多かったものね・・・




ボートの試合のシーン。
短い時間だったけれど、迫力あったな・・・
試合してその結果、負けるのはしょうがないけれど、
何もしないで負けているのは嫌だ・・・
な~~んて試合後のセリフにもあったけれど、スポーツマンらしい意見よね。



アイデアを盗んだ盗まない・・・
友達を裏切った、どうの・・・・こうの・・・というのは

結局は、お金や名誉的な部分もからんでいるからでしょ?
そのシステムでお金儲けができるから・・・


あ~~~現代らしい問題。


ネット同士の人間関係を楽に感じちゃうと
リアル世界での人間同士の関係が億劫になってしまうのかしら。


温かみのある人年関係つくろうよ・・・



主人公を含めて
すべのの若者の、いま・・・の在りようを
ひしひしと感じた映画でした。



感動とか・・そういうものはあまりなかったけれど、
どんどん引き込まれていくというパワーがあった映画だったわ。

sosha-runettomain_large.jpg




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

孤高の天才~『ソーシャル・ネットワーク』

 THE SOCIAL NETWORK  2003年、ハーバード大学。天才ハッカー、マーク・ザッカーバーグ(ジェシ ー・アイゼンバーグ)は、親友エドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)と共 に学内限定のソ...

コメントの投稿

非公開コメント

話題の作品

みみこさん、こんにちは。

まとめてどっと更新されましたね~(^^)

THE SOCIAL NETWORK は、各メディアで話題にのぼってますね。
「面白い!」との評判なので、是非これは観に行きたいなと思ってます。
みみこさんはさっそくご覧になられたのね。早い!

結構、何か大きなことを始める人っていうのは、
女の子にもてたいとか、そういう単純な動機なんですよね。
ミュージシャンにしても・・・
そんな些細な動機からまたたくまに世界に広まって・・・ってすごい。
時代のニーズに合ったんでしょうね。

facebook って、私もよく知らなかったんですが、
もともとキャンパス内でお友達を作ろう~ってことだから
顔も名前も出してのサービスだったんでしょうが、
これだけ不特定多数に広がるとどうなんでしょうね。
私なんか無理です(笑)
ミクシィはネット友達からの紹介で一応登録をして、
最初は珍しくていろいろ試してたけど、最近はあまり活用してません。
知り合いからの紹介がないと登録できないから安心とか言われてたけど、
見てたらよく分からない人もいるし・・・。
それに、そんなにネットの輪を大きく広げたいとは思わない・・・(これがもう若くない証拠かしら>笑)

世の中の進化で、かつては「SF」のジャンルだったものが、
現実のテーマとなって出てくるようになりましたね。

では、現代のパワーのある映画を、私も近いうちに鑑賞したいと思います♪

ホントですね!

みみこさん、こんばんは。
みみこさんの感想の最後の2行、まさしくその通りですね。
感動とか言うより、ものすごく時代を表してて、吸引力のある作品でしたね。
思うに、ネットとかふつうになったイマって、
友達も、広く浅く・・になっちゃって、狭くても深く・・ってのがダサいとか感じるのかな?
でも、それってチガウよね?・・とか、この映画で色々考えが廻ったりもしてます。

双子・・そうそう、あれ、一人の俳優さんでしたね。
どうして本当の双子を起用しなかったのか?ご本人たちに似た双子がいなかったのかな?
彼ら見て、なぜかつい「アリス・・」のディーとダムとか、ざ・たっち、とかを連想・・。(謎)

ジェシー君の「アドベンチャーランド・・」、近くのレンタル屋には置いてなかったんですよ。
カナシ~。。。やっぱり、ネットレンタルに頼るしかないかな?
それにしても、やっぱりオタク男子なのね~・・
昔のデイモン君とかジェイクとかみたいに、いつかは逞しい男子になれるのかしらん~?
あんまり暑苦しくなっても困るけどね。(笑)

Mamさんへ

こんばんは。
遅くなってごめんなさい。
最近は、更新・・時間があるときに、ガガガ~~~としちゃうんですよね。
でもそうするとしばらく間があいたり・・・・・。
こんな感じでマイペースですが
よろしくお願いします・・

Mamさんはミニシアター系、今年になってから
順調に鑑賞されていますね~~
私はミニシアターはいついけるか・・・。
例の私の好きな旧作も鑑賞されていて・・・うらやましい。
あとでコメントさせていただきますね。


THE SOCIAL NETWORK・・・・いろいろ賞もいただいていますよね。
勢いのある映画なので
楽しむことができると思いますよ。
才能のある方はやっぱり・・・すごいわ・・・って思います。


きかっけは特別なことでなくっても
結果、大きな事を成し遂げてしまうというのが
天才ならではってことですよね。
普通人にはなかなかできませ~~ん。
アイデアも浮かんでこないしね。

<顔も名前も出してのサービスだったんでしょうが、
これだけ不特定多数に広がるとどうなんでしょうね。
私なんか無理です(笑)>


私も無理だわ。
古い人間というか考えというのがあってね・・・
怖いわ・・・って思うところがあるのよね。


<ミクシィはネット友達からの紹介で一応登録をして、
最初は珍しくていろいろ試してたけど、最近はあまり活用してません。>

ミクシィは経験者なのね・・
私はそれも全然よくわからないのよ。
なんだか面倒でね・・・・笑

<それに、そんなにネットの輪を大きく広げたいとは思わない・・・(これがもう若くない証拠かしら>笑)>


うんうん・・・。実は私もそうです☆
気の合う人と・・のほほ~~んとマイペースでネットしていくのが
今はすっごく楽なんですよね。
あまり大勢だと、コメントも丁寧にできないし・・・。
まあ・・・うちは願っても大勢こないけど…笑


<世の中の進化で、かつては「SF」のジャンルだったものが、
現実のテーマとなって出てくるようになりましたね。>


そうですよね。
クローンもある時代だものね。
ネットがどんどん進化していったら
本当リアルな世界の人間関係がどんどん味気なくなってしまいそうですよね。


<では、現代のパワーのある映画を、私も近いうちに鑑賞したいと思います♪>


待っています~~~
あとで伺います

tsurubara さんへ


こんばんは。
遅くなりました・・・
こういう内容が制作される時代なんですよね。


<友達も、広く浅く・・になっちゃって、狭くても深く・・ってのがダサいとか感じるのかな?
でも、それってチガウよね?・・とか、この映画で色々考えが廻ったりもしてます。>


うんうん。そうですよね。
私はあまり浅いのはつまんないかな・・・って思ってしまって
やっぱり、付き合う相手に興味持っていたいしね。
だからといって、ダークすぎるのは疲れるけれど。
いてもいなくてもいいような・・・軽い付き合いはいやだわ・・・。

<どうして本当の双子を起用しなかったのか?ご本人たちに似た双子がいなかったのかな?
彼ら見て、なぜかつい「アリス・・」のディーとダムとか、ざ・たっち、とかを連想・・。(謎)>


ハハハ~~。そうですよね。
双子の俳優さんでもいいのにね。
アリスの双子は強烈よね。あれがボート漕ぐと思うと・・・もはや、コメディ…笑




<ジェシー君の「アドベンチャーランド・・」、近くのレンタル屋には置いてなかったんですよ。 >
え~~なかったですか。残念。
最近の青春映画なのに
ね。
うちの近くにもない映画多いんですよね。


<やっぱり、ネットレンタルに頼るしかないかな?>

あ~~それしかないのかな。流行りだものね。
私もネットレンタル興味あるんですけれど、
実は店頭で実際見てパッケージとかみてね・・・
ピピピ~~ときた感じでレンタルするというスリルも捨てがたいので
面倒でもお店に足を運んで借りています。


<昔のデイモン君とかジェイクとかみたいに、いつかは逞しい男子になれるのかしらん~?あんまり暑苦しくなっても困るけどね。(笑)>


そういえば・・みんなたくましくなっている・・・・笑

でもちょっと近寄りがたくて・・・。
暑苦しすぎると本当嫌よね・・・。


また遊びにいきます。

みみこさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございました。
この映画、面白かったですね。クールな面白さというか。。
マーク・ザッカーバーグ本人はこの映画を公認しているわけではないらしいのですが、フェイスブックにしたらすごい宣伝ですよね。
実際私の友人も、映画観た後すぐ登録した、って言ってましたし。
(私は実名ってところに躊躇するのでしていませんが)
で、この映画観て私がビックリしたのは、アメリカ(というか日本以外?)ではネット社会でも実名なんだ~、ってところなんです。
実名のほうが、書き込みなどの責任の所在を明確にする、という点ではいいのかもしれないですけど、問題は個人情報の管理ですよね。
映画でも、ハッカーたちにしたらセキュリティなんか無いも同然でしたし。。
これから、日本でも実名化が進むのか?っていうのが、私が映画を観て一番考えさせられたところです。
ジェシー・アイゼンバーグがハマってましたね♪ アンドリュー・ガーフィールド大好きです。

Re: タイトルなし

真紅さんへ


< マーク・ザッカーバーグ本人はこの映画を公認しているわけではないらしいのですが、フェイスブックにしたらすごい宣伝ですよね。>

本人は公認していない・・・そうですよね。映画では性格悪・・って感じですものね。
確かに相当の宣伝ですよね。

<アメリカ(というか日本以外?)ではネット社会でも実名なんだ~、ってところなんです。
実名のほうが、書き込みなどの責任の所在を明確にする、という点ではいいのかもしれないですけど、問題は個人情報の管理ですよね。>


そうですよね。私は実名って考えられないな。
根底に怖いっていうのがありますし・・・・。
でもいづれ、そういうことが平気な世の中になっていくのでしょうね。

< ジェシー・アイゼンバーグがハマってましたね♪ アンドリュー・ガーフィールド大好きです。>


主役の彼・・・ハマっていましたね。
アンドリュー・ガーフィールド・・・彼目当てで鑑賞っていう方、ブログのお友達でも
多いです。人気なのね。次にスパイダーマンでしたっけ?
私は映画ではお初・・・でした♪

アカデミー賞・・・どうなりますか。
気になりますよね。

こんにちは

あ~、虚しい感じがよく出ている映画でしたね。
人間関係を崩してしまった主人公の孤独が、あのラストシーンに収斂されていたと思います。
しかも本人は金儲けにはさほど執心してしなかったというあたり……。
ジェシー・アイゼンバーグはそんな人物になりきっていましたね。
本当に見事でした。
アンドリュー・ガーフィールドがオスカーノミネートから洩れてしまったのは残念ですが、彼にはがんばってほしいものです。でもまだ『英国王のスピーチ』を見ていないから、それを観たらコリン・ファースに傾くかもですが(笑)。
とりあえずデヴィッド・フィンチャー、良作つづきですね。
アカデミー賞が楽しみです!

リュカ さんへ

こんにちは。
遅くなってごめんなさい。
ラストシーン、印象的でしたね。
本当は彼女に、うれしい一言を言ってもらいたかったんですよね。
なかなか本心は伝わらなくって・・・。
あ~~~そう考えると、せつなくもあるな・・。

<アンドリュー・ガーフィールドがオスカーノミネートから洩れてしまったのは残念ですが、彼にはがんばってほしいものです。>

そうなんですよね。
意外でした。
他にもいい作品がいっぱいあるのかな。

<でもまだ『英国王のスピーチ』を見ていないから、それを観たらコリン・ファースに傾くかもですが(笑)。>

私もこちらの映画もとっても楽しみです。
英国映画だしね~~~♪

<アカデミー賞が楽しみです!>

はい・・・私も。
候補作
今年は出来る限り観たいな~~
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク