カサンドラズ・ドリーム 夢と犯罪

ウディ・アレンの 夢と犯罪  (2007  イギリス)


CASSANDRA'S DREAM

カサンドラズ・ドリーム 夢と犯罪(レンタルソフト題)




 監督: ウディ・アレン
製作: レッティ・アロンソン
スティーヴン・テネンバウム
ギャレス・ワイリー
製作総指揮: ヴァンサン・マラヴァル
脚本: ウディ・アレン
撮影: ヴィルモス・ジグモンド
プロダクションデ
ザイン: マリア・ジャーコヴィク
衣装デザイン: ジル・テイラー
編集: アリサ・レプセルター
音楽: フィリップ・グラス
出演: ユアン・マクレガー イアン
コリン・ファレル テリー
ヘイリー・アトウェル アンジェラ
サリー・ホーキンス ケイト
トム・ウィルキンソン ハワード
フィル・デイヴィス ナーティン・バーン
ジョン・ベンフィールド イアンとテリーの父親
クレア・ヒギンズ イアンとテリーの母親

 ロンドン南部に暮らす労働者階級の男イアンとその弟のテリー。
イアンの夢はホテル事業への投資。そしてビジネスマンとして新たな人生。
弟テリーの夢は、恋人ケイトと暮らす家を手に入れるということだ。
そんなある日、
欲しかった小型クルーザーが、弟テリーのギャンブルのもうけ金で手に入ることに。
“カサンドラズ・ドリーム号”と名付けたその船。
しかし船を手にしてから金運はよくならなくなる。
テリーのギャンブルは失敗。借金のみが残る。
イアンは若い舞台女優アンジェラと交際するために、なんとか、金を工面しなくてはならない・・・・・。
そんなとき、おじのハワードから危ない話がもちかけられる。



感想

お勧めされていたし、なにしろ、ユアンだし・・・とことで
鑑賞。
あ~~~冒頭から耳に馴染むこの音楽は
フィリップ・グラス !!
いいね~~~。
今度のユアンはジャガーにのって羽振りも良さそうでカッコイイ・・・。
と思ったら、みせかけだけだった・・・
でも、うわべだけでも素敵。
もともと悪い人じゃあなかったわけだしね。
弟はコリン・ファレル。
この兄弟・・・仲が良いんだよね。
いいわ~~~。困った時も相談しあえる仲。
うらやましいとさえ思ってしまうわ。
初めユアンとコリンの兄弟ってどうよ?似てないしなと疑問を投げかけていたわけだけれど
見始めていくと全然気にならない。
キャラの性格づけもきちんとされていて
自然に2人に共感もってしまっていました。
だって、本当に根はいい人なんだもの。


しかし、ユアン考えたよね。
弟の仕事場のクルマをのりまわすなんて。
ジャガーもなんでも、自由自在って感じよね。
でもそんなずるいこと考えるユアン。
許せてしまえるんだな・・・これが・・・・笑


弟のコリンも、こちらもいい人なんだよね。(何度もいって申し訳ないが
あの悲しそうな眉毛みていると、優しくせっしてあげたくなるよね)
ギャンブルするわりには、穏やかな感じでさ。
いや、ギャンブルする人ってこういう人こそが危ないのかな。
どんどん深みにはまってしまってしまいには取り返しのつかないほどに・・・。
う~~ん、可哀そう。
恋人もいるんだから真面目に働いていたらいいのにね。


そんな2人につけこんだのが、おじさん。
悪い奴だよね。
自分でかたをつければいいのに。




ほんの些細な出来事で転落していく人生。


そうかもな・・・と思える。
きかっけはなんでも些細なことなのかも。


変に見栄を張ってはいけないよね
堅実に生きていけばこんな最悪な状況にはならなかったかも。

最後もね・・・
意外だった。
まさか、こんな形で。



お気に入りの船を購入してさ・・あこれからだというときに
結局その船が2人の最後の場所になるなんて
なんともお気の毒。

とくにひねりのあるサスペンスではないけれど、
魅力あるユアン&コリン兄弟の演技で
最後まで
楽しませてもらった作品。


それにしてもユアン・・
あの若い女優がそんなに良いかい?
それほどでもなかったではないかい?…笑
人生、金と女には気をつけろって感じだよね。


「マッチポイント」よりは地味な感じだったけれど、
ロンドンの風景はやっぱり素敵。


ロンドンを舞台に描いた3部作の締めくくりと言われているけれど
あとひとつは
何。あ・・『タロットカード殺人事件』なのね。
これはどうなのかな・・・。
アレンが出演だよね・・・どうしようかと迷う感じ…笑

yumetohannzaisub1_large.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク