灰色の虹      著   貫井徳郎

灰色の虹      著   貫井徳郎





身に覚えのない殺人犯としてある日突然逮捕された江木雅文。
由梨恵という恋人もでき、幸せの絶頂だった彼は一気に奈落の底へと落とされた。
無実を訴えても誰も信用してくれない。
結局、実刑をくらうことに・・・。
その日から、彼の生活は一転。家族も恋人も全て失ってしまった。
自分の人生を滅茶苦茶にされた思いから彼は恨みを覚えて。
そして、彼の事件を担当した刑事、検事、弁護士……と次々と殺されいく。
犯人は江木なのか。




感想



貫井さんの新作。
読み応えありました。冤罪の恐ろしさがひしひしと伝わってくる物語。
周防監督の「それでもボクはやってない」という映画を同時に思い出しました(痴漢の冤罪)が、
こちらはその映画よりもひどい状況。
殺人の罪ですからね。
刑事の必要なまでの尋問。
誘導質問のようなものもいくつか。
疑わしいければ、罰せよです。
なにか釈然としないものがわいてきます。
状況証拠しかなく、唯一の強力なものが自白。
しかしその自白も、追い詰めて、追い詰めて、その中で無理やり言わされてしまったという形です。
刑事伊佐山の強引さに憤りです。
昔かたぎの刑事さんなんですよね。その強引さが良い面に働くことがあるかもしれません。
刑事ならではの勘も大切にしなくてはいけないと思います。
でも、主人公に対してのやりかたは
どうにも、不自然。
無理やりだよと思わずにはいられません。

裁判官そして弁護士。
それぞれが、自分たちの仕事を一生懸命にこなしていたのかもしれません。
それでも、裁判官も弁護士も、一人の人間。
人にはいえない、秘密ももっているだろうし、
仕事の中で間違いもおかしているのかもしれません。


唯一の証言者。
あまりにも曖昧な証言に腹が立ちます。
人間の記憶のなんて不確かなこと。
人の一生を左右するような重要な証言を
軽い気持ちで行ってしまうことへの情けなさ。
有名になりたい、好奇心を満足させたいという身勝手さ。
もう・・・イライラします。


貫井さんの「乱反射」同じく、ほんの些細なことの積み重ねが
一人の人間を、不幸な状況に陥らせてしまった・・・
そう取れますが・・・、
それだけで簡単にかたずけられない問題ですよね。
なにせ、主人公は人生滅茶苦茶にされたんだもの。


彼の家族の不幸が一番つらかったです。
出所しても白い目でみられてしまう彼。
そして
やっと心を開くことができた恋人にまで・・・・。
どんなにつらかったでしょう。
生き地獄ですよね。
その中で母親の最後まで諦めない強い気持ちに心打たれました。


事件の関係者を
殺したのは本当に彼なのか。
最後に意外な結末が訪れます。


最終章は・・・
ちょっとウルウルしますね。
これから先、明るい未来があるであろう・・・2人を予感できる内容。
しかし待ち受ける現実は、悲惨そのものだと読者は知っているわけですから。


悲しい物語でした。


haiirononiji.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク