アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー  (2006  日本)





監督: 中村義洋
プロデューサー: 宇田川寧
遠藤日登思
エグゼクティブプ
ロデューサー: 宮下昌幸
アソシエイトプロ
デューサー: 石田雄治
原作: 伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』(東京創元社刊)
脚本: 中村義洋
鈴木謙一
撮影: 小松高志
視覚効果: 橋本満明
美術: 林千奈
編集: 大畑英亮
音楽: 菊池幸夫
音楽プロデューサ
ー: 佐々木次彦
音響効果: 佐々木英世
主題歌: ボブ・ディラン
『風に吹かれて』
スタイリスト: 小林身和子
照明: 松岡泰彦
録音: 高野泰雄
助監督: 平林克理
出演: 濱田岳
瑛太
関めぐみ
田村圭生
関暁夫
(ハローバイバイ)
杉山英一郎
東真彌
藤島陸八
岡田将生
眞島秀和
野村恵里
平田薫
寺十吾
恩田括
キムラ緑子
なぎら健壱
猫田直
土井原菜央
中村尚
佐藤楓
松田龍平
大塚寧々



大学進学のため仙台に引っ越してきた・椎名。
そこで彼は隣の住人、河崎と出会う。
ある日、河崎は椎名にある誘いをかける。
<同じアパートに住む引きこもりのブータン人留学生ドルジに広辞苑をプレゼントするため、
本屋を襲わないか>と。





感想


これはですね・・・数年前に録画に失敗して途中で終わってしまったという苦い過去がある作品・・笑
今回
TVKで放映で早速録画、鑑賞しました。


最後まで続けてみることができて良かったわ。



濱田岳君と言えば、もうパパパパ~~ン♪のCMで有名になっているのでは。
でもこの頃って
まだ知らない人が多いんじゃない?ここまで有名ではなかったのかもしれないけど、
そういう状況での主役って凄いよね。
この映画でも、年齢不詳ですでに気になる存在。

この映画って途中からがらりと雰囲気が変わる映画で・・・。
そこが魅力でもあるのだと思うわ。
もちろん、原作あり気なんでしょうね。(原作は未読)


しかし、表題がああいう風にからんでくるとは・・・・。意外でした。


最初にブータン人と思われていた人。
本当にそう思えてしまうのが、うまいわよね。
まんまと騙されてしまいましたよ。


本屋を襲撃という流れに
すんなりと、濱田君が参加してしまうのは疑問に感じるし、
字が読めないという某氏の設定も、あれだけ、日本語がうまいのに・・どうよ・・・と
いろいろ細かい疑問は感じるのですが、
やっぱり最後には泣かされてしまう・・・

青春映画として良くできているな・・・って思いますね。


伊坂幸太郎はまったく読んだことがないので
機会があれば挑戦したいです。



1709657.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク