接吻 (2006  日本)

接吻 (2006  日本)



監督: 万田邦敏
プロデューサー: 仙頭武則
ラインプロデュー
サー: 佐藤公美
協力プロデューサ
ー: 古賀俊輔
脚本: 万田珠実
万田邦敏
美術: 清水剛
撮影監督: 渡部眞
衣裳: 高橋さやか
音楽: 長嶌寛幸
照明: 和田雄二
装飾: 龍田哲児
録音: 臼井勝
助監督: 久保朝洋
出演: 小池栄子 遠藤京子
豊川悦司 坂口秋生
仲村トオル 長谷川
篠田三郎
大西武志
青山恵子
馬場有加
菅原大吉
佐藤貢三
平栗里美
宮田亜紀
美月まどか
杉山彦々
八波一起



遠藤京子は、人との付き合い方が苦手で
孤独な日々を送ってきた。
ある日彼女は、親子3人を惨殺した坂口秋生という犯人の逮捕劇を
テレビを目にし、感じるものがあった。
事件に関する記事のスクラップを開始し、坂口に関する情報収集に夢中になっていく京子。
ついに弁護士の長谷川のもとを訪れ、
坂口への差し入れを取り次いでほしいと依頼する。




感想


冒頭から見入ってしまいました。
事件発生までは実に淡々・・・。
無表情で、ことを成し遂げていくトヨエツに心底ゾゾ~~としました。
平穏な昼下がり。
一軒、一軒、確かめていたのは
鍵がかかっているかどうか・・だったのね。
そして鍵がかかっていない家をみつけてそっと忍び込むトヨエツ。
ここ・・・怖いよ・・・・泣。

子どもの学校帰りが近かったんだろうね。鍵をあけっぱなしにしちゃったのは。
自分もこういうこと、気をつけなくてはいけないと、心に誓ったよ。
防犯はしっかりしなくては。

その家で起きたのは家族3人の強盗殺人。
結局トヨエツは、家に一人でいた奥さん、帰ってきた子ども
そして旦那とつぎつぎに殺しちゃったわけよ。
こ・・・怖い。


当然、この殺人犯の心理は観ているものとしては、よくわからない。
人を何の痛みも感じずに殺害する人の心境などわからなくて当然だとも思うし。

物語はここから・・・。
このトヨエツの一連の行動をテレビで知った
OLの小池栄子演じる遠藤京子がこの殺人犯に共感をもったところから始まる・・・


彼女は、トヨエツの気持ちがわかると感じたんだろうね。
彼のもつ孤独感と彼女の孤独感は同じだと直感的に感じたのだと思う・・・。
ただ普通人からしてみれば
いくら抱えていた悩みが同じだと感じても(一方的に彼女が感じていたのだが)
そもそも相手は殺人犯で、人を殺しているという事実が目に前にあるわけでしょ?
そこを考えない状態で
人間自体に興味いや・・それ以上、同士的な意味合いや
はては親近感的なものまでに発展していく
彼女は
どう考えても
常識を逸脱しているとしか考えられないわ。
人ってそういう感覚ももてるのかな・・・。
京子みたいな境遇に置かれたことがないからしかたがないといえば、しかたがないんだろうけれど。
自分本位の考え方であるとしか言いようがないとも思うね。
自分だけが貧乏くじを引いているみたいな甘えの構造が見える気もするよ。
なんでそんなに自分が不幸の存在なんだろうと、マイナス趣向で考えるのかな。




たびたび仲村トオル演じる弁護士長谷川が
京子の言動に対して
いろいろ助言するわけだけれど・・・・。
それらはまあ・・・当然の内容に感じるわけよ。
純粋なあまり
思い込みが激しくなっていく京子を心配する長谷川弁護士の心境は
観ているものの心境と重なっていくわけでもあるのよね。



京子が感じる孤独も・・・・
会話の中でいろいろと明らかにはなっていく・・・・。

言いたい思いはわかる・・・・
世間から自分がどういう扱いをされているかというのもわかる・・・



でもだからといって、
こういった突発的な行為(殺人者に親近感をもつ・・・)には
やっぱり、飛躍しるぎなんではないか…京子、と思わずにはいられないのです。


トヨエツは、
京子の申し出通り
結婚を受け入れる。


やがて、ほとんど事件に関して口を閉ざしていたトヨエツ演じる坂口の
心境に変化がみえてきて・・・。(自分を慕ってくれる京子という存在ができたことによって)
事件のときの様子にうなされるようにもなってくる・・・。


トヨエツの変化→それは、控訴するという行為にもつながっていく。

京子が感じていた、トヨエツとの
仲間意識。
それは
徐々に崩れていき・・・・


ここらへんの京子の言い分というか
心境の変化はわかりづらい・・・ところではあるよね。
トヨエツが控訴をすると
どうして自分との関係が崩れてしまうのか・・・。

自分には何の相談なく控訴を認めてしまった坂口。
当初通り判決の死刑をすんなり認めることなく
新たに裁判をやりなおし、彼が犯罪に走ってしまった背景を
世間に訴えていくという・・・・
彼女と坂口と2人だけの世界だったものが
なくなってしまうのが怖かったんだろうね・・



そしてラスト。



そうきたか・・・・。
ああなるとは思っていたけれど、
もう一つの行為にはビックリ。
まさか、相手が長谷川だとは。




いろいろ考えさせられるラストだったけれど
本当のところはよくわからないわ。
やっぱり、坂口に心酔する京子にどこか違和感を感じていたから
最後もわかりたくないっていう思いが私の中にあったんだろうね。

そもそも、
常識をかけ離れていれば
それはやっぱり理解できないよ。


seppunn148365_1.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おお~っ

みみこさん、こんばんは。
奇遇です~~私もこれ、最近見たばっかりなんですよ。
ブログUPはまだだいぶ先になりそうだけど;;
京子って・・私も最初は少しは理解出来てたと思うけど、
どんどん自分本位(自己満足)で突っ走って行っちゃって
途中から、坂口の表情も「え?」みたいな感じに見えて、ちょっと可笑しかったです。
あのラストは、ねぇ~~絶対、坂口には京子はそうする!って思うよね。
逆に、なんで長谷川にその予想がつかなかったのか不思議でした。
あ、もう一つの行為(長谷川への事)は私も予想つかなかったけどね。(笑)
・・と言うか、その行為自体が何を意味してるのか解りません!
加えて、どうしてそれがタイトルになってるのかも解りません!(^^;
・・ブログ感想も同じ事書くかもしれないけど、まずはみみこさんに・・(笑)

tsurubaraさんへ


こんにちは。
遅くなってごめんなさい。

わ~~これ観たのですか?
TVでやっていたのかしら。それともレンタルで?

私は何か一本邦画を見たいと思って・・・いて。
中でもトヨエツ出演がいいな・・・と。
時代劇とか不倫劇とか・・彼のはいろいろあったけれど
小池ちゃんとの共演のこれが一番興味そそられたので選びました。

そしたら・・・重かった・・・・笑
冒頭から殺人は出てくるし、
ドヨよ~~ンとはしたけれど、どう小池ちゃんが行動していくのが
気になって最後まで見入ってしまいましたよ。

京子の行動って。。。
そうね・・ああいうふうに、孤独感を募らせていく
心境はわからなくはないけど・・・。
あの弁護士に、私はそんなに自殺したそうな女に見える?
な~~んて問いかけには
私もう~~んって考え込んでしまったわ。
そういう風にレッテルを貼られてしまうのは耐えがたいものだったんだろうね。

だからといって
殺人者にどんどん気持ちを押し付けていくところは
ちょっと異常に感じたかな。

<途中から、坂口の表情も「え?」みたいな感じに見えて、ちょっと可笑しかったです。>

坂口…驚いただろうね。。


そうそうあのラスト、
弁護士にプレゼントを渡したあたりから
何か起こるって気がしたし
坂口と面談するあたりでは・・・
あ~~~そうするか?しそうだな・・・っていう雰囲気あったものね。

<長谷川にその予想がつかなかったのか不思議でした。>

うんうん、まだ甘いよね長谷川。。。笑

タイトルの意味もわかりづらいよね。
最後に出てきたけど。
あの長谷川弁護士はあの小池ちゃんに気が合った風に見える?
あの〇〇は意味があっての行動なのかな。
それとも衝動的にか。自分を気にしてくれている長谷川だから
ああいう行動に出た?
って・・・全然わかっていないので
感想UPのときは是非是非推測でいいので
新たな見解、教えてくださいな。

ところで


そちらのブログでコクーン2を見つけました。
私も1、2と見たわ。
懐かしいな~~
結構好きな作品・・笑


さらに・・暑い毎日ですが
ばてない様にお互い気を付けましょうね

みみこさん、こんにちは。
これはすっごいインパクトがあって心に残っています。
京子像が強烈でしたよね。
理解はできない、もちろん共感だってできないけれど、あの孤独の最果てにいってしまった彼女のこれまでの人生を考えるに、ぞっとしないというか……。

>彼女と坂口と2人だけの世界だったものが
なくなってしまうのが怖かったんだろうね・・

この辺もね、見ていて辛かったです。
あまりにも彼女が痛くて。痛々しくて。
この勘違いっぷりは常人の域を超えてますね。

わたしも絶対に彼女の心情は判らないけれど……
小池栄子の凄い演技力があって飲み込まれてしまいそうでした。
最後の接吻は彼女を拒んだ通常社会への復讐だとわたしは考えています。

リュカさんへ

こんにちは。
これ、リュカさんもすでにチェックしていたんですね。
結構、強烈な印象残しますものね。

<あの孤独の最果てにいってしまった彼女のこれまでの人生を考えるに、ぞっとしないというか……。 >


そうですよね。
きっと苦しかったんでしょうね。


痛々しくなっていく彼女は…確かに観ていられなくなりますよね。

<小池栄子の凄い演技力があって飲み込まれてしまいそうでした。>



いや~~凄かったですよね。
昔テレビの大奥で…彼女観たことがありますが
とにかく目力が凄かった記憶が・・・・・笑
今回は最初穏やかだった分
最後のあの、突っ走り方におののいてしまいました。

<最後の接吻は彼女を拒んだ通常社会への復讐だとわたしは考えています。>


なるほど・・・
社会に対しての復讐って、坂口にも面会時に言っていましたものね。
いや~~~でも、ああいう行動ができちゃうところは
女だからなんだろうな・・・
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク