猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011   アメリカ)


RISE OF THE PLANET OF THE APES




監督: ルパート・ワイアット
製作: リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
製作総指揮: トーマス・M・ハメル
脚本: リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
撮影: アンドリュー・レスニー
プロダクションデ
ザイン: クロード・パレ
衣装デザイン: レネー・エイプリル
編集: コンラッド・バフ
マーク・ゴールドブラット
音楽: パトリック・ドイル
シニア視覚効果監
修: ジョー・レッテリ
出演: ジェームズ・フランコ ウィル・ロッドマン
フリーダ・ピント キャロライン
ジョン・リスゴー チャールズ・ロッドマン
ブライアン・コックス ジョン・ランドン
トム・フェルトン ドッジ
アンディ・サーキス シーザー
デヴィッド・オイェロウォ
タイラー・ラビーン
ジェイミー・ハリス
デヴィッド・ヒューレット
タイ・オルソン
マディソン・ベル
マケンナ・ジョイ
カリン・コノヴァル
テリー・ノタリー
リチャード・ライディングス





  アメリカ、サンフランシスコ。
製薬会社の研究所でアルツハイマー治療の研究をする
科学者ウィル・ロッドマン。彼の父親もまたアルツハイマーだった。
あるとき、新薬を投与したチンパンジーの知能が驚異的に発達したことを発見したが
その研究発表中、チンパンジーが暴れ出してしまう。
実は妊娠していたのだ。
プロジェクトは中止。
妊娠していたチンパンジーは殺されたが子供は無事。
ウィルは生まれたばかりの赤ん坊を秘かに引き取ることになってしまう。
シーザーと名付けられたチンパンジーは母親の遺伝を引き継ぎ恐ろしく優秀な脳をもつ
猿へと成長する。
数年後のある日、
ウィルの父を助けようとして隣人とトラブルを起こしまったシーザーは
類人猿保護施設へと送られるが。







感想


あまり期待していなかったのですが面白かったですね。
題名通り、「猿の惑星」シリーズの前章という設定です。
この手の作品では、今年観た、XーMENファースト・ジェネレーションが記憶に新しいところ。
XーMENシリーズの前章として、その後の作品とうまくリンクするように作られており
思わず、ブラボー☆って感激したわけですが
これまた、この猿作品で・・・ブラボー~~~☆を発するとは思ってみなかったです。


「猿の惑星」5作ほど作られているそうですが、私が観ているのは
第1作68年のものだけです。
リアルタイムではないですよ・・・笑
子供の頃、吹き替えで放映されていたTV板を観たのですが、すっごい衝撃でした。
なにせ、今まで映画って美男美女が出てくるものしか観たことがなかったので
こんな(失礼・・・当時はこのお顔が怖かった)猿の顔した人間が
ペラペラしゃべって
さらには、人間狩りしているなんて・・・想像できない世界だったのです。
そしてあのラストだものね。いまだ記憶に残っています。(ちなみに最近TVでも放映されていましたよね)

その1作目に繋がっていくだろうと想像できるのが
この今作、↑猿の惑星:創世記(ジェネシス)。
伏線がうまく張り巡らされているじゃあないですか。
うれしくなってそうきたか!!と思わず手を叩いてしまいましたよ。



この作品については予備知識があまりなかったのも、良い結果を生んだのだと思います。
主役はジェームズフランコで、彼が猿にでもなるかと思っていましたが(バートン作品を連想)
猿自身が主人公だったんですよね。
良かった・・・・笑


このシーザーちゃん。生まれた時はとっても可愛いです。
ミルクを飲む姿なんてキュートでした。
それが年月がたつにつれ、結構大きくなってきて・・・。
確かにあんなに大きくなってしまうと、周りの何も知らない人間たちはちょっと引いてしまいますよね。
力も見るからに強そうに見えるし、怖いな・・・って思います。


知性が高いシーザーなので
成長するにつれ周りの状況をだんだんと理解していきます。
自分の存在がどういうものかってね。
人間が飼っている犬と遭遇した時、自分もペットの一員かとウィルに尋ねたりするのも
自分の扱われ方に不満を感じてきたからですよね。
僕だって人間と同等だ・・・と思っていたのかも(セリフはないのでその目の、仕草から想像)
確かにあんな痛そうな首輪で繋がれていては
利口なシーザーにとっては、屈辱的でもありましょう。
ウィルも本当のことをシーザーに伝えなくてはいけないと思い
彼の出生の秘密を教えたりもしましたが(母親は死んだということ)
そのとき、シーザーはどんな思いでその話に耳を傾けていたのでしょう。


そう・・・この映画ってほとんどしゃべることのない(チンパンジーなので人間の言葉はしゃべらないの。但し
人間の言葉は理解できて、手話も多少できる)
チンバンジー、シーザーに、自然と感情移入してしまう、そんな物語なのです。
主人公の役割を堂々とつとめています。
もちろん、本当のチンパンジーが演技しているのでなく
技術の賜物で、そう見せているのですが(表情は俳優さんのものでそれをCG化しているとか)
本当によくできています。




病気のウィルのお父さんを助けるために、隣人を襲ってしまったシーザー。
彼は施設に送られる羽目になるのですが
その施設はとんでもなくってね。動物を愛情もって、飼育するって感じじゃなく
奴隷のように、扱っていました。可哀そう・・・シーザー。
良く似合うお洋服もそこにいるチンパンジーに脱がされてしまうし、
飼育員のハリポタのマルフォイ…笑、いや、トム・フェルトンに、ひどい言葉を浴びせられて
今までの温室育ちのシーザーにとっては青天の霹靂
でしょう。
あのまずそうなご飯は何よ・・・。それにしてもトム・フェルトンはハリポタに続き、憎まれ役が似合いすぎ。





この施設で徐々にリーダーとしての能力を発揮していく様は見どころ十分。
他のチンパンジーは普通の猿たちなので(そんなに利口ではない)どうやって統制していくかと
思いきや、シーザー、ウィルのところから新薬を盗み、それを活用していくとは
さすがに頭いい!!



仲間の中には、サーカス団にいたオラウータンがいて
その猿は手話ができたのよね。(サーカス団なので人間に訓練されていたのか)
思わずシーザー良かったよ、心通わせる猿がいて!!と友達のように喜んでしまいました。

しかし、洋服脱ぎ捨てたら
どれもみな同じチンパンジーにしか見えないのではないかという疑問も消えるほど
しっかり、一人一人、いや、人猿、人猿、表情や体格が違っていて
これまた判別ができるんですね。まあ、シーザーは目の色が違っていたり
傷があったり、と他の猿とは違った特徴があるのですけどね。


さあ。。。それからは
このチンパンジーたちの大反乱。派手なアクションいっぱい観ることができます。
馬に乗ったチンパンジーも出現☆
自由を求めての、活躍には、観る私は人間側ではあるのですが、応援したくなりますね。


そして
お約束通り、最後には育ての親、ウィルとの
別れが待ち受けています。
思わず涙。まさか、チンパンジーに泣かされるとは。
決別シーンは悲しさと同時に
どこか晴々とした思いを感じさせます。
シーザーのことを考えたらこれがやっぱり一番正しい道だと感じるからかな。



・・・・・・
その後、どう人間が滅びていくのかが
知りたいところではありますが
想像するというだけでも十分な楽しみにもなりますね。


それにしても上映時間
100分ちょいで、無駄を極力省いた作りには好感もてます。
だらけたところが一つもないもの。
華を添える感じで、フリーダ・ピントも良い味だしていました。
ウィルのシーザーに対して扱いに
疑問を投げかけるところなんて
観ているこちらも考えさせられることだったわ。
たしかに科学の進歩のために
何かを利用するというのは一長一短あるのかもしれないよね。




ウィル家の隣人のパイロットのおじさんは
やたら災難に遭遇し
意外と出番が多いなと思っていましたが
最後にこういう風にからんでくるのですね。
確かにそういうストーリーなら
1に続く感じに違和感ないものね・・・・・・・。





ちなみに時間的な関係により
今回は吹き替え。
だから、シーザーが初めて人間の言葉を発する場面は
日本語で。
やめろ~~って・・・笑



考えてみたら、68年の「猿の惑星」時、吹き替えだったし
これはこれで、日本語をしゃべるチンパンジーに久々に遭遇したということで
貴重な経験になりました…笑




saruwausei.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

アルツハイマーの新薬を投与され驚異的に知能が発達したチンパンジー。だが突然凶暴になり警備員に射殺されてしまう・・が、そのチンパンジーのお腹の中には赤ん坊がいた。

人間は万物の霊長か?~『猿の惑星:創世記/ジェネシス』

 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...

コメントの投稿

非公開コメント

観ました^^

みみこさん、こんにちは~。
新しくできたシネコンで、主人と観てきました^^
面白かったですね!
少し前にゴローちゃんが、散々なこと言ってましたが、惑わされちゃいけませんね(笑)
赤ちゃんシーザー、可愛かったですね^^
ウィルがシーザの人(?)格をちゃんと認めて接しているところがよかったです。
施設での扱われ方はヒドいですね、マルホイ飼育員(笑)予想通りの末路でした(^_^;)
シーザーがリーダーとしての能力を発揮していくところは気持ちよかったですね^^
施設を出た猿たちがいきなり増えていたのには、びっくりしましたが(笑)
ウィルとシーザーの別れの場面もよかったですね、いくら猿でもあの高い木にはハラハラしました(笑)
そうそう隣のおじさん、ちょいちょい出てきたのでなんでだろ~って思ってましたが、
結構重要な役を担ってたんですね(^_^;)
パイロットのおじさんが活躍する(!)続編あるんでしょうかね、でも違う映画になっちゃいますよね。
ジェームズ・フランコの笑顔はやっぱり素敵(*^_^*)

ポルカさんへ


こんにちは。
お夫婦で御覧になったのですね。
うらやましい~~。うちはまったく興味なく・・・。
迫力ありましたら、男女問わず楽しめますよね。


<少し前にゴローちゃんが、散々なこと言ってましたが、惑わされちゃいけませんね(笑)>


え~~そうなんですか。たまにあの番組観ますが、かなり趣味入っていますよね。
この間はこち亀が一位になっていてビックリしました・・・笑


赤ちゃんのシーザー、本当に可愛かったですよね。
お利口さんでした。

<ウィルがシーザの人(?)格をちゃんと認めて接しているところがよかったです。>


そうですよね。ウィル、自分の家族のように接していたものね。

<施設での扱われ方はヒドいですね、マルホイ飼育員(笑)予想通りの末路でした(^_^;) >


うんうん。ハリポタの記憶も新しいうちに同じようなキャラで
可哀そうな気もしましたわ。俳優さんのイメージが確立してしまいそう・・・笑
明るい青年役もやりたいだろうな~~


<シーザーがリーダーとしての能力を発揮していくところは気持ちよかったですね^^
施設を出た猿たちがいきなり増えていたのには、びっくりしましたが(笑)>


シーザー貫録ありましたね。立ち姿が凛々しい・・
そうそう、猿多かったですよね・・笑
よくよく考えてみたら、施設のサルと、動物園の猿しかいないはずなのに。
橋の時はいっぱい~~~笑
そういえば、動物園で飼われていたサルたちは、とくに高い能力をもっていたわけでは
ないのだから、まとめあげるのに無理なのでは・・・と
あとあと突っ込みどころもでてくるけど、観ているときは全然きにならなかったですよね
そんなこと。
作品にパワーがあったものね。


<ウィルとシーザーの別れの場面もよかったですね、いくら猿でもあの高い木にはハラハラしました(笑)>


危ないよね…高すぎて…笑
身体能力がかなり発達してこちらもビックリです。


<そうそう隣のおじさん、ちょいちょい出てきたのでなんでだろ~って思ってましたが、
結構重要な役を担ってたんですね(^_^;)>


そうよね。
途中で職業まであかして何の意味があるのかと思えば
そういうことでしたか。気付かなかったわ。
研究員のおじさんも一人寂しく、ウィルスでなくなってしまい
可哀そうでしたよね。



<ジェームズ・フランコの笑顔はやっぱり素敵(*^_^*)>


そうでしたよね。
これがもっと、いや~~な感じの研究員だったら
あなたのせいで、チンパンジーがこんなことになったんじゃない!!と責め立てるところですが、どうにもこうにも。あんな父親思いで
彼女にも優しい素敵なフランコを見せつけられたら何もいえなくなりますよ。
彼も彼なりにいろいろ考えた末の、結果だったから・・・と
思えてしまうんですよね。



感想まっています~~

うわっ!

みみこさん、こんにちは!
きゃーーーー^0^
同じ日に記事アップしてたんだね!
しかも時間の関係で(爆)お互い、不本意ながらも吹き替え版を見て~
例の昼間の放送を見てるという・・・(^^ゞ
どこまで似てるんだか~~嬉しすぎるぞ!

で、感想なんだけど、同じー同じー!!!
なんか一緒に見て、ランチしながら喋っている感覚になっちゃったよ。

そうそう、私もあの手話の出来るサーカス団あがりのオラウータンには、
ここにもいたか!天才がっ!って思ったわー
シーザーとは違って、普通に生きて来た動物さんの中にも、こういう
賢い子はいるのね・・・。

それと隣人の人・・・(^^ゞ
笑っちゃいけないけど、なんかさんざん・・・だよね。
ちょっと気の毒でもある・・・。

さっきね、図書館から、1970年公開された、続・猿の惑星を借りてきて見たの。
続編ってことだけど、やっぱり、なんか微妙だった~
でも、えっ!って風な内容だったよ・・・
またテレビ東京で昼にやってくれないかな・・
放映したら、みみこさん、見てみてねー。

http://latifa.blog10.fc2.com/blog-entry-1038.html

お猿さんが怖い^^;

みみこさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございました。
吹き替えでご覧になったのね^^
あの「ノオォォォォォ~!」は度肝を抜かれましたよ~。
で、その後飼育員の人が「ヒースポーク、ヒースポーク」って言うのよ。字幕では「しゃべった、しゃべった」だったと思う。
「あ~、スポークってスピークの過去形か~」とか思いながら観ていました^^

フランコくんがお猿さんメイク、想像したくない(笑)。
でも、彼とかフリーダ・ピントより、完全にシーザー=猿目線で観てしまいますよね~。
シーザー、赤ちゃんのときホントかわいかったですよね!
でも、すぐに大きくなって、、かわいくないし怖いし(爆)。
でも賢かったですよね。。おじいちゃんのフォークの向きを変えてあげるシーンに感動でした。
68年版、私も観たいな~。

下流の宴

ねえーみみこさん、前に確か、こちらに下流の宴の感想か、記事があったと思うんだけど、
検索しても見つからないの。
どこに行っちゃったのかな・・・
教えてーー!

latifaさんへ



こんばんは。劇場映画はレディースデイに観にいったの。
朝早くだと吹き替えしかないのよね。・
その日は、子供も早く帰ってくるし、昼には家にいたかったし。
別にほっぽいてもいいんだけど、私の娯楽で家族に迷惑かけても
いけないし、そそくさと帰ってきたわ。

68年の猿の惑星は録画しておいて
そのあと観たんだけど、似たようなシーン(ホースで水掛ける)も再確認できて
楽しかったわ。随分、昔に観たので忘れているところもあったしね。
それにしても昔の映画って今見ると突っ込みどころもあって
見ごたえあるよね…笑

で・・・↑の映画ね。
オラウータン手話できるって驚きだよね。
クスリつかわなくてもそこまではできるのね。
これこそが、大発見って感じだよね。

<さっきね、図書館から、1970年公開された、続・猿の惑星を借りてきて見たの。
続編ってことだけど、やっぱり、なんか微妙だった~>

え~~そうなの?
さすがに私もお金出して借りようとまでは思わないのよね。
テレビ放映してほしいわ。
昔は続の方も何度かテレビでやっていたように思うけど
私もそんなに猿映画が大好きってわけじゃあなかったので(子どもだったし)
1しかみなかったのよね。

放映願うわ・・・・・

真紅さんへ


こんばんは。
吹き替えはちょっと残念だったわ。

<あの「ノオォォォォォ~!」は度肝を抜かれましたよ~。>
初めてのことばは、↑そういう感じだったのね。
迫力あっただろうな。
吹き替えだとちょっと強面のおじさんのような声質なのよね。

<その後飼育員の人が「ヒースポーク、ヒースポーク」って言うのよ。字幕では「しゃべった、しゃべった」だったと思う。
「あ~、スポークってスピークの過去形か~」とか思いながら観ていました^^>

わ~~きちんと英語聞いていらっしゃるのね。
印象的なシーンだものね。
あんなふうに話すようになるとは全然予想もしなかったものね。
でもやっぱりチンパンジーが話すのって怖いわ。


うんうん、猿目線よね。
感情移入しちゃうよね。


<でも、すぐに大きくなって、、かわいくないし怖いし(爆)。>

そうそう・・・
大きすぎ・・・・・笑
成長はや・・・・でしたよね。


<でも賢かったですよね。。おじいちゃんのフォークの向きを変えてあげるシーンに感動でした。>

人間でもあんな気の利いたことしないかも。
観て見ぬフリとかさ。
心もあるんだよね。
そういうところも感動するよね。


古い猿の惑星は
いつかテレビでやるかも。
昔はわりとよくやっていたような気がするのよね。


latifa さんへ


下流の宴


感想は書いていないかも
BBSでlatifa さんと会話したとき、ちらりと感想載せた気がするけど、
あらためて記事にはしていないと思うわ。


で・・・本読まれたのね。
興味あるので
みにいこうと。

こんにちは~

映画や読書も楽しめる時間が戻ったんですね~
やはりこういう時間が無いと、気持ちが落ち着かないもの・・(私だけかな?^_^;)

この映画、まだ観ていないのにコメントいれちゃってごめんなさいね~~
未見だから、みみこさんの感想の最後の8行だけ読ませてもらいました。
ほう~、日本語を喋るチンパンジー・・ね(笑)
私、2週間ほどは劇場に行かれそうもないので、もし間に合って見られたら
吹き替え版か字幕版で悩みそう・・(笑)

で、今日は地味映画にお勧めする作品では無いんだけど・・
ちょっとモヤモヤしながらも面白かった作品「木曜日の未亡人」はどうかな?と思って
お邪魔しました。
衝撃的なオープニングから、それを振り返るような展開なんだけど
とにかく謎が残ってしまう作品なの。
もしチャンスがあってご覧になったら、お話したな、というか教えてって感じです(^_^;)

ちょっと寒くなりましたね、いきなり風邪ひきました、私(-_-;)
みみこさんも気を付けてね~

みぬぅさんへ


こんにちは。
遅くなってしまいごめんなさい。
映画・読書習慣が戻ってきたと思ったら
また野暮用が・・・。
なかなかゆっくりできない感じでとほほです。


いえいえ・・映画観ていらっしゃらなくても
コメント歓迎です。
↑の映画は話題になっていますよね。
全然期待していなかったのですが
意外とうまくつくられていて、面白かったです。

今日。テレビで凶暴化したお猿さんのニュースをやっていましたよ。
人間おそっちゃうんだって。
映画同様に
お猿さんが人間おそうなんて、本当に怖いわって思ったわ。


で・・・みゅうさんは
素敵な映画ご紹介なのね。

<「木曜日の未亡人」はどうかな?と思って
お邪魔しました。>

全然知らなかったわ。
こういう掘り出し物紹介されると
すっごくうれしいです。
予備知識ない分、楽しめそう・・・


落ち着いたら
探しに旅に出ますので(近くにはたぶんないと思われる)
待っていてくださいね。


あと
風邪をひかれたとか・・

大丈夫ですか~~
今日は暑い感じですけど
日によっては急に寒くなったり
夜も寒いよね。

お大事にしてくださいね。

早く寝てください~~~ね

お世話になります(^^;

みみこさん、こんにちは!
TB有難うございました。
で、してもらったのをこちらからしてみたら、な、なーんと、
ふたつともちゃんと出来ましたよ!おおーっ\(◎o◎)/
やはりみみこさんの方から先に・・じゃないと出来ないのかもしれないけど、
これからも、同じ記事の時にはこちらからもチャレンジしてみますね。お世話になります。

で、猿!
ふふふ~みみこさんも、赤ちゃんシーザーに”ちゃん”づけしてる~(笑)
いや、ほんと可愛いかったもんね、ちゃんづけしたくなるよね。
感じた事は、ほとんど同じみたい・・シーザーに感情移入してしまうよね。
あ、フランコ君が猿にならなくて良かったね!(≧∇≦)
そう言えば、ティム・バートン版の猿・・も、またTV放映されるんじゃないかな?
だいぶ忘れてるので、今度は、一言じゃなくて流暢に喋る猿を堪能しようかな、と思ってます。
これは、確かマーク・ウォルバーグが主人公だったよねぇ?
猿にはなってないよね?・・え?元から猿・・?(誰もそんな事言ってないって?笑)

つるばらさんへ


こんにちは。
TBできたようで良かったです。
また時折ポチ~~としますので
その際はよろしくお願いします。

猿惑星は・・やっぱりチェックされましたね。
こんなにも話題作になるとは
私は思っていなかったな~~
実際見ていないとわからないってことありますよね?
ゴローちゃん意見だけじゃあ
全然あてにならないよね


お猿ちゃんは赤ちゃん時は本当に可愛いよね。
小さいからかな・・・
仕草が人間と同じだからかな。
でも
やっぱり
大きくなるとね。。。。迫力あって
ちょっと怖いな。。

<そう言えば、ティム・バートン版の猿・・も、またTV放映されるんじゃないかな?
だいぶ忘れてるので、今度は、一言じゃなくて流暢に喋る猿を堪能しようかな、と思ってます。>

ビンゴ☆なんです。
こちらでは
今週末かな・・・放映されるんですよ。
実は私きちんと観たことがなくって・・・
今回はしっかり観てみることにします。


<これは、確かマーク・ウォルバーグが主人公だったよねぇ?
猿にはなってないよね?・・え?元から猿・・?(誰もそんな事言ってないって?笑)


ハハ~~~
私も同じこと思っています。
そのままでもOKかなって・・・・・笑


プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク