君に届け

君に届け    (2010  日本)


監督: 熊澤尚人
製作: 大山昌作
鳥嶋和彦
島谷能成
村上博保
平井文宏
畠中達郎
阿佐美弘恭
石川光久
鳥羽乾二郎
プロデューサー: 野間清恵
山本章
エグゼクティブプ
ロデューサー: 奥田誠治
シニアプロデュー
サー: 菅沼直樹
製作指揮: 宮崎洋
企画プロデュース: 佐藤貴博
原作: 椎名軽穂
『君に届け』(集英社『別冊マーガレット』連載)
脚本: 根津理香
熊澤尚人
脚本協力: まなべゆきこ
撮影: 藤井昌之
美術: 橋本優
衣装: 宮本まさ江
編集: 高橋信之
音楽: 安川午朗
音楽プロデューサ
ー: 平川智司
音響効果: 北田雅也
主題歌: flumpool
『君に届け』
VFXスーパーバ
イザー: 田中貴志
スクリプター: 赤澤環
ヘアメイク: 持丸あかね
照明: 舘野秀樹
装飾: 鈴村高正
録音: 滝沢修
助監督: 橋本光二郎
スペシャルサンク
ス: 鈴木光司
高橋洋
中田秀夫
伊野尾理枝
出演: 多部未華子 黒沼爽子
三浦春馬 風早翔太
蓮佛美沙子 吉田千鶴
桐谷美玲 胡桃沢梅
夏菜 矢野あやね
青山ハル 真田龍
金井勇太 城ノ内宗一
東亜優
近野成美
松山愛里
広瀬斗史輝
山崎将平
松平千里
森村亜理紗
吉田桂子
山口龍人
ARATA 新井一市
富田靖子 黒沼陽子
(特別出演)
勝村政信 黒沼喜多夫





 椎名軽穂の大ヒット少女コミックの映画化。
高校1年生の黒沼爽子は
見た目が貞子に似てることから
すっかり怖がられ、クラスから浮いた状態。
一方、クラスメイトの風早翔太はクラスの人気者。
爽子にも優しく声を掛けてくれる。
風早のおかげで千鶴&あやねとやがて親しくなる爽子。
しかし、あるうわさが流れ始め・・・。





感想


TV録画で観ました。カットも多かったよね、きっと。
でも良かったな。原作は未読なので、原作派にすればいろいろと文句もでることだろうけれど、
私的にはOKでした。
だって、多部ちゃんが可愛いんだもん!!
性格的に可愛いのよ。見た目はけっして美人さんっていう風には感じないんだけど、
親しみやすい、可愛さはあるよね。
人の見ていない所で、さりげなく良いことをする・・・そんなけなげな姿に
お母さん世代としては、いとおしくなっちゃう。
貞子っていわれていたけど、どこが・・・?まあ、ちょっとぼそぼそしていて
陰気な雰囲気がそう思わせるんだけど、それほど怖い容姿ではないよね。


そんな彼女のことをず~~~と遠くから見守っている
まさに爽やかを絵に描いた少年・・・・笑、三浦春馬演じる風早翔太君。
個人的には爽やか過ぎて、逆に、面白みがないんじゃないと思ってしまったところもあるよ。
誰にでも優しいし、リーダーシップはあるし、いい子を絵にかいたような少年。
確かに、娘の母親だったら安心してお付き合いを認めることができるかもしれないよね。
私がもし、この世代だったら、もうちょっと、陰りのある少年の方が魅力的に思うけれど・・・笑
普段明るいけど、ちょっとしたところに孤独の影を引きずっているとかさ。
付き合うと面倒かな…笑


題名通り、思いを伝えるのができるかどうかが、このお話のテーマ。
それは友情でも恋愛でも同じこと。
思っていることはゆっくりでもいいから
ちゃんと伝えないといけないよね。

この2人相思相愛な雰囲気なんだけど
どちらもはっきりとそれを口にできないんだよね。
しだいに、あせりを感じてくる風早君が最後の方で好き・・・付き合いたい・・・って口にするんだけど
自信のない爽子ちゃんは、いい返事をしてあげられないの。
親に大切に育てられた爽子ちゃん。
親にも気を使って。
なんだか、いろんな面でわかるな~~~と思ってしまったよ。

お父さんが爽子ちゃんをすっごっく大切にしている気持ちも
これまたよくわかるよ・・・。


このお話
恋愛ばかりでなく、中盤までは、友情話がメインになっているの。
女性同士の友情なんて・・と思わず
しっかり観るといいわよ。
意外と感動するのよ、これが。




風早君をめぐって恋敵が現れいじわるをするというエピもあるけれど、
全体を通して
皆、優しい人が多かったみたい。
悪いことをすれば、ちゃんとそれを認めて
正しているからね。
いじめとか・・・そういう雰囲気も皆無。


とにかく、観ていて気分がいい作品。
少女マンガが原作というのもあるけれど、
こういう作品をこの年になって素直に観ることができる自分を
大切にしたいと思うこのごろよ・・・・・笑


kiminitodoke1.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

8ミニッツとまとめて^^

みみこさん、こんにちは☆
2つまとめてコメントさせてね^^

これ。原作は漫画の1巻だけ読んだ事があるの。
でもね、私は薄汚れてしまったんか・・・? 風早君がいい人過ぎて、こんな人おらん!って思っちゃってね。で、娘も読んだんだけど、、、アチャー!17才なのに、私と同じ風に感じたらしいんだ。こりゃヤバイでしょっ!
ということで、映画でリベンジ。
うぬ~~。やっぱりダメだったぞ。
お話じたいは、それなりに面白く見れたんだけど・・・
それと、主人公のタベちゃんは可愛かったね。
でも、こんなにみんなから意地悪されてるのに、あまりにもけなげで、イイコで、こんなのありえん!と、またまた思ってしまい・・・。
どんだけ、家ら親子が、くすんでるんじゃ~~~!!!

みみこさんのおっしゃる
>私がもし、この世代だったら、もうちょっと、陰りのある少年の方が魅力的に思うけれど・・・笑普段明るいけど、ちょっとしたところに孤独の影を引きずっているとかさ。

ここだよ、ここ!!
結局、完璧な男子に、魅力を感じない家ら親子だったのでした。どっちか、っていうと、ダメな人に惹かれてしまう性分なのよ・・・。
なんて、まとめて親子っていうと、似た趣味、似た性質と思われるかもしれないけど、殆ど似た部分が無い親子なのよ。でも、不思議と、こういう変な処が同じみたい・・。

で、8ミニッツ。
>起こりゆるすべてのことを理解しすぎてきているので
対処方法がすべてスマートになっていく・・・・・笑
だから、同じ場面に戻ってきても
観ていて飽きがこないのですよね。学習しているジェイクの能力が素晴らしくって・・・・笑

そうそう!!そ~~~なのよ。
そこが最大面白かったー。女性へのアプローチの仕方とか、対応とかもさ、2回目、3回目となると、余裕がでて来て、洒落た対応や、ツボを押さえた事が出来るのよね~^^ むふふ。
だからこそ、クリスティーナだっけ? 彼女も彼への思いがアップする!!

つじつまが???って処もあったけど、私も楽しめたから、良し!と思っています^^

latifa さんへ


こんにちは
遅くなってしまいごめんなさい。


↑の映画、
漫画読んだことあるのね。
なんだか有名な作品みたいだよね。

<でもね、私は薄汚れてしまったんか・・・? 風早君がいい人過ぎて、こんな人おらん!って思っちゃってね。で、娘も読んだんだけど、、、アチャー!17才なのに、私と同じ風に感じたらしいんだ。こりゃヤバイでしょっ!
ということで、映画でリベンジ。 >

アハハ~~そうなのね。
こういう設定、いかにも漫画でありそうだよね。
実際には絶対いないタイプの男性。
だって・・あまりにも完璧なんだもの。
私は、漫画原作だよな・・・ということで、納得していたのか
意外とすんなり観てしまったのかも。

<やっぱりダメだったぞ。
お話じたいは、それなりに面白く見れたんだけど・・・
それと、主人公のタベちゃんは可愛かったね。
でも、こんなにみんなから意地悪されてるのに、あまりにもけなげで、イイコで、こんなのありえん!と、またまた思ってしまい・・・。>


うんうん・・
確かに普通なら
あそこまでいじめられても
人に優しい子っていないと思うし、普通、ひねて育ってしまうよね。
友達も結局
いじわるしていても最後は、理解し仲良くしてくれるって
いう流ればかりだったしね。
そもそも、
嫌な~~な人が出てこない。
邪魔をする恋敵の子も、なんだかんだいって最後は味方してくれるしね。


<どんだけ、家ら親子が、くすんでるんじゃ~~~!!! >

いやいや・・そんなことないよ。
うちは子供はこれ・・観ていないので
感想聞いていないけど
素直には受け取らないかもしれないし・・・。
ただもしかしたら、
女子校な分、男性に対して夢見がちでいるかもしれないから
それもありかな・・・って思ってしまう可能性も否定できないかもね。
それなら早く男性の実態を教えなければ・・と思うけど・・・…笑


<結局、完璧な男子に、魅力を感じない家ら親子だったのでした。どっちか、っていうと、ダメな人に惹かれてしまう性分なのよ・・・。
なんて、まとめて親子っていうと、似た趣味、似た性質と思われるかもしれないけど、殆ど似た部分が無い親子なのよ。でも、不思議と、こういう変な処が同じみたい・・。>


そうなのね。
うちはたぶん、子供はユーモアのある人が好きだから(お笑い系好き)
風早君的な人は、タイプじゃあないかも。
実際まじめ過ぎて面白みにかけるじゃない?
親子って似ているところってあるよね。
全部じゃなくてもさ。
男性のタイプはどうなんだろう・・・うちは違うかもしれないけど、
その他の些細なところが結構似ている気がするわ。

完璧な男性か・・
なかなかいないよね。



で、8ミニッツね。

面白かったよ・・これ。
latifaさん結構早い段階からこれ観ていたよね?
全然予定していなかったんだけど、
結構周りで観ている人が多くて
面白そうな雰囲気が漂っていたから
結局行っちゃったよ。
案の定、この目で確認できて良かった・・

<女性へのアプローチの仕方とか、対応とかもさ、2回目、3回目となると、余裕がでて来て、洒落た対応や、ツボを押さえた事が出来るのよね~^^ むふふ。
だからこそ、クリスティーナだっけ? 彼女も彼への思いがアップする!! >


うんうん・・・
現実でもこういう2度バージョンあったら楽しいだろうね。
でも結局
コーヒーはこぼれる運命だってことだよね。
う~~ん、いいことの2度バージョンは楽しいけど、
嫌なことを何度も経験するっていうのは
しんどくて、つらいから
やっぱり時間は一度だけで
何度も繰り返さない方がいいって結論だね。


あ・・・猿惑星、バートン板ね
私も録画したのよ
でも観る機会がなかなかなくって・・・
内容知っている分、早く観たいという気持ちが湧いてこないのかも…笑

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク