ライフ・オブ・デビッド・ゲイル 

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル  (2003  アメリカ)  




監督  アラン・パーカー  
出  ケビン・スペイシー(デビッド・ゲイル)
   ケイト・ウィンスレット(ビッツィー)
  ローラ・リニー(コンスタンス)
   ガブリエル・マン(ザック)



大学教授だったデビッド・ゲイルは、元同僚をレイプ殺人した罪で死刑確定している身。
その死刑が後3日と迫る中、彼は女性記者ビッツィーを呼び寄せ、自分の話を手記にしてくれと、頼み込む。
彼の語る真実とは・・・。初めは犯人と確信していたビッツィーだが、彼の語る内容に冤罪の可能性があるのではないかと感じ始める。そして決定的な証拠をつかんだ彼女は死刑中止のためにゲイルの元に走り出す。




感想   


先週、深夜枠で放映されていたので、再見。
劇場で一度みたきりなので、もう一度見たいと思ったのよね。
何度でもみたいという作品ではないけれど、
サスペンスとしては上質なんだもの。やっぱり見ちゃう。



ケイトもケビンもさすがだね・・・
いや・・一番アッパレはローラ・リニーかな。


当時の感想をあちらから(どこから…笑、HPからね)こちらのブログに引っ張ってきました。



<<

感想  


この映画を観る前に、アラン・パーカー監督の作品「ミッドナイト・エクスプレス」と「ミシシッピー・バーニング」と立て続けに予習も含めて観てみました。
両作品とも非常に見応えがありましたので、この作品も期待していました。
予想どおり、上質のサスペンス・ミステリー
になっていたとは思いますが、
ちょっと議論をかもし出す結末には、作品の好みが左右されるところかもしれませんね。
監督自身も議論を巻き起こすことを期待しているようですね。
デビッド・ゲイルが犯人かどうか・・・、真犯人は誰か・・・という謎。これが、2転、3転するのですから、ミス
テリーとしては満足いくと思うんです。
そのバックグラウンドにあるのは、死刑廃止論というわけで、
本当はそのこと自体を注目してあげないといけないんだと思います。なかなか死刑制度について議論するっていうのは難しいと思うんですけどね。


彼が語る人生。そこには大学教授という恵まれた環境に身を置きながら、ずるずると転落して行ってしまう哀れな自分の姿がありました。発端は嘘のレイプ事件です。学生が落第した腹いせにゲイルを落としいれたのです。でも誘惑されて、関係を結んでしまったのは事実。
普段の理性的な彼なら、拒否できたのに、お酒を飲んでいたゆえに本能の方が先だってしまったのですね。
さらにそれが原因で妻子も職も失い、アルコールに依存していってしまう。ここまでの告白を聞いていて、なんだか彼に同情心が芽生えてきてね。案外弱い人間だと知ると、かわいそうでね。彼の子供に対しての接し方が、とっても愛情満ちて描かれていた分
別れのシーンがつらく、つらく感じられました。
そんなやさしい心根を持った人が犯罪・・・?、やはり冤罪だよと私も感じ始めましたね。
彼・・・犯罪者というレッテルを貼られて、(冤罪ですけどね)社会から後ろ指さされるような立場になったからこそ、元々支持していた
死刑廃止論に入れ込んでいくのかな・・・って。 
      (以下ネタバレになります)



彼も同僚のコンスタンスも、自分の死を何か意味あるものにしたいって思ったゆえの決断でしたよね。
でもそれって、生を自ら放棄した考えなので、私的には、結末には賛同できないですね。
死にたいっていう願望も見え隠れしていないかな・・・って気もします。死刑制度反対を唱えているなら、命の重さを人一倍考えて
いるはずですよね。それが自己犠牲で、他の何人かが救えるかもしれないっていう発想に展開していくのは、飛躍しすぎじゃあないかしら。
そこまでやったら、何でもありっていうことになってしまわないかって。
死刑制度に議論をかもしだすっていう意味では、効果があったとは思いますが。安易な裁判制度、事実をゆがめていくことの恐ろしさに、1石投じなくてはいけないっていう気持ちはわかるけど、そこまでしなくてはいけないほど厚い壁があるのかしら~。
例えそうだとしても、方法はいくらでもあるはず。 満足感得るのは、死んだ二人だけだと思いますよ。
これに加担している弁護士やカーボーイ。この人達の心理も理解できない所です。やってはいけない最低限ルールってものがあるでしょ。
特にカーボーイ。コンスタンスのこと好き?だったんじゃあないの・・・。あんな姿になった彼女見て、なんとも思わないかな。それは
ゲイルにも言えるんだけどね。 活動家はそこまでやってこそ、真の信者ってことだろうけど、ついてはいけないところはありますね。   
彼の生き方ですから、本人が納得すればそれでいいとは思いますが、言葉でわからなければ、行動あるのみ・・・、っていっても
ケース・バイ・ケース。この行動は、やはりどうかな・・・と思いました。
この真実を突きつけられたビッツィーが、痛々しかったですね。彼女、彼らの自己満足な考えに、かなり心に傷を負ったはずだから。
なぜ、彼女でなければいけなかったのか、もう少し説明が欲しかった気もします。     
この映画ではケビン・スペイシーの演技が素晴らしいですよ。幸せな自分から段段と孤独な自分に移り変わっていく様。最後は悟りを開いた
ような穏やかな顔。本当に彼の生き様を全身で演じているのがひしひしと伝わってきて、リアルでしたね。
ケイトの真実を知るたびの驚愕した顔は、まさに観客の気持ちそのもの。ラストでは思わず、一緒になって、オオ~と声を押し殺して
泣いてしまいそうになりましたよ。カーボーイのおじさんが、最初から謎の人物として出てくるんですが、彼・・・最初、マルホの
カーボーイのおじさんかと思ちゃいました。かなり怪しかったです。これもラストに結びつく伏線の1つなんでしょうね。
告白場面から回想場面に移る度に、映り込む映像(サブリミナル効果?)が、ちょっとホラーぽい雰囲気なんですよね。
凝っっているな~と思ってしまいました。音楽ですが、ラストにプッチーニーのオペラを持ってきています。
トゥーランドットです。
ミステリーにも合うんですよね、オペラが。「ゴッドファーザーⅢ」にもマスカーニのカヴァレリア・ルスティカーナが使われていましたね。
このオペラの内容とストーリーがリンクするあたりの演出はいいですね。音楽にも手を抜かないなっていう姿勢は
好みなんですよね。







以上。




再見して再び哲学者ゲイルの言葉をいろいろ聞いたりしたんだけど
聞けば聞くほど、最後に待ち受けている伏線にも繋がるようでね。重みを感じたわ。
ときどきぼそっと重要なこと言うのよね・
信念持った生き方って、なかなかできないよね。




ライフオブデビットゲイルイ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらにも・・

あ、懐かしいですね。これ、私も大好きです。
色々と物議をかもす内容だけど、それだけ考えさせられましたよね。
俳優陣はみんなもう本当にあっぱれで、私、これ見てローラ・リニーのファンになりましたよ~。
ホントに、内容や描写が描写なだけに、頻繁に見る感じではないけど、
私も久々再見してみたくなりました。

衝撃的でした

みみこさん、こんにちは~。
私も劇場で観賞したのですが、あまりの衝撃ですぐに席を立つことができませんでした。
あらためて映画の面白さをしみじみ感じた忘れられない作品です。
3人とも重みのある演技で素晴らしかったですね。
私も彼らの行動は自己満足だと思いました。
振り回されたケイトが可哀そうで可哀そうで、最後は完全に感情移入してました><
再見だと内容がわかってるから会話に集中できて新しい発見がありそうですね。
こういう作品はお薦めしたいし、また出会いたいですね^^

つるばらさんへ


こちらにもありがとうございます。
これ見ごたえありましたね
劇場のときには何も情報なしだったので
すごく興奮したのを覚えています。
再見して、また、つるばらさんの感想を拝見もしたのですが
結構、筋予想していましたよね。
私はこれは全然わからなくて。
そうきたか・・・っていう衝撃大きかったです。


ローラ・リニーは確かに
凄かったですよね。

ポルカさんへ


こんにちは。
ポルカさんも劇場で・・ですね。
これ衝撃的でしたものね。
こうきたか・・・・とビックリ。


確かに
すぐに席を立つことができませんよね。


<3人とも重みのある演技で素晴らしかったですね。>

そうでしたね。
すっごい意思ですよね。

<振り回されたケイトが可哀そうで可哀そうで、最後は完全に感情移入してました>


そうなんですよ。ケイトが可哀そう。
真相を知れば知るほど
落ち込みそうじゃない?

<再見だと内容がわかってるから会話に集中できて新しい発見がありそうですね。>


そうですよね。今回はケビン教授の言葉に注目して観ました。

<こういう作品はお薦めしたいし、また出会いたいですね^^>


ドカ~~ンという作品に出会いたいです。

哲学者ゲイル

こんにちは。DVDでこの映画観ました。監督も脚本も素晴らしかったです。「聞けば聞くほど、最後に待ち受けている伏線にも繋がるようでね。重みを感じたわ。」結末を知って見ると、ゲールの言葉がまた違って聞こえてくるようですね。是非、二度見をしてみます。素晴らしい作品との出会いに感謝です。

こんにちは。

凄い作品でしたよね。
2度観るのもきついですが、
体調の良い日なら見てみたいですよね。
英語の勉強にも良いかも・・
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク