ヤコブへの手紙 

ヤコブへの手紙   (2009   フィンランド)


POSTIA PAPPI JAAKOBILLE
LETTERS TO FATHER JAAKOB


監督: クラウス・ハロ
原案: ヤーナ・マッコネン
脚本: クラウス・ハロ
撮影: トゥオーモ・フートリ
出演: カーリナ・ハザード レイラ
ヘイッキ・ノウシアイネン ヤコブ牧師
ユッカ・ケイノネン 郵便配達人
エスコ・ロイネ




フィンランドの片田舎。
恩赦によって12年ぶりに出所したレイラ・
彼女は所長に勧められ盲目のヤコブ牧師のもとで住み込みで働く。
ヤコブ牧師のもとには毎日多くの相談の手紙が届けられていた。
レイラは、その手紙を読み上げ、ヤコブ牧師の返事を代筆する仕事を任された。
しかしある日
手紙がこなくなってしまう。




感想



地味映画として紹介されていた一本。
登場人物3人(ヤコブ牧師、レイラ、郵便配達人)、舞台もほとんど牧師の家&庭のみ。
さらに75分の上映時間。
これはまさに、地味の王道をいくお話ではないでしょうか。


しかし、余韻が深くかなり気に入りました♪
短い時間ですが
満足度は高いです。
無駄に長い映画があるのに、こうまで、潔くスパッと・・・・余分なものを
切り落として仕上げたことに、拍手を送りたいくらい。


でも濃いんですよね、内容は。


「ヤコブへの手紙」と聞いて、キリスト教に詳しい方ならピンとくるものがあるのかもしれませんよね。
私は、あまり詳しくはないので、全然でしたが。


折しも、私、最近、
子供の学校がらみで、聖書にまつわるお話を聞きました。
いつも祈りましょう~~と最後にはなるので
お祈りもしてきました・・・。
お話の中には、ヤコブも登場。

映画を観た後ですと、ヤコブ、ヤコブと語られるたびに
映画の牧師そのものがちらちら浮かんでくるんですよね。
あのラスト近くのお姿が・・・。


この映画、
宗教がらみのお話ではあるのですが
そういった専門知識がなくとも、
物語の世界観に入っていけると思います。

押しつけがましい話にもなっていませんでしたので
素直に観ることができると思います。




私が一番心打たれたのは
聖職者としての役割を担っているヤコブ牧師、彼自身の変化です。
神の代弁者として、皆に慕われるべき、善人として物語の初めの方
登場しておりました。
盲目であるというハンディーはあるものの、
そのつつましい生活ぶり、人々に救いの手を差し伸べるべく、常に一心に祈っているお姿。
なんて立派なの・・・と思わずにはいられません。

でも逆に、すさんだ過去をもつレイラ(その過去はラストで語られる)にとっては
どこか、彼は偽善者ぽく感じられるのかも。
終始反発をしておりましたね。
確かに、世間から背を向けて生きるものにとっては
こういった牧師のような人を
はいそうですか・・・、立派ですね、と
賛美できないところではありますよね。

世間の荒波にもまれ、神様なんていやあしないんだ・・・ぐらいに思っている人にとっては
受け入れにくい一番の人物であろうかと思います。
出会ったばかりのころ盲目を疑ったのも
分かる気がします。


そんな彼女が心を開くのだろうなという予想はあったものの、
まさか、牧師までがああいう風になってしまうとは。
だからかえって私はここのところに感動を覚えたのです。



ある日手紙が届かなくなるのです。
当たり前に手紙を読んでもらい、
その返事を書いてもらっっていた毎日。
ヤコブにとってそれは生き甲斐であり、人々に必要とされているという一種の誇りでもあり
生きる力でもあったのです。
それがなくなってしまった時のヤコブ牧師のお姿。


あ~~~牧師もまた人間であるんだな・・・と実感した瞬間でした。


完璧な、立派な人なんてどこにもいないのかもしれません。
人間はやっぱり弱いものですから
弱みがあって当然なんです。


ヤコブは
最後、神の召されてしまうのですが、
様々なことに気づき、
一人の人間として生涯をきちんと全うできた・・・ということは
幸せに違いないと思うのです。


最近では
手紙で近況を・・・ということも
なくなっているように感じますが
やっぱり、ぬくもりのある文字の文章は素敵ですよね。
ヤコブ牧師が
何度も何度も手紙を書く人もいるというセリフを
言っておりましたが、
やっぱり、自分の思いを形、文字にするのって
大切なことだと思います。
文章にすることで
自分の心情を
客観的に知ることができるんですものね。



素敵な映画を紹介していただき
本当にありがとう~~~~という感じです。
園作品の前後に感想書いたので
余計心が純粋になったように感じます・・・
そういえば、
「愛のむきだし」でも印象的だった
コリント人への第一の手紙・・・
愛についての箇所ですね。
ここでもまた聞くことができました。

映画はまさに
愛のあふれたものでしたよね。

yakobuhenotegami.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヤコブへの手紙

第82回アカデミー賞外国語映画部門フィンランド代表作品。その他,各国でたくさんの賞を受賞し,小品ながら多くの人の心に静かな感動を与えた作品。DVDで鑑賞。 ・・・・ほんとに静謐な作品だ。BGMは,まるで雨垂れのようにひそやかなピアノ曲のみ。そして主要登場人物?...

ヤコブへの手紙

恩赦によって12年ぶりに出所したレイラは盲目の牧師ヤコブのもとで働く事になるが、その仕事は毎日彼に届く手紙を読み上げる事だった。

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

みみこさん、TBどうもありがとう!
ヤコブ・・楽しめて良かったです。
タイトルからして宗教っぽいけど、押しつけがましくないと
案外すんなり受け入れられるものね~・・とかも思いましたが、
>聖職者としての役割を担っているヤコブ牧師、彼自身の変化です。
・・・・・ホントそうですね!
それがあったから、宗教を越えて、心に響いてきたんでしょうね。
見せかけだけの聖職者だったら、ただ怪しいだけだし余計反感かうよね。
郵便配達人に関してもね・・善いコトと悪いコト、両方仕出かしてるんじゃないかと・・?!
それもまた、大いに興味をそそる所でした。

あ、園監督の新作ね~・・私も見ました~;;
それはまた後ほど~。

こちらにも、
ありがとうございます。


評判通りいい作品。
短いながら
余韻があって、じわじわきますね~~

<郵便配達人に関してもね・・善いコトと悪いコト、両方仕出かしてるんじゃないかと・・?! >

なるほど・・
なにやら
隠しているものありそうですよね。
それも含めて
ヤコブ牧師はわかっていたのかな。


想像できる物語って素敵ですよね。

園作品。。
楽しみにしています☆

こちらにも

幼馴染の従兄弟の牧師が「感動したからぜひ見て」とメールしてきて。
私とほぼ同年代の彼は東京で長年牧師をしてきて
人生の秋にさしかかり,自分自身の孤独感や弱さをヤコブ牧師に重ねたそう。
彼もまた「必要とされること」に支えられて奉仕をしてきたと言っていました。
レイラのような人生を歩んできた人が
牧師の生き様を胡散臭く独善的に感じるだろうな,ということもよくわかります。
この物語のレイラとヤコブは,まさにその真逆さが
お互いの欠けを補い,お互いを癒す役割をしたように思いました。
キリスト教うんぬん関係なく,万人の心にしみいる静かな感動の作品でもありました。
フィンランド映画・・・・あなどれませんね。

ななさんへ


こちらにもありがとう・・
この作品こそ
ななさんの感想拝見したい!!
やっぱり、私なんかよりも
いろいろなこと知っているななさんの方が
違った見方していると思うから。
<私とほぼ同年代の彼は東京で長年牧師をしてきて
人生の秋にさしかかり,自分自身の孤独感や弱さをヤコブ牧師に重ねたそう。
彼もまた「必要とされること」に支えられて奉仕をしてきたと言っていました。>


そうなのね。東京でお仕事を・・・。
ヤコブ牧師と同じような世界を経験している方なら
思うことはいろいろあることでしょう・・・。
そういう方が
身近にいらして、お話を聞くことができるというのも
貴重なことだと思います。
普通の人はなかなか牧師さんと
お話できたりできないし・・・。

<この物語のレイラとヤコブは,まさにその真逆さが
お互いの欠けを補い,お互いを癒す役割をしたように思いました。>


そうなの!!
私もお互いがお互いを・・・の内容がとっても心洗われる部分だったと
思っているわ。


<キリスト教うんぬん関係なく,万人の心にしみいる静かな感動の作品でもありました。
フィンランド映画・・・・あなどれませんね。>


そうよね~~
フィンランドいろいろありますよね、作品。
個人的には
朝、子どもと見ている
ムーミンも好き★

みみこさん、新年初のコメントです^^
今年もよろしくね☆

これ、やっと見た!近くのGEOになくて、遠いTUTAYAでやっと借りて来た。
う~~~。1週間前に見ていたなら、去年2011年の1位にしたのに!!
それぐらい、すっごく良かったです・・・
全てが気に入っちゃった。

で、みみこさんと同じく、神父さん側に心境の変化があるって所に一番ぐっと
来ちゃった・・・。手紙のくだりね(神が自分を喜ばせるために・・・ってところ)

それと、娘さんの学校、キリスト教系なんだね?
なんか素敵だなぁー!!!憧れてしまう・・・

あとで感想書いたら、ダメもとでTBさせてね。

PS レイフさん初監督作品の「英雄の証明」のポスター、スキンヘッドにしてるね。楽しみだね♪

latifa さんへ


こちらこそ、
今年もよろしくお願いします。


やっとベストあげられて。。結構疲れた・・・・笑

この作品地味だものね、
大手にはないかも・・・。
うちはたまたまあって、ラッキーだったけど。

うんうん・・・ベスト入れちゃうよね。
私も入れたし・・・


神父さんの変化って、ぐっとくるよね。
短いのに
こうきたか・・・・って感心しちゃった。

そうそう・・・
子供はミッションなのよね。
結構うちの県は、多いよね・・その手の学校。


感想楽しみに待っています・・・

あ・・・
スキンヘッド・・・だよね。
禿げ隠し?てへへ・・・・笑

向こうの人は
スキンヘッドで魅力的な人多いよね・・・


また遊び行くね

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク