少女たちの羅針盤

少女たちの羅針盤   (2010  日本)




監督: 長崎俊一
製作: 佐倉寛二郎
仲尾雅至
神原勝成
プロデューサー: 折目啓伯
粟根祐司
森悟志
宮田昌広
エグゼクティブプ
ロデューサー: 永田守
海生泰定
久保忠佳
原作: 水生大海
『少女たちの羅針盤』(原書房刊)
脚本: 矢沢由美
谷口純一郎
撮影: 柳島克己
美術: 部谷京子
中山慎
編集: 阿部亙英
音楽: 佐藤直紀
主題歌: 矢沢洋子
『羅針盤』
記録: 柳沼由加里
照明: 鈴木康介
装飾: 尾関龍生
録音: 弦巻裕
横溝正俊
助監督: 斉藤博士
出演: 成海璃子 楠田瑠美
忽那汐里 江嶋蘭
森田彩華 北畠梨里子
草刈麻有 来栖かなめ
黒川智花 広瀬なつめ
塩谷瞬 倭駆
石井正則 平良弘明
水本諭 瀬川雄介
前田健 芽咲吾朗
金山一彦 武本正弘
清水美沙 江嶋千代子
石黒賢 御蔵総一郎
(特別出演)
戸田菜穂 渡見恵子



 第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞で優秀作に選ばれた同名小説の映画化。
あるホテルで映画の撮影が始まる。
ヒロインは新進女優の舞利亜。
しかし、舞利亜の元には
脅迫状が送られていた。
彼女は、伝説的女子高生劇団“羅針盤”のメンバーだったという過去があるのだが・・・




感想


年末に観ましたが今年UP.





青春ミステリー。
かわいい女の子たちが大活躍☆
成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有。
最後の子は草刈さんの娘さんだそうで、とにかく可愛い・・・。

正直この映画は
ミステリー仕立てにしなくても良かったと思います。
まあ、原作が、ミステリー文学ということで賞をとっているのだから
ミステリーにしなくては意味がないのかもしれないけどね。
でも、この4人の
演劇にかける情熱が、とにかく素晴らしく、
映画中で描かれる彼女らの劇、そのものも、見ごたえがあったのでそれだけで満足感が得られたのよね・・・
え。。。誰かが死ぬの?っていう設定が
逆に邪魔になったりして・・。

だって、この4人の中で誰かが死んでしまうていうこと
どうにも納得いかないのよね。
なにせ、いい仲間だからね・・・。

だから、この4人の中の誰かが死んで
この4人の中に犯人がいるという風にも
考えたくないんだよね。真相は観てのお楽しみだけど。


少女たちには
それぞれに抱えているものがあり、
それが映画の中では徐々に明らかになっていくの。
成海ちゃんだけは
あまり過去が語られなかたけどね。


少女たちの過去をもっとクローズUPして
青春映画だけにしても
私は面白いな・・・とは思ったかな。


映画の冒頭で
新進女優の舞利亜という女性が出てくるの。
この人はなかなか顔をこちらに見せない・・・・笑
後姿だけ。
つまり彼女は数年前に活動していた
演劇集団羅針盤の誰か?ということがこちらにわからないような設定になっているわけ。
そして彼女が
過去を振り返るって形で
4人の演劇少女たちの、青春の日々を振り返る・・・
そういう構成になっている映画。


ラストに犯人を追いつめるシーンは
サスペンスドラマ的なつくりでちょっとね・・・
「あなたが犯人でしょ!!」ってパロディーでもあるような
臭い感じ・・・。・・・そういうシーンよ。



難はあったけど
少女たちが可愛いから
それでよしとも思えるかな。

10311559_4eae476ee3b58.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク