アーティスト

アーティスト(2011  フランス)

THE ARTIST


監督: ミシェル・アザナヴィシウス
製作: トマ・ラングマン
製作総指揮: ダニエル・ドゥリューム
アントワーヌ・ドゥ・カゾット
リチャード・ミドルトン
エマニュエル・モンタマ
脚本: ミシェル・アザナヴィシウス
撮影: ギョーム・シフマン
美術: ローレンス・ベネット
衣装: マーク・ブリッジス
編集: ミシェル・アザナヴィシウス
アン=ソフィー・ビオン
音楽: ルドヴィック・ブールス
出演: ジャン・デュジャルダン ジョージ・ヴァレンティン
ベレニス・ベジョ ペピー・ミラー
ジョン・グッドマン アル・ジマー
ジェームズ・クロムウェル クリフトン
ペネロープ・アン・ミラー
ミッシー・パイル
ベス・グラント
ジョエル・マーレイ
エド・ローター
ビッツィー・トゥロック
ケン・ダヴィティアン
マルコム・マクダウェル
ベイジル・ホフマン
ビル・ファガーパッケ
ニーナ・シマーシュコ
スティーヴン・メンディロ



2012年のアカデミー賞作品。
1927年、ハリウッド。
サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、駆け出しの女優、ペピーと出会い、彼女にいろいろアドバイスする。やがて時代はサイレントからトーキー映画へ変化。
ジョージの出番もなくなってくる。
一方、ベピーは、トーキー映画で、華やかな活躍を迎えるのだが・・



感想

 
上映が少ないと思っていたら、意外と近場で公開されているという事実がわかり早速鑑賞☆
アカデミー賞作品だけど
フランス映画でさらにモノクロでサイレント、そして出演者も知名度なし・・・と(一般的に)
結構苦難である状況だよね。
私は映画好きだから、どんなスタイルでも果敢に挑戦はするものの、
とくに若い人たちにとっては、足を運びにくい作品でもあると思うな。
だからこそ、言っておこうかな・・。
意外とサイレントでも大丈夫よ♪。面白いよ♪1
私自身、モノクロは観ることがあっても、サイレントって馴染がなかったから
正直入っていけるか心配だったけど、全然平気。
実際のところ、声がなくても
鑑賞者の頭の中でその声は響いているんだよね。
読書中にその情景が脳裏に浮かぶのと同じで
映画の中では、無声だとしても、観ている自分の中ではしっかり声が聞こえてくる感じ。
もちろん、映画スト―リーがわかりやすかったというのも要因の一つではあるけどね(推理物じゃないし・・笑
ラブものだからわかりやすい・・・)
観た人
一人一人、頭に流れてくるセリフ内容は違ってくるだろうけど
それもまた、考えただけで、含み笑いしたくなるほど、楽しいことではあるよね。
だって、同じ、会場で同じ映画を観ても
誰として同じセリフでは受け取ってはいないでしょう?
理解している内容は同じでも、まったく同じ言葉で、受取ってはいなかったと思うな。
情けないな、俺・・と理解しても
ダメだな・・俺・・と理解しても、自由な部分があるんだもの。
想像力はわいてくるし、頭の体操にもなるよね・・・笑


お話は、前にも書いたけどわかりやすいというか、どうかで聞いたことのあるようなお話ではあるのよね。
サイレントで活躍した大スターの主人公が
時代の波にのれず、しだいに活躍の場がなくなって苦悩していく・・・
サイレント映画というスタイルに自信と、プライドをもっていた彼にとって
トーキー映画を認めるのは困難だったんだよね。
その一方で、端役の頃から知っていた女優、ペピー・ミラーがどんどん時代の波にのって
出世していく。出会いのころから少なからず、好意をもっていた2人だったけど、
立場上、なかなか素直に打ち解け会うことができなくって・・・、
どうなる2人の恋模様は・・・というような流れ。



落ちぶれていく主人公を
どうかして手助けしたくって、オークション品を買い集め、自宅に置いておくペピー・ミラー。
きっと彼に見つかるだろうな・・・というのもすぐに推測できたし、
そんな彼女に彼は反発心わいて、単純に再起につながらないだろうな・・・・・というのもすぐに想像できたし・・・と、先へ先への内容は想像できたものの
全然つまらなくはなかったのよね。


それは、やっぱり俳優さんの演技の魅力度。
知らない方だったけど
あのお髭でにやけたお顔は、古き良き時代を思い出して
やっぱり見入ってしまうのよね
対する女優さんのあの風貌も、服装も、いい感じだし、愛嬌ある仕草も素敵だったから。
そうそう、脇役である犬のアギーの名演技も忘れてはいけないよね。
運転手のジェームズ・クロムウェルも良かったけど、
それ以上に犬君が、感動シーンつくってくれた!!と思いますね。
動物あなどれない・・・
主人公の彼が火事を出してしまう際には
必死の様子で警察官を呼びに走る・・・。素晴らしい演技☆
犬に泣かされたよ。主人公の自殺を食い止めるようにズボンを引っ張る様も
いじらしいね~~~

もちろん、犬以外だって面白いシーンはあったわ。
バーで飲んだくれた主人公が幻想観るシーンも好きなの。
自分の映画の中のキャラに、銃で撃たれたりしているのよ!!
たぶん、
「何やっているんだ、おまえ、しっかりしろよ、」ってゲキ、飛ばされているって感じなんだろうね。
また
スクリーンに映った自分の影が自然に動き出すところとか、
町のショーケースの中のスーツに自分を当てはめて、かつての栄光を思い出しているシーンとか、
本当に細かい部分で
よく心境表現しているな・・って感心していました。



映画全体、サイレントという特徴のある手法を
上手に利用していましたよね。
全部がサイレントでなく
ところどころ、場面によっては、音が流れていた部分もあったりして。
うまいな・・・。
ありきたりの内容が数段素晴らしく見えたのは
こういった工夫もあったからですよね。
そしてこの
最終的な部分として
ラストですよ。
ちゃんと音が出ている・・・・
で・・・爽快なんだよね、これが大いに。
出会ったときの、2人を思い出させるシーンでもあるしね☆
そうか、彼女の名案があるっていうのはこのことだったんだ!!
これなら、彼の魅力を
言葉なしで十分伝えることができるものね。


憎いね・・・この演出。


おもわず、
大きく手を叩いてしまうほど・・・・
とっても気持ちよく劇場をあとにすることができました。


多くの人に見てもらいたいと思います♪

a-shisduto001.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アーティスト」感想

凄く面白かったのだけれど、予告や宣伝で2人のタップのシーンを見せてしまってるせいで・・・

アーティスト

The Artist2011年 フランス 監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ジャン・デュジャルダン    ベレニス・ベジョ    ジョン・グッドマン    ジェームズ・クロムウェル ...

芸術家は死なず~『アーティスト』

 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...

アーティスト(2011年フランス)

1927年、ハリウッド・トーキー映画の登場により、サイレント映画の大スター、ジョージは落ちぶれ、エキストラだったペピーが人気女優に。ジョージに恋するペピーは、何とか彼を復活させようとするのだが・・・...

コメントの投稿

非公開コメント

こちらでも語ります^^

この映画、ほんとに観てよかったです。
お友達と観に行ったのですが、
睡眠不足状態で「もし寝てたらゴメンね」と先に断りましたが、
まったくそんな心配無用で、とっても楽しめました。

いろんな場面で、上手い写し方あって、
ペピーがジョージのスーツに腕を通してハグのシーンだとか、
みみこさんが書いておられるショーウィンドウのスーツに自分の姿をあてるとか、
小道具(?)をほんとに上手く使ってますね。

>本当に細かい部分で
よく心境表現しているな・・って感心していました。

そうなの、言葉で伝えない分、仕草で伝えてる。
サイレントの良い部分がそうやって伝わってきて、
そして、最後のアレですよ。

>ちゃんと音が出ている・・・・
で・・・爽快なんだよね、これが大いに。

あの爽快感を味わうためにもう一度観てもいいくらいです^^
ワンちゃんの「バーン!」も最高でしたし♪

他にこの種の作品がなかったから、ものめずらしさもありウケたのかもしれませんが、
それにしてもよく作られているなあと思いました。

あの男優さん、お髭のせいか、レット・バトラーを思い出しました。

みみこさん、こちらにもお邪魔です。
そうなんですよね~、いくらオスカー受賞作品とはいえ、映画好き以外には「モノクロ・サイレント」は敷居が高いですよね。。
私は公開一週目平日にシネコン観たのですが、空いていて驚きました。
しかも、年配の方ばかりで。。いびきも聞こえてきたり。。
二週目からは小さなスクリーンに移っています。
素晴らしい作品で、多くの方に観て欲しいのですが、、ちょっと残念ですね。
新作もどんどん公開されるので二回目ってなかなか厳しいですが、私ももう一回観たいな~。
あのラストシーン、素晴らしかったですね!
今年のベストに確実に入れたい作品でした。

みみこさん、こんにちは。

>実際のところ、声がなくても
鑑賞者の頭の中でその声は響いているんだよね。

そうそう!本当にその通りで、台詞を大体予想できるところが良かったです。
今の映画も面白いけれど、複雑な分どうしても台詞が必要不可欠で、説明過多な作品も生まれている中、『アーティスト』はストーリーが単純なこともあってその難を逃れていたと思います。
観客の想像力に任せるという見せ方は良いですね。

犬の演技は泣かされました!
あのワンコ、凄い!

ラストの爽快感も一緒です~。
音を取り戻した世界で、しゃべらないモットーを貫きながら、新しい世界にペピーと踏み出した主人公の姿が嬉しくて嬉しくて。
わたしもとても良い気分で劇場を出られました♪

Mamさんへ


こんにちは。
これ本当に劇場行って良かったわ。
思った以上に素敵な作品でしたよね。

お友達と行かれたのですね。
終わった後も会話が楽しめますよね。
あそこはどうだったとか・・・ここがどうだったとか・・・・。

<ペピーがジョージのスーツに腕を通してハグのシーンだとか>

ここも良かったですよね。
あれ~~手が・・・・笑・・・って
思って観ていました。

なかなかユニークでしたよね。


<言葉で伝えない分、仕草で伝えてる。
サイレントの良い部分がそうやって伝わってきて、
そして、最後のアレですよ。>

そうですよね。
細かい部分もちゃんと意味があって
もう一回ぐらいみたいですよね。


<ワンちゃんの「バーン!」も最高でしたし♪>

あれもね・・・・。
サイレント映画だからこそ、光る演出でしたよね。
感心しちゃった・・・


<他にこの種の作品がなかったから、ものめずらしさもありウケたのかもしれませんが、
それにしてもよく作られているなあと思いました。>


はい・・・★
今まで映画館でこの手の映画は観たことなかったから
かえって新鮮でした。
テレビでチャプリンの映画とか・・・観たことあるけど、
遠い昔だったし。
サイレントの良さが、すっごく伝わってくるつくりでしたよね。



<あの男優さん、お髭のせいか、レット・バトラーを思い出しました。>

そうですよね!!
風と共に去りぬとか・・・
ああいう風貌ですよね。
そういうところも昔の映画のイメージを感じさせていて
良かったです。

真紅さんへ


こんにちは。
真紅さんのところも空いていましたか。
うちも・・・
レディースデイでしたが、年配の人が少しだけでした。
やっぱり、多少観る人を選ぶのかな・・・と思いますが
是非観て欲しいと思っています。

宣伝もTVではあまりみなかったような・・・。
口コミでどんどん映画館行ってほ
しいな・・・


<あのラストシーン、素晴らしかったですね!>

ああいう風に終わるとは・・
あの彼女のアイディアは
光っていましたね☆タップはみていて楽しいですよね。


少ない劇場鑑賞の中
これは抑えられて良かったです。


リュカさんへ


こんにちは。
ちゃんと抑えられて良かったです。
ものすごい期待があったわけではないのですが
観たらすっかり気に入ってしまいました。

難しくて
理解するのに頭を使う映画もそれはそれで
魅力的ですが
たまには原点に戻ってこういったシンプルな映画も観てみたくなりますよね

<犬の演技は泣かされました!
あのワンコ、凄い! >


犬がここまでやるとは・・・思っていなかったわ・・。
一生懸命な姿が涙を誘いました。



<音を取り戻した世界で、しゃべらないモットーを貫きながら、新しい世界にペピーと踏み出した主人公の姿が嬉しくて嬉しくて。>

そうよね~~~ああいう幕切れが用意されていたとは・・・
うまいな・・・


気分の良い映画はいいですよね~~


見たよ~ん

みみこさん、GWいかがお過ごしですかー。
どっか行ったりしたのかな~?
私は特に・・・。

で、この映画、私も見て来たよー。
すごく良かったー。
想像通りの、よくある内容ではあるんだけど、
みみこさんの言うとおり、役者さんたちの演技が凄く良いから
全然退屈じゃないんだよね。
凄く入り込めて見れたわー。
主役のジョージさんが、好みのルックスだったのも良かった(^ー^)

観ました♪

みみこさん、こんばんは~。
こちらではミニシアターでの上映でしたが、かなり席が埋まっていました。
わかりやすいストーリーだけど、洒落た演出がいっぱいあって楽しかったですね^^
運転手、いい人でしたね~
犬君の演技力にはびっくり@@あんなワンちゃん欲しくなっちゃう。
ジャン・デュジャルダンのタップが素晴らしかったですね。
サイレント映画は初めて観たのですが、気持ち、伝わるんですね^^

「ラブ・アゲイン」これは観たいです!
感想チラっと拝見したら、ライアン・ゴズリングのサービスショットもありそう♪

ジョニーも来日するみたいなので、楽しみ♪しかしあのメイク、またもややってくれちゃったって感じです(笑)妖しいヴァンパイアも見たかったな(笑)

latifa さんへ


こんばんは。
遅くなってごめんね。
連休は楽しく過ごしているかな・・・
昨日も今日もお天気が悪かったけど明日は晴れそうよね。
お出かけ日和。
でもうちはたぶん、家だよ・・・・笑
普通の生活。

で・・この映画観たのね・・・
面白かったよね。
今までにないタイプで。
声がなくても楽しめたのが凄いな・・・って思うわ。
やっぱり見せ方かな。

<主役のジョージさんが、好みのルックスだったのも良かった(^ー^)>

うんうん・・・私も。
懐かしい顔だよね・・・ちょっと古い映画を思い出すような。でも
髪型違うと全然雰囲気違うよね。

あとでいくね

ポルカさんへ


こんばんは。
ポルカさんもこれチェックされたのね。
私も絶対近場にやってこないと思っていたら
来たのですぐいっちゃいました。

ポルカさんのところではミニシアターだったのね。
わ~~席は埋まっていたのね。
うちのところは空いていたな。

<洒落た演出がいっぱいあって楽しかったですね^^>

そうそう・・・オシャレなのよね。
なかなかうまいよね。


<運転手、いい人でしたね~>

いいよね・・ああいう思いやりのある人。


<犬君の演技力にはびっくり@@あんなワンちゃん欲しくなっちゃう。>

賢い犬私も欲しいよ。

<ジャン・デュジャルダンのタップが素晴らしかったですね。>

タップ好き。
カッコ良かったよね。


ラブアゲインは是非~~
ライアン・ゴズリング・・肉体が凄いよ。

<ジョニーも来日するみたいなので、楽しみ♪しかしあのメイク、またもややってくれちゃったって感じです(笑)妖しいヴァンパイアも見たかったな(笑)



今日、予告観ました。
またまた凄いですね~~~来日楽しみですね。

あとでいきます~~

残りの連休も楽しんでね

こんばんは

素敵な作品でしたよね。

サイレント映画って初めてだったんだけど
最新のCGやなにやらを駆使した作品に比べて
自分で台詞を推測するというひと手間・・・それができちゃう作りに
まず感動しました。
ぜったい感性や頭脳のトレーニングには今の映画よりいいんじゃない?
役者のパントマイムばりの演技もなかなか新鮮だったし。

GWに観に行ったのに,観客はわたし含めて5人しかいなくて
勿体ない~~~
未見の人にはぜひぜひ勧めたい作品ですね。

愛犬&名犬アギー君

みみこさん、こんばんは~。
ご無沙汰してごめんなさいね。
この作品で、やっと劇場復帰出来ました。

でも今週で上映終了が殆どで、私が観た回も3人・・。
みみこさんも書かれているけど 意外といけるサイレント映画なのに
やっぱり、オスカー獲得したと言っても 一般的には知名度無いしね。
ま、仕方ないかなぁ~~^^;
内容は、本当に素敵だったし、楽しかったわ♪
サイレント映画って馴染みがないから、最初はどうかしら?と思ったけど
無駄がなくて、明瞭で、分かり易くて、そして楽しかったです。
ヴァレンチノの俳優さんも、本当にあの時代に居そうな雰囲気を持った人だったし、
サイレントからトーキーへの移り変わりの時代に
彼のように悩み消えて行ったスターも多いしね。
だから、フィクションなんだけど、実話ベースだから
幅広い年齢層を魅了する映画なんだと思うんだけど・・。
その点、オスカーは納得の受賞だったんだよね、海外では^^;
日本では受けたのかな?? どうなんでしょうねぇ~。

そうそう、アギー君?ちゃん? には泣かされたり、感心させられたり、笑わせられたり。
彼がカンヌでパルムドールドッグ賞を獲ったのも納得の名演技だったよね。
今思うのは、アギーについつい見惚れちゃって・・
俳優さんたちの名演技を見逃しているシーンがあるかもしれないと言う事なの。
だから、DVD買います~(笑)
ちょっと早いけど、今年のベスト3に入っています。
あと半年、この映画を超える映画にも出会いたいけどね(*^^)v

あ、パッセンジャーも、実は去年と今年で2回観ているの。
ちょっと好きだなぁ~、この映画。
感想を書いたら、また遊びに来ますね。
では、また~(^^)/

ななさんへ


こんにちは♪

素敵な作品でしたよね~~
私もサイレント劇場では初めて。
なかなか見慣れた人っていないですよね・・・

<自分で台詞を推測するというひと手間・・・それができちゃう作りに
まず感動しました。>

そうよね・・・
今の時代に観るからより新鮮って感じですよね。

<頭脳のトレーニングには今の映画よりいいんじゃない?>

うんうん・・頭いっぱい働いたわ・・・・笑

<観客はわたし含めて5人しかいなくて>

え~~これは凄い・・
お休み中は、子供向けの作品も沢山あったしね。
分散しちゃった見たいよね・・・


本当、多くの人にみてもらいたいよね・・・


みぬぅさんへ


こんにちは♪
リフォームの方は順調ですか・・・
どんどん変化していくのは楽しみだけど
それまではいろいろ大変ですよね。
息抜きいろいろしてくださいね・・



で・・・映画・・
おお~~これは劇場で御覧になったのですね
私も・・
結構この作品はブログ映画仲間の方もリアルで劇場で・・・が多いので
うれしいです。
映画ファンにはいろんな意味で興味深い作品ですものね。
サイレントなんて珍しいし・・・。

え・・・
劇場・・・3人ですか。
ひとつ前のコメントで、5人て言うことで
驚いていたのに
3人とは・・・・・・。
寂しいですよね。
宣伝も劇場では結構していたように思ったんだけどね。
他にメジャーな作品がいくつかあったのかしらね。


<ヴァレンチノの俳優さんも、本当にあの時代に居そうな雰囲気を持った人だったし、
サイレントからトーキーへの移り変わりの時代に
彼のように悩み消えて行ったスターも多いしね。>

そうですよね・・・
彼と同じように・・・・うんうん、
そう考えながら見直すと、いろんな意味でせつなくもなるな・・。
時代が変化していくのはしょうがないんだけどね。

<その点、オスカーは納得の受賞だったんだよね、海外では^^;
日本では受けたのかな?? どうなんでしょうねぇ~。>

海外ではきちんと評価されているんですよね。
日本ではとくに今では
派手な映画に慣れ親しんでいるので、こういう映画に向いてくれないのかも
しれませんよね。若い人は特に


<そうそう、アギー君?ちゃん? には泣かされたり、感心させられたり、笑わせられたり。
彼がカンヌでパルムドールドッグ賞を獲ったのも納得の名演技だったよね。>

うんうん、ワンコでしょ?
可愛かったよね。
みぬぅさんのブログでもワンコが紹介されていて・・・息子さんのところのかな、
コメント残さなかったけど
可愛い~~って思っていたの。
従順でかわいい動物って、本当愛情そそぎたくなるよね・・

<俳優さんたちの名演技を見逃しているシーンがあるかもしれないと言う事なの。
だから、DVD買います~(笑)>

おお~~決定なのね。
見直したいって気持ちは私もあるな・・

ベスト・・うんうん、
私も考えているわ・

<あ、パッセンジャーも、実は去年と今年で2回観ているの。
ちょっと好きだなぁ~、この映画。>


あ・・・TV放送の時御覧になったのかしら。
意外といいよね・・せつなくって。
これも見直したらいろんな感想が出てくるよね


感想待っています・・


いつも拝見させていただいております。
またおじゃまします。

こんばんは☆

みみこさん、こんばんは☆

ようやくお邪魔させていただくことができました。
先日はありがとうございました。
やっと金曜日、わは~ん♪(踊) 嬉しいです~☆

こちらの作品、映画館で観たい・・・と思っていましたがやはり叶わず・・・
(漫画読む間に行きなさいよ、と思うんですけど、そういうわけにもいかず 笑)
で、見てからと思ったのですけど、お邪魔させていただいて・・・
みみこさんの感想がとっても素敵だったので全部読んじゃいました。

わぁ、なんかやっぱり良さそうですね。
実家母から「わんちゃんに泣かされた~~~。いい映画よ~~」とメールがきたんですけど、実際どんな感じなのかとずっと気になっていまして。
音楽の使い方もなんだか粋みたいですね。

早く借りて見たいです。

nasunomisoitame さんへ


はじめまして
コメントありがとうございます。
またよろしくお願いします


武田さんへ


おはようございます。
今日は日食の日ですが
御覧になられましたか・・・
記念すべき日ですよね・・・


で・・・
この映画
たぶん、武田さん好みかと思います
このレトロ感がたまりません。


お母様は御覧になられたのですね。
そうです
ワンちゃん・・・可愛いんです
そして泣かされます。

動物と
子供はすごいといいますが
その通り。
機会があれば是非~

男優さんも
武田さん好みかと思われますので
お楽しみに~~

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク