ザ・レッジ -12時の死刑台-

ザ・レッジ -12時の死刑台- (2011  アメリカ)

THE LEDGE



監督: マシュー・チャップマン
製作: モシュ・ディアマント
マイケル・メイラー
マシュー・チャップマン
製作総指揮: グレゴリー・ウォーカー
ニック・サーロウ
タマラ・ステューパリッチ・デ・ラ・バ
ーラ
ボビー・ランゲロフ
ティロ・サイファート
マーカス・ショファー
クリスチャン・アーノルド=ボイテル
オートウィン・フレイヤームス
スティーヴン・サクストン
ファイサル・S・M・アル・サウード
脚本: マシュー・チャップマン
撮影: ボビー・ブコウスキー
プロダクションデ
ザイン: ジム・ジェラルデン
衣装デザイン: ジリアン・クライナー
編集: アン・マッケイブ
アレックス・ホール
ジェリー・グリーンバーグ
音楽: ネイサン・バー
出演: チャーリー・ハナム ギャビン
リヴ・タイラー シェーナ
パトリック・ウィルソン ジョー
テレンス・ハワード ホリス
クリストファー・ゴーラム
ジャクリーヌ・フレミング



ある日、刑事のホリスは、
男が高層ビルから飛び降りようとしているとの通報を受ける。
現場には、男ギャビンがいた。
必死に説得にあたるホリス。
その男は、なぜ自分が飛び降りようとするのか・・・
今までの経緯を語り始める。





感想



心理サスペンスということと
出演者をみて、ちょっと期待感もあった作品でしたが・・
う~~ん、残念という感想になりました。



内容はシンプル。
自殺を試みようとしている男と
説得する警官。
男は、正午に自分が飛び降りないと
人が死ぬというのです・・・



ここで観ている人が気になるのは・・・
なぜ、男が飛び降りようとしているのか・・・ということでしょう・・



でも、その理由が
なんかね・・・・という感じです。


同時になぜか、この説得にあたる警官も悩みを抱えていて
説得最中に、奥さんから電話がかかってくる。
飛び降りようとしている男性(といっても正午に飛び降りるということなので
すぐにどうこうということではない・・・・・・・笑)をほっといて、
待ってくれ・・・と言いながら、奥さんと家庭のごたごたを語ってしまう・・・

なんでかな……笑
この刑事さんの悩みは
自分の子どもが血がつながっていない子だということが判明したということで。
奥さんに対してきれまくっているわけ。
刑事さん、子供ができない体だったのに奥さんがそのことを本人には伝えないで
勝手に人工授精して子供を作ってしまったということなのよね。
相手は刑事さんの弟だから、子供は違和感なく、夫婦の子供として育っていたのでしょう・・・・



で・・・肝心の
飛び降りようとしている男。
この男、
ギャビン。
とあるホテルの副支配人。
イケメンさんなんだけど、過去は暗いの。
愛する娘を自分の過失で、事故死させてしまってから
妻との関係もうまく、いかず、今は・・・ゲイの男友達(自分はゲイではないよ)と同居の身。
そんな彼らが住んでいるアパートに
夫婦が越してきたの。
その夫婦の妻の方、
シェーナというんだけど、美しくて素敵♪リヴ・タイラーね。
そのシェーナが自分の仕事場には仕事を探しに来た・・・
そんなこんなで急速に親しくなり
やがて・・・・愛し合う中に・・・・★


まあ・・・簡単にいえば
不倫です。
愛し合うようになったといっても
最初はギャビン・・・軽い気持ちで
ちょっかい出してみようかな・…程度のように
思ったけど、意外と深みにはまってしまっていたのね・・・・・笑
それは別にいいとして
じゃあなぜ、自殺しようかということになったのかというと・・・
ネタバレしちゃうけど・・・・、
夫に知られちゃったのよね、2人の関係が。
そしたら夫が
妻を監禁して、おまえ=ギャビンが、俺たちの観ている前で
飛び降りろ・・・・・さもないと妻の方を殺す・・・と
脅してきたのよね。


で・・・ちょっと待って!!
予告でもわかるけど
この奥さんといい仲になったのはほんの数日前って感じでしたよ。
それなのに、奥さんのために自分の命をかけると・・・
それってある意味すごいよね。
短期間の出会いなのにそこまで、気持ちが入り込んでいるとは・・・。
でもそこにはやや、伏線もあったりするの。
彼、ギャビンは
以前、子供を自分の過失で失っているのよね。
だから今回
また、自分のために誰かが死んでしまうということに
ギャビン自身、耐えがたい思いをもっていたのかもしれないってこと。
娘に対して贖罪の気持ちがあるからね・・・
それがこのシェーナにかぶっているのかもしれないという見方もできるかもしれない。


まあ・・・なにも脅されて死のうとしなくても
警察に相談してもいいんじゃないか、時間があるのだから・・・・笑という
見方もできなくはないのですがね。



で・・・
もう一つ重要なことをいい忘れていました。
もしかしたらこれがこの映画のテーマかもしれませんが・・・。
この奥さんの旦那さん、
パトリック・ウィルソン 演じているジョーっていう男なんですが
熱心なキリスト教徒なのですよ。
ジョーにも暗い過去があり、
自分の自堕落な生活のためかつて家族を失っっていたの。
そんな彼を救ったのが信仰。
だから、ものすごく神の存在を意識しているんですよね。
反対にギャビンは
信仰なんて・・・という男だったと思いますよ。
ジョーの再婚した愛しい妻が
変な男(ギャビン)に誘惑され、関係をもってしまった・・
そんな罪を犯した2人が許せない・・・
罪を償ってほしい・・・・
そんな思いがあったのでしょうね。


この物語は
信仰をもつものと
もたないものの、対比でもあるわけ。
でも結論として
神を信じているものが罪を犯し、
神を信じていないものは死を迎える・・・
信仰の意味って一体なんだろう・・・という深い意味ももった作品なのかもしれないけど
普通にみたら
単なる三角関係のもつれの果ての事件としか思えないのが・・・残念。




時間がくれば死んでしまうという設定でも
緊張感はないし
なんのために、刑事相手に
自分のいきさつを話すのかもよくわからない・・・
そして最大のガッカリは・・・
もう大きくネタバレだけど
この男が、飛び降りてしまうのよ・・・。
てっきりなにか大きな動きや
どんでん返しがあるのかと思ったら
飛び降りてしまう・・・なんて!!
それこそ驚愕よ。


ギャビン役の
チャーリー・ハナムは私嫌いじゃないから、結構素敵と思いながらみていたし
リヴ・タイラーとのからみも
雰囲気があって…笑・・・目の保養にはなったけど
内容は薄かったな・・・。
パトリック・ウィルソンは個人的にはこういう危ない感じの
人が良く似合う…笑
異常な感じ(とくに性的な部分で。。。)をもっていそうだぞ・・という雰囲気が
良く似合うんだよね。(いや、この映画では別に性的にどうのこうのということはなかったけど)
ただこんなキャラの彼でも
ドア越しに
この不倫カップルの情事を聞いているところは少し可哀そうだったな。
自分の奥さんが、男と関係持っているシーンを聞いちゃうのって
やっぱり残酷。







ledge.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

みみこさん、おはようございます。

この映画を昨日見てレビュー巡ってたら、みみこさんちに着いたわ~♪
ご覧になってたのね、お話できて嬉しい。

出演者はなかなか豪華ですよね。でね、私「崖っぷちの男」と何か関係あるのかしらって思っちゃった。同じような設定なんですもん。

でも内容はこちらは心理サスペンスでしたね(って崖っぷちの男も観てないからわからないんだけど)
それぞれが問題を抱えていたり、宗教的な思想のぶつかり合いもあったりして・・。
だけど、そういう部分よりも不倫のラブシーンがの方が比重大きくない?(苦笑)
2人が惹かれあう様子も、あまりにも急すぎて感情移入しにくかったなぁ。

説得するシーンもね、みみこさんも書いていらっしゃるように悠長で緊張感無かったよねぇ。
だからまさか・・あんな風な結末になっちゃうなんて!唖然としちゃいましたよ。
もっと早くなんとかならなかったのかしらねぇ。

高層ビルの周辺の風景に、十字架のついた高い塔がありましたよね。あれって教会だったのかしら。
なんだか意味深な気がしました。

瞳さんへ


こんにちは~~
まだまだ暑いですね~~


おお~~この映画ご覧になりましたか。

あまり話題になっていなかったので
観た人少なくさみしく思っていました。


そうそう…出演者は豪華なのよね==


<「崖っぷちの男」と何か関係あるのかしらって思っちゃった。同じような設定なんですもん。>

うんうん・。
私も崖っぷち・・は未見なんだけれど、
宣伝を見たとき、なんて似ているんだ~(設定が)って思ったわ。

<それぞれが問題を抱えていたり、宗教的な思想のぶつかり合いもあったりして・・。
だけど、そういう部分よりも不倫のラブシーンがの方が比重大きくない?(苦笑)>


そうそう・・そうなのよ~~
結局、不倫かい・・・って思っちゃうよね。
ちょっと突っ込みどころが多かったわ。
設定からして
期待していたんだけどね。
予告、うまいんだもの。


<2人が惹かれあう様子も、あまりにも急すぎて感情移入しにくかったなぁ。>

そうよね~~
生死をかけるほど
好きになったとは思えなかったよ。
出会いも短いし。


<だからまさか・・あんな風な結末になっちゃうなんて!唖然としちゃいましたよ。
もっと早くなんとかならなかったのかしらねぇ。>

最後どんでんがえしあるかと思ったんだけどね・・
悲しい最後だったわ。

<高層ビルの周辺の風景に、十字架のついた高い塔がありましたよね。あれって教会だったのかしら。
なんだか意味深な気がしました。>

あ~~そういえば。
終始、宗教的な意味合いが絡んでいたような・・・
むずかしいことはわからないけど。
できればもっと
うわ~~という刺激のある作品に仕上げて欲しかったです。


こんにちわ連続投稿失礼します

初めまして。私も一昨日この映画をビデオで観たのでコメントさせてください。
まずギャビンは信仰に篤いとルームメイトのゲイから評されています。
それからもう一つ神を信じてるというシーンがあったと思います。(ホテルで慰めてるシーンではありません)
それから私は妻に不倫された経験があるので大変引き込まれてこの映画を観れました。
早く寝たかったのに。

>神を信じているものが罪を犯し、
>神を信じていないものは死を迎える・・・

これについてなんですが日本人の私から見れば二人とも神を信じていたのではないでしょうか?むしろギャビンの方が神に近い位置にいてジョーが似非信仰者や偽善者にみえたとか。もう一度見返して確認しようと思いますが。そう考えればなぜ飛び降りたのか納得できます。献身ですよね。ビルの上に立つまでは死ぬ気はなかったのです。劇中でも説明がありました。

続き

愛していたから死んだのではなくてクリスチャンだったから自殺したと思います。
(宗教では自殺を禁止していると聞きますが。ギャビンが最後に読んだ聖書の一節は姦通した男女はころす。と
そんな一節だったかと)
事実ギャビンが死んだあとのシーンではジョーはますます神に祈っています。
もしギャビンが死ななければジョーは確実に妻を殺し
無神論者だと思い込んでいたギャビンが生き残るのをみて、神の差配に疑問を抱いていた事でしょう。
キリスト教を布教する宣教師としてもギャビンは死ぬ事によって務めを果たせたといえるでしょう

我ながらうまく映画を考察できたと思ったので誰かに聞いてもらいたく投稿しました(笑)

さらに続き

私は不倫された経験のある夫として大変心苦しく、また間男であるギャビンが大嫌いで途中まで見ていましたが。
ギャビンは娘を失ってから空虚に月日を過ごし、この時に死ぬために生きてきたのです。

<高層ビルの周辺の風景に、十字架のついた高い塔がありましたよね。あれって教会だったのかしら。
なんだか意味深な気がしました。>

そうだったんですね。ますます深い感じの映画で気に入りました。
リブタイラーのシェーナは美しかったですが、やはり男の立場からするとこのびっち!ばいた!インランめ!みたいな感想です。
ギャビン「君はパーフェクトだ」とか言ってますが騙されました(笑)
次回見るときは最初から嫌な目でシェーナをみることでしょう

お願いします

最後にお願いです。
さまざまな映画を見てきた管理人さんとみなさんにお願いがあります。

私はマゾなのかこういった妻の不倫ものの映画は見ていて苦しいですがしばらくすると心に残ります。色々考えさせられます。
覚えている映画ではクローサーが見ていてきつかったですね。

ですので他にも女性が浮気・不倫する映画を教えてください。

やはり訂正

やはりもう一つ訂正させてもらいます

>もしギャビンが死ななければジョーは確実に妻を殺し
ですが「確実」は言いすぎましたね。

命を惜しむギャビンを見てシェーナは愛想を尽かす、または自分の犯した一過性の過ちに気付き夫のジョーのもとへ戻るかもしれません。これこそはジョーが男として女性から選ばれる喜びです。

ですがその場合でもシェーナはともかくやはりジョーの信仰心は薄れていったと思います。
恵まれない子供やウガンダにボランティアへ行く事を心がける禁酒の聖人君子のようなジョーがクリスチャンであり続けられるのも自殺してくれたギャビンのおかげということです。
罪は何だろう?自殺教唆?妻への監禁殺人未遂かな?
監禁といってもわずかな時間なのですぐ釈放されそうですよね

なるほど

通りすがりさんへ


詳細な感想
とっても参考になります。
↑の映画は地味なので
なかなか見ている人が少なかったので
考察はこちらとしても
新たな発見もできて興味深かったです。

↑<クリスチャンだから・・自殺した・・・>
なるほど。

宗教心がよくわからないものとしては
理解しがたい心境であると思いましたが
色々考えれば
深い映画だったのかなと今さらながら思いました。


やはり
リブタイラーは、
まずいですよね。
浮気はいけませんね。


不倫映画は
いろいろありますよね。
まあ・・それだけがテーマと言うよりも
プラスアルファ・・・で描かれているって感じですが。
クローサーも興味深かったですよね。

最近では「リトルチルドレン」ですかね。


映画感想サイトは
いろいろありますので
映画観た折には参考にすると面白いと思いますよ。
うちは、もうあまり映画更新無いと思いますが・・・
ご訪問ありがとうございました

感想とオススメ地味映画

みみこさん、こんばんは。夕飯も終わったので又来ました(^^ゞ
これ、私、全然予備知識なく見たのが良かったのか、結構面白く見られました。
一見、ラブストーリーー?とかも思ったけど、

>信仰の意味って一体なんだろう・・・という深い意味ももった作品なのかもしれないけど

きっとそうだと思います。そこが核心だったんでしょうね。
でないと、ただの不倫モノになっちゃうし~(^^;

>普通にみたら 単なる三角関係のもつれの果ての事件としか思えないのが・・・残念。

ギャビンの過去描写と信仰に関しての掘り下げがもう少しあると、もっと深い作品になったかもしれないですよね。
でも、最後の刑事さんのくだりはいい終わり方だなって思いました。

で、私も、ギャビンが飛び降りたのには、オーマイガーッ・・・・・・・・
・・でした・・。 へこむよね・・・・・。
残された、仲良しのゲイの友達も可哀想だった・・。
彼にしても、(ゲイじゃないのに自分を理解してくれる)大切な友達だったんだろうしね。
・・と、つい、脇役に眼がいってしまいましたが。
と言うか、なんかシェーナよりも、友達のが気の毒に思えてしまったのってなんでだろう?(^^;

>パトリック・ウィルソンは個人的にはこういう危ない感じの人が良く似合う…笑

そうそう!ピッタリ過ぎて笑った!
最初に、マンションの廊下で挨拶するシーンからして、もう怪しいニオイがするんだもん~(←偏見か?笑)
リブ・タイラーはガタイのいいセクシー系かと思ってたけど(笑)意外と真面目な表情も出来るよね。一番あぶないタイプかな?;;

ところで、ここでなんですが;;久々の地味映画のオススメを持ってきました。
(以下、コピペですみません)
新作なので、そちらでの公開はどうかちょっとわからないのだけど、
アレクサンダー・ペイン監督の「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」です。
「大金当たりましたよ詐欺」の手紙を信じて賞金を受け取りに出かけようとする老いた父親と、それにしぶしぶ同行する息子の物語です。
モノクロ作品で、出てくるのはジジババとかデ○とかブ○○○とかルーザーとかが殆どなんだけど;;
シニカルな笑いの後にじんわりと心が温かくなる、いい作品でした。
もし機会がありましたら、是非。

No title

続けて。

これって
私は残念な映画ってとらえたけど
実は奥が深んじゃあないのかな・・・・とは
感じていて。
でもその奥深さがわからなくってね。
他の人の感想実は、とっても知りたいところなの。

信仰の映画って
やっぱり、そういう習慣が無いとなかなか
馴染めないところが難しいのよね。


<ギャビンの過去描写と信仰に関しての掘り下げがもう少しあると、もっと深い作品になったかもしれないですよね。
でも、最後の刑事さんのくだりはいい終わり方だなって思いました。>

なるほど。
ついつい私は不倫に目がいって・・・・笑
なにせパトリック・ウィルソンだし、
不純な動機もあったしね・・・。

<で、私も、ギャビンが飛び降りたのには、オーマイガーッ・・・・・・・・
・・でした・・。 へこむよね・・・・・。>

もうビックリですよ
突然で。

<残された、仲良しのゲイの友達も可哀想だった・・。
彼にしても、(ゲイじゃないのに自分を理解してくれる)大切な友達だったんだろうしね。
・・と、つい、脇役に眼がいってしまいましたが。 >

うんうん
そうよね。

<と言うか、なんかシェーナよりも、友達のが気の毒に思えてしまったのってなんでだろう?(^^;>

確かに。
リヴ・タイラーだったし、
私もそんなには・・・・・笑

<最初に、マンションの廊下で挨拶するシーンからして、もう怪しいニオイがするんだもん~(←偏見か?笑) >


ハハハ~~
セクシービームが出ていたかな。
なんかいつも
こんな感じなんだよね。
イケメンだけど
ただのカッコイイ人じゃない。変質的なところもあったりさ・・・・笑

<リブ・タイラーはガタイのいいセクシー系かと思ってたけど(笑)意外と真面目な表情も出来るよね。一番あぶないタイプかな?;;>


ハハハ~~
でも久しぶりだったな、彼女。
この後の作品って
見かけないよね

<ところで、ここでなんですが;;久々の地味映画のオススメを持ってきました。
新作なので、そちらでの公開はどうかちょっとわからないのだけど、
アレクサンダー・ペイン監督の「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」です。 >

了解しました
上映はどうなのかな
また調べてみます

ぺイン監督も久しぶりだわ。
良い作品多いよね

またあとで
感想見に行きます~~

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク