運命のボタン

運命のボタン  (2009  アメリカ)





監督: リチャード・ケリー
製作: ショーン・マッキトリック
リチャード・ケリー
ダン・リン
製作総指揮: スー・ベイドン=パウエル
テッド・フィールド
パリス・カシドコスタス・ラトシス
テリー・ダガス
エドワード・H・ハム・Jr
原作: リチャード・マシスン
脚本: リチャード・ケリー
撮影: スティーヴン・ポスター
プロダクションデ
ザイン: アレクサンダー・ハモンド
衣装デザイン: エイプリル・フェリー
編集: サム・バウアー
音楽: ウィン・バトラー
レジーヌ・シャサーニュ
オーウェン・パレット
出演: キャメロン・ディアス ノーマ・ルイス
ジェームズ・マースデン アーサー・ルイス
フランク・ランジェラ アーリントン・スチュワード
ジェームズ・レブホーン
ホームズ・オズボーン
ジリアン・ジェイコブス
セリア・ウェストン
デボラ・ラッシュ




 リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化
1976年12月16日、
ある朝、ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅の玄関のベルが鳴る。
そこには箱だけが・・・。
続いて
顔が欠けた謎の男が訪ねてくる。
男は夫妻に、赤いボタンを押せば2つのことが起きると伝える
1・・どこかで見知らぬ誰かが死ぬ
2・・・現金100万ドルが夫妻のものとなる。

夫婦は悩んだ末
押すのだが・・





 感想



昔から…タダより高いものはないと・・いいますけど、
やっぱり・・・・・。
押しちゃあダメなんだよ。

まして、金のかわりに人が死ぬって?
気持ちが悪いじゃん。


嘘だと思って気楽な気持ちで押したのかもしれないけど。

実際お金がやってきて
ビックリ、慌てちゃったのかもしれないよね。


でもやっぱり・・・胡散臭い男の変な誘いに簡単にのっちゃあ、ダメ!!



ボタンを押すまでにいろいろあるのかな・・と思えばすぐ押しちゃって、
なんだか、拍子抜け。
さらに
そのあとは
全然よくわからなかった・・・
ベットから水がざざざ~~~と流れる辺りは
記憶がないです・・・(寝てたのかも・・・・笑)


妙な方向に物語が流れて行ったので
たぶん、眠くなっちゃったんだろうね・・・・・笑


夫の
ジェームズ・マースデンって
X-MENの人だわ・・と気づき
じゃあ、最後まで見届けようと思って頑張って観たけど・・・。
救われないようなラスト。



子供はいいけど
妻は?
妻、可哀そう。


やっぱり、
別のところで
またボタンが押されていたのね。


興味深い題材だったけど
映画自体は
退屈な部分があり・・・
イマイチハマれなかった。
残念

あの訪ねてきた男
怖すぎ。
現れるたびに
パッと目が覚めたわ



運命のぼたんo0338048010540906533
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「THE BOX 運命のボタン」

運命のボタン [Blu-ray](2010/10/22)ジェームズ・レブホーン、サム・オズ・ストーン 他商品詳細を見る リチャード・マシスンの原作に、キャストにはジェームズ・マーズデンが!!というこ...

コメントの投稿

非公開コメント

お口直しが必要でしょ!

みみこさん、こんばんは。

わー、みみこさん、ご覧になられたのね。
私この作品マシスンの原作だし、サイクロップスことマーズデンが出てたのでもちろん(笑)観たんだけど・・、ものすごーーーくモヤモヤしちゃった。

原作はすごく短いお話でとてもシンプルだったのでこれをどんな風に膨らませたのかしらと思ってたんだけど・・、なんだかなあ・・・、妻の速押しにもびっくりしたし(苦笑)
後半の展開にもついていけませんでしたヨ。

そりゃあ欲をかいて押してしまったけれども・・あそこまでの仕打ちを受けなくっちゃいけないのかしら・・って思いました。
救われなさすぎるーーーー。
SF風な発想や、妻の読んでいた哲学の本なんかも登場して興味深いところもあったのだけれど・・それでもねぇ。

舞台がクリスマスでしょう、赦されて欲しかったなあ。

あまりにモヤモヤしたのでこれを見た後、ラブコメを見てお口直ししました(笑)

瞳さんへ


こんにちは
観ました・・これ。


公開していたときから気にはなっていたけど
こんな内容だったんですね。


<私この作品マシスンの原作だし、サイクロップスことマーズデンが出てたのでもちろん(笑)観たんだけど・・、ものすごーーーくモヤモヤしちゃった。>


うんうん・・・
リチャード・マシスンって「ある日どこかで」の方ですよね。
こういう作品があるんですね


サイクロップスは瞳さんお好きでしたよね。
魔法のかけられて・・・・も
観ていたけど
サングラス取るとまた雰囲気が違うのね。
可愛いよ・・・・笑


<原作はすごく短いお話でとてもシンプルだったのでこれをどんな風に膨らませたのかしらと思ってたんだけど・・、なんだかなあ・・・、妻の速押しにもびっくりしたし(苦笑) >


え~~そんなに短いのね。
じゃあ、内容いろいろ違っているのね。
妻・・・迷わず
えいや~~~でしたよね・・・・・笑


箱だけだから
胡散臭いと思ったのかもね。
そんなことあるわけないと思ったのかも。
でも実際
お金来ると慌てますよね。


<そりゃあ欲をかいて押してしまったけれども・・あそこまでの仕打ちを受けなくっちゃいけないのかしら・・って思いました。
救われなさすぎるーーーー。>


そうなの・・・
ここ!!
あれじゃあ・・・可哀そうよね。
悪いことしていないのに。お金に目がくらんだけど、それはあの状況だとね。
そもそも平凡な市民じゃない!!


<SF風な発想や、妻の読んでいた哲学の本なんかも登場して興味深いところもあったのだけれど・・それでもねぇ。>

ここはもう・・・
全然記憶はなかったり・・・・
午後昼時観たから眠かったわ・・・


<舞台がクリスマスでしょう、赦されて欲しかったなあ。>


そうよね~~
クリスマスでした・・・
雰囲気もなにもないですよね。

あ・・・そういえば
プロメテウスも・・・宇宙船内でクリスマス飾っていたよね・・・
全然関係ないけど。


<あまりにモヤモヤしたのでこれを見た後、ラブコメを見てお口直ししました(笑)>


わかります・・・
私は
この後は感想これからだけど
マンマミーア観ました・・・・・笑

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク