ザ・タウン

ザ・タウン   (2010  アメリカ)

THE TOWN


監督: ベン・アフレック
製作: グレアム・キング
ベイジル・イヴァニク
製作総指揮: トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
ウィリアム・フェイ
デヴィッド・クロケット
原作: チャック・ホーガン
『強盗こそ、われらが宿命』(ヴィレッジブックス刊)
脚本: ベン・アフレック
ピーター・クレイグ
アーロン・ストッカード
撮影: ロバート・エルスウィット
プロダクションデ
ザイン: シャロン・シーモア
衣装デザイン: スーザン・マシスン
編集: ディラン・ティチェナー
音楽: デヴィッド・バックリー
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演: ベン・アフレック ダグ
ジョン・ハム フローリー
レベッカ・ホール クレア
ブレイク・ライヴリー クリスタ
ジェレミー・レナー ジェム
タイタス・ウェリヴァー ディノ
ピート・ポスルスウェイト ファーギー
クリス・クーパー ビッグ・マック
スレイン グロンジー
オーウェン・バーク デズモンド
コレーナ・チェイス
ブライアン・スキャンネル
デニス・マクラフリン
ヴィクター・ガーバー
(クレジットなし)



 チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが宿命』の映画化。
ベン・アフレックの監督2作目。
舞台は、ボストンのチャールズタウン。
ダグは、幼馴染と共に強盗を繰り返す日々。
父親も同じ生活で今は刑務所暮らしだ。
ある時、銀行襲撃の際
人質を取って逃走。途中で解放したのだがその女性、クレアが、
ダグの住む街に住んでいることがわかる。
あせるダグは接触をはかるがしだいに彼女に惹かれていく。
一方、FBI捜査官フローリーはダグを追い詰めにはかる。
足を洗ってクレアと新たな人生に踏み出したいと考え始めるダグ・・・






感想


アルゴが面白かったので続けて、「ザ・タウン」を鑑賞。

アルゴと違ってお髭がない分
一目で、ベンとわかるその容姿・・・・笑
ジェレミー・レナーと並ぶと
顏の表面積の差が歴然・・・笑


この作品「ヒート」と類似性ありと言われていますよね。
私も遠い昔ヒートは観ているけど
もう忘れちゃって・・・
出演者としてみればあちらの方が好き。
なんたってアルパチーノとデニーロだしね。

こちらはFBIの俳優さんが私には馴染みがなくって・・・・
イマイチだったな。
でもそれはFBIだけで・・・・。
強盗犯側の配役はそれぞれ魅力的で
お話もスピーディーで運んでいたし、最後もよくまとまっていたので
楽しめる作品だったということにはなるかな。(でもアルゴの方が好き)




この街を出たい、強盗から足を洗いたいというダグ。
銀行襲撃で知り合った人質クレアに恋をした結果
そう感じるようになったんだよね。
それでも
いろんなしがらみがあって、そうそう簡単には事が運ばない・・・



好きな女性と新しい未来を進みたいというダグの気持ちはわかるよ・・・
でも物語をみながら
彼の幼馴染の妹の存在を知って
どうもダグに感情移入しづらくなったよ。
ダグの幼馴染はジェレミー・レナ扮するジェム。
ジェムの妹とダグはどうやら付き合っていたみたいなのよね~~~
でもダグは、クレアという真っ当な人生歩んできた女性の方を選択したの。
妹の方にはネックレス一つもプレゼントしないのに
クレアにはちゃんとプレゼント送っていたものね。

妹ちゃんも強盗連中と付き合うので同じような部類だけど、
ダグへの恋心は普通の女性と同じじゃない?
ダグが街を出たいと思っていると知って
自分も一緒に街を出て人生やりなおしたいと思っているのに
ダグに拒否らるなんて・・・・・・・そりゃあ、可哀そうよ。

ダグにとっては好きな女性はクレアだからしょうがないと思っていてもさ。
なんだか女性の立場からしてみれば、妹ちゃんが可哀想で仕方がないんだよね。
彼女だって好きでこの街であんな人生送っているわけではないと思ったからね。



ということで、ダグに対して、心を込めて応援という気持ちはなかったかもしれないな・・・

一方矛盾しているけど
徹底的に悪に徹している
ジェレミー・レナーにひきつけられてしまってね。
道徳的には味方になるべき存在ではないんだけどね。
ダグを救うために罪を犯して刑務所に入っていたとか、
やるなら徹底的にやろうぜ・・・みたいな、
迷いのない姿に男を感じさせられてしまったわ。
まあ・・・悪い奴なんだけどね・・・・・笑
死様も潔かったし・・・泣。
あのときはダグは見ているだけだったね・・・
あれもどうよ・・・、目の前で仲間があんな風になるのに
自分だけ警察官の姿で黙って立ち去るのって・・・嫌だね~~~
そういえば、ジェレミーが
初めてクレアと出会うシーン。
テラスで食事しているダグのところに突然現れるのよね。
あの微妙な緊張感。
何気ない言葉の中にも
恐怖があって
見ているこちらまでドキドキ。
何しでかすかわからない恐ろしさが場面いっぱいに広がっていたよね。
そんな雰囲気醸し出す彼に、最後まで目が離せなかったな。





ところで
この作品が最後だとあらためて認識した
ピート・ポスルスウェイト。
わ~~ん、ずいぶん痩せちゃっていたね。
でもその存在感は半端なかったね。
・・・単なるじいさんではないよね。
怖いわ・・。
ダグの彼女も狙うって、脅しの言葉も怖い。
ああ・・・ダグのお母さんをヤク中にして自殺させちゃったのって、彼の仕業なのね。
ビッシと作品しめていて
さすがでした。



最後に
クレアとダグの共通の言葉。
合言葉と思われるあの会話ね。


彼女の周りには警察がいっぱいだから
ダイレクトな会話はできないのよね。
だから合言葉。

クレアは何ていったか。

「今日は晴れた日だから・・」
(晴れた日にクレアの弟が死んだ→晴れた日には誰かが死ぬ→ダグに危険を知らせている)

う~~ん、凝った会話ですよね。
頭の回転が鈍いとダメですよね・・・・笑
え~~、何のことよ?って鈍い人はダメだよね。

彼女との会話はきちんと記憶していないといけないよね・・・


↓このかぶり物がインパクトあるよね。
余興に使えそう・・・
怖いけどね


taunnP-1150.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク