逃走   著  薬丸  岳

逃走   著  薬丸  岳




閉店後のラーメン店で、店主が暴行され死亡した。
通報した若者が容疑者としてあがるが…彼は逃走。
容疑者の妹、友人たちの心配する中
なぜ彼が逃走するのか
刑事たちもその謎を探し始める・・



感想


あっというまに読める一冊。
容疑者が逃走するのには理由がある・・・
その理由を読者も一緒になって追い求める
そこが魅力の本かな。


容疑者は妹ともに施設出。
どうやらつらい過去を背負ってきたようだ・・


なんと
彼の母親は父親を保険金目的で殺害し、刑務所に送られてしまっていたというのだ・・
妹はその事実を知らない・・・
兄として容疑者は
長年、秘密を守り苦労してきたようだ・・・。


そんな彼なのに…なぜ・・・


なんだかとっても可哀そうな家族でした。
容疑者もあれじゃあ不憫。
だって・・殺した相手は・・



以下ネタバレ

いつか忘れそうなので真実を書いておきます。
殺した相手は容疑者の事実の父だったんですね。
母親が保険金殺人で父親を殺したというのは間違い。
殺したのは
別人だったんです。
つまり別人を夫と見立てて殺した・・・・。
そしてこの殺した人は
妹の実の父親だった人なんです。
この容疑者と妹は父親違いの
2人だったんですね。


容疑者は殺意があって被害者を殺したわけではない。
今まで死んだと思った父親を発見し
問い詰めて争った挙句・・・こんなことに。
感情的になってしまったんですよね。
でも、死んでしまったという事実は事実だし。
こんなことになってしまったけれど
罪は償って前向きに生きて欲しいな・・・とそう思える
物語でした。



読んでいるときは気にならないけど、
あっという間に読んでしまうので
物足りなさは残るかも。
ドラマむきな内容かもしれませんね・・・
できれば、
もっと深いというか
考えさせられるようなお話がいいかな
好みですし。
次回にまた期待



tousou217883-1.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク