fc2ブログ

白ゆき姫殺人事件  著  湊 かなえ

白ゆき姫殺人事件  著  湊 かなえ




美人会社員が惨殺された。
犯人と思われる女性が判明。
彼女の同僚、同級生、家族・・・それぞれの
告白が語られる・・



感想



いや~~~人間って怖いね。
人間って裏や表がやっぱりあるんだよね。
信じていた親友だって
同僚だって
どんなふうに自分を思っているかなんて・・・・わからないんだよ。
上辺だけいいこと言っていたって
裏では心では
どんな風に思っているか。
いつもながら湊さんの描く世界は
人間のいや~~~な面ばかりがこれでもか、これでもかと描かれていくよね。

それにしても
殺し方
残忍すぎないかい。
最終的に犯人がわかるし
動機もわかるけど、
ここまで、残酷に殺さなくても・・・って思っちゃう。
女性の殺人者って、思いきったことしがちなのかな。


今回のこの本の構成は
新しい試みかな。
週刊誌やツイッターというものが
効果的に使われているの。
それぞれの告白文のあとに
それでは、最後の記事を観てね・・・・という
注意書きがあるので
いちいちページ後半を見直さなきゃあいけないのが面倒でもあるんだけどね。
これが今の世の中の姿なんだよ・・・とでも
言っているようで
本の内容以上に
いや~~な印象をもつかもしれないね。

shirayukihimesatujinn.jpg


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「白ゆき姫殺人事件」湊かなえ

疑惑の女性の周囲をとりまく、「噂話」の嵐 「あの事件の犯人、隣の課の城野さんらしいよ…」美女OLが惨殺された不可解な事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。噂が噂を増幅する。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも──。 美人会社員が惨殺された不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。同僚、同級生、家族、故郷の人々。彼女の関係者たちがそれぞれ証言した驚くべき内容とは。「噂」...

コメントの投稿

非公開コメント

色々まとめて・・・

みみこさん、こんにちはー!
そうっか、早とちりしちゃって、ごめんよ。
映画の・・・って書かれていたのにね・・・
本とかの他のお話は、時々アップされるようで嬉しいなー!

ところで、これ、昨日読み終わったところなんだ。
なんか、、、いまひとつだったかも・・・。
最後の方にツイッターらしきのと週刊誌の記事のが載っていたよね。
「何者」は、まだ感想アップされていなかったのね?てっきり、朝井リョウ君の本は、みみこさん、殆ど読んでいるから、あるはずーって思っちゃったの。
偶然「何者」もツイッターの部分が一部載ってるんだけど、この「白ゆき」よりも、断然面白かった。

それと「悲しみのミルク」私も、あの庭師のオッチャンが地味だったのが良かったと思ったわー。あれがイケメンだったら・・・ 登場したところで、すぐ想像がついちゃうし・・・^^

で、ドラマなんだけど、実は挫折しちゃったんだからー。あわわ・・・
途中で2話ほど、見逃しちゃったら、なあなあになってしまったー(T_T)
今期はドラマ、一つも見れてないんだ、、残念・・・

latifa さんへ


遅くなってごめんね。
映画観に行くのはなかなかね・・・って感じで。
余裕もないしね。
でも時間あれば見たりするかも・・
マイペースで。
いやいや・・・まぎらわしい書き方したから
こっちが悪いのよ
ごめんね・・

で・・・上の話ね。
そうね・・・
他の作品に比べるとどうよ・・・・って感じかもね。
サスペンスとしても
ワクワク感なかったしね。

<最後の方にツイッターらしきのと週刊誌の記事のが載っていたよね。
「何者」は、まだ感想アップされていなかったのね?てっきり、朝井リョウ君の本は、みみこさん、殆ど読んでいるから、あるはずーって思っちゃったの。>

あ・・・「何者」は読んだよ。
4月17日の「余裕なしなので」の記事の中で
まとめて感想UPしちゃたのよ。

あとでそちらコメントもしにいくね。


悲しみのミルクね・・・そうね~~
庭師は地味よね。
地味すぎて、顔も忘れちゃったけど・・笑
映画は個性的で映像美しかったよね

ドラマは・・・継続してみるのって
結構大変だよね
私はお金もかからないし
とりあえず、
現実逃避できるので
ドラマ見ちゃうんだよね

またお話付き合ってね

あ~~早くうちも大学生になって
楽しい生活おくってもらいたいよ。
今はいらいらしっぱなしみたいよ

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク